« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月

2013年10月31日 (木)

MAXAMブレーキ交換

3週間ほど前にもタイヤ交換などを行った「MAXAM」です。

今回はその時の続きで、お勧めしておいたブレーキのパッドとディスク・ローター(金属円盤)の交換です。

20131031_220131031_1走行距離1万8千キロの「MAXAM」でしたが、ブレーキ・パッドは恐らく今まで一度も交換した事が無かったようで摩擦剤は完全に無くなってました。

それどころか摩擦剤が無くなった状態で長くブレーキを使用してた為、見事に台座の地金まで削れてました。

20131031_320131031_4お客様はこの状態を知らずに摩擦材の無くなった鉄板で長い間ブレーキしてたようで、その結果ディスクローターの方も使用限度を遥かに越えて薄く磨耗し、表面はギザギザにキズが入っちゃってました。

基本的にブレーキ・パッドの方は少しずつ減って行きますので定期的に交換をする必要がありますが、ブレーキ・ローターの方は金属製なので減り難く、通常は走行距離1万8千キロ程度で交換する事は有りません。

もう少し早めにパッドを交換するようにしてたら、ディスク・ローターまで交換になる高額な修理代は掛からなかったのですが・・・

そんな訳で今回は残念ながらパッド交換だけじゃ済まず、パッドとディスク・ローターの両方を対で交換する事になりました。

次からは、もう少し早めに交換してくださいネ!

| | コメント (0)

2013年10月30日 (水)

FAZEグリップヒーター取付

四季から二季へ?

つい半月前までは10月なのに30度超えの真夏日だったのに、昨日はその半分の16度と一挙に気温が下がりました。

何時までも夏が長く秋を越えて直ぐ冬になっちゃう!
ここ数年は春秋が短く四季と云うより二季って感じですネ。

そんな感じで今年も例年より早く「グリップヒーター」や「ウインドシールド」の注文が始まりました。

20131030_1今日は「FAZE」に「グリップヒーター」付けました。

何時もの「ホンダ」純正の「グリップヒーター」です。

汎用品ではスリーブの外径が大きければ削ったり、逆に小さければスリーブにテープを巻いたりの悪戦苦闘がありますが、純正品は車種別に専用の取付アタッチメントが設定されているので、配線はコネクターを接続するだけで、新規に通したり切った張ったがありません。
20131030_2簡単&安心な設計なので、何時も当店では純正の「グリップヒーター」をお勧めしています。

また、今回の「FAZE」の場合は、スロットル側に専用のアタッチメントが設定されていて、キットのスロットル・スリーブに交換してグリップを取付けるので、グリップの緩みが殆どありません。

性能に関しても優れものです。
20131030_3この手の電装パーツを装着した場合に一番心配なのがバッテリー上がりですが、それも心配無用のバッテリー監視システムが搭載されていて、電圧低下時に「グリップヒーター」への電源供給をカットする機能付きです。
その他、設定温度を5段階に調整できるコントロール・スイッチ付きで、それをLEDインジケーターで表示する嬉しい高機能付きです。

これから4~5ヶ月はドンドン寒くなりますが、
「グリップヒーター」は暖かいですヨ~!
通勤&ツーリングに強い味方です。
手元を暖かくして、快適なバイク生活をおくってください。
ご注文も待ちしております。

| | コメント (0)

2013年10月29日 (火)

MotoGP日本グランプリ応援感謝特別販売!

日本グランプリへのご声援ありがとうございました。
ここに感謝の意をこめまして特別販売をご案内をさせていただきます。

下記対象《Honda Riding Gear》30%OFF!11月3日注文分まで!!
在庫数に限りがあります。品切れの際は、ご容赦ください。

Honda「TN-K52 ピットシャツSS」(半袖)
Honda「TN-K52 ピットシャツLS」(長袖)

オール刺繍のグラフィックアイテムに形態記憶機能を施し耐久性や機能性を取り入れたピットシャツ。

20131029_1●静電防止素材を使用しているため、快適な作業性を実現。
●オール刺繍の豪華グラフィックモデル。
●風による襟のばたつきが無いボタンダウン仕様。
●ダブルフロントポケット(ペン差しポケット付き)。◆素材 ●表地:ポリエステル65%、コットン35%
◆カラー:ブラッ

30%OFF!!
「半袖」
M・L・LL  \8,925(消費税抜本体価格 \8,500) 
→\6,248(\5,950)
3L・4L \9,450(消費税抜本体価格 \9,000) 
→\6,615(\6,300)
「長袖」
S・M・L・LL  \9,450(消費税抜本体価格 \9,000) 
→\6,615(\6,300)
3L・4L \9,975(消費税抜本体価格 \9,500)
 →\6,983(\6,650)

Honda「TN-P51 Racing S/Sピットシャツ」

Hondaを象徴するカラーリングを特徴としたレーシングシーンイメージのピットシャツ。

20131029_2●ポリエステル65%/コットン35%の素材を使用し、形状記憶を取入れた型くずれしにくいアイテム。
●静電防止素材を使用しているため、快適な作業性を追求。
●袖下から脇にかけて軽量で通気性の高いソフトメッシュを使用し猛暑での作業効率を向上。
●オール刺繍の豪華グラフィックモデル。
●風による襟のバタつきが無いボタンダウン仕様。
●ダブルフロントポケット。
◆素材 ●表地:ポリエステル65%、コットン35%●部分素材:ポリエステル(メッシュ)100%
◆カラー:レッド

30%OFF!!
S・M・L・LL  \9,240(消費税抜本体価格 \8,800) →\6,468(\6,160)
3L・4L \10,290(消費税抜本体価格 \9,800) →\7,203(\6,860)

Honda×RSタイチ「TP-N73 005 WP BOA RIDING SHOES 」

“BOAレーシングシステム”を採用した履きやすさを極めた防水ライディングシューズ。

20131029_3●モーターサイクルウエアブランド、「RSタイチ」とのコラボレーションモデル!
●防水ライナーインサートによる優れた防水性。
●ダイヤルを回すだけで簡単かつ、スピーディに好みのフィット感に調整ができ、途中で緩むことがない“BOAレーシングシステム”を採用。
●ワイヤーレースは航空機に使われる49本のステンレスワイヤーを束ねて圧縮し、摩擦抵抗の少ないコーティング。高い強度と耐久性を誇ります。
◆素材 ●表地:人工皮革、牛革、ナイロン●防水ライナーインサート:ポリウレタン●裏地:ポリエステル
◆カラー:ブラック/レッド、ブラック/ホワイト

30%OFF!!
\19,845(消費税抜本体価格 \18,900) →\13,892(\13,230)

Honda×RSタイチ「TP-P72 007 DELTA RIDING SHOES 」

"BOAレーシングシステム"を採用し履きやすさを極めたオールシーズンのライディングシューズ。

20131029_4●MCウエアブランド、「アールエスタイチ」とのコラボレーションモデル!
●大好評のBOAシステムを搭載したオールシーズンモデル。
●ダイヤルを回すだけで簡単かつ、スピーディに好みのフィット感に調整可ができ、途中で緩むことがない。
●ワイヤーレースは航空機に使われる49本のステンレスワイヤーを束ねて圧縮し、磨耗抵抗の少ないコーティング。
高い強度と耐久性を誇る。
●立体EVAインソールが歩行時のショック吸収と抜群の通気性を両立。
●フラットで操作がしやすく、しなやかで踏ん張りが効きやすいビブラム社製の軽量アウトソールを採用。
◆素材 ●表地:人工皮革、合成皮革、牛革●裏地:ポリエステル
◆カラー:ホワイト、レッド

30%OFF!!
\19,845(消費税抜本体価格 \18,900) →\13,892(\13,230)

Honda「TN-P71 ウォータープルーフシューズ」

スピード感のあるカッティングを活かし防水性を最大限に引き出したハイスペックの防水ライディングシューズ。

20131029_5●防水性に優れたライディングシューズ。
●滑りづらくオイルによる劣化を防ぐオイルレジスターソール仕様。
●2本のアジャストベルトによる高いフィット性を実現。
●シフトガードはつま先から一体化した仕様で作業性に優れており、つま先の強度を高めている。
●つま先回り・くるぶし部に硬質スチロール樹脂パッド内蔵。
●後部からの視認性を考慮したリフレクティブポイント。
●内部の空気層を流動させるメッシュインソール採用。
◆素材 ●アッパー(甲材):人工皮革+合成繊維●中間層(防水層):ポリウレタン100%●ソール(底材):合成ゴム
◆カラー:ホワイト、ブラック

30%OFF!!
\14,700(消費税抜本体価格 \14,000) →\10,290(\9,800)

上記以外の「ホンダ・ライディング・ギヤ」についても、特価になるものがあります。
サイズを確認の上、ご注文お願い申し上げます。

■在庫は御座いませんので全て取寄せとなります。サイズを確かめてご注文ください。
■数量限定に付きメーカー在庫が無くなり次第終了させて頂きます。

| | コメント (0)

2013年10月27日 (日)

MotoGP観戦ツーリング!

今日は「MotoGP」の観戦がてら「ツインリンクもてぎ」までツーリングして来ました。

わたし個人的に観に行ったのは「ケニーロバーツJr」が優勝した2000年の「GP500」が最後だったので、「MotoGP」になってからは初めての13年振りになる二輪世界最高峰のレース観戦でした。
20131027_1
今年は「ツインリンクもてぎ」が世界GP開催15回記念で、15~22才までが無料でした。

うちの家族は人数が多いので、この機会を利用して「MotoGP」を観戦しに行く事にしました。

もちろん「MotoGP」は日曜日開催でしたが、今年は夏休みも取らずに仕事してましたので、めったに日曜日は休業した事が無かったのですが、特別にお店(ファンホイールズ)は、お休みさせて頂く事になりました。

折角なので常連のお客さん達にも声を掛けたところ、沢山の皆様方から参加希望があっ20131027_2たので、ツーリングがてら一緒に「MotoGP」を観戦しに行く事になりました。

ベテランのライダーが7人加わったので、うちの息子を含む初心者ライダー3人もツーリングに加えて貰って、総勢14人で「MotoGP」観戦を楽しんで来ました。

レースの流れを見るならTVが一番良いのですが、あのスピードや音などの迫力は現地でないと味わえません。
特にレースを初めて観る初心者さん達には良い経験になったと思います。

また、ツーリングは全行程300キロ程度の走りでしたが、初心者さん達にとっては始めての長距離ツーリングで、高速走行やワインディングに渋滞まで、良い経験と勉強になった20131027_3 のではないかと思います。

皆さんには、まだ暗い早朝からお集まり頂き、サーキットの中を歩き回った上に帰りの渋滞と、夜遅くまで大変お疲れ様でした。

そしてベテランの常連様方には、若い初心者ライダーに合わせて走って頂き、いろいろと面倒をみて頂き助かりました。

なんとか大きなトラブルもなく帰って来れました。
皆様のご協力に感謝申し上げます。

有難う御座いました。

詳しいレポートはこちら→ 「EVENT INFORMATION

**********************************
《 ツーリング・アフター・メンテ 》 承ります。
ツーリング中に感じた、不具合・不安・疑問は有りませんでしたか?

サスペンションの動き、ブレーキのタッチ、エンジンの吹き上がりなど、
巧く曲がれない、加速でおいて行かれた、低速でふら付く、など、

ライディング相談~メカ的アドバイスを通じ、
必要なメンテや有効なチューニング~モデファイをご提案いたします。

次回ツーリングは万全なマシン・コンデションで、満足ゆく走りを堪能ください。
**********************************

| | コメント (0)

2013年10月26日 (土)

VT250SPADA性能向上を目指して!

シェイクダウンから3週間。
なんとか走れるレベルまで仕上がりましたが、初ツーリングも間近に迫り、後回しにしていた残りの作業を行いました。

先ずはレザーがボロボロに切れていたシートから手を付けました。
20131026_1シートの前方に至っては、レザーが裂けて中のスポンジが露出し、そのスポンジも削れていました。

若干アンコ抜きされてた形跡もあり、その修復も兼ねて削れてたシートベースを補修しました。
そして新しいレザーに張替ましたが、どうせ張替えるならと少し凝ってみました。

前後でレザーの種類を換えてツートン柄にしてみました。
前側をノン・スリップ・タイプのメッシュ柄にして、実用と見た目に凝ってみました。

仕事の合間の手が空いた時間にやってますので、本当はリヤ・サスやエンジンにも手を入 れて行きたかったのですが、今回はシェイクダウン後に今一納得出来なかったフロント・ブレーキに重点を置いて手を入れて行く事にしました。

テスト走行をしていて気になったフロント・ブレーキなんですが、考えてみれば片押しのシングル・ディスクのバイクになんかに、ここ何年もまともに乗った事はありませんでした。

大体は対抗4ピストンのダブル・ディスクですからネ!
こう云うブレーキの特性に慣れてしまっているせいでしょうか?
「SPADA」のブレーキはタッチが悪く、レバー入力してからも制動距離が長い感じで不安でした。

先ずは当たりの出ていないブレーキ・パッドから交換する事にしました。
20131026_4前回の整備でディスク・ローターは交換しましたが、パッドは残量が残っていたので交換していませんでした。
ところが元々のローターが酷く磨耗していたため、それに添った形状でパッドも偏磨耗していたのでローターに面接触していませんでした。

残量的にはもったいない感じでしたが、当たりが出るまで待っていられないので思い切って新品に交換しました。
交換したパッドはRKの一番効く奴「シンダード」にしました。

それからブレーキ・マスターとキャリパーのピストンを交換しました。
20131026_3ここも前回の整備で一度は分解清掃を行い作動性は向上しましたが、インナー・パーツまでは交換していませんでした。

なので更なるブレーキ性能の向上を目指しピストン関係も交換する事にしました。
しかも今回はキャリパー側のピストンには拘り、純正のものとはちょっと違うピストンを使ってタッチの向上を目指す事にしました。

純正のピストンには熱対策なのか?ブレーキ特性を優しくするためなのか?
20131026_2_2ピストンのパッドが当たる面に柔らかい材質のプレートが付いてます。
なので「CBR400R」なんかで使っているのと同じダイレクトなタイプのピストンに交換してみました。

結果は、こんなに変わるのか!っと思うほど、制動力とコントロール性が向上しました。

まだまだ課題が残ってますが、少しずつ手を加えて行く予定です。

それでは明日の「MotoGP」は宜しくお願いします。

****************************************************
臨時休業のお知らせ
誠に勝手ながら、明日の10月27日(日)は、
当店イベント「MotoGP観戦ツーリング」」の為、
お休みさせて頂きます。
ご不便お掛けいたしますが、宜しくお願い申し上げます。
****************************************************

| | コメント (0)

2013年10月25日 (金)

HIACEタイヤ交換

トランポで使ってる自分のクルマのタイヤを交換しました。

新車から始めてのタイヤ交換でしたが、走行距離は3万キロに達していません。

なのでトレッド面の溝はたっぷり残ってましたが、フロント側の端が減っちゃっているのと、たぶん新車から8年くらい経っちゃっているので交換する事にしました。
20131025_1
本当は数年前から気になってましたが、今年始めにやった車検も通っちゃったので、次の車検までに換えれば良いかな?って思ってました。

でも明後日に観に行く予定の「MotoGP」に家族を乗せて行くので、この機会に前後4本のタイヤを新品に交換しました。

今回は前輪側を後輪のロードインデックス(耐荷重)に合わせて、4本とも同じタイヤにしました。

こうすればローテーションできるんで、もう少しタイヤの偏磨耗を抑えられるしネ!

明後日はガンバって皆さんのバイクに付いて行きますので、宜しくお願いします。

| | コメント (0)

2013年10月24日 (木)

Z1新発売!

3月のモーターサイクルショーで大好評だったSYMの「Z1」が発売されました。

そう云えば・・・カワサキでは、あの「Z1」が発売されてから40周年だったそうですが、今回20131024_1 ご紹介のSYMの「Z1」は900ccじゃなくて125ccの「Z1」です。

でも「Z」の名を付けるだけあって、リーサルウェポン(最終兵器)らしく??125ccクラス最大級の馬力を備えたハイクオリティなマシンのようです。

非公式データー(噂)ですが、このクラスの中では断トツに早いらしいですヨ!

カラーは、ホワイト、ブラック、オレンジ、イエローの4色で、写真のオレンジはケンジ君カラー(赤/白)っぽくって良いですよネ!(昔のオジサン達の時代はジェロニモカラーって云ってました・・・)

一年くらいしてから「Z1-R」とかにして発売して欲しいですネ!

バイク業界も円安などの影響で徐々に価格が上昇して来てます。
SYM 製品に限らずですが、今後は現行価格の維持が難しくなってきますし、消費税UPも間違いなさそうですので、特に輸入製品や高額商品は早めの購入をお勧めします。

SYM製品のご用命は、取扱ディーラーの当店「ファンホールズ」で!
ご注文お待ち申し上げます。

詳しい商品情報は→こちら「Z1 125

★オータムセール開催中!

| | コメント (0)

2013年10月23日 (水)

XJR400Rタイヤ交換

このお客様の「XJR400R」は、走行距離が5万5千キロくらいの頃から当店でみてますが、あれから3年ほど経ち、なんと現時点で7万キロを突破しちゃいました。

20131023_2今回の来店はハンドル・グリップの交換とスマホ・ホルダー&USB電源の取付でお越し頂きました。
1998年式で7万キロ突破の「XJR400R」なので、ハンドル・グリップは減りに減ってグルーブが無くなってツルツルになっていました。

それからフロントのタイヤ交換をお勧めしました。
フロント・タイヤは丁度お客様が当店に初めて来店頂いた頃に交換してますので、あれから3年で1万5千キロほど走ってます。

20131023_1タイヤは3年で賞味期限が切れますし、スリップサイン(磨耗限度表示)も出始めていて、そろそろ危ない感じだったので交換させて頂きました。

スリップ・サイン《磨耗限度表示》とは、法律で決められたタイヤの使用限度を示すサインで、タイヤ・トレッド周上に6ヶ所くらいあるどれか1つでも現れた場合、そのタイヤは法的にも使用不可となります。

ゴムで出来ているタイヤは、空気中のオゾンや紫外線の影響を受けて固く硬化して行き、次第に亀裂などが発生し劣化が進んで行きますので、タイヤ溝が残っていても一般的に3年毎の交換を推奨しています。
また、ゴムは低温になると更に硬化し弾性がなくなって行き、特に路面温度の低くなるこれからの時期は、タイヤは路面をグリップせずに滑るようになります。
本格的な寒波の到来前に、危険ですので古いタイヤは早めの交換をお願いします。

只今!タイヤ交換特価セール中です。 (足回りの総合点検サービス付きです。)
スクーター用タイヤの殆どのサイズ在庫あります。
在庫の無いタイヤでも、注文翌日には入荷しますので、宜しくお願いいたします。

| | コメント (0)

2013年10月22日 (火)

SPACYドライブベルト粉砕!

走行中に突然駆動不能になったと云う訴えで、「SPACY100」にお乗りのお客様からTELが有りました。

20131022_1この「SPACY100」は当店で販売した車両では有りませんが、6~7年ほど前から時々お越し頂いているお客様のもので、今年の4月にオイル交換で来店頂いた時が2年振りの来店でした。

その時既に4万キロ近く走行していたので、早急にドライブ・ベルトの交換をするよう勧めていましたが、あれから7ヶ月近くお越し頂けませんでした。

20131022_2以前は当店の近所にお住まいだったお客様ですが、今は遠く保土ケ谷の方へ引っ越され足が遠のいていたようです。

やはり保土ケ谷の方で立ち往生しているらしいのですが、当店でも近所じゃないので直ぐに駆け付ける事が出来ませんでした。
お客様はロードサービスを受けられる会員などにも加入されてなかったため、後日仕方なく実費でJAFのレッカーで20131022_3 バイクをピックアップしてもらったようで、当店に「SPACY100」が運ばれて来ました。

バイクが届いた時点で走行距離は4万2千キロ弱走ってました。
2003年式の「SPACY100」で10年は経っているバイクなので、やはり状況からドライブ・ベルト切れを疑い早速エンジン・カバーを外して診たところ、ベルトは切れてるどことかバラバラに粉砕してました。

20131022_4この「スペイシー100」は新車で購入したものらしいのですが、当店で時々オイル交換程度のメンテナンスをしていたくらいで、ほぼ今まで全く整備らしい事はした事がなく乗りっ放しだったらしいので、今回は駆動系以外にも各部を細部まで点検しておく事にいたしました。

その結果駆動系ではクラッチ・シューとウエイト・ローラーにスライド・ピースも酷く減っちゃっていたので、粉砕したドライブ・ベルトに加え一緒に交換する事になりました。

20131022_5それから油脂類もエンジン・オイルに加えて、今まで行った事が無いと云うミッション・オイルも交換する事になりました。

同じく今まで行った事の無いエアー・フィルターと、1万8千キロ交換してない点火プラグも交換して全ての作業を終えました。

ドライブベルトはゴム部品の性質上、距離だけでなく時間の経過でも劣化が進み、最後には必ず切れるか破損してしまい走行不能となります。

今回のように出先でベルトが切れて走行不能の立ち往生は大変困ると思います。
ロードサービス呼んでも、それなりに高い料金が掛かります。
また、切れたベルトがプーリーに巻き付きロックして、急ブレーキが掛かり転倒などの事故に繋がる事もあり大変危険です。

・・・・・それにしても良くベルトが4万キロも切れなかった事の方が不思議ですが、早い方では2万キロに到達する前に切れてしまう部品でもあります。

スクーターにお乗りの方は、切れる前の予防整備として、必ず定期的(2万キロ前後又は4年毎)なベルトの交換をお勧めいたします。
心当たりの方!早めに交換してくださいネ!

| | コメント (0)

2013年10月20日 (日)

GSX-R1000ブレーキパッド交換

昨日今日と2日連続で来店の<マルちゃん2号さん>です。
今日は雨の中、もう一台のご所有の「GSX-R1000」で来店頂き、ブレーキ・パッドの交換をしました。

20131020_1フロント側は約2万2千キロペースで過去に2回交換してますが、今回交換したリヤ側は、なんと5万2千キロ走って始めての交換でした。

もう一台の通勤で乗っている「FIGHTER150ZR」のリヤ側は、この前交換したばかりですが、6千5百キロで交換してます。

20131020_2「GSX-R1000」の方は、その10倍近く持った事になりますが、それでもパッド摩擦剤は半分くらい残っていました。

いくらリヤ・ブレーキを掛けない<マルちゃん2号さん>といえども、あまりにも持ちが良すぎて、パッド摩擦剤の表面劣化(硬化)も心配だったので、残量だけで云えば少しもったいなかったのですが、5万キロ突破を記念してリヤのブレーキ・パッドを交換しました。

| | コメント (0)

2013年10月19日 (土)

FIGHTER150グリップヒーター取付

<マルちゃん2号さん>の「FIGHTER150ZR」へグリップヒーターを付けました。

<マルちゃん2号さん>は、「FIGHTER150ZR」に乗換える前の「PCX125」の時にもグリップヒーターを付けていましたが、グリップヒーターは長距離通勤される<マルちゃん2号さん>にとって真冬の通勤には欠かせない装備になっいるようです。
20131019_1_5 20131019_2_2
「FIGHTER150ZR」には、「PCX125」の時のように純正での設定がありませんので、今回はDATONA製の汎用グリップヒーターを装着してみました。

ここ数日で、めっきり寒くなり、朝晩のバイク通勤が、辛い時期になってきました。
只今「DAYTONA HOT GRIP」特価販売中!
デイトナ製の汎用のものを各種取り揃えております(在庫限り)
LEAD110、SPACY100、DIO、TODAYなど取付け可!
20111209_2グリップ・ヒーター+専用接着剤+取付工賃=通常価格:¥14,385(税込)を取付特価プライス:¥11,970(税込)で、ご奉仕!
この製品は、殆どの機種に対応する汎用タイプで、一番ツライ指先の冷たさを、電気的にグリップを暖める事により暖和する定番のポカポカ商品です。
上記以外の他の機種やご希望により、各タイプ取寄せから取り付けまで可能です。
今まで多くのバイクに取付実績あります。ご希望の方は一度ご相談ください。

| | コメント (0)

2013年10月18日 (金)

Hondaライディングウエア大特価セール!④

下記対象《Honda Riding Wear》15~30%OFF!11月30日入荷分まで!!
在庫数に限りがあります。品切れの際は、ご容赦ください。

つい一週間前の12日には10月なのに最高気温が30度を超え、なんと!98年振りに真夏日の記録を更新したばかりなのに・・・。ところが一昨日の台風が通り過ぎてからは気温は一気に下がり、まるで冬のような寒さになってしまいました。

秋・冬物の「AUTUMN SALE」も来月末で終了です。
まだ防寒装備類をお持ちでない方、買い替えをお考えの方はお早めに!

HRC「TN-R3L ヘリテージジャケット」

存在感がひと味違う、リアルレーシングジャケット!

20131018_1●リフレクティブパイピングで被視認性を高める。
●カラーリングと、切り替えやグラフィックが歴代のレースシーンをイメージさせる。
●各所に柔らかで軽量かつ保温性の高い中綿を内蔵、寒い時期のライディングでの保温性を高める。
シンセティックレザーや高輝度リフレクティブ素材の流線的なカッティングがスピード感を演出。
●衿先トリコット起毛でフィット性抜群。

◆素材●表地:ナイロン100%(ツイル)●部分素材:ナイロン100%(オックス)ポリウレタン100%(シンセティックレザー)●裏地:ポリエステル100%●インナー表地/裏地:ナイロン100%●インナー中綿:ポリエステル100%

◆カラー:レッド、オレンジ、ネイビー

15%OFF!!

S・M・L・LL  \23,100(消費税抜本体価格 \22,000) →\19,635(\18,700)
3L・4L \24,150(消費税抜本体価格 \23,000) →\20,528(\19,550)

HRC「TN-P34 ウインターグラフィックライディングブルゾン」

スタイリッシュなグラフィックが映えるハイスペックライディングブルゾン!

20131018_2●シンプルな切り替えに映えるグラフィックを特徴としたライディングブルゾン。
●グローブ着用時でも使用可能な大型ポケットを装備。
●袖のアジャストタブで洗練されたシルエットを演出。
●高輝度リフレクティブ素材を大胆なデザインで採用。

●耐久性と鮮やかな光沢が特徴のナイロンツイルを使用。
●身頃に180g/袖に150gの中綿で寒い時期のライディングから体を守る。
●襟先はトリコット起毛でフィット性抜群。
●グローブ着用時でも使用可能な大型ポケット。
●合皮や高輝度リフレクティブ素材は流線的なカッティングでスピード感を演出。

◆素材●表地:ナイロン(ナイロンツイル)100%●部分素材:ポリウレタン(シンセティックレザー)100%●中綿:ポリエステル100%●裏地:ナイロン100%

◆カラー:ホワイト、レッド、グレー

30%OFF!!
S・M・L・LL  \19,950(消費税抜本体価格 \19,000) →\13,965(\13,300)
3L \21,000(消費税抜本体価格 \20,000) →\14,700(\14,000)

Honda「TG-P6C GORE-TEX®ナイロンレザーグローブ」

世界が認めた特許グローブ Honda とErgoGrip.の新作コラボモデルは機能重視のナイロンレザー素材!

20131018_3●特許型エルゴグリップ®○ 人間工学に基づき、絶妙な曲線と手の動きを研究・開発し、立体カーブを作るために、まったく新しい裁断・縫製を行う。○ グリップ時に指の内側にできるシワやヨレがなく、親和性が高い。○ 無駄な握力を必要としないため、ツーリング時の疲れを軽減。
● 甲側にナイロン×合皮、掌側には天然皮革を採用し、軽量化と耐久性を両立。
● 防水性と透湿性に優れたGORE-TEX®フィルムインサート。
● 掌部材に使うほど手に馴染む、耐久性の高い山羊革を採用。
● 甲部・指先にネオプレーンプロテクションを搭載、保護向上と操作性の両立を実現。
● 被視認性の高いリフレクターラインを甲部中央・指先にダブル配置。
● 手首からの風雨の侵入を防ぐ、ワンタッチ式ストームガードを装備。
● 大型掌当て採用により安全性・耐久性を向上。

素材●甲部:ナイロン、合成皮革、ネオプレーン、リフレクターパイピング●掌部:ゴートレザー●裏地:ポリエステル・インナー:GORE-TEX®フィルムインサート

◆カラー:ブルー、レッド、ブラック

30%OFF
S・M・L・LL  \12,390(消費税抜本体価格 \11,800) →\8,675(\8,260)
3L・4L \12,915(消費税抜本体価格 \12,300) →\9,041(\8,610)

上記以外の「ホンダ・ライディング・ギヤ」についても、特価になるものがあります。
サイズを確認の上、ご注文お願い申し上げます。

■在庫は御座いませんので、全て取寄せとなります。
■数量限定に付きメーカー在庫が無くなり次第終了させて頂きます。

| | コメント (0)

2013年10月17日 (木)

Hondaレインウエアー特価セール!

下記対象《Honda Rain Wear》20%~30%OFF!11月30日入荷分まで!!
在庫数に限りがあります。品切れの際は、ご容赦ください。

それにしても今年は台風が多いですネ!
なんでも10月までに26個もの台風が発生するのは実に19年振りだそうで、しかも昨日の26号は、ここ十数年で最大級の台風だったそうです。
もう既に次の27号が近付いて来てます。

台風&秋雨の時期です。
レインウエアーをお持ちでない方、
そろそろ古くなって買い換えをお考えの方、ご注文お待ちしております。

Honda「TH-R41 PVCレインスーツ」 

カラーバリエーション豊富でコストパフォーマンス抜群。
シーンを問わず使えるレインスーツ。

20131017_1●携帯性・コンパクト性に優れたPVC素材を使用。コストパフォーマンスに優れたレインウェア。
●カラーバリエーションを豊富に揃え、通勤、ビジネスなどライディングシーンを限定せず使えるアイテム。
●フルシーム圧着加工により、つなぎ目からの水の侵入もシャットアウト。
●エアスルー機能を兼ね備えたベンチレーションにより、ライディング時のウェアの膨らみを軽減。
●携帯に便利な収納バッグ付き。
●各所に配置したリフレクタープリントが、ライダーの被視認性をアップ。

◆素材●表地:PVC100%●裏地:ポリエステル100%(メッシュ)

◆カラー:イエロー、オレンジ、ネイビー、ターコイズ、ライトグレー、ダークグレー

30%OFF
S・M・L・LL  \3,990(消費税抜本体価格 \3,800) →\2,793(\2,660)
3L・4L \4,515(消費税抜本体価格 \4,300) →\3,161(\3,010)

Honda「TH-P42 コンパクトレインスーツ」 

背中ポケットにクルっと収納。高スペックレインスーツ!

20131017_2●生地にコーティングを施し、雨の浸入をシャットアウトしながら内部の湿気も積極的に放出。
●ジャケットの背中ポケットにジャケット・パンツをオールイン。携帯に便利。
●アジャストドローコードの働きで、パンツのウエスト調整も自在。
●ジャケットの裏地にメッシュ素材を使用し貼りつき感とムレを軽減。
●4カ所に設けられたアジャスターが、風のバタつきを抑える。
●ジャケットとパンツ裾にリフレクション素材を使用し、夜間走行時の被視認性を高める

●着脱式のフード付き。

◆素材●表地:ナイロン 100%●裏地:ポリエステル(メッシュ)、ナイロン

◆カラー:レッド、グレー、オレンジ、カーキ

20%OFF
S・M・L・LL  \13,650(消費税抜本体価格 \13,000) →\10,920(\10,400)
3L・4L \14,700(消費税抜本体価格 \14,000) →\11,760(\11,200)

上記以外の「ホンダ・ライディング・ギヤ」についても、特価になるものがあります。
サイズを確認の上、ご注文お願い申し上げます。

■在庫は御座いませんので、全て取寄せとなります。
■数量限定に付きメーカー在庫が無くなり次第終了させて頂きます。

| | コメント (0)

2013年10月16日 (水)

タイヤ整備不良率急増!

国内大手のタイヤ販売会社では、8月19日の「バイクの日」に合わせて二輪車を対象に「タイヤ安全プロジェクト」と銘打った安全運転活動を実施したそうです。

20131016_1全国の道路施設などに点検会場を設け、2年目となる今夏は5会場にて計556台を点検した結果、タイヤにかかわる整備不良が57台(前年比16台増加)となり、整備不良率は前年比2.4%増の10.3%に悪化したらしいです。
    YAMAHA JOGカーカス露出→
内訳はタイヤのヒビ割れが43台(7.7%)と最も多く、以下残溝不足21台(3.8%)、偏磨耗20台(3.6%)、損傷4台(0.7%)となっている。

また二輪のロードサービス出動件数も急増しているらしく、JAF調べではタイヤトラブルの出動件数は毎年増加を続け、僅か8年で約2.2倍にまで増えたらしいです。

20131016_2背景には様々な要因が潜んでいると考えられるが、二輪車ユーザーの自己管理意識が希薄になりつつあることは否めいない。
←SYM GT125 つるつるタイヤ
ここ数日で当店でも何台かのタイヤを交換しましたが、タイヤがツルツルに磨耗していたり、カーカスが出てバーストしてしまったり、相変らず酷いタイヤでバイクに乗っている方が多いです。

タイヤの残溝が少なかったり古くなりヒビ割れしているタイヤは、これから気温の低くなる冬場は路面をスリップするようになり特に危険な季節になります。
ご自身でタイヤの日常点検ができない方は当店でやりますのでご相談ください。

只今!タイヤ交換特価セール中です。 (足回りの総合点検サービス付きです。)
スクーター用タイヤの殆どのサイズ在庫あります。
在庫の無いタイヤでも、注文翌日には入荷しますので、宜しくお願いいたします。

| | コメント (0)

2013年10月15日 (火)

SPACYタペット調整

当ブログをご覧頂いたと云うお客様から連絡があり、「SPACY100」のバルブクリアランス調整を依頼されました。

つい1週間前にもバルブクリアランス調整の依頼で、遠く鶴見区の方からお越し頂いた「LEAD110」のお客様がいましたが、今回のお客様は更に遠く多摩区の方から遥々お起こ20131015_1し頂きました。

このお客様も当店には始めての方で、何時頃から音が出始めていたのかは不明ですが、エンジンが冷えていても暖まっていても常に大きな音が出ていました。

5万3千キロほど走行している「SPACY100」ですし、この大きな音がタペット音だけの問題なのかエンジンカバーを開けるまで疑問でしたが、結果は給排気の両方のクリアランスが基準を遥かに超えて広がっていましたので、基準値に調整して無事に異音を取り除く事ができました。

20131015_2バルブクリアランスは4サイクル・エンジン搭載のバイクなら定期的な調整を必ず行わなければなりません。
怠るとエンジン性能の低下ばかりかエンジンそのものの寿命を縮めます。

大体ワンカムのロッカーアームを使っているヘッドの場合(原付50~125に多い)は、2万キロ手前くらいから音が気になりだし2万4~5千キロでは相当煩くなってます。

20131015_3本来は1万キロを越したら行って頂きたいのですが、どんなに遅くとも2万キロ前後では行って頂きたい調整です。

今回はエンジン周辺を触るついでに劣化してクラックの入ったキャブレターホースの交換と、リヤ・タイヤの交換も一緒に依頼頂き、お昼頃お預かりして夕方には完成致しました。

本日は遠方よりお越し頂き有難う御座いました。
また何か御座いましたらお申し付け下さい。

| | コメント (0)

2013年10月13日 (日)

人は馬上で育つ

今日は早朝から初心者さんに集まって頂き、「府中運転免許試験場」までライディングスクールへ行って来ました。

20131013_1ここ数ヶ月の間に免許を取得してバイクを買って頂いたお客様を対象に、今回は<ヤス坊さん>引率のもと、初心者さん3名が二普協主催の「グッドラーダーミーティング」へ参加しました。

厚木から参加の2名は朝5時起きだったと思います。
出発予定の7時前には店前(ファンホイールズ)に集合していました。
私は皆さんを見送り、後は<ヤス坊さん>先導で府中へ向かいました。

詳しいレポートはこちら→ 「EVENT INFORMATION

先週の木曜日の夜にNHKの「地球イチバン」と云う番組で、「世界最大の馬レース“モンゴル”」と云うのが放送されていました。

モンゴルで年に一度行われる夏の伝統祭り「ナーダム」の「長距離競馬」の話しでしたが、6歳から13歳の子供達が数十キロもの長距離を競う世界最大の馬レースに参加して、そう云う環境の中でモンゴルの子供達は物心が付いた時から馬とふれあい、馬との暮らしを通して、生きていく「術」のみならず「人間性」をも養って行くと云う番組でした。

今回参加された19歳~23歳の初心者さん達にもバイクと云う鉄馬に乗って、生きていく「術」のみならず「人間性」をも養って頂ければと思います。

ライディングスクールお疲れ様でした。

| | コメント (0)

2013年10月12日 (土)

ちゃりんこタイヤ交換

やはり「自転車」ブームなのでしょうか?
いろんなところに「自転車」の大型量販店が増えました。
また最近は通販とかで「自転車」を買う人も増えたようで、うちの近所では昔からあったような町の自転車屋さんがめっきり減りました。
そんな影響なのか?最近はうちの店(バイク屋)にも自転車修理の依頼が増えた気がします。

20131012_1今日も後輪がパンクした「自転車」の修理を頼まれました。
修理とも思いましたが、タイヤがパリパリにヒビ割れしてたので、タイヤ交換をお勧めしてタイヤ&チューブ&リムバンドのセットで交換しました。

国道に面して営業する当店には昔から「自転車」が故障(主にパンクですが)して、お客様が飛び込んで来るケースが多いので、帰れず困ってる方を少しでも助けられればと思い、多少は「自転車」の修理も出来るようにしています。

タイヤやケーブル類など自転車専門店じゃないので種類や在庫数は少ないですが、まぁ普通のママチャリ程度の簡単なメンテナンスなら出来るようになってます。

ヨロシクおねがいします。

| | コメント (0)

2013年10月11日 (金)

MAXAM加速不良!

「MAXAM」にお乗りのお客様から修理を頼まれました。

全域でエンジンの調子が悪く速度も60~70キロまでしか伸びずに、それ以上は加速しないと云う事でした。

この2005年式の「MAXAM」は、お客様が数年前に中古で購入されたものらしく、購入されてからの1万数千キロは全くのノーメンテで、今まで一切バイクの整備は行った事が無かったそうです。

20131012_620131012_7こう云うバイクは疑うべき部分が余りにも多過ぎて、どっから手を付けて行って良いやら何時も困りますが、それ以前にタイヤがツルツルだわ亀裂が入っているだわで、危なくて試乗すら出来ない状態でしたので、先ずは後輪のタイヤ交換からさせて頂きました。

タイヤ交換後に行った試乗テストの結果、出ている症状から大体の見当が付きました。
ただ基本の外堀はちゃんと埋めてから本丸を攻めないといけないので、
エンジンの基本的な整備状態はチェックしておく事にしました。

20131012_220131011_1点火プラグに関しては、今回の事でお客様自身が交換したようです。
エアフィルターは診てないと云う事だったのでチェックしてみたところ、
超スゲー真っ黒で、ここ数年は見たことが無いくらいの汚れ方をしていました。
エンジンオイルはレベルを超えて溢れんばかりに入り過ぎていました。
5千キロほど交換してないと云う事だったので、
エンジンオイルとエアフィルターは交換させて頂く事になりました。

20131012_320131012_4これまでにエンジン圧縮の測定や駆動系の損耗などもチェックしましたが問題無いので、
本丸のフューエルインジェクションを調べてみました。

案の定バキュームバルブのバキュームが切れていました。
20131012_5なのでバルブが動かず加速不良を起こしていたようです。
バキュームを交換して修理完了です。

ついでにリコールの対象にもなっていたので、
燃料ポンプのシールを対策品に交換してハーネスも追加して全ての作業を終えました。

| | コメント (0)

2013年10月10日 (木)

《ZX-12R》カスタム!その19

先日納車した<マコちゃん>の「RSV4」に対して早くも刺客の手が・・・??
20131010_1
この度<マコちゃん>が導入した最新鋭機に対抗すべく、暫く沈黙を守っていた<キタさん>が動き出しました。

「ZX-12R」今年3回目、通算19回目のカスタムです。
今までは足回りや外装中心のカスタマイズが多かったのですが、今回は<マコちゃん>の「RSV4」を迎え撃つべく、エンジン性能の向上を狙ったモデファイが施されました。

既に点火系ではローターを「レーシングタイミングローター」に換装してたり、去年くらいか20131010_2らエンジン関係にも手を入れ始めていますが、今回は先ず吸気系のチューニングとして、 エアフィルターをK&Nの「HIGH FLOW」フィルターに交換してみました。

この製品は空気抵抗が少ない構造とフィルターを通過する空気を整流する事で、空気の流量を増やすフィルターチャージ効果があり、純正品に比べ1~4馬力アップが可能と云うもので、当店では皆様からご好評を頂いてる、お勧め一押しパーツです。

次に、また!マフラーを交換しました。
20131010_3この「ZX-12R」のマフラーも今回の交換で3~4本目になるかと思いますが、今回のマフラーは音も然ることながら性能も重視して、今までの抜け過ぎてたメガホン・タイプから正統派?の「DEVIL管」をチョイスしてみました。

ここまでの給排気系チューニングに合わせて、今回は奮発して遂にインジェクションコントローラーを入れる事になりました。

エアフィルターにマフラーを交換したので、当然ですが燃調のセッティングをしなければなりません。
20131010_4
選んだサブコンは今まで当店でも実績があり、信頼性のあるI-CONⅢを導入する事にしました。

取付は簡単でテールカウル内にあるECUに割り込ませるだけで完了です。
ポン付けでもエンジンの始動性やアイドリングが安定し、レスポンスも向上しているような感じでした。

「ZX-12R改」始動開始です。

<キタさん>!毎度有難う御座いました。

| | コメント (0)

2013年10月 9日 (水)

LEAD110バルブクリアランス調整

冷機時にエンジンからの異音を訴えるお客様から修理の依頼がありました。

随分と遠くからお越し頂いたお客様で、当店には始めての方でした。

20131009_1バイクは2010年式の「LEAD110EX」ですが、この異音は、お客様がこのバイクを新車で購入した時から出ていたそうです。

もちろん購入したバイク販売店にも相談されたそうですが、直して貰えなかったのでしょうか?
その後ホンダ専門の大きなバイク店にも行って相談されたようですが、なんと!このバイクはユーザー登録がされてないようで・・・結果、診て貰えなかったそうです。

そこで?どう云う訳か当店を頼って来られたらしく、遥々こんな小さな細々と営んでるバイク屋まで来てくれました。

走行距離は7千キロ弱の車両でしたが、明らかにタペット音がしています。

20131009_2エンジンが少し温まると消えてしまう音なので、そんなにバルブクリアランスが大き過ぎる訳では無さそうですが、症状から明らかにタペット音のようなので、早速シリンダーヘッドカバーを開けてクリアランスを計ってみました。

やはり給排気の両方が基準を超えて広かったので、基準値に調整して組上げました。

エンジンが温まった時と完全に冷えた時の両方の場合でテストしましたが、エンジンの異音(タペット音)は完全に消す事ができました。

基本は当店も小さな店なので、忙しい時は他店で購入されたお客様のバイクまで診て差し上げられない事もあります。

次にバイクを買う時は、後のアフターサービスの事も考えて頂き、ぜひ当店で買ってくださいネ!

宜しくお願いします。
有難う御座いました。

| | コメント (0)

2013年10月 8日 (火)

祝RSV4納車!

本日「RSV4」の納車が完了いたしました。

20131008_1_2<マコちゃん>から「RSV4」の注文を頂いたのが8月の末でしたが、その時点で国内には在庫が無く、待つ事1ヶ月後の9月末になってやっと入荷してきましたが、車検などの手続きや悪天候なども重なり更に納期が遅れていました。
大変長らくお待たせしましたが、本日無事に「RSV4」の納車となりました。

<マコちゃん>が23年間乗り続けた愛車「ZXR400」を遂に手放し、具体的な乗り換えの検討を打診されたのが7月の末頃だったと思います。

20131008_2数年前の一時期には不具合を多発していた「ZXR400」も紆余曲折を乗り越え、ここ数年は安定していて去年には車検も取ったばかりで何の不満もなかった筈ですが、やはり乗り換えのきっかけは大型免許の取得だったと思います。

私も以前から提案させて頂いていた大型免許です。
1990年式「ZXR400」・・・・・あの頃(バブル期)のバイクは確かにどれも魅力的でした。
この世代の方が今(現行)のバイクに刺激的で乗りたいと思うものが無いと仰るのも判るような気がします。
なので一先ず<マコちゃん>には視野を広げる意味でも大型免許の取得をお勧めしていました。

20131008_3知らぬまに教習所に通っていたようで、あれは7月15日の事で良く覚えていますが、<ヤス坊さん>達とモトクロス・コースに走りに行ってた時に<マコちゃん>から卒験終了のメールが入り、その時に初めて大型免許にチャレンジしている事を知りました。

翌週には大型免許を交付されたようで、その後来店された際には、常連のお客様達からは早くも大型車への乗り換えを勧められておりましたが、私は正直この段階では、少なくとも「ZXR400」の車検の切れる1年先までは乗り換えは無いと思ってました。

20131008_4確かに以前から、大型免許があればTRIUMPHの「DYTONA675」やMV-AGUSTAの「F3」 などの魅力的なバイクを世界中から選べるんだヨ!と提案していました。

その中には今回のAPRILIAの「RSV4」に関しても熱く語った記憶もありますが、まさか1000ccの「RSV4」に、しかもこんなに早く乗り換えるとは思ってませんでした。

「RSV4」はAPRILIAがスーパーバイク世界選手権参戦の為のホモロゲーションモデルとして開発したモデルで、2010年にはマックス・ビアッジがチャンピオンになってるし、MotoGPではART(アプリリア・レーシング・テクノロジー)供給の「RSV4」エンジン搭載CRTマシンで、アレイシ・エスパルガロが乗って活躍しているので皆さんもご存知かと思います。

20131008_5<マコちゃん>の選んだモデルの正式名称は「RSV4 R APRC ABS」と云うタイプで、250に匹敵するコンパクトな車体に量産車世界初となる狭角65度V型4気筒エンジンを採用し、トラクション・コントロール、ウイリー・コントロール、クイック・シフトなどの電子制御システム(APRC)が搭載されている、まさに公道で乗れるレーサーです。

80年代90年代を知る目の肥えたベテラン・ライダーだけあって最上級のマシンを選んで頂きました。

<マコちゃん>は最も古いお客様の一人で、かれこれ25年くらいお付合い頂いておりますが、ファンホイールズ10周年にして23年振りのお乗換えに大変嬉しく思いました。
メーカー保証は2年ですが、コバ長のハートのサポートは10年付きますので、これからも末永くサポートさせて頂きたいと思います。

今年は古くからの御贔屓様からの乗り換えが多く、この10年を振り帰ると、ひとえに皆様方に支えられ、ここまで来れたのだと感謝している次第です。
これからも満足いくサービスを目指してまいりますので、変わらぬご支援とご厚情を賜りますようお願い申しあげます。

この度は誠に有難う御座いました。

| | コメント (0)

2013年10月 6日 (日)

GSX-R1000タイヤ交換6回目

2007年に購入頂いた<マルちゃん2号さん>の「GSX-R1000」も今年で6年が経ち走行距離も5万キロを突破いたしました。

20131006_1そんな訳で毎年タイヤ交換されている「GSX-R1000」も今回で6回目のタイヤ交換になりました。

新車時に装着されていたブリヂストンの「BT015」は6千キロ程度しか持たず、それ以降は3回連続でミシュランの「PILOT POWER2」を履きました。

「PILOT POWER2」は1万キロは持ち性能も良かったのですが、4回目のタイヤ交換の時には当時新登場したばかりの「POWER PURE」を試してみました。

20131006_2「POWER PURE」は、ひじょうに高性能でしたが7千キロ程度しか待たなかったので、次の5回目にはメッラーの「SPORTEC M5 INTERACR」を試してみましたが、やはりひじょうに高性能なタイヤでありましたが「POWER PURE」と同じくらいしか持たず、どうしても「PILOT POWER2」のように端まで綺麗に使い切れないので、今回は今年新発売されたばかりの「PILOT POWER3」を試してみる事になりました。

<マルちゃん2号さん>!6回目のタイヤ交換有難う御座いました。

20131006_3「PILOT POWER3」は。ミシュランの最も新しいテクノロジー「デュアル・コンパウンド・テクノロジー2CT+(ツーシーティープラス)」が採用されました。

コーナーリングトレッド・ショルダーのソフトコンパウンドの下層にハードコンパウンドを配置することで、コーナーリング『特にスロットルを大きく開けた』時の安定性が向上しました。                   ↑↑ミシュラン・キャップ・プレゼント!
詳しくは→「PILOT POWER 3

タイヤ交換を考えてる方はぜひ試してみてはいかがでしょうか?
ご注文お待ち申し上げます。

| | コメント (0)

2013年10月 5日 (土)

CBR250R納車!

昨日ナンバーも届き納車を待つだけの「CBR250R」でしたが、今日は天気も悪く教習所20131005_1 以外は初めてバイクに乗る初心者さんでしたので、少なくとも今日の納車は避けるように伝えておりました。

ところが午後になって連絡があり、今日来ると云う事で止めようと思いましたが時既に遅く、もうこちらへ向かっているそうです。

若さと云うのもは、ある意味無謀と思えるほどの行動力なんでしょネ!
この行動力にはオジさん達も見習わなくちゃ!

同じくナンバーの付いた「RSV4」の納車を待つ<マコちゃん>は大人なので、もちろん普通に納車は明日に間違いないと思ってましたが・・・・
店の外に緑色のバイクが止まりました?

マ・・<マコちゃん>?
下取の「ZXR400」に乗って<マコちゃん>が来ちゃいました。
何故か?小雨の降る中を宇都宮から<マコちゃん>が登場です。

20131005_210代の若者ならともかく大人の<マコちゃん>がどうして?
今回の「RSV4」で遂に平常心をキャラにしている<マコちゃん>が壊れたのか?
まるで精神年齢は16才?何故?明日まで1日待てなかったのでしょう!!
行動力には見習いますが大人なんですから~!

暫くすると「CBR250R」の初心者君が来店し、ほぼ同時くらいに8月に納車した友達の「NSR250R-SP」君も駆けつけてくれました。

っと云う事で今日は雨の降る中「CBR250R」と「RSV4」の納車となり、書類関係の説明やバイク本体の説明を終え、「CBR250R」の初心者君は「NSR250R-SP」君に引率され、雨の中を厚木まで帰られました。

でも・・やっぱし、ここはオジさんなんでしょうネ!
<マコちゃん>は若者と違い、この雨にめげて「RSV4」の納車は延期する事になりました。

当たり前ですよネ!
流石に新車で雨の中を百何十キロも走りたくないでよネ!
来週の天気の良い日にお越しください。

それではヨロシク!

| | コメント (0)

2013年10月 4日 (金)

VT250SPADAシェイクダウン!

仕事の片手間で作っていた1988年式「VT250SPADA」ですが、約2ヶ月掛けて本日や20131004_1 っとシェイクダウンが終わりました。

このマシンに乗る予定の家の息子も本日やっと二輪の免許を取りました。

そして夕方に店に来て初の公道走行を行いました。
20131004_219才にしてバイク暦16年の息子ですが公道走行は初めてなので、最初はお父さんの後に乗ってもらいニケツで町内を1週した後、次にお父さんの原チャリ先導のもと一人で走ってもらいました。

皆さ~ん!今後はツーリングなどにも参加させて頂きますので、今後共お見知りおきの程、宜しくお願い致します。

当初この「VT250SPADA」は、入って来た時点で捨てるつもりでいました。
それくらい程度が悪く、古いバイクなので部品もなさそうでしたし、お金も掛かりそうでした。

丁度その頃に息子が教習所に通い始めたので、初心者には乗り易そうで丁度良い車格ですし、これなら練習用に思い切って転べるので、このバイクを整備して行く事にしました。

20131004_420131004_3先ずはバシャバシャ漏れてたフロント・フォークのOHから始めました。
インナーチューブの点サビは経費を抑える為に交換せずポリッシュ仕上げで、シール類とオイルだけ交換致しました。
この際に腐食して見てくれの悪いアウターチューブは塗装を剥がしバフ掛けしました。

20131004_5ブレーキも前後共ダメで作動不良を起こしていましたので、キャリパー&マスター共にOH(分解清掃)して、薄く抉れるように磨耗したフロントのディスク・ローターは中古品で交換しました。
これは既に新品が廃盤になっていたので、仕方なく中古品で間に合わせましたが、ほぼ新品同様のものが入手できて、インナーローターだけ塗装して組付けました。

20131004_6フロント・タイヤはまだ新しめのものが装着されていましたが、リヤはツルツルだったので、フロントと同じGT501で新品に交換しました。
初心者には全天候型でグリップ力もそこそこなので一先ずこれでOKにしました。
この序でにヘたってガタの大きくなったハブダンパーも一緒に交換しました。

20131004_7この際に、やはり腐食して見てくれの悪いスイング・アームも外して塗装しました。
もちろんスイング・アームまで外してますので、リヤ・サスとリンク周りも外してグリスアップしときました。

今回の「VT250SPADA」で一番てこずったのがクラッチでした。
20131004_920131004_8クラッチ操作が重く滑りも出ていて調整も困難な状況でした。
結果的にクラッチ板とスプリングを交換して滑りは解消されましたが、もっと軽くスムースな操作性を追及した結果、レリーズ・レバーやベアリングも交換し、クラッチ・ケーブルにホルダー&レバーASSYまで交換して、最後は「SUPER ZOIL」のスプレー&グリズで20131004_10潤滑攻めにして、なんとか理想のクラッチ・フィーリングにする事ができました。

レリーズ・レバーやクラッチ・ケーブルも廃盤になっていましたが、社外のリプレイス品や他車の部品を流用するなどして対応しました。
クラッチ・カバーも中古品の綺麗なものへ交換しました。

20131004_11エンジン・オイル&フィルターに冷却液も交換して、抜けちゃっているラジエーキャップは「COOL TECH」に交換しました。

まるで遺跡発掘な2ヶ月間でしたが、なんとか普通に走れるレベルまで出来上がった感じです。

後は切れてるシートレザーの張替を行って一先ず終わりって感じですが、リヤ・サスやマフラー、エンジンパワーアップなど、やりたい事や課題が残ってますので、少しずつ手を加えて行く予定です。

| | コメント (0)

2013年10月 3日 (木)

FORZAエンジン始動不能

「FORZA」の修理依頼がありました。

当店には始めてのお客様で、最近この2001年式の「FORZA(MF06)」を個人売買で購入したらく、購入の直後から灯火類の作動が悪かったりの兆候は有ったそうですが、遂にはエンジンの始動も出来なくなってしまったそうです。

原因は右のハンドルスイッチでした。
何故かスイッチボックスの廻り止めストッパーが削られていました。
20131003_1
たぶん恐らくは、以前にハンドルを社外品に交換してたんだと思います。
社外品ハンドルには純正ハンドルのようにストッパーが入る穴が開いてないので、本来はドリルなどで穴を開けなきゃならないのですが、何故か?たまに穴を開けずにストッパーの方をぶった切っちゃう人がいるようです。

それが原因でハンドルスイッチが固定されずに、あっちゃこっちゃ動いてしまうので、ハンドルスイッチ内部の配線がハンダのところで取れていました。

このままではハンドルスイッチが固定されないので、ハンダを付け直しても、また取れて同じ事の繰り返しになります。
接続端子も腐食して道通不良を起こしてますので、修理はせずにハンドルスイッチを新品に交換しました。

また何か有りましたら相談ください。
有難う御座いました。

| | コメント (0)

2013年10月 2日 (水)

CBR250R入荷!

当店では、このところ「CBR250R」が良く売れてます。

この度も赤色と黒色の「CBR250R」を続けて注文頂きました。
20131002_1
バイク購入者の平均年齢が、バイクブーム世代の50歳前後で有る事は以前にも書きましたが、「CBR250R」は、その子供達(バイクブーム世代ジュニア)が免許の適齢期に達し、20才前後で初めてのバイクとして選ぶケースが多く、嬉しい事に、AT(オートマ)のビッグスクータよりMT(マニュアル)のスポーツタイプを選ぶ傾向が強くなっている気がします。

黒色の「CBR250R」の方は、7月にバイクの教習所に通う為にヘルメット「大治郎レプリカ」を購入頂いた、家の息子の友達からの注文分です。

20131002_2本日の午前中に入荷して点検&整備も完了しております。
書類も先ほど宅急便で送ってますので、明日の午前中には届くと思います。

後はナンバーが戻ってくれば納車の運びとなりますので、もう少し楽しみに待っていて下さい。

ヘルメットは一番イイのを買ったと思いますが、ヘルメット以外にもグローブやブーツも必ず着用してください。
また、プロテクター(肩・肘・脊髄・胸部)若しくはプロテクター内蔵のジャケットなども極力装着してバイクに乗るようにしてください。

うちの店でも買えます(学割します)ので、宜しくお願い致します。
有難う御座いました。

CBR250Rの詳細情報は、こちら→「CBR250R

★オータムセール開催中!

| | コメント (0)

2013年10月 1日 (火)

FORZA点検

この「FORZA」のお客様も2008年頃から来店頂く様になり、そんなに近所にお住まいでもないのですが、それ以来の5年間は欠かさず毎年同じ時期に「FORZA」の点検で来店頂いてます。

そんな訳で今までも定期的な点検と整備を受けられているので、今回の12ヶ月点検でも特に不具合などは有りませんでしたが、そろそろ走行距離が2万3千キロに到達する頃で20131001_1 したので、今回はドライブベルトの交換を行い、後はエンジンオイルの交換程度で整備は完了いたしました。

一般的にゴム製品のタイヤやベルトは、オゾンや紫外線、熱などの影響を受けて固く硬化して行きます。
そして柔軟性が無くなり亀裂が発生したりて、ベルトの場合は最後には必ず切れてしまいますので、4年毎もしくは2万キロでの交換をお願いしています。

このお客様もそうですが、当店のお客様は定期的にご来店頂き、皆さん愛車の整備を依頼されますので、走行中のベルト切れなどは皆無です。

バイクを定期的に整備する事で、事故や故障を未然に防ぎ無駄な出費を抑えますが、新車の時の燃費を取り戻したり、エンジン性能が回復したりもしますので、安心、安全、快適なバイク生活をおくるためにも、ぜひこれからもバイクの定期点検・整備を続けていただければと思います。

毎度有難う御座いました。

| | コメント (0)

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »