« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月

2013年9月30日 (月)

RSV4車検完了!

先週に続き今日(月曜日)も定休日でしたが、休みを返上して<マコちゃん>のマシンの車検に行って来ました。

今回も<カズちゃん>に何時もの出勤時間に来てもらい二人で行って来ました。

既に書類の審査は先日の水曜日に完了してますので、陸事に到着後トランポからマシンを降ろして、さっそく車検ラインに持って行きました。

国内モデルは新規登録で車検が3年付きますが、「RSV4」は輸入車なので完成検査終了証がないので、新規登録する場合は車検が必要になります。

それも一般の車検とは異なりバイクの車重や寸法などから検査して行き、ここまで問題が無ければ普通の車検を行って行きます。

車体番号や機関番号の確認から始まり、ハンドルロックの確認や灯火類の作動確認を終え、排気音と排ガスの検査へ進みます。

20130930_1ここまで問題なくクリア!
排ガスも然ることながら排気音に関しては微妙な感じもあったので少し心配でしたが、全く問題なくクリアいたしました。

次にブレーキと速度計のテストを行いましたが、速度計のテストの際に<カズちゃん>が勘違いして前輪をテスターに乗せてしまいました。
20130930_2「RSV4」はドライブスプロケット側で速度を感知してますので、後輪をテスターに乗せ直して再テストを行い、ここまでも問題なくクリアいたしました。

最後にヘッドライトのテストを行いましたが、全然ダメで一回目の車検は見事にNGとなりました。

改めてライトの調整を行い2回目の車検では、私が乗車して検査に挑み見事に合格いたした。

20130930_3この一週間ほど店内で見ていた「RSV4」も、改めて屋外で見てみるとその車体の小ささがより印象的でした。

そして本日のメインイベント!?「RSV4」に乗ってみました。
勘違いしないで下さい!決して個人的に乗りたくて乗った訳じゃ無いですヨ!(^o^)丿
あくまでも業務の一環として必要に迫られ仕方なく車検場の周りを3~4週してみました。

20130930_4先ず申し上げますと、心配していたポジションは全く問題ありませんでした。
それほど前傾にならないしハンドルまでの距離が短いので低くさは感じず、むしろベストポジションって感じでした。

あくまでも<コバ長>的には足付きも全然OKでした。
踵が僅かに浮くくらいですので、足の長い<マコちゃん>であれば何とか成るんじゃ?
車体も軽いですしネ!

V型エンジンのお陰でフレーム幅が狭いので、250cc並の細さで抜群にニーグリップがし易かったです。

クイックな感じで自由自在に車体の向きを変えられるので、ジムカーナ的な走りすら出来るのではと思いました。

やっぱし熱かったです。
短いカウルからラジエターがむき出しているので、熱風がモロに・・・・フレームは熱くて触れませんでした。

でも!膝は全くフレームに接触しないので、Gパンで乗っても火傷はしなさそうでした。

でも、このマシンはGパンで乗っちゃダメでしょう!
<マコちゃん>!ぜひ皮ツナギで乗ってくださいネ!

車検証も出たので、本日ETCのセットアップも申請いたしました。

数日中には納車できるようになりますので、もう暫くお待ちください。
楽しみにしててネ~!

| | コメント (0)

2013年9月29日 (日)

祝WR250R納車!

大変お待たせ致しました。

追加のラジエターガード(チタン)の交換も終わり、LEDウインカーも完了してデカール(ストロボ)も全て張り終わりました。
20130929_220130929_3
そして本日<親方様>へ「WR250R」の納車が完了いたしました。

今回<親方様>に購入頂いた「WR250R」については、今更ここで説明する必要は何も無いでしょう。

公道モデルのトレール車としては唯一アルミフレームを採用していたり、エンジンには鍛造ピストンにヘッドカバーがマグネシウムだったり、価格もダントツに高いですが、性能もダン20130929_1トツの「WR250R」ですから・・・他車とは比較になりません。

バイクに30年近く乗り継ぎバイクを知り尽くしたベテランが選ぶには、ごく自然な選択で、これしか無いですからネ!

私も実車を見て改めて「WR250R」は別物だと思いました。
限りなくモトクロッサーに近く、これからダートでの走りが楽しみです。

<親方様>とも20年以上はお付合い頂いていると思いますが、たぶん今までで10台以上のバイクを買って頂いてると思います。

20130929_4当店がオープンしてからの10年では2009年の「DAYTONA675SE」以来4年振りの増車で、今回の「WR250R」で2台目のご注文でしたが、古くは・・確か?「KLE400」に始まり「ZX-9R」へ乗り換えて、一時期に皆でジムカーナーにハマった頃には「ZEPHYR750」に乗ったり、やはりモタードが流行った頃には「KDX250改MOTARD」に乗ってました。

オフロード車では「KLX250」、「KDX220」と乗り継ぎ、林道ツーリンングやエンデューロ・レースなんかに出場しましたネ!
最後は皆でモトクロッサーに乗り換え、<親方様>も「KX85」でモトクロスしてました。

20130929_5「640LC4ADVENTURE」を降りた頃からロードスポーツへ傾倒して行き、「NSR20R-SP」→そして「DAYTONA675SE」とステップアップを果たしましたが、やっと今回の「WR250R」で、暫くご無沙汰だったオフロードに戻って来てくれて大変嬉しく思いました。
また、何よりもこうして古いお客様からバイクを買って頂けた事が今回も本当に嬉しく思いました。

うちの店もそろそろ10年が経ちますが、今年は古くからの御贔屓様からの乗り換えが多く、ひとえに皆様方に支えられて、ここまで来れたのだと感謝している次第です。

うちの店が続く限り、これからも満足いくサービスを目指してまいりますので、変わらぬご支援とご厚情を賜りますようお願い申しあげます。

そして来年の10周年記念企画「北海道ツーリング」も動き始めました。
もう一度あの地で14年振りに皆さんと再会したいと思います。

この度は誠に有難う御座いました。

| | コメント (0)

2013年9月28日 (土)

つるつるタイヤ!パンク多発!

台風&秋雨の時期はパンクが増えます。

それは雨で金属片などの異物とタイヤが濡れてる場合は、その雨水が潤滑剤の役目をして互いの摩擦係数が小さくなり、タイヤに異物が刺さったり食い込んだりし易くなるからです。

そんな雨続きのある日の事。
パンク修理の依頼が続けて2件ありました。

でも2件とも修理不可能なくらいタイヤがツルツルでした。
20130928_1 20130928_2
YAMAHA BJ                HONDA TODAY
この雨が駄目押しになった事に違いはありませんが、薄く磨り減ったタイヤがパンクし易いのは雨の日に限った事ではありません。

2件ともパンク修理は無理なので新品のタイヤに交換してもらいました。

厚みの薄く成ったタイヤは異物を貫通し易くなる為パンクする確立が上がり、実際にパンクの多発するタイヤは減ったタイヤに多いです。

パンク修理代の何回か分でタイヤ交換出来ちゃいますので、タイヤ交換を節約して先送りしても結果的に損している事の方が多いと思います。
こう言った意味でも危ないしタイヤ交換は早めにやるのが得策ですネ。

只今!タイヤ交換特価セール中です。(足回りの総合点検サービス付きです。)
スクーター用タイヤの殆どのサイズ在庫あります。
在庫の無いタイヤでも、注文翌日には入荷しますので、宜しくお願いいたします。

| | コメント (0)

2013年9月27日 (金)

WR250Rストロボカラー

<親方様>の「WR250R」は、フロント・ウインカーのホルダー待ちになってしまいましたが、ICリレーの交換や結線も出来上がり、LEDの作動確認まで終っています。
そのホルダーも明日には入る予定ですので、納車は予定通りに日曜日で調整できそうです。

20130927_1今日は<親方様>が「WR250R」を増車するにあたって今回最も拘った、化粧廻し(グラッフィック)の張替を始めました。

私も昔は「KX」などで何台かやったことが有りますが、それも10年以上前の事です。
巧く出来るか心配でしたが、任された以上は綺麗に張りたいので、久し振りに真剣に仕事してみました。

先ずは純正のグラッフィックを全て剥がしてから一旦洗車して、グラッフィックを張る前に改めて貼り付け面を脱脂してから、霧吹きやドライヤーを駆使して貼り付け作業を行いました。

作業を始めてから気が付きましたが、「WR250R」の外装は物凄く凸凹が多いのですネ!

指先の器用さは天才的と自負していた<コバ長>でしたが、昔のオフロード車などと大違いで思わぬ困難が待ち受けていました。
特にシュラウドが曲者で、なんと片側だけで小一時間掛かってしまいました。

20130927_2お昼くらいから始めて他の仕事で時々中断しながらでしたが、丸一日掛けても出来上がりませんでした。

一先ず右側全部と前後のフェンダーまで完成していますので、全体の3分の2は出来上がっております。

<親方様>!ど~でしょう!
<親方様>が選んだ「ストロボカラー」になりましたヨ!
実車は写真で見てたのより100倍はカッコいいです!

明日フロント・ウインカーも完成し、
左側とヘッドライトカバーのグラッフィックを張って完成の予定です。

楽しみにしていて下さいネ!

| | コメント (0)

2013年9月26日 (木)

納車前カスタム!

<親方様>のマシンは登録も終わり、納車前の整備も終って昨日からカスタムに取り掛かってます。

20130926_120130926_2 フェンダーレス・キットやLEDウインカーの装着を頼まれていましたが、フロント・ウインカーの装着には別途ホルダープレートと云うパーツがないと装着できない事が判り、急遽このパーツの取寄せになってしまいました。

<マコちゃん>のマシンも納車前の整備が終わり、昨日からETCの取り付けを行っていましたが、イタリア語の配線図を見てもアクセサリー電源などの予備電源が確認できませんでした。

20130926_3どっから取っても良かったのですが、どうしても純正の配線をキズ付けたくなかったので、
今回はETCの取り付けにも拘って、電源取得用の特殊パーツを取寄せて綺麗に付ける事にいたしました。

昨日の午後に発注しておいたパーツは今日には届いて、無事にETCの取り付けは完了いたしました。

後は車検を取ってETCのセットアップが終れば完了です。

もう暫くお待ちください。

| | コメント (0)

2013年9月25日 (水)

登録&書類審査!

台風20号の影響で降ったり止んだりでしたが、今日は予定通り<親方様>&<マコちゃん>の登録関係をやりました。

登録業務は何時も家の嫁がやってます。

先ず別件で大田区役所で原付の登録を済ましてから陸事へ行ってもらいました。

20130925_116時頃に嫁からTELが入りました。
<親方様>の登録は普通に終ってナンバーも発行されているそうですが、<マコちゃん>の書類審査で幾つか問題が・・・・

先ずフレーム打刻の石摺が無い!?
これは車検の時に必ず持って行くと云う事でクリア!

次にフレームに記載のE11何とかの写真が無いと云う事で、急いでデジカメで写してプリントアウトして、それを陸事にFAXしてこれもクリア!

輸入車など久し振りだし、役所や担当官によって解釈が違ったりで、慣れない事やると時々しくじりますが、何とかここまで終りました。

<親方様>のは登録が終わったので、任意保険の車両入替えも終っています。

<マコちゃん>のは来週の月曜日に車検場に持って行く予定です。

皆さん!もう暫くですので、楽しみにお待ちください。

| | コメント (0)

2013年9月24日 (火)

YAMAHAも入って来ました。

本日15時過ぎに<親方様>のマシンも入って来ました。

20130924_1久し振りに見るバイク屋さんらしい光景で、狭い店内には今日入った<親方様>のマシンに加え、昨日の<マコちゃん>の「APRILIA」や「Dio110」に中古車の「Today」、「Dio」など5台もの納車待ち車両で溢れかえっていました。

と云う訳でYAMAHAの入荷が予定より遅かったので、<親方様>の登録と<マコちゃん>の書類審査に行けませんでしたが、同じ陸事なので明日一緒に行って来る予定です。

20130924_2<親方様>と<マコちゃん>は未(ひつじ)年の同い年ですか?
二人揃って真っ白なバイクを注文頂きましたが、まさに羊の皮を被った狼って感じで、デュアルパーパス最高峰の「WR」にスーパースポーツ最高峰の「RSV4」でした。

さすがに30年近くバイクに乗っているベテラン旦那衆だけあって、選ぶバイクも妥協を許さない最上級のものを選んで頂きました。

「WR」は一先ずエンジンまで掛かり、明日以降カスタム&化粧廻しの貼り付けにかかります。

「RSV4」の方も朝一にエンジンが掛かり、さっそく<マコちゃん>へ携帯電話でエンジン音を聴いてもらったら、渋谷で仕事を終えて直帰する筈だったのに、わざわざ遠回りして来店いただきました。

エンジン音は紛れも無くあのV型サウンドでした。
そしてエンジン・レスポンスに至ってはレーサーでした。

マシンに跨ったりして<マコちゃん>もご満悦のようでした。
そして先ほど20時頃に宇都宮へ帰られました。

| | コメント (0)

2013年9月23日 (月)

APRILIA取って来ました。

今日(月曜日)は定休日でしたが、休みを返上して<マコちゃん>のマシンを取りに行って来ました。

<カズちゃん>にも何時もの出勤時間に来てもらい二人で行って来ました。

マシンの受け取りの際に、ちょっと小耳に挟んだ事ですが、このマシンは来月の入荷分から価格が数十万円も値上がりするそうです。
<マコちゃん>早めに決断してラッキーでしたね。

やはりバイク業界も円安などの影響で徐々に価格が上昇して来てます。
APRILIA製品に限らずですが、今後は現行価格の維持が難しくなってきますし、消費税UPも間違いなさそうですので、特に輸入製品や高額商品は早めの購入が良いでしょうネ!

そして先ほど(丁度昼頃)お店に戻って来ました。

20130923_1実は私も実車を間近に見るのは初めてでしたが、想像を遥かに上回るクオリティーの高さとスペックに度肝を抜かされました。

なんと云ってもカッコ良過ぎで、私も30年近くバイク屋やってますが、このバイクは間違いなく1番ですネ。

先ず軽くマシンに跨らせて頂きました。
気になるライディングポジションは文字通りレーサーでした。
国内モデルで云えば「CBR600RR」などのような腰高で前傾です。

20130923_2足付きも悪いので、優先順位としては先ず車高調整は行う事に勝手に決めてます。
リヤサスペンションには車高調整機能やイニシャル調整機能もありますので、これで調整してダメなら車高調整キット的なものを探すか作るかする事も考えてます。
(保証書も取説も日本語でした。)

これで様子を見て必要であればハンドルも交換ってなるのかな?
少し楽な角度ものを探しましょう。

20130923_3それからサイドスタンドだけだと不安なので、マシンを保管する時はレーシングスタンドを使った方が良いと思いました。
当然フックはスイングアームに標準装備されてますのでご安心を!

またテールのウインカー&ライセンスブラケットは、直ぐにフェンダーレスキットのようなものに交換したい部分に思いました。
20130923_4せっかくのカッコ良いデザインを台無しにしてますしネ!

でマフラーでしょうか?
私がこのマシンで最も心を惹かれたのが音でした。
このレーシングスペックの狭角V型エンジンの雄叫びは、一度聞いたら忘れられない他の何ものとも比較できない個性的な排気音です。
ぜひ早めにマフラー交換もしてもらいたいと思います。

納車まで1週間ほど掛かりそうな予定ですが、もう暫く楽しみにお待ちください。

| | コメント (0)

2013年9月22日 (日)

R1-Z 6ヶ月点検

<長老様>放出のお宝「R1-Z」は、当店の常連様に引き継がれました。

20130922_1この「R1-Z」は前オーナーの<長老様>が大事にされていたものですが、その意志を受継ぐ方が今も大事に乗っておられます。

あれから半年ほど経過しましたが、新しいオーナー様もちゃんと「R1-Z」の6ヶ月点検に持って来てくれました。

未だ素晴らしいコンデションを維持していますが希少な2スト・エンジン搭載車ですので、これからも大事に乗ってあげてください。

有難う御座いました。

| | コメント (0)

2013年9月21日 (土)

SPACYバルブクリアランス調整

<姉さん>の「SPACY100」ですが、6月に行ったメンテナンスの時に気になっていたエンジン異音について、ご提案通り今回バルブ・クリアランスの調整を行う事になりました。

<姉さん>の「SPACY100」も今回で走行4万5千キロを突破いたしましたが、3年前の2万7千キロの時にも一度バルブ・クリアランスの調整を行っています。

前回はクリアランス調整する事でタペット音は消えましたが、今回の音は前回より少し大きく複雑な音がしている感じでしたので、カムチェーンやロッカーアーム、デコンプなどのシリンダーヘッド廻りを総合的にチェックしながら作業して行きました。

先ずはヘッドカバーを外してヘッド廻りを点検してみましたが、カムシャフトやロッカーアームの焼けなどもなくデコンプのガタなども有りませんでした。

20130921_1次にカムチェーン・テンショナーも外して作動をチェックしましたが、問題なさそうでしたので分解清掃した後に潤滑して組み直しました。

肝心のバルブ・クリアランスはやはり基準を外れて広がっていました。
基準値に調整し直してカムシャフトやロッカーアームなどにも耐熱グリズを塗布してからヘッドカバーを組み戻しました。

20130921_2エンジン・オイルの交換次期にもなっておりましたので、今回も前回のリアランスの調整の時と同じ様に、「SUPER ZOIL」」(金属表面改質剤配合エンジンオイル添加剤)を注入してオイル交換を行いました。

結果としては完璧に音を消す事が出来ました。

そしてもう一つ、スロットルを戻した時のアフターファイヤーを解消すべくキャブレター調整を行いました。
これは以前から「モリワキ」が影響している事は判っていたのですが、パンパン煩いと云う事だったので調整してみることにいたしました。

最悪ジェット交換も必要かと思われましたが、なんとかパイロット調整だけで抑えられたのでOKとしました。

ここまで来たら10万キロまで乗ってもらおうと思ってますのでヨロシク!

| | コメント (0)

2013年9月20日 (金)

Dio110リヤボックス取付

当店で取扱う原二スクーターの中では、ホンダで云えば「LEAD125」と並んで良く売れているのが「Dio110」です。

20130920_1この度も白色と銀色の「Dio110」を続けて注文頂きました。

銀色の「Dio110」の方には、オプションのリヤ・ボックスを装着して納車しました。

選んで頂いたリヤ・ボックスは、「Dio110」専用のリヤ・キャリヤがセットされている「HEPCO&BECKER」のもので、「GIVI」製のようにキャリヤからボックスが脱着できるタイプです。
20130920_3  20130920_4
元々この「Dio110」のシート下スペースが18Lの容量しかないので、「Dio110」を購入される方の多くがオプションのリヤ・ボックスを装着されますが、今回選んで頂いたボックスは容量が32Lもあるので、例えばヘルメット1個が入っても更にプラスαのスペースありますので、収納スペースにはタッぷり余裕が出ます。

20130920_2「Dio110」は、今までに無かった洗練されたニューデザインを採用し、エッジの効いたスタイリッシュなデザインはスポーティーな走りをイメージさせます。

トップクラスの軽量ボディに14インチ大径タイヤ採用し、スタイル通りのスポーティーで力強い走りと高い安定性を実現しています。

20万円を切るお求めやすい価格を実現。
メーカー希望小売価格:199,500円(消費税抜き本体価格:190,000円)

当店新製品情報はこちら→「Dio110

★オータムセール開催中!

| | コメント (0)

2013年9月19日 (木)

また「携帯電話」換えました。

6月にヒンジ部分が壊れて交換したばかりの「携帯電話」ですが、また壊してしまいました。

月曜日の夜に服と一緒に洗濯機で洗われてしまい、脱水まで終わったところで気が付きました。

脱水されているので一見は濡れている感じもなく、綺麗に乾いているようでしたがダメでした。

FOMAカードを認識しないようで、修理不能と云う事で、また交換になりました。

20130919_1前回の時は保険で同機種同色の交換ができましたが、今回は同機種が既に廃盤となっており、後継機種の最新型になりました。

機種も新しくなり、今回も保険適応になりましたが、色がピンクとゴールドしか選べなかったので、仕方なくゴールドを選びました。

今回もスマートホンにはならず、やっぱし「らくらくホン」です。

そう云えば昨日「輪生館」ファミリーが来店された際に、そこの店長もアナログ派のようで、未だにスマートホンではなく「携帯電話」を使っているらしいのですが、「俺は魂は売らない?」と相変わらず男らしい事を云っていました。・・・・同じ思想を感じました。(^o^)丿

2日で新しい携帯電話が届き、本日お仕事帰りに<ヤス坊>に来店頂き、バックアップしていたデーターを入れて貰いました。
毎度お忙しい中有難う御座います。
助かりました。

この2~3日の間、携帯電話が繋がらない状況が続きました。
ご迷惑お掛け致しましたが、もう復活しておりますので、
皆さん!宜しくお願い致します。

| | コメント (0)

2013年9月18日 (水)

「化粧廻し」入荷!

<親方様>の2014モデル用「化粧廻し」が全て入荷しました。

20130918_1先ずは外装デカールの全取っ換えと、お約束のフェンダーレス・キットやLEDウインカーにラジエターガードなどですが、日に日に仕様が追加されていくので、最終的にはどうなるのか・・・・

デカールはスカトロ?(^o^)丿じゃなくて、ストロボで張替です。(親方様!マジ間違わないで下さいネ!)

マシンは来週にも入荷する予定ですが、<マコちゃん>のとかぶっているので、出来上がりは少しだけ待ってネ~!

| | コメント (0)

2013年9月17日 (火)

初ETC!

<マコちゃん>のETCが入荷しました。
20130917_1
うちの常連様方で云えば、ETCの装着率は90%を超えた感じがしますが、<マコちゃん>は未だETCを装着していませんでした。

その<マコちゃん>もこのほど新型モデルの導入にあたり、初めてETCを装着する事になりました。

20130917_2そんなかんだで、ここ数ヶ月は毎週のように宇都宮から来店されている<マコちゃん>ですが、先週末にも来店いただきお土産までいただいちゃいました。

KRTからARTですネ!

待ち遠しいですネ!
でも既にマシンは日本に上陸しています。
来週には入荷する予定ですので、もう少しお待ちください。

| | コメント (0)

2013年9月15日 (日)

RV125JPプラグ交換

相変わらず土日は忙しく予約で一杯でした。

そんな忙しい日曜日の午後の事、エンジン不調を訴えられ「RV125JP」にお乗りのお客様が来店しました。

速度が30キロ以上出ないという事ですが、このお客様のバイクも他店で中古車で購入したものらしく、過去の整備暦は全く判らないと云う事で、やはり診断に時間が掛かりそうでした。

既に予約で預かっている当店のお客様の仕事を優先しなければなりませんでしたが、このバイクもお客様自身でも今まで整備らしい事は一度もやった事がないと云う事だったので、点火プラグくらいは診て差し上げて、これでダメなら後日に再来店頂く事になりました。
20130915_2 ←交換前 20130915_3 ←交換後(新品)

さっそく点火プラグを外して診たところ、中心電極は丸く磨耗して短くなり、真っ黒くカーボンが体積していましたが・・・・それ以前に、なんと!プラグのターミナル(キャップがはまる所)部分が壊れて取れていました。
何故だか?判りませんが、こんな所が壊れたプラグは見た事が有りません・・・

20130915_1元々中古のバイクで乗りっ放しのバイクのようなので、他にも不具合の原因が色々と出てきそうでしたが、この点火プラグを診る限り、これが主原因とも云えそうでしたので、当然プラグは新品に交換させて頂き暫く様子を見て頂く事にして、今回は一旦お帰り頂く事になりました。

症状が回復しなければ駆動系など他の部分を見ていく事になります。
経過を見てご連絡ください。
有難う御座いました。

| | コメント (0)

2013年9月14日 (土)

LEAD110スロットルケーブル交換

昨日TELでスロットル・ケーブルの在庫が有るかの問合せがありました。

「リード110」用と云う事でしたが、当店では在庫していませんでした。

一般的にスロットル・ケーブルは滅多に切れないし、また機種によって長さや形状が違うので、タイヤやブレーキパットとは異なりアイテム数が多過ぎるため、当店では基本は在庫しておりません。

20130914_1当店の近所にバイク部品の大型量販店が有りますが、そこでお客様がスロットル・ケーブルを購入して、当店に持ち込んで交換した場合、今日中に出来上がるか質問されました。

部品の持ち込み交換は可能ですが、お客様が感じている不具合(ケーブル切れと診断)が他の部分に原因が有る場合は、スロットル・ケーブルの交換でも治らない場合もある事を了解頂き、一旦バイクをお預かりする事にいたしました。

普通に考えてスロットル・ケーブルは滅多に切れないし、しかも走行距離1万4千キロ程度しか走っていない2009年式の「リード110」ですので、バイク屋さん的には普通にスロットル・ケーブルは切れていないと想定していました。

20130914_2_2数時間後お客様が来店しましたが、やはり大型量販店にもスロットル・ケーブルの在庫は無かったそうです。

さっそく不具合の出ているスロットルを診てみたところ、想定していた通りにケーブルは切れていませんでした。

スロットル側のケーブルが掛かる部分(プーリー)がグチャグチャに粉砕していて、ケーブルがスロットルから外れていました。

スロットル・ハウジングの周り止めが吹き飛んでいて、固定されておらず回転方向や左右にも動いてしまう状態でした。

20130914_3過去に転倒した事があるようで、車体右側面に大きなキズが入っていました。
恐らくは、その時にハウジングの周り止めが飛んで無くなり、その後もそもまま使い続けた結果、スロットルのプーリーが粉砕したようです。

結局はスロットルとハウジングと、ケーブルもクニャクニャに折れ曲がり切れそうだったので、それら3点の部品を交換する事になりました。

お客様はお急ぎのようでしたが、昨日中には治りませんでした。
注文しておいた部品が本日届き、一泊二日の入院で本日無事に退院となりました。

また何か有れば宜しくお願いします。
有難う御座いました。

| | コメント (0)

2013年9月13日 (金)

PCXドライブベルト交換2回目

<テッちゃん>のバイクを整備しました。

先日「NC700X」の初回点検で来店頂いたばかりですので、今回はセカンド・バイク(通勤用)の「PCX125」の方です。

20130913_1「NC700X」は2ヶ月前に納車したばかりですが、「PCX125」の方は2010年に購入頂いたもので、あれから3年4ヶ月が経ち走行距離も4万キロ越したので、今回が2回目となる ドライブ・ベルトの交換を中心に各部の消耗部品を交換しました。

ドライブ・ベルトはご覧の通り2万キロ走るとヒビ割れし始めます。

油脂類では2千キロ毎に行っているエンジン・オイルの交換と、今回で4回目となる1万キロ毎に行っているミッション・オイルの交換を行いました。

20130913_2点火プラグとエアーフィルターは今回で3回目の交換でした。

エアーフィルターも1万キロで真っ黒です。

タイヤは今回フロント側だけ交換しました。
リヤ側は過去に3回交換してますがフロント側は今回で2回目でした。

20130913_3IRCのフロントは2万キロ走るとスリップ・サイン(磨耗限度表示)が出始めます。

スリップ・サイン(磨耗限度表示)とは法律で決められたタイヤの使用限度を示すサインで、
タイヤ・トレッド周上に6ヶ所くらいあるどれか1つでも現れた場合、そのタイヤは法的にも使用不可となります。

当店のお客様は定期的にご来店頂き、皆さん愛車の整備を依頼されますので、何時もバイクは良好な状態を保ってます。

バイクを定期的に整備する事で、事故や故障を未然に防ぎ無駄な出費を抑えますが、新車の時の燃費を取り戻したり、エンジン性能が回復したりもしますので、安心、安全、快適なバイク生活をおくるためにも、ぜひこれからもバイクの定期点検・整備を続けていただければと思います。

<テッちゃん>!毎度有難う御座いました。

| | コメント (0)

2013年9月12日 (木)

SYM 製品入荷!

大変お待たせいたしました。

SYM製品が続々入荷しております。
20130912_1
この度も売れ行き好調で、不安定な在庫状況が続いておりましたが、只今「GT125」、「X'pro100」、「X'pro50風」の3機種揃って在庫中です。

バイク業界も円安などの影響で徐々に価格が上昇して来てます。
SYM 製品に限らずですが、今後は現行価格の維持が難しくなってきますし、消費税UPも間違いなさそうですので、特に輸入製品や高額商品は早めの購入をお勧めします。

また、人気の「X'Pro100」が今月の入荷分で販売終了になる事が決定しました。
これだけの性能と機能を備えていながら、こんなに安価な原二スクーターは二度と発売されないと思います。
本当にこれが最後になると思いますので、皆さん買い損じの無いようにご注文はお早めに!

★オータムセール開催中!

| | コメント (0)

2013年9月11日 (水)

T-MAX車検

このお客様ともお付き合いを始めてからは20年くらいになるのでしょうか?

今は「ZZR1400」にお乗りで、昔は「ZZR1100」に乗っていました。
他にも複数のバイクを所有されていますが、仕事が忙しいようで、どのバイクも殆ど乗れていないそうです。

そんな事もあり、セカンド・バイクの「T-MAX」が去年の4月に車検が切れてしまい、それからの約1年5ヶ月間放置してしまったそうです。

昨日(9/10)来店頂き、その「T-MAX」の車検を頼まれましたが、いきなり今日置いて行きたいとの要望でした。

クルマ関係の仕事をされている方で、休みがなかなかとれず帰って来るのも毎日遅いので、次に来れるのは何時になるか判らないと云う事でしたので、古くからのお客様ですし快くお預かりする事にいたしまた。

そして予約を入れたら本日(9/11)とれましたので、昨日中に点検と整備を終らせ車検に行ってきました。

一泊二日の当店としては異例の速さの車検でした。

時間がとれたら当店のツーリングにもたまには参加してください。
毎度ありがとうございました。

| | コメント (0)

2013年9月10日 (火)

おみやげ-51

相変わらず各地からお土産や差し入れが沢山届いてます。

特に先月の夏休み前後には、帰省先や仕事先などから沢山届きました。
20130910_1_2  20130910_2_2
最近はブログネタにしてませんでしたが、<キタさん>、<海坊主様>、<ヤス坊さん>、<マコちゃん>、<マルちゃん>・・・・・何時も本当に有難う御座いまます。

そう云う感じで、コーヒー&菓子類が大量に在庫中なので、皆さんお店にお茶でもしに来て下さいネ!

| | コメント (0)

2013年9月 8日 (日)

SPACYエンスト多発

エンジン不調の訴えで「SPACY100」に乗るお客様が来店いたしました。

当店には始めてのお客様で、この「SPACY100」は他店で中古車で購入したものらしく、過去の整備暦を記録する整備手帳をお持ちでありませんでした。

こう云うカルテ(整備記録)の無い初診のお客様の修理依頼は難易度が高く、一筋縄では行かないケースが多いので、十分に問診をして情報を聴き取らなければなりません。

20130908_1伺うと、エンジンの始動性も悪くアイドリングも不安定。
特にエンジンの暖機後にエンストを多発すると云う事です。

また過去にエンジン・オイル交換をせずに乗っていて、一度エンジンを焼き付かせた事があり、5千キロほど前に中古のエンジンに載せ換えているそうです。

それ以来はマメにオイル交換しているそうですが、当店でオイル量のチェックをしてみるとオイルの量が多過ぎて、口元まで溢れんばかりに入っておりました。

20130908_2_2この事で入り過ぎたオイルが行く場を失い、エアークリーナーボックス内へ噴出している事も考えられるので、次にエアークリーナーをチェックしてみると、オイルは吹き込んでいませんでしたが、エアーフィルターが酷く真っ黒に汚れていました。

改めて伺うとエアーフィルターも含め、距離や時間で定期的な交換を必要とする消耗部品は、今まで何一つ交換した事が無いと云う事でした。

ある程度走ってからエンジンが温まってくると症状が悪化すると云う事から、少なくとも燃料は濃いようなので、一先ずエアーフィルターは新品に交換して、点火プラグも磨耗していたので新品に交換しました。
20130908_3_2 
この際にエンジン圧縮も測定してみましたが、エンジン性能の影響するほど低くはありませんでした。

次にキャブレターのドレンを排出して、フロートチャンバー内の燃料を抜いてみましたが、多少の汚れは出て来たものの、これもエンジンに影響するほどでありませんでした。

最後にキャブレターのセッテイング状態を確認したところ、パイロット・スクリューの戻し回転数が濃い方に1回転以上開いていました。

20130908_4_3何故?こんなに調整が狂っていたのかは不明ですが、一先ず正規の戻し回転数に調整し直して、これで変わってしまったアイドリングも調整し直し、見事にエンジンは安定を取り戻しました。

この後エンジン・オイルも交換して、一先ず様子をみて頂く事になりました。

数日後にお客様にTELを入れて、あれからどんな感じか術後の経過をお聞きすると、エンジンは絶好調!のようで、大変満足して頂いたようで喜んでいました。

| | コメント (0)

2013年9月 7日 (土)

FUSIONブレーキマスターOH

このお客様も9年越しでお付き合いさせて頂いている、ご常連のお客様です。

今回の修理させて頂いた車両は、お客様がご友人から1年ほど前に譲り受けた2003年式の「FUSION」で、走行距離は2万2千キロほど走行しています。

20130907_1先日エンジンオイルの交換で来店された際に、何時ものようにバイクの周りを軽く点検して差し上げたところ、前(右)ブレーキのランプが点灯しない事が判りました。

後(左)側は点灯するので玉切れでは無さそうだったので、ブレーキ・スイッチ側を点検してみたところ、単純にスイッチ端子の接触不良が原因でした。

直ぐにブレーキ・ランプは点灯するようになりましたが、今度はブレーキを放してもランプが点灯したままになってしまいました。

20130907_2原因はブレーキ・マスターのピストンが戻り切ってないためで、ブレーキ・レバーの遊びが大きくスイッチを押せてない事が判りました。

長くブレーキ液も換えてなさそうですし、このままではブレーキ・ランプが点きっ放しなばかりか、ブレーキ自体の作動にも影響を与えかねなかったので、急遽ブレーキのマスター・シリンダーをOH(分解・清掃)する事になりました。

数日後に部品が入荷したので改めて再来店頂き、さっそく作業に掛かりました。

20130907_3リザーバー・タンク内のブレーキ液は真っ黒で、恐らく新車から一度も交換してなかった感じでした。

マスター・シリンダーを分解してピストンなどのインナー・パーツを外しましたが、やはり長くブレーキ液を交換しなかったために水が溜まっていたようで、腐食した金属部品の錆などが大量に体積し、ゴム部品は劣化しフニャフニャになっていました。

マスター・シリンダーを念入りにクリーニングした後、新品のインナー・パーツを組み込み、
新しいブレーキ液を注入し十分にエア抜きを行いブレーキ・マスターOHを終えました。

最後にブレーキ・レバーの軸穴が磨耗して広がっていたので、ピボット・ボルトと共に交換して全ての作業を終えました。 

| | コメント (0)

2013年9月 6日 (金)

NSR250Rオーバーフロー

先月の23日に納車したばかりの「NSR250R-SP」でしたが、その3日後に早くもトラブルが発生してしまいました。

20130906_1連絡の第一報ではエンジン下からのオイル漏れと云う事でしたが、幾ら古いバイクと云えども通常はオイル漏れする事など考え難く可能性は低かったので、ガソリン漏れではないかと考え、漏れている液体の性質を確認してもらったところ、サラサラで粘性が無く地面に染み込み大きく広がっていて、匂いもガソリンっぽいと云う事から、やはり漏れている液体はガソリンのようで、そのガソリンはキャブレターのオーバーフローパイプから出ているようでした。

20130906_2直ぐに駆けつけられなかったので応急の対応を検討いたしましたが、ヒューエルコックをオフにしても漏れは止まらないようで、しかもガソリンタンクは満タンのようでしたので、このままでは10リッター近いガソリンを地面に撒き散らす事になります。

まだまだ気温も高く何かに引火したら大変ですので、先ずは車体からガソリンタンクを取外してもらいました。

20130906_3この状態でようやくキャブレター内のガソリンは出尽くしたようで漏れは止まったようですが、外したガソリンタンクのコックからは相変わらず少しずつガソリンが漏れ出してくるようです。

仕方なく近所のホームセンターへ行ってもらい、ガソリン携行缶を調達してきてもらって、そちらへガソリンタンクのガソリンを移し変えてもらいました。

連絡を受けた翌日の晩に車両を引き取りに行って来ました。

20130906_4キャブレターのオーバーフローはフロートバルブのゴミ噛みが原因でした。
タンクキャップを開けて上から覗く限りはサビの発生もなく年式の割には綺麗なタンクでしたが、見えない底の方にはサビなどの汚れが体積していたようです。

それにしてもヒューエルコックが正常にオフになってくれれば、キャブレターに入った分のガソリンが漏れるだけで、こんなに大事にはならなか筈でしたが、調べた結果は、やはりヒューエルコックのレバーをOFFにしてもコックが閉じきれていないようで、相変らずポタポタと燃料が漏れて来ます。

20130906_5構造的に分解も出来ず清掃する事も出来ないので修理不可能と判断し、新品のヒューエルコックへ交換する事にいたしました。

キャブレターは分解清掃すると共に念のためフロートバルブも新品に交換し、ガソリンタンクも徹底的に清掃して更に念押しでヒューエルスレ-ナーを追加して組上げました。

最後に改めてキャブレターの調整を行い全ての作業を終えました。

大変ご迷惑をお掛けいたしました。
また何か有れば何なりとご相談ください。

| | コメント (0)

2013年9月 5日 (木)

FOX製品入荷!

輸入品に限らずですが、バイク業界も円安などの影響で価格が上昇して来てます。

20130831_4今年も「FOXRACING」の2014モデルが発表されましたが、この製品も一部の継続モデルは9月から価格改定になるので、皆様には慌てて駆け込みオーダーを入れて頂きました。
急な事でしたが毎度有難う御座いました。

久し振りに登場の<お坊さん>からは「COMP5 BOOTS」を注文頂きました。
その他ブーツやヘルメット、プロテクターなど、皆様!沢山のご注文有難う御座いました。
既にご注文のFOX製品は入荷しておりますので、ご来店お待ちしております。
20130831_1_2  20130831_2 
「COMP5 BOOTS」             「COMP5 BOOTS」
20130831_3  20130831_7_2
「V1 HELMET」               「TITAN RACE SUBFRAME」

数年前の円高値下げ前の価格に戻るだけですが、このままアベノミクスが順調に進めば、物価上昇&消費税UPは必至なので、輸入製品や高額商品は早めに買っといた方が得ですネ!

そんなタイミングに<マコちゃん>&<親方様>からもご注文頂き、誠に有難う御座いました。
 
納車まで、もう暫くお待ちください。

| | コメント (0)

2013年9月 4日 (水)

MAJESTY12ヶ月点検

「MAJESTY250」の点検を頼まれました。

このお客様は最近近所に引越されて来た方のようで、どうも一度来店頂いた事の有るお父さんの紹介でお越し頂くようになったようです。

最初の頃は、時々原付の「JOGA PRIO」の点検や整備で来店頂いていましたが、今回は数日前に友達から譲られたと云うこの「MAJESTY250」を念のために一応一通り診て欲しいと云う事で来店頂きました。

そこで12ヶ月点検をお勧めして、総合的に各部を点検させて頂く事になりました。
20130904_2_2  20130904_3_4
20130904_1検の結果、エアークリーナーのエレメントとクランクケースカバーのエレメントが汚れていましたので交換となりました。

油脂類としては、エンジン・オイルにミッション・オイルも交換致しました。

この「MAJESTY250」は所々カスタム・パーツが装着されていましたが、あのスポンジ・タイプの太目のカスタム・グリッ プが付いていて、やはりそれが握り難いようで、純正のハンドル・グリップへ交換する事になりました。
20130904_4
後はフロントの左側ウインカーの修理などを行い、全ての作業を終えました。

有難う御座いました。
またの来店お待ち申し上げます。

お父様にも宜しくお伝えください。

| | コメント (0)

2013年9月 3日 (火)

FORZAカードキー紛失!

カードキーを紛失されてお困りと云うお客様からTELが入りました。

走行中にSMARTランプ(カードキー表示灯)が点灯したので、異常を感じて直ぐにその場で一旦バイクを停車させたところ、カードキーを無くしている事に気付いたそうです。

20130903どうやら走行中にポケットに入れていたカードキーを落としたらしく、気が付いた時には当然エンジンの再始動が出来なくなっていました。

スペアキーもお持ちでないという事で、「カギ屋さん」を呼んだりしたそうですが、さすがに専門の「カギ屋さん」でもカードキーのコピー(複製)は出来なかったようです。

そこで当店にご相談がありましたが、こうなるとバイク屋さんでもどうにもなりませんので、この場合はハンドルモジュール本体丸ごとの交換になる事をご了解頂き、当店でお預かりする事になりました。

20130903_2TELの数時間後に数キロ先からバイクを押してきたようで、バイクは2004年式の「フォルツァ(MF08)」でした。

この「フォルツァ」は、バイクとしては世界で初めてスマートカードキー(双方向通信電子照合式キー)システムを標準搭載したモデルで、車体側に搭載しているECUとスマートカードキー本体が通信で相互にIDを交信し、IDが認証された場合にメインスイッチノブの解施錠や各部の解錠が可能となります。

お客様に念押しで伺いましたが、この「フォルツァ」は中古車で購入されたバイクで、購入した時から元々スペアのカードキーは貰ってないそうです。
これでハンドルモジュール(部品代:\71,505)の交換が決定的になりました。

20130903_3しかもバッテリーが上がった時などの緊急時にコンソールボックスやシートを開けるメカニカルキーも今回無くしたカードキーと一緒に無くしてしまったそうです。

ハンドルモジュールを交換するためには外装の殆どを外さなければなりませんが、この外装の取外しには少なくともコンソールボックスとシートを開けなければ出来ませんので、改めて無くしてしまったメカニカルキーを複製してから本作業に入る事にしました。

メカニカルキーの複製が出来上がり、新品のハンドルモジュールも入荷して来ました。

さっそく作業に入りましたが、やはり外装の殆ど全てを外しての作業になり、全行程で6時間くらい掛かる長丁場となりました。

| | コメント (1)

2013年9月 1日 (日)

ファイター150ZRタイヤ交換

相変わらず<マルちゃん2号さん>の月2のペースは変わらないようで、あれから丁度2週間経って、予定通り「ファイター150ZR」のオイル交換に来店頂きました。

同時にリヤ・タイヤの交換も頼まれましたが・・・・
確か??・・・・このサイズなら何時でも在庫あるヨ!と云ってたよネ!

20130901改めて良く見ると、前モデルの「ファイター150」と同じサイズと思っていたら何と<マルちゃん2号さん>の「ファイター150ZR」はワン・サイズ細いようで、在庫がありませんでした。

それでも良く調べ考えてみると、このユニークな前後のタイヤ・サイズに今後も対応させて行くとすれば、やはりタイヤ・サイズを変えてタイヤの選択肢を広げた方が得策と判断し、<マルちゃん2号さん>にご提案させて頂きました。

そこで将来的にフロント・タイヤを交換する際にも選択肢とバランスが取れるように、通常20130902サイズが120/70-12のところを130/70-12へサイズを太くして対応いたしました。

新車から約半年経ち8千キロ弱走ったところで始めてのタイヤ交換でした。
今回はPIRELLIの「DIABLO SCOOTER」を試させて頂きました。

純正タイヤより、もう少し長持ちすると良いですネ!

毎度有難う御座いました。

| | コメント (0)

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »