« DIOスタッドボルト折れ | トップページ | X'Pro100即納中! »

2013年8月 2日 (金)

TODAYバッテリー交換

セルフスタートが出来なくなったとの訴えで、「トゥディ」にお乗りのお客様が来店しました。

お話しを伺うと半年くらい前からバッテリーが上がって、それ以来ずっとキックスターターでエンジンを掛けていたようですが、そのキックも遂には油切れで動きが悪くなり、毎回のエンジン始動が辛くなり、ご相談に来店したそうです。

20130523_12004年式の「トゥディ(AF61)」は、今まで一度もバッテリー交換した事がないらしく、別の意味で新車から9年間も持った事が凄いのですが、いくら高性能なバッテリーでも9年間は寿命のようなので、今回は新品のバッテリーに交換させて頂く事になりました。

この10年くらいに製造されたスクーターは、排ガス規制などの事情で4サイクル・エンジンが搭載されています。
20100221_2それ以前の2サイクル・エンジンよりエンジンの圧縮圧力が高いので、純正指定以外の類似バッテリーを使うと、始動不良やバッテリー上がりを起こす事が有ります。

特に「トゥディ」に関しては、「ホンダ」が純正の専用バッテリーを指定していますので、今回も赤い「ホンダ」パッケージの純正専用バッテリーを使用してバッテリー交換を行いました。

20130802_1これで作業は終わりではなく、バッテリー交換を行った際に必ず当店が行う作業として、発電や充電系統の点検をしたところ、レギュレターもダメなようで全く充電電圧が上がりませんでした。

このままだと新品に交換したバッテリーも直ぐにダメになるので、今回は充電を制御する電装部品のレギュレターも新品に交換して、無事に全ての作業を終えました。

|

« DIOスタッドボルト折れ | トップページ | X'Pro100即納中! »

修理(電装系)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« DIOスタッドボルト折れ | トップページ | X'Pro100即納中! »