« SPACY100クラッチシュー交換 | トップページ | オフロードビレッジへ行ってきました② »

2013年7月14日 (日)

TZR250R復活作戦②

もはや入手困難なシリンダーや高額なクランクシャフトも手に入り、ガスケット類などの部20130714_1品も入荷したので、エンジンの組立作業に入りました。

次のツーリングは直距離になるようなので、今度こそDFNしないように、細心の注意を払って作業に掛かりました。

今回使うクランクシャフトは、前のクランクシャフトよりも程度が良さそうで、コンロッドのサイドクリアランスも少な目でした。

20130714_2_2両サイドのクランクシールは前回のOH時に換えたばかりなので、今回は交換せずに再使用する事にしました。

先ずはロアクランクケースにクランクシャフトをセットしました。

クランクケースの合わせ面に液体ガスケットを塗布し、さすがにウ20130714_3ォータージャケットのガスケットは新品に交換して、アッパークランクケースを被せました。

ボルトを規定トルクで締付けて、これで腰下は完成です。
2ストエンジンは構造がシンプルなのですが、特に「TZR250R」のエンジンは、ミッションと別体なので本当に作業が簡単です。

次にコンロッドにピストンを組付け、更にシリンダーをセットして、やっとエンジンぽい形になってきました。
20130714_4_2 20130714_5_2
シリンダーはYPVSも分解してOHして組付けました。
20130714_6_2
最後にシリンダーヘッドを組付け、エンジン組立完了です。

組み上がったエンジンを車体に搭載します。
エンジン側とフレーム側の全てのマウント穴が中心に来るように、エンジン下にジャッキを噛ませて上下左右前後に調整しながら、エ ンジンのマウント位置を出します。
20130714_7_2
マウント穴にボルトを通す時、ボルトが指先で軽く向こうまで入る位置がベストです。

これがズレているとエンジンの振動の原因にもなりますので、組み付けには拘る部分です。

一先ずエンジンの搭載が完了致しました。

明日は、<ヤス坊さん>と猛暑の埼玉(MX Raceway)に行ってきます。
暇な方は現地でお待ちしております。

|

« SPACY100クラッチシュー交換 | トップページ | オフロードビレッジへ行ってきました② »

修理(エンジン・マフラー)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« SPACY100クラッチシュー交換 | トップページ | オフロードビレッジへ行ってきました② »