« アドレスV100ホイールベアリング交換 | トップページ | VINOエンジン始動不能 »

2013年7月 4日 (木)

FORZAベルト切れ

今日も少し早目に出社して仕事の準備をしていると、開店の30分前なのに早くもお客様が来店しました。
20130704_3
走行中にバイクが走らなくなったので、車両を引き上げて修理して欲しいとの事です。

店内は既にお預かりしている修理車両で一杯で、朝から予定が詰まっていましたが、バイクを路上に置きっ放しにして来たそうなので、お待たせする訳にもいかず、急いでバイクを引き上げて来ました。

20130704_1バイクは2001年式MF06の「フォルツァ」で、走行距離は3万キロを越してます。

新車から乗っている「フォルツァ」のようですが、過去にドライブベルトを交換した事は一度もないようです。

エンジンは動くが駆動しないと云う事で、状況からして又してもベルト切れのようなので、早速エンジンカバーを開けてみたところ、やはり切れていました。

20130704_2そう云えば3~4ヶ月前にも2万7千キロくらい走っている同じ型の「フォルツァ」が、ベルト切れで修理に入って来た事があります。

ドライブ・ベルトのようなゴム部品は性質的に空気中のオゾンや紫外線の影響を受けて、距離だけでなく時間の経過でも硬化が進み劣化して行きます。

ベルトは切れてしまうと応急修理も出来ず、その場で立ち往生してしまいますので、皆様にも目安としては4年もしくは2万キロ毎での定期交換をお勧めいたします。

危険でも有りますので、長くドライブベルトを交換してない方は早めの交換を!

|

« アドレスV100ホイールベアリング交換 | トップページ | VINOエンジン始動不能 »

修理(駆動系/タイヤ・チェーン)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アドレスV100ホイールベアリング交換 | トップページ | VINOエンジン始動不能 »