« TZR250R復活作戦① | トップページ | CUBエンジン始動不能 »

2013年6月27日 (木)

LEAD110タイヤ交換

「リード110EX」のリヤ・タイヤを交換しました。

新車から約3年で距離が1万6千キロを超して始めての交換でした。
20130627_1
交換するのをちょっと引っ張りすぎた感じで、ご覧の通りタイヤはツルツルでカーカスが薄っすら透けて見え初めていました。

タイヤの減り方にはバイクの乗り方で個人差が有るので一概に言えませんが、リード110の場合ではアグレッシブな走りをする方の中には、7千キロ前後で交換時期に達して20130627_2しまう方も居ますが、一般的には8千キロ前後でスリップサイン(磨耗限度表示)が出始めて、概ね1万キロ前後で交換される方が多いようです。

今年の梅雨は空梅雨で雨も少ないですが、こんなタイヤでバイクに乗っていると路面をツルツル滑って危険ですので、もうちょっと早めにタイヤ交換してくださいネ。

それから今回は、タイヤと同じく新車から始めてになるフロントのブレーキ・パッドも交換しました。
20130627_3これもバイクの乗り方で個人差が有るので一概に言えませんが、早い方で1万キロ前後、一般的には1万2千キロ前後で交換される方が多いのですが、やはりブレーキ・パッドも交換時期を少し引っ張りすぎた感じで、パッドの摩擦材が殆ど無くなり台座の地金が薄っすら透けて見え初めていました。

ブレーキ・パッドの使用限度は、一般にパッドの摩擦材表面に刻まれた「磨耗限度溝」までで、摩擦材の残量で2mm以下になったら交換と云われてますが、実際にはパッドは片減りしますので、見た目は2mm以上あっても見えない反対側が1mm以下と云う事もありますので、3mmくらいになったら早めに交換しちゃた方が安心に思います。

ブレーキから<カシャカシャ>と異音が出始めてからでは遅いので、皆さんも定期的にブレーキの点検を行うようにして下さい。

只今!タイヤ交換特価セール中です。
(足回りの総合点検サービス付きです。)

スクーター用タイヤの殆どのサイズ在庫あります。
在庫の無いタイヤでも、注文翌日には入荷しますので、宜しくお願いいたします。

|

« TZR250R復活作戦① | トップページ | CUBエンジン始動不能 »

修理(ブレーキ系)」カテゴリの記事

修理(駆動系/タイヤ・チェーン)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« TZR250R復活作戦① | トップページ | CUBエンジン始動不能 »