« CBR125R | トップページ | GROM »

2013年6月16日 (日)

CB1300SBブレーキホース交換

高輪の<お蕎麦屋さん>から久し振りに連絡があり、「CB1300SB」のブレーキホース交換を頼まれました。

20130616_1高輪の<お蕎麦屋さん>と云っても大阪に行ってしまった「西の親方」ではなく、そのお兄ちゃんからの依頼で、ブレーキホースをステンレスメッシュのタイプへ交換する事になりました。

ステンレスメッシュホースは、純正ホースに比べて膨張率が低く、マスターシリンダーからの力をより効率的にキャリパーへと伝えるので、ダイレクトなブレーキタッチが可能となります。

20130616_2このタッチはノーマルと比較にならない程向上するので、昔のバイク乗りはバイクを新しく手に入れると、先ずはマフラー次に必ずブレーキホースを換えたもんでした・・・・・・
これに換えないとバイクじゃ無いに等しい感じで、リヤ側はともかく、フロント側は必須でしたネ。

<お蕎麦屋さん>も昔の人なんですが、今回はブレーキ・タッチも然る事ながら、それとは別にハンドル位置を少し高くしたいとの希望や、これから予定している社外の大きめのホーン(警笛)を装着するのに、ホースラインをスリムにしたいとの希望もあり、ホース長を100mm程延長して注文いたしました。

今回も選んだホースは耐久性と安全マージンを考えて、フィッティングやバンジョーボルトもステンレス製のものをチョイスしました。

20130616_3取り廻しは、1本目がマスター~右キャリパー、2本目が右キャリパー~左キャリパーと、フェンダーを跨いで取り廻す方法を採用しました。

この方法は、取り廻しのスリム化とホース総体積の低減で、一層リニアなブレーキコントロールが可能になるので、最近は、この取り廻しが流行ってます。

ステンレスメッシュホースの交換は、シングルディスクで交換工賃込2万円前後から交換できますので、ちょっとしたお小遣いで出来ちゃいます。

何れにしろブレーキホースは消耗部品で定期交換が必要な部品ですので、新車から5年以上経つようなバイクにはお勧めです。

皆さん!ご注文お待ち申し上げます。

|

« CBR125R | トップページ | GROM »

修理(カスタム・加工・特殊)」カテゴリの記事

修理(ブレーキ系)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« CBR125R | トップページ | GROM »