« DIOプラグ交換 | トップページ | CRF250L-ETC取付 »

2013年4月24日 (水)

Dioオイルスクリーン交換

2005年式「DIO」のメンテナンスを頼まれました。

バッテリーが上がっているのと、その他を総合的に診ておいて欲しいと云うことでした。

走行距離は1,176kmしか走っておらず、乗ってる時間より放置している時間の方が長いようです。

このお客様のバイクは当店で販売したものでは有りませんが、PCで過去の整備暦が残ってないかを調べると、3年前にも同様の依頼で来店していた事が判りました。

その時にバッテリーとエンジンオイルを交換してますが、それからの3年で百キロ程度しか走っていませんでした。

高額なバッテリーを再び交換するのは忍びなかったので、今回は時間を掛けて充電を試みることにしました。

20130424_1距離は乗ってませんが3年経ってますので、エンジンオイルは交換させて頂く事になりました。

この際に恐らく一度も行ってないだろう「ストレーナー・スクリーン」も清掃しておこうと云う事になり、外して診たところパックリ大きな穴が開いちゃってました。

「ストレーナー・スクリーン」はエンジン・オイルからのスラッジや摩耗粉、ゴミなどを取り除くオイル・クリーナーの役目をしていますが、詰まるとエンジン・20130424_2オイルが充分に供給されなくなったり、今回のように穴が開いてたりすると、ゴミがエンジン各部に送られるため摺動部が磨耗し、エンジンの寿命を縮める事になります。

今回も診ておいて良かったようで、新品の「ストレーナー・スクリーン」に交換しておきました。

けっこう知られていないストレーナー・スクリーンですが、当店ではオイルの交換2回に1回の目安で点検と清掃をお勧めしております。

バイクにとって重要な部分ですので、たかがオイル交換でも、専門の知識と技術を有するバイク店で行う事をお勧めいたします。

|

« DIOプラグ交換 | トップページ | CRF250L-ETC取付 »

修理(エンジン・マフラー)」カテゴリの記事

修理(オイル・ケミカル)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« DIOプラグ交換 | トップページ | CRF250L-ETC取付 »