« FORZAパンク! | トップページ | ZOOMERドライブベルト交換 »

2013年4月13日 (土)

ZXR400ブレーキキャリパーOH

今日は、<マコちゃん>の「ZXR400」が日帰り入院でした。

1ヶ月ほど前に行った健康診断(12ヶ月点検)の結果、フロント側のブレーキが引き摺っているようで、少しホイールの回転が重い感じでした。

ブレーキの引き摺りは、ピストンの作動不良により起こりますが、その原因は、主にピストンカップやシールなどのゴム部品の劣化(硬化)によるもので、ゴム部品の柔軟性の低下や損耗などにより起こります。(エンジンで云えばピストンリングに当たる部品が、シリンダーとの接触部で動きが悪くなる為です。)

また、ピストンその物に発生した腐食や外部から進入した汚れなどでも作動不良を起こしますが、もう一つは内部で長年掛けて蓄積したコレステロールのような不純物によっても動きを妨げられ、作動不良を起こします。

以上の事から、キャリパー内部の清掃やフルード交換だけでは取り除けないゴミがマスター側にも滞留してたり、ピストンカップの劣化なども考えられますので、念のため今回は、キャリパーだけでなくマスター側もOHを行う事になりました。
(キャリパとマスターの同時OHの方が料金的にもお得ですので・・・)

作業を開始して間もなく、キャリパーを診たところ予想以上に凄い光景が・・・・
ダストシールが完全にピストンに噛み込んでる状態で、ピストンが固着して全く動く気配がありません。
20130413_1_4 20130413_2_3
これじゃあブレーキも引き摺ってた訳で、少々苦労しましたが、何とか無事にピストンも取外す事ができました。
20130413_3
当初はピストン交換も含む前後のキャリパーOHを予定しておりましたが、ピストンが高額だったため、若干の腐食部分はポリッシュして再使用する事になりました。

リヤブレーキに関しては引き摺りは無いので、こちらは早急に整備する必要は無いと判断し、その分浮いた予算を20130413_4 マスター側のOHに回しました。(選択と集中って奴ですネ・・・・)

今日も遠く宇都宮(栃木県)より起こし頂きましたが、「ZXR400」のオペも無事に終わり、
予定通り日没後の18時過ぎには退院となりました。

毎度有難う御座いました。

|

« FORZAパンク! | トップページ | ZOOMERドライブベルト交換 »

修理(ブレーキ系)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« FORZAパンク! | トップページ | ZOOMERドライブベルト交換 »