« TZR250SPRタイヤ交換 | トップページ | DIOプラグ交換 »

2013年4月21日 (日)

GSX-R1000フロントフォークオイル漏れ

先週の日曜日の事ですが、<マルちゃん2号さん>からで、フロントフォークからオイルが漏れているとの連絡が入りました。

陽気も良くなり、相変わらず毎週のように走りに行っているようで、ツーリング先からのTELでした。

タイヤやブレーキにオイルが付着すると危ないので気を付けて走ってもらい、帰りに店に寄ってもらう事になりました。

その日のツーリングは580キロも走ったそうで、夜7時過ぎにお店に到着しました。

漏れは左側のフロントフォークからで、オイルシールが抜けてブレーキキャリパーまで油まみれになっていました。

早速オイルシールなどの部品を調達しておいて一週間後の本日、<マルちゃん2号さん>に雨の中をバイクに乗って来店いただきました。

20130421_2<マルちゃん2号さん>の「GSX-R1000」は、インナーチューブ表面にDLC(ダイアモンド・ライク・カーボン)処理がされていて、サビや汚れもなかったのですが、新車から乗り出して6年弱、5万キロを目前にしてオイル漏れしました。

フロントフォークは、約2年前の4万キロの時点でオイル交換をしていますが、こんな事になるなら、その時にオイルシールも換えとけば良かったと思いました。

20130421_1なので今後は、この反省を踏まえ当店の常連のお客様方には、新車から4年若しくは4万キロを超えた時点で、フロントフォークはオイルシールの交換を含むOH(オーバーホール)をお勧めする事に決めました。

それからサビや汚れがオイルシールを損傷させる原因となりますので、皆様も日頃からインナーチューブ(リヤサスも)を綺麗に磨いておいてくださいネ。

インナーチューブは放ったらかしておくと直ぐにサビますので、絶対にサビさせないでネ~!

|

« TZR250SPRタイヤ交換 | トップページ | DIOプラグ交換 »

修理(足回系/サスペンション)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« TZR250SPRタイヤ交換 | トップページ | DIOプラグ交換 »