« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月

2013年4月30日 (火)

X'Pro50KAZE各色入荷!

大変お待たせいたしました。

20130430_1当店で今最も売れてる原付(50cc)スクーターの「X'Pro風50」です。

今回も想定を上回るバカ売れで一時的に在庫を切らしていましたが、やっと入荷して来ました。

今なら各色店頭在庫中で即納できます。

20130324_1スタイリッシュなコンパクトボディーに高性能&高機能を搭載するSYMの「X'Pro風50」は、国内モデルではパワーに物足りなさを感じてる方などから人気があり、パワフルな走りが好評の当店一押しの原付スクーターです。

エンジンには高性能な4サイクル・セラミックコート・エンジ20110514_7ンを採用し、速度リミッターなしで、スピードメーターは90キロまで表示されてます。
外観も、その走りを伺わせるリヤ・ウイング付きのスポーツタイプで、見た目にもカッコいい仕様となってます。

20130430_2この他、国産メーカーにはないSYM独自のユニークな装備も満載で、ガソリン・スタンドでシートに座ったままでも手を汚すことなく給油が可能な、ワンタッチ・オープン式給油口をテールカウル上部へ設置し、メインキーを左に回すとガソリン・タンク・キャップが自動開蓋します。

20110514_6また、ハンドル左側のスイッチを押すだけでシートを自動で開けられる、ワンタッチ・シート・オープナーやシート内部にはスイッチをオンにすると点火がカットされ、盗難やイタズラを抑止する盗難抑止点火カットスイッチが採用されています。
もちろん盗難抑止シャッター・キーもついてます。

国産メーカーではオプション設定のサイド・スタンドも標準装備で、上級車モデルでは当たりまえのフロントインナーボックスにハンドル左下には小物入れまで装備。
シート下のメットインスペースは25Lもの大容量です。

これだけの豪華装備が満載で価格も安い!
売れてる最大の理由は、このコストパフォーマンス高さですネ!

《 X'Pro50風》
通常価格:\119,000(税込本体価格:\124,950)
↓↓↓↓↓↓↓
な、なんと
爆安2万円引き!
何年かに一度の買いチャンスです。
ぜひ!買い損じの無いよう、お求めはお早めに!!

↓↓↓↓↓↓↓
爆安!¥99,000 (税込本体価格\103,950)
(別途、登録料・整備料・保険料などの諸費用が掛かります。)
※近隣お住まいの方、地域限定価格です。


期間・台数限定!急げ!早い者勝ち!

SYM製品のご用命は、取扱ディーラーの当店「ファンホールズ」で!
ご注文お待ち申し上げます。

詳しい商品情報は→こちら「X'Pro50風

★スプリングセール開催中!

| | コメント (0)

2013年4月28日 (日)

GPZ900Rオーバーフロー!

<ケンちゃん>からで、久し振りにバイク「NINJA」に乗ろうとしたところ、キャブレターからガソリンが漏れてくるとの連絡がありました。

確か?去年も同時期に同じような事が!

先日購入頂いたバイク「X'Pro風50」の納車ついでに、「NINJA」を引き取りに行ってきました。

昔は<ケンちゃん>とも一緒に良く走りに行ったもんですが、ここ最近は<ケンちゃん>もバイクに乗らなくなり、この1年でも46キロしか走っていませんでした。

この「NINJA」を買って頂いてから18年が経ちますが、トータルでも2万キロ弱しか乗っておらず、ある年は1年で<ケンちゃん>の家から当店までの片道12キロしか乗ってない時もありました。そんなかんだで4~5年前から燃料系統のトラブルを起こすようになりました。

20130428_1去年も同じ症状でキャブレターからガソリンが漏れていました。

オーバーフローの原因にはいろいろな事が考えられますが、一般的にはフロートバルブにゴミが噛んでたりして起こります。

去年はキャブレターのドレンから古い燃料を排出して、フロートチャンバー内の燃料を流してあげる事で簡易の清掃を行い、ゴミが取れたようで事なきを得ました。

20130428_2ところが今回はそう云う訳には行かず、結局キャブレター自体を分解して清掃する事になりました。

先ずはキャブレターを分解する前に燃料を抜いて診ると、強烈な腐敗臭とともに変色した燃料が出てきました。

次にキャブレターを分解して診ると、ガソリンが揮発した後に残る残留物(ワニス質ガム質など)でベットリでした。

それからガソリンが揮発した後にフロートが下がった状態で、ニードルバルブのダンパーが伸びたまま固着してました。

今回のオーバーフローは、これが原因でバルブが閉じずにガソリンが流れっ放しになり溢れ出ていたと思われますが、それとは別にバルブシート周りには大量の錆が堆積していました。

20130428_3_2バルブが閉じない原因には、この錆も原因していると考えられたので、燃料タンクの中を覗いてみると真っ赤々に錆ていました。

この段階でここまでの状況を<ケンちゃん>に報告して、キャブレターの掃除と燃料タンクは手の届く範囲で錆を落とし、一先ず燃料漏れを止めてエンジンが掛かるまでの作業方針をご提案したところ・・・・・・ちょっと待った!が入りました。

20130428_4当初は私も<ケンちゃん>の本気度が判らず、どうせ殆ど乗らないバイクなので、今回も必要最低限の整備を実施して、後はその都度様子を見てもらえば良いかな?と思っていましたが・・・・

ところが今回の<ケンちゃん>は本気度が違うらしく、どうせやるなら徹底的に整備して欲しいと云う事になり、キャブレターはフルOH(オーバーホール)し、なんと燃料タンクは新品に交換する事になりました。

キャブレターはレーシングキャブのケイヒン「FLAT-CR」が装着されていますが、先ずは懸案だったフロートバルブ回りの部品や固く硬化しヒビ割れだらけのホース類やOリングなどのゴム部品などリペアパーツ一式を手配したり、問題の燃料タンクが果たして今でも新品で入手できるか調査する事から始めました。

「NINJA」をお預かりして10日ほど経ちましたが、腰を据えての長期戦に突入する事になりました。

| | コメント (0)

2013年4月27日 (土)

RV200i12ヶ月点検

一昨年に当店で販売した「RV200i」の2回目の12ヶ月点検でした。

新車からの2年で約2万キロほど走行していました。

20130427_1このお客様も頻繁に来店頂き整備を実施して頂く方なので、今回も特に異常は発見されませんでしたが、1点だけメーカーからのサービスキャンペーン(改善措置)に該当する部分があり、その不具合対象となるライセンスライト(ナンバー灯)の交換を行いました。

20130427_2それから距離と時間で必要となる定期交換部品として、先ずは新車から初となるドライブベルトを交換しました。

正確な走行距離は「19,576km」走ってますが、ベルトは交換して20130427_3 おいて良かったようで切れかかってました。
激しく走る方は、もう少し早めの1万5千キロくらいで交換した方が良いのでは?

ブレーキ液も2年が経つので交換しました。
ここも始めてでしたが、もう少し早めの交換でも良かった感20130427_4 じでした。

後は1万キロ毎に行ってるミッションオイルや点火プラグにエアフィルターを交換し、2千キロ毎に行ってるエンジンオイルを交換して、全ての作業を終えました。

毎度有難う御座いました。

| | コメント (0)

2013年4月26日 (金)

CBR250R納車!

本日「CBR250R」を納車させて頂いたお客様も古くからの方で、当店が開店した9年前に「Dio」を買って頂いた方です。

20130426_1その当時高校を卒業されたばかりのお客様は、専門学校へ通う為に「Dio」を購入頂きましたが、その後社会人になって就職された後もずっと乗って頂き、そしてこれからも乗り続けるそうです。

この「Dio」も当店でバイクを購入頂いた他のお客様同様に、この9年間ベストを尽くしてサポートさせて頂きました。
とにかく壊れず長く乗れるように日々メンテナンスさせて頂いた結果、今まで全くもって故障知らずで、未だ新車のようなコンデションを保ってます。

こんな事が評価されたのか?(自画自賛(^○^))
一週間前に来店された時は、「今日はオイル交換ですか?と聞くと→いいえ今日はバイクを買いに来ました。」 な、感じで、コンビニでコーヒー買うより簡単に商談正立してしまいました。

20130426_2今回も、こうして古いお客様からバイクを買って頂けた事が本当に嬉しく思いました。
お客様と云うより、人として繋がてる感がありますし、地道にコツコツ長くやってて本当に良かったなと思います。
これで評価して頂いたと天狗にならずに、より一層プレッシャーを感じて、今まで以上に満足いくサービスを目指し、また次の10年20年?も、力強くバイクライフをサポートさせて頂きたいと思います。

この度は本当に有難う御座いました。

20130426_34月18日に注文頂いた「CBR250R」は、5日後の4月23日には入荷してまいりました。

その日には登録も完了し、ETCのセットアップ申請も済ませましたが、ETCの取付にチョット凝って、もう一手間掛ける事にしました。

20130426_4電源を普通に取らずに、今後の拡張性も考えて純正のサブハーネスキットを割り込ませる事にしました。
なのでハーネスキットの調達で1日掛かり、翌24日から作業に取り掛かりました。

車載器もアンテナ別体式で、外からはインジケーターランプ以外はレーダーも見えないように取付けておきました。
車載器はピリオンシート下のユーティリティースペースへ取付けました。

20130426_5サブハーネスには、まだ幾つか電源が残ってますので、今後グリップヒーターやカーナビなどの増設もOKですヨ。

それからリアキャリアも間に合い取付けが終わり、めでたく本日の納車となりました。

CBR250Rの詳細情報は、こちら→「CBR250R

| | コメント (0)

2013年4月25日 (木)

CRF250L-ETC取付

「CRF250L」にETCを取付けました。

「CRF250L」には今までにも何台かETCを取付けましたが、最近はアンテナ分離式を希望される方が多くなってきて、今回も外部から目立たないアンテナ分離式を装着する事になりました。

20130425_1既に何台も取付実績がありますので、それほど時間も掛からず取付けする事ができました。

電源は他のホンダ車と同様にアクセサリーから取り出し、ETC側の接続部をアクセサリーと同じタイプの防水カプラーで組み直し接20130425_2続しました。

ここまではアンテナ分離式も一体式も同じですが、分離式は車載器本体を車体の何処かに設置しなければなりません。

防犯的にも外部から見えずにカードの脱着も容易に行える場所と20130425_3 してシート下へ設置しました。

レーダーはヘッドライトカバー内に取付け外からは全く見えません。
唯一メーター横に取付けたインジケーターランプだけがETC装着車だと判るくらいで、シンプルにキレイに取付ける事ができました。

| | コメント (0)

2013年4月24日 (水)

Dioオイルスクリーン交換

2005年式「DIO」のメンテナンスを頼まれました。

バッテリーが上がっているのと、その他を総合的に診ておいて欲しいと云うことでした。

走行距離は1,176kmしか走っておらず、乗ってる時間より放置している時間の方が長いようです。

このお客様のバイクは当店で販売したものでは有りませんが、PCで過去の整備暦が残ってないかを調べると、3年前にも同様の依頼で来店していた事が判りました。

その時にバッテリーとエンジンオイルを交換してますが、それからの3年で百キロ程度しか走っていませんでした。

高額なバッテリーを再び交換するのは忍びなかったので、今回は時間を掛けて充電を試みることにしました。

20130424_1距離は乗ってませんが3年経ってますので、エンジンオイルは交換させて頂く事になりました。

この際に恐らく一度も行ってないだろう「ストレーナー・スクリーン」も清掃しておこうと云う事になり、外して診たところパックリ大きな穴が開いちゃってました。

「ストレーナー・スクリーン」はエンジン・オイルからのスラッジや摩耗粉、ゴミなどを取り除くオイル・クリーナーの役目をしていますが、詰まるとエンジン・20130424_2オイルが充分に供給されなくなったり、今回のように穴が開いてたりすると、ゴミがエンジン各部に送られるため摺動部が磨耗し、エンジンの寿命を縮める事になります。

今回も診ておいて良かったようで、新品の「ストレーナー・スクリーン」に交換しておきました。

けっこう知られていないストレーナー・スクリーンですが、当店ではオイルの交換2回に1回の目安で点検と清掃をお勧めしております。

バイクにとって重要な部分ですので、たかがオイル交換でも、専門の知識と技術を有するバイク店で行う事をお勧めいたします。

| | コメント (0)

2013年4月23日 (火)

DIOプラグ交換

走行中にエンストして再始動できないと云うお客様が来店しました。

バイクは1996年式AF27の「SuperDIO」です。

20130423_1当店には初診で過去の整備カルテもないし、しかも17年も前の相当に古いバイクですので、壊れる原因は幾らでも考えられます。
* デポジットの堆積したスパークプラグ→
今までまともな整備はした事が無いと云う事だったので、先ずは普通に一番怪しい点火プラグから診たところ、カーボンやデポジットが堆積してテンコ盛りでした。

原因は一目瞭然で火花が飛んでいませんでした。
これだけ燃えカスがテンコ盛りだと電極が過熱され異常燃焼を起こし、プラグが解けたりエンジンが焼き付いたりしますが、今回は先にエンジンが止まってくれたお陰で、エンジンに影響はなかったようです。

20130423_2点火プラグがこんな状態だったので、エアーフィルターも診てみたら、やはりボロボロで腐ってました。
←新品のスパークプラグ
カーボンやデポジットの成分は主にエンジンオイルなので、そもそもプラグの発火部には燃えカスが付着していきますが、エンジンに適さないオイルや粗悪なオイル、劣化したオイルを使用した場合や、エアークリーナーなどの詰まりによる混合気の不適当が原因で発生し易くもなります。

特に2スト・エンジンの場合は未燃焼オイルが加熱されデポジットとして、少しずつ蓄積していきますので、最低半年毎の点検と清掃が必要です。
20130423_3またプラグはプラグ・メーカーでは3,000~5,000km毎の交換を推奨しています。
450円~くらいの安い部品ですのでマメに交換する事をお勧めします。
************** ボロボロのエアフィルター→
プラグが汚れる原因のカーボンは先程のエアーフィルターの詰まりなどで、空気とガソリンの混合気が濃い(ガソリンの比率が多い混合気の不適当)状態でも不完全燃焼によっても発生します。
エアークリーナーの点検や清掃も半年毎をお勧めします。

20130423_4また某GSやカーショップなどで安価なノーブランド・オイルを使用している方に、同様のプラグの不良や、マフラーの詰まり、場合によってはエンジンの焼付きなどの症状が多く見受けられます。
エンジン・オイルも極力信頼できるバイク屋さんで補給するとことをお勧めします。
←新品のエアフィルター
当店では殆どの車種に対応するプラグを常時在庫してます。
エンジン・オイルに関しても、燃え易くカーボン堆積の少ないオイルをご用意してます。
安くて高品質なオイルを入った分まで計り売りしてます。
是非ご利用ください。

| | コメント (0)

2013年4月21日 (日)

GSX-R1000フロントフォークオイル漏れ

先週の日曜日の事ですが、<マルちゃん2号さん>からで、フロントフォークからオイルが漏れているとの連絡が入りました。

陽気も良くなり、相変わらず毎週のように走りに行っているようで、ツーリング先からのTELでした。

タイヤやブレーキにオイルが付着すると危ないので気を付けて走ってもらい、帰りに店に寄ってもらう事になりました。

その日のツーリングは580キロも走ったそうで、夜7時過ぎにお店に到着しました。

漏れは左側のフロントフォークからで、オイルシールが抜けてブレーキキャリパーまで油まみれになっていました。

早速オイルシールなどの部品を調達しておいて一週間後の本日、<マルちゃん2号さん>に雨の中をバイクに乗って来店いただきました。

20130421_2<マルちゃん2号さん>の「GSX-R1000」は、インナーチューブ表面にDLC(ダイアモンド・ライク・カーボン)処理がされていて、サビや汚れもなかったのですが、新車から乗り出して6年弱、5万キロを目前にしてオイル漏れしました。

フロントフォークは、約2年前の4万キロの時点でオイル交換をしていますが、こんな事になるなら、その時にオイルシールも換えとけば良かったと思いました。

20130421_1なので今後は、この反省を踏まえ当店の常連のお客様方には、新車から4年若しくは4万キロを超えた時点で、フロントフォークはオイルシールの交換を含むOH(オーバーホール)をお勧めする事に決めました。

それからサビや汚れがオイルシールを損傷させる原因となりますので、皆様も日頃からインナーチューブ(リヤサスも)を綺麗に磨いておいてくださいネ。

インナーチューブは放ったらかしておくと直ぐにサビますので、絶対にサビさせないでネ~!

| | コメント (0)

2013年4月20日 (土)

TZR250SPRタイヤ交換

天気予報では午後から雨だったのですが、既に朝からポツポツ来てました。

こんな天気で寒い一日でしたが、何故か?久し振りに大勢の常連様達が集った一日でした。

20130420_1朝一番には、予定通り<ウミ坊主様>が「TZR」に乗ってタイヤ交換に来ました。
2週間前の12ヶ月点検の結果ご指摘させて頂いた、前後のタイヤと後輪のホイールベアリングにエアフィルターの交換です。

タイヤは「MICHELIN」の「PILOTPOWER」にしました。
何故?2CTにしなかったかと云うと、サイズが無いんですネ!
(後輪が150/60ZR17ですから・・・・)
20130420_2サイズ的には、まだ幾つか選べたのですが、グリップ、ライフ、コスト面で総合的に判断し決定しました。

<ウミ坊主様>の「TZR」は、前回タイヤ交換してから6千5百キロほど走り、スリップサイン(磨耗限度表示)が出る少し手前って感じでしたが、時間は7年5ヶ月経ってるタイヤでしたので、固く硬化し所々にヒビ割れが発生していました。

20130420_3久し振りに「PILOTPOWER」を手で触ってみましたが、けっこう柔らかい感じでグリップしそうでしたので、私の「TZR」にも履かしちゃおうかな?

この後「フクちゃん」が2週間前に納車した「NC700X」に乗って、熊谷からオイル交換に来店しました。

なんと早くも2週間で千キロ走ったそうです。

更に遠く宇都宮から「マコちゃん」が登場したり、「キタさん」や「ヤス坊さん」も登場して、外は雨で一日ザーザー降りでしたが、お店の中は賑やかに盛り上がった一日でした。

そして雨の中を皆さんが帰られた後、最後に<マルちゃん>が登場して、また遅くまでバイク談義に盛り上がりました。

| | コメント (0)

2013年4月19日 (金)

FORZAジェネレーター交換

エンジンが掛からないと云う訴えで修理の依頼が入りました。

お話を伺うと仕事場へバイクを乗って行ったまでは良かったらしいのですが、帰宅の段階でバイク(FORZA)の電源が入らなくなり、エンシン始動が出来なくなったそうです。

さっそく車両を引き上げて来て状態を診たところ、電源が完全に喪失している訳では無く、スターターモターこそ回りませんが、やはり単純にバッテリーが弱いだけな感じです。

バッテリーの端子間電圧が低い事から、やはり単純にバッテリー上がりの可能性が大きい事を伝えたところ、お客様は毎日バイクに乗っているそうで、しかも半年前に他店でバッテリーを新品交換したばかりだそうなので、問題はそんなに単純では無さそうで、もっと深い原因が隠されているような感じです。

20130419_1バッテリーの充電終了後エンジンを始動させて改めて端子間電圧を測定しましたが、相変わらず電圧は基準に達しない事から、先ずはジェネレーター(発電機)から調べて診たところ発電量が低くバラ付きがありました。
原因はジェネレーターと判断しジェネレーターを新品に交換したところ、今度は過充電気味になってしまいます。

次にレギュレーターも疑い点検したところレギュレーターも故障している事も判り、これも新品に交換して無事に修理は完了いたしました。

この「FORZA(MF08)」の場合は良くあるパターンなのですが、ジェネレーターとレギュレーターの両方が壊れてるパターンは初めてで、診断に少し手間取ってしまいました。

何れにしろ単純なバッテリー上がりと思ってても、今回のように発電や充電系統のトラブルが原因の時も多いので、たかがバッテリー上がりと云えども、ちゃんとしたバイク屋さんに診てもらうようにしましょうネ!

| | コメント (0)

2013年4月18日 (木)

LittleCUBタイヤ交換

「リトルカブ」のお客様がエンジンオイルの交換で来店しました。

20130418_1エンジンオイルの交換では年に1回くらいのペースで来店する方ですが、他の部分は殆どノーメンテですので、今回も軽くバイクの周りを診て差し上げたところ、後輪タイヤにスリップサイン(磨耗限度表示)が出ていました。

走行距離が2万キロに近い割には前輪の溝は残っていましたが、ヒビ割れが無数に発生していました。

20130418_2この車両は当店で2004年に販売した車両ですが、新車からの8年7ヶ月の間タイヤは一度も交換した事が無かったので、これは危険と判断し、急遽前後輪のタイヤを交換する事になりました。

ゴムで出来ているタイヤは、空気中のオゾンや紫外線の影響を受けて、徐々に固く硬化して行きます。
次第に亀裂などが発生し劣化が進んで行きますので、溝が残っていても3年毎の交換をお願いしています。
固く硬化し弾性がなくなったタイヤは、路面をグリップせずに滑るようになり大変危険ですので、古いタイヤは早めの交換をお願い致します。

只今!タイヤ交換特価セール中です。 (足回りの総合点検サービス付きです。)
スクーター用タイヤの殆どのサイズ在庫あります。
在庫の無いタイヤでも、注文翌日には入荷しますので、宜しくお願いいたします。

| | コメント (0)

2013年4月17日 (水)

X'Pro風50納車!

祝!「X'Pro風50」納車!

20130417_3今年は常連様からの乗換えの多い年で、今回は<薬屋ケンちゃん>からもバイクを一台買って頂きました。

社用車の「GYRO CANOPY」からの乗換えで、「X'Pro風50」を購入頂きました。

13年振りの新車お買上げでしたが、こうして古くからのお客様からバイクを買って頂けた事が、今回も本当に嬉しく思いました。

20130417_1注文頂いたのが土曜日で、月曜日には港区役所へ登録に行ってきました。

来店の際には、何時もの栄養ドリンク差し入れ頂き有難う御座いました。

昨日の晩に会社へバイクをお届けに上がりましたが、帰りに「GPZ900R」を引き取って来ました。

20130417_2この「GPZ900R」をお売りしたのが平成7年ですので、<薬屋ケンちゃん>とは、かれこれ18年以上のお付き合いになるんですネ!

そして今年18年目にして「GPZ900R」は、次の18年?に向けて大幅リフォームする事になりました。

ちょっと長丁場になりますが、愛情たっぷり込めて仕上て行きたいと思います。

この度は誠に有難う御座いました。

| | コメント (0)

2013年4月16日 (火)

X'Pro100入荷!

「X'Pro100」が入荷しました。
20130416_1只今展示中で、即納できます。

スタイリッシュなコンパクトボディーに高性能&高機能を搭載するSYMの「X'Pro100」は、国内モデルではパワーに物足りなさを感じてる方などから人気があり、同排気量(100~110cc)クラス(SPACY100、LEAD110、Dio110など)の4ストスクーターと比較して、パワフルな走りが好評の当店一20130416_2押しの原付スクーターです。

エンジンには、耐久性抜群の4サイクル・セラミックコート・エンジンを採用し、速度リミッターなしで、スピードメーターは120キロまで表示されてます。
外観も、その走りを伺わせるリヤ・ウイング付きのスポーツ20130416_3タイプで、見た目にもカッコいい仕様となってます。

この他、国産メーカーにはないSYM独自のユニークな装備も満載で、ガソリン・スタンドでシートに座ったままでも手を汚すことなく給油が可能な、ワンタッチ・オープン式給油口をハンドル左下に設20130416_4 置し、メインキーを左に回すとガソリン・タンク・キャップが自動開蓋します。

また、ハンドル左側のスイッチを押すだけでシートを自動で開けられる、ワンタッチ・シート・オープナーや盗難抑止キー・シャッターも20130416_5 ついてます。

国産メーカーではオプション設定のサイド・スタンドも標準装備で、上級車モデルでは当たりまえのフロントインナーボックスまで装備。
シート下のメットインスペースも大容量です。

これだけの豪華装備が満載で価格も安い!
売れてる最大の理由は、このコストパフォーマンス高さですネ!

中古の原二(~125)スクーターお探しの方に!
中古車並みの価格で、新車が買える!?「X'pro100」は如何でしょう!

「X'pro100」なら、排気量101ccなので原付二種(甲)登録でき、ピンク色ナンバーが取得できますので、クルマのように法廷速度60キロで走れて、二段階右折も不要です。
125logo_1 125logo_2 125logo_3

125logo_4 125logo_5

そして原付50cc並の価格で購入できます。

《 X'Pro100》
通常価格:\159,600
(税込本体価格:\152,000)

↓↓↓↓↓↓↓
な、なんと更に! 爆安1.5万円引き!
何年かに一度の買いチャンスです。
ぜひ!買い損じの無いよう、お求めはお早めに!!

↓↓↓↓↓↓↓
爆安!¥137,000
(税込本体価格\143,850)
(別途、登録料・整備料・保険料などの諸費用が掛かります。)
※近隣お住まいの方、地域限定価格です。

期間・台数限定!急げ!早い者勝ち!

SYM製品のご用命は、取扱ディーラーの当店「ファンホールズ」で!
ご注文お待ち申し上げます。

詳しい商品情報は→こちら「X'Pro100

★スプリングセール開催中!

| | コメント (0)

2013年4月14日 (日)

ZOOMERドライブベルト交換

「ズーマー」のドライブベルトの交換を頼まれました。

20130414_12004年式の「ズーマー」で走行距離は2万2千キロを越していたので、ドライブベルト以外にも消耗している部品はないか調べておくことにしました。

案の定ウエイトローラーとスライドピースも減っていたので、これらも一緒に交換しました。

それから「シガーライター&USB電源」の取付けを頼まれました。

これはお客様自身で装着するために他店で購入してきたものらしいですが、結局ご自身では装着できずに当店に持込まれました。

20130414_2ところが持込まれた「シガーライター&USB電源」は、バッテリー直付けの端子しか付いてなく、しかも2004年式の「ズーマー」ではアクセサリー電源もありません。

仕方が無いのでオプションのイモビアラーム用の端子から電源を20130414_3 取る事にして、その為のハーネスを新規に制作して、「シガーライター&USB電源」の端子もそれに合わせて作り治し組上げました。

当店はパーツ持込みでの取り付けも行いますが、出来ればパーツの調達から取付けまでを一環してお任せ頂ければ、安価で間違いない仕事が出来ると思います。

宜しくお願いいたします。

| | コメント (0)

2013年4月13日 (土)

ZXR400ブレーキキャリパーOH

今日は、<マコちゃん>の「ZXR400」が日帰り入院でした。

1ヶ月ほど前に行った健康診断(12ヶ月点検)の結果、フロント側のブレーキが引き摺っているようで、少しホイールの回転が重い感じでした。

ブレーキの引き摺りは、ピストンの作動不良により起こりますが、その原因は、主にピストンカップやシールなどのゴム部品の劣化(硬化)によるもので、ゴム部品の柔軟性の低下や損耗などにより起こります。(エンジンで云えばピストンリングに当たる部品が、シリンダーとの接触部で動きが悪くなる為です。)

また、ピストンその物に発生した腐食や外部から進入した汚れなどでも作動不良を起こしますが、もう一つは内部で長年掛けて蓄積したコレステロールのような不純物によっても動きを妨げられ、作動不良を起こします。

以上の事から、キャリパー内部の清掃やフルード交換だけでは取り除けないゴミがマスター側にも滞留してたり、ピストンカップの劣化なども考えられますので、念のため今回は、キャリパーだけでなくマスター側もOHを行う事になりました。
(キャリパとマスターの同時OHの方が料金的にもお得ですので・・・)

作業を開始して間もなく、キャリパーを診たところ予想以上に凄い光景が・・・・
ダストシールが完全にピストンに噛み込んでる状態で、ピストンが固着して全く動く気配がありません。
20130413_1_4 20130413_2_3
これじゃあブレーキも引き摺ってた訳で、少々苦労しましたが、何とか無事にピストンも取外す事ができました。
20130413_3
当初はピストン交換も含む前後のキャリパーOHを予定しておりましたが、ピストンが高額だったため、若干の腐食部分はポリッシュして再使用する事になりました。

リヤブレーキに関しては引き摺りは無いので、こちらは早急に整備する必要は無いと判断し、その分浮いた予算を20130413_4 マスター側のOHに回しました。(選択と集中って奴ですネ・・・・)

今日も遠く宇都宮(栃木県)より起こし頂きましたが、「ZXR400」のオペも無事に終わり、
予定通り日没後の18時過ぎには退院となりました。

毎度有難う御座いました。

| | コメント (0)

2013年4月12日 (金)

FORZAパンク!

このお客様は1~2年前から当店にお越し頂くようになった方で、近所にお住まいのようで時々来店頂いております。

20130412_1今回はパンク修理のご依頼で、車両「フォルツァZ」を引き取って来ました。
調べて診ると後輪側のタイヤが空気抜けしていましたが、パンクと云うよりはカーカスが露出するまで磨耗してしまい、単純にタイヤが磨り減って穴が開き空気漏れを起こしていたようです。

2月に別件で来店頂いた際には既にタイヤはスリップサイ20130412_2ン(磨耗限度表示)が出ていたので、早めの交換をお勧めしておりましたが、少々タイヤ交換するのが遅かったようで、空気が抜けるまでタイヤを磨り減らしてしまいました。
←今回交換した新品タイヤ
当然パンク修理は無理なのでタイヤ交換になりました。

20120612_1そう云えば・・・・このお客様の「フォルツァZ」は、当店に来店頂くようになった最初の頃にも一度タイヤ交換した事が有るのですが、その時も同じようにカーカスが露出していました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・去年6月のタイヤ交換時→
今回はその時よりかなりマシな感じですが、いずれにしても、ここまでツルツルになってカーカスが出ているタイヤでは、大変危ないと思いますので、早めのタイヤ交換をお願いしたいものです。

只今!タイヤ交換特価セール中です。 (足回りの総合点検サービス付きです。)
スクーター用タイヤの殆どのサイズ在庫あります。
在庫の無いタイヤでも、注文翌日には入荷しますので、宜しくお願いいたします。

| | コメント (0)

2013年4月11日 (木)

AddressV125ブレーキ整備

「アドレスV125」にお乗りのお客様から、フロントのブレーキ・パッド交換を頼まれました。

3年ほど前から来店頂くようになったお客様で、当店でブレーキ・パッドを交換するのは今回で2回目です。

20130411_1お受けする際に何気なくブレーキ廻りを診ると、ブレーキ・ディスクも減っちゃってました。

走行距離は6万キロを越してますし新車から6年ほど経つ車両なので、今回はパッドやディスク以外にマスターやキャリパーもOHし20130411_2 ながら消耗部品は全て交換して、ブレーキ・ホースに関してはステンレス・メッシュ・ホースに交換する事になりました。

ブレーキ・パッドはスライドピンが固着していたようで片減りしてまし20130411_4 20130411_3 た。

ブレーキ・ディスクはパッドとの当たり面が抉れてました。

キャリパーもマスター側もゴム製のインナーパーツは劣化して、マスターのダイヤフラムは完全に変形していました。
20130411_520130411_6またマスターのタンク内は赤茶けた沈殿物でべっとりでした。
キャリパー・ピストンも錆と汚れが酷かったです。

これら全ての消耗部品を新品に交換して、ホースは純正品より高性能なステンレス・メッシュ・タイプのホースへ交換しました。

こうしてメンテナンスしてれば、まだまだ長く乗れると思いますので、これからも愛車の整備に心がけてください。

有難う御座いました。

| | コメント (0)

2013年4月10日 (水)

TZR250R整備⑤

一先ずエンジンのOHも終わりましたが、今年はちゃんとバイクに乗りたいので、気になるところは全て手を入れていこうと思い、各部を総点検しました。

20130410_2そこで次に気になったのがフロントフォークで、若干ですがオイルが滲んでたのでバラす事にしました。

分解して診ましたが、内部はそんなに悪い状態じゃなかったので、今回はオイルとオイルシールの交換程度に留めました。

20130410_1インナーチューブのボトム付近に点サビが発生してましたが、これは妥協してポリッシュして組上げる事にしました。

今までもお金を掛けてきたバイクなので、他に気になる点は有りませんでしたが、最後にケーブル類が重いので給油をしてたら、クラ20130410_3ッチレバーの軸穴が広がっちゃってたので、新品に交換しました。

最後にETCを装着して、とりあえず完成・・・・かナ?

これから実際にテスト走行してみないと判りませんが、今週軽くテスト走行して問題なければ、来週あたりに本格的なテスト走りを兼ねたプチ・ツーリングにでも行っちゃおうかナ~?

| | コメント (0)

2013年4月 9日 (火)

TODAYクラッチシュー交換

「TODAY」のオイルの交換を頼まれました。

20130409_1このバイクは当店で2005年に販売したものですが、今年で8年目を向かへ走行距離も2万キロを超えたので、今回はオイル交換と一緒にドライブ・ベルトの交換もお勧めいたしました。

その序に駆動系を一通り点検させて頂いたところ、クラッチ・シュ20130409_2 ーも磨耗が酷く、台座の地金まで磨り減っている事が判りました。

ウエイトローラーやスライドピースの損耗も大きかったので、これら駆動系の消耗部品を一式交換する事に致しました。

これでまた新車の時の燃費や加速性能を取り戻すと思います。
そしてまだまだ長く乗れると思いますので、これからもバイクのメンテナンスに心がけてください。

| | コメント (0)

2013年4月 7日 (日)

祝!NC700X納車!

大変長らくお待たせ致しました。

20130407_2入荷に2ヶ月も掛かってしまいましたが、やっと本日<フクちゃん>に注文頂いてた「NC700X」が納車の運びとなりました。

実は、この「NC700X」は2月上旬に注文を頂きましたが、丁度その頃は12年モデルからの切り替わりの時期で、希望の色が完売してました。
他の色なら即納できましたが、どうせならと云う事で13年モデルの発売を待つ事になりました。

13年モデルは、リアシートカウルの一部の仕様が20130407_3 変更されるだけでしたが、オプションのボックスを装着する際に大幅な作業性の向上とコストダウンが期待できると云う事だったので、暫く辛抱して待つ事に致しました。

そして今週の頭にやっと入荷してまいりました。
当初はETCのセットアップが間に合わないのと天気予報も大雨だったので、一旦は今週の納車は見送る予定でしたが、ETCのセットアップが早目に完了してきて雨も上がり、この度の納車に漕ぎ付ける事ができました。

20130407_1待った甲斐が有ったようで、「TANAX製スポルトシートバッグ」のプレゼント付でした。
良かったですネ!

今回は排気量も上がって新車のお買上げでしたが、この5年で2台目のお買上げ、本当に有難う御座いました。

<フクちゃん>とは、2008年に中古で買って頂いた「CB400SF」からのお付き合いですが、このバイクも1万5千キロくらいから乗り出し、5年で5万3千キロも乗って頂きました。

この「NC700X」は10年10万キロを目指して乗って下さいネ!
これからも当店は、長く快適なバイクライフが過ごせるように、サポートさせて頂きますので、宜しくお願いいたします。

| | コメント (0)

2013年4月 6日 (土)

TZR250SPR12ヶ月点検

私の「TZR」復活計画に影響されたのか?
<ウミ坊主様>からの依頼で、長らく放置プレイしていた「TZR250SPR」の整備を頼まれました。

確か私の記憶では、この「TZR」が走る姿を見たのは、一昨年(2011年)の元旦が最後だったような・・・・

暫く振りに倉庫から「TZR」を引っ張りだして来ました。

うちの整備記録では、この「TZR」を最後に整備したのが3年前で、それから400キロしか走行距離が進んでいませんでした。

20130406_1 エンジンは辛うじて掛かりましたが、全くアイドリングしないので、やはりキャブレターはOH(分解・清掃)しました。

もちろんバッテリーも新品に交換して、その他ミッションオイルやブレーキ液などの油脂類も交換しました。

一先ずエンジンまでは調子を取り戻しましたが、放置していた期間が長かったので、全体を総合的に点検する事になり、12ヶ月点検も行いました。

その結果、エアフィルターがボロボロで、タイヤが硬化しヒビ割れが発生していました。

そろそろスリップサインも出始めてますので、早めの交換をお願いいたします。

毎度有難う御座いました。

| | コメント (0)

2013年4月 5日 (金)

ViviDX納車!

又もや<キタさん>から電動アシスト自転車の注文を頂きました。

やはり前回と同じ「PANASONIC」製の「Vivi」シリーズから選んで頂きました。

20130403_1前回の最上級モデル「VIVI CHARGE・W」と異なり、今回は廉価版の「ViviDX」でしたが、まとめて2台も買って頂きました。

<キタさん>!毎度ほんとうに有難うございました。

「ViviDX」は回生充電対応では無いものの、「VIVI CHARGE・W」と同じで走行状態をセンサーで感知し自動でムダを見つけて省エネ走行する「エコナビ」機能搭載です。

様々な道路状況や走行条件に応じて快適性を失わず、より最適なエコ運転による節電を行うことで、1回の充電で約51Kmもの長距離走行をサポートします。
詳しくは→http://cycle.panasonic.jp/products/electric/end5/

高機能、高品質でありながら非常にリーズナブルな価格が売れてる理由でしようか?

メーカー希望小売価格:109,000円(税抜103,810円)
車体色:ブラック、グリーン、オレンジ、レッド、シルバー、ブラウン、ブルー

| | コメント (0)

2013年4月 4日 (木)

嬉!時計いただきました。

うちの店の壁掛け時計が壊れてたの知ってます?

確か今年に入った頃からだったかナ~?

しょっちゅう来てる人なら気が付いてたと思いますが・・・

時計の針(短針)が狂っちゃって、1時間ほど間違っちゃうようになりました。

20130404_1それに逸早く気付いたのが、やっぱし<キタさん>でした。

うちの店も今年で10年目なんで、時計も寿命なんでしょう。

私も早く時計を買い換えなくてはと思いながら、ついつい忙しさにかまけてました。

それに業を煮やした<キタさん>が、温度&湿度計付の新品を買ってきてくれました。

いつも何から何まで、本当に有難う御座います。

写真の左が古い時計で、右が新しい時計です。
9時30分なのに10時30分に見えますよネ!(^○^)

ま~時間は1時間くらい先を見て、仕事しないとダメなんですけどネ~!

| | コメント (0)

2013年4月 3日 (水)

TZR250R整備④

エンジンが組み上がりました。

20130405_2_220130405_1_2クランクは両サイドのオイルシール交換だけに留め、シリンダーとピストンを交換し、ミッションのベアリングも打ち換えが終了しました。

この後クランクケースの組立てを行い、コンロッドにピストンを組付け、シリンダーを組付けました。

20130405_320130405_4シリンダーヘッドまでの組立てが終わったところで、エンジンを車体に載せました。

この後キャブレターを装着したり、電装部品やラジエターを付けて、ミッションオイルや冷却液を注入して完了です。

ここで一先ずエンジンの始動テストを行いました。
明らかにOH前より始動性も良くなり、レスポンスもパワーも向上してるようなので、ちょっ20130405_620130405_5 と嬉しい感じでした。

今回は暫く放置していた間に進行したチャンバーのサビも落として、耐熱塗料で綺麗に塗装し直しました。

エンジンの方は一先ず完了って感じですが、この際なのでフロントサスなんかもOHしちゃおうかな?

| | コメント (0)

2013年4月 2日 (火)

13モデルNC700X入荷!

<フクちゃん>大変お待たせ致しました。
20130402_1
昨日車両「NC700X」が入荷して、登録(熊谷)も完了しました。

納車前の初期整備も終わりETCの装着も完了致しました。
ETCはアンテナ別体式を付けておきました。

後はETCのセットアップ待ちですので、納車まで、もう暫くお待ちください。

ETCの電源はアクセサリー電源の防水カプラーから取りました。
20130402_220130402_3そこへ今後の拡張性も考えて、リレーセットを追加した上で純正のサブハーネスキットを噛まし、その中の純正と同じ3極コネクターを介して電源を導き出しておきました。

まだ幾つか電源が残ってますので、今後グリップヒーターやカーナビなどの増設時もOKですヨ。

20130402_420130402_5車載器はラゲッジスペースの車載工具の付いてる部分に取付けました。
この為、車載工具はタンデムシート内の空スペースへ移動しました。

レーダーはウインドシールドの内側、インジケーターランプはハンドルパイプへ装着しておきました。

もう直ぐですので、宜しくお願いいたします。

<フクちゃん>の「NC700X」をチョット紹介します。

<フクちゃん>の「NC700X」は、ローダウン仕様の「TypeLD」と云うタイプで、スタンダード・タイプと比較して30mmほどシート高が低いタイプを選んで頂きました。

20130402_6この他ABSやデュアル・クラッチ・トランスミッション装備車など、使用の目的で選べるバリエーションの豊富さもこのバイクの魅力ですが、一番の特徴で最大の魅力は大容量のラゲッジスペースを装備している事でしょう。

燃費性能を高めたことにより燃料タンクを小型化しシート下に配置できた事や、エンジンのシリンダー前傾角を62度にした事で、従来の燃料タンク部にフルフェイスヘルメットも収納可能な21Lものスペースが確保されてます。

20130402_7エンジンは新設計の水冷4ストロークOHC直列2気筒669ccを搭載。
ロングストロークでトルクフルなエンジンは、270度位相クランクによる不等間隔爆発と1軸1次バランサーを採用し、心地よい鼓動感を味わえるエンジンになってるようです。
その他、摩擦を低減するローラー式のロッカーアームに二輪車初の軽量アルミ素材を採用するなど低フリクション技術が多岐にわたり採用されてるようです。

詳細情報は、こちら→「NC700X

| | コメント (0)

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »