« DioCesta駆動系整備 | トップページ | フェイズETC取付 »

2013年3月 9日 (土)

CRM250R RALLY①

「RUSSIAN RALLY」エントリーマシンのメンテナンスを任されました。

20130309_1マシンは1992年式の「CRM250RM」で、走行距離は5万5千キロ走ってます。

開催日も迫ってるようなので、余裕をもって先日の日曜日には入庫してもらいました。

20130309_2先ずはリヤ・サスペンションから始めました。
ダンパーが効いてないようで、クニャクニャと云う事でした。
いまさら新品では調達できないと思ってましたが、ダンパー単体でならメーカー在庫(ラスト2セット)がありました。・・・・でも値段は6万円超えです。

20130309_3一先ずリヤ・サスペンションを分解して、スプリングを点検したところ自由長も直角度も基準値内に収まってました。

他にも交換したい部品がたくさん出てきそうでしたので、なんとかトータルで予算内で組上げるためにも、今回はダンパーは交換せずにOH(オーバーホール)する事にして、ここは予算を分散しておく事にしました。

20130309_4距離や時間の経ってるサスペンションの割にはオイル漏れもなく、ロッドには僅かなキズが有りましたがサビは出ていませんでした。

バンプラバーは劣化して粉砕してました。

中に入ってたオイルは稀に見る汚れ方で真っ黒でした。
20130309_5シリンダー内はバリで出来たキズでしょうか?多少タテキズが入ってました。

バンプラバーやオイルシール類を交換してからダンパーを組立て、新しいオイルと窒素ガスを封入して、なんとかリヤ・サスペンションまでは完了いたしました。

|

« DioCesta駆動系整備 | トップページ | フェイズETC取付 »

イベント(ツーリング・走行会)」カテゴリの記事

オフロード(モトクロス・モタード)」カテゴリの記事

修理(足回系/サスペンション)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« DioCesta駆動系整備 | トップページ | フェイズETC取付 »