« ZRX8回目の車検 | トップページ | GT125初荷! »

2013年1月17日 (木)

ZZR1100バルブクリアランス調整

このお客様は一昨年の5月頃から主に油脂類の交換などで頻繁に来店頂いてる方で、今回は当店には初めての車検をご用命頂きました。

20130117_1_2車両「ZZR1100」をお預かりする際の簡易点検で、フロント・タイヤにスリップサインが出てる事が判りました。
リヤ・タイヤは車検的には問題なさそうでしたが、センターだけ減って角張ってしまってたので、前後で銘柄を合わせるためにもフロントとリヤの両方を一緒に交換する事になりました。

20130117_2またバッテリーが弱ってスターターモーターの回転が遅く、ヘッドライトの光量が不足してました。
車検に合格しないばかりか、まだまだ続く寒い冬を乗り越えられそうになかったので、今回はバッテリーも新品に交換する事になりました。

この他は油脂類としてエンジン・オイルや前後のブレーキ/クラッチ液、冷却液の交換などを申し受けました。

20130117_3さっそく車検の項目を一ずつ点検して行き、点火プラグを外して診たところ、#1と#4のプラグホールが油まみれになってました。

このバイクと云うか、このエンジンの宿命なのですが、これはヘッド・カバーのガスケットがヘタりで吹き抜けてオイル漏れしたもので、ガスケットの交換のためヘッド・カバーを外すので、この序にバルブクリアランスも調整しておく事になりました。

20130117_5ガスケットの交換のためヘッド・カバーを外してみたところ、これもこのエンジンで良く見受けられるカムシャフトの焼けが発見されました。
#3のインレット側一箇所だけですが、僅かに表面層が虫食い状に剥離してました。

カムシャフトの交換となると高く付きますし、エンジンに影響 20130117_6 が出てるとか異音が発生してるとかでもないので、今回は表面の荒れを軽く磨いてモリブデングリスを塗布して処置しておきました。

バルブクリアランスは測定の結果1箇所だけ標準範囲から外れてました。
調整はロッカーアームをスライドさせてシムを交換できるので、そう云う意味ではこのエンジンは楽なエンジンです。

20130117_7ここまでやったので最後に今回はキャブレターの調整もサービスでやっときました。
パイロットスクリューの戻し回転数を確認したあと4連キャブレターが全て同調するまで、バキューム測定器を見ながら調整しときました。

このお客様も今年は当店のツーリングに参加予定ですので、皆様も宜しくお願い致します。

|

« ZRX8回目の車検 | トップページ | GT125初荷! »

修理(エンジン・マフラー)」カテゴリの記事

修理(ブレーキ系)」カテゴリの記事

修理(外車・逆輸入車)」カテゴリの記事

修理(燃料系)」カテゴリの記事

修理(車検・点検)」カテゴリの記事

修理(駆動系/タイヤ・チェーン)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ZRX8回目の車検 | トップページ | GT125初荷! »