« TZR250パンク! | トップページ | ZOOMERオイル漏れ »

2012年12月26日 (水)

RGV250バッテリー交換

<マルちゃん>「ガンマ」のバッテリーが逝っちゃいました。

20121226_1電気屋?<マルちゃん>が調べたところでは、バッテリーの端子間電圧が6V程度しかなく、エンジンのアイドリング状態では12V程度は上がるそうですが、エンジン回転を上げて行くと9V以下に下がってしまうそうです。

これってレギュレターも怪しいんじゃないの?って事で、トランポ(ハイエース)にバイクを載せてお店に来てもらいました。

20121226_4店頭の中古車に元気の良い同じバッテリーがあったので、これを試しに「ガンマ」に装着して改めて充電電圧を測定して診ると、ちゃんと正規の充電電圧まで上がるので一先ずレギュレターは
やっぱしバッテリー自体がと云う事になり、今回のバッテリー交換になりました。

今年の冬は寒いので、冬を越せずに寿命の尽きるバッテリーが多発してますが、この「ガンマ」のバッテリーも、この寒さに押されて寿命が尽きたようです。

そして今回も<マルちゃん>の長いバイク乗り人生で始めての経験となる、シールドタイプ(密閉型)のMFバッテリーを装着する事になりました。
(奥様の乗ってる「LEAD100」は既にMFバッテリーですが・・・)

前回のタイヤ交換の時にも人生初のラジアル・タイヤ装着となりましたが、やはり「Z1」を筆頭に70年代~80年代のバイクばかり乗り継いできた<マルちゃん>にとっては、1998年式「RGV250γ」はそうとう年式の新しいバイクのようで 、バイアス・タイヤや開放型バッテリーが普通だった<マルちゃん>にとっては、全てが新しい経験ばかりのようです。

やっぱバイクは空冷、クロモリフレームで2バルブでなきゃと云いながらも、ちょっと嬉しそうな<マルちゃん>でした。

20121226_320121226_2今まで付いていたバッテリーは「MADE IN CHINA」でしたが、今回も当店で交換したバッテリーは、正真正銘の「MADE IN JAPAN」です。

当店で使用しているバッテリーは全て、日本のバッテリー・メーカー「GS YUASA」又は「FB古川電池」を使用しています。
最近よく目にする外国製バッテリーに比べたら値段は少し高いですが、結果的にお客様の利益と安全を考えた場合に、寿命が長く保証も1年(2万キロ)付いてて安心なので、当店ではこちらをお勧めしています。

只今在庫のバッテリーに限り、期間限定で大放出セール中です。
12月末までの期間、在庫限り20%OFFでご奉仕!
更に交換作業工賃及び廃バッテリー処分料サービス!いたします。
この機会にバッテリーを新しくして寒い冬を乗り越えてください。


それから、今回も<マルちゃん>からお土産頂きました。
今回はお仕事で長野へ行ったらしく、「クッキー」や「信州そば」まで頂いちゃいました。
20121226_5



何から何まで有難う御座いました。

|

« TZR250パンク! | トップページ | ZOOMERオイル漏れ »

修理(電装系)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« TZR250パンク! | トップページ | ZOOMERオイル漏れ »