« FIGHTER150整備 | トップページ | CB1300SFビキニカウル取付 »

2012年12月16日 (日)

MATEエンジン不調

20121216_4「MATE」をご所有のお客様からエンジンの調子が悪く、走れても時速20キロ程度でしか出ない為、自走も不可能と云う事だったので、ご自宅まで車両を引き取りに行って来ました。

若いお客様が所有の「MATE」ですが、車体番号から恐らく30年20121216_1 以上は前の車両のようで、当店には初めてのお客様だったので、今までの整備暦も全く不明です。

一先ず一番怪しい点火プラグを外して診て見ると、ご覧の通りタール状のカーボンでベッとりでした。

これじゃ調子どころか火が飛ぶ筈もなく、とりあえず点火プラグを交換したところ、エンジンも掛かり20121216_2 アイドリングも正常になりましたが吹き上がりが今一です。

何かフン詰まってる感じなので、マフラーのバッフルを外して診たら、ここも真っ黒いカーボン(煤)でテンコ盛りでした。

20121216_3ほぼ出口が塞がれてたので、バッフル部分のカーボンを綺麗に掃除して組み直しました。

試乗もしてみましたが、とりあえず上まで吹けるとうになったので、一先ず完成とさせて頂きましたが、恐らくマフラーの内部やシリンダー・ヘッド、ピストン・ヘッドは同様にカーボンでベッとりと思いますので、完璧にするには一度腰上(シリンダー上)はOH(分解清掃)する事をお勧め致します。

|

« FIGHTER150整備 | トップページ | CB1300SFビキニカウル取付 »

修理(エンジン・マフラー)」カテゴリの記事

修理(電装系)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« FIGHTER150整備 | トップページ | CB1300SFビキニカウル取付 »