« PCX170計画PART2 | トップページ | DIOエンジン焼付 »

2012年10月 5日 (金)

PCX170計画PART3

「PCX125」ボアアップ昨日の続きです。

20121005_3_2朝一で、昨日の疑問を「TAKEGAWA」に問合せすると、やはり、このまま組んで問題ないようですが、ポンチ・マークが少しズレるので、次にバル ブ・クリアランスを調整する時は気を付けないとダメですネ!

これで問題解決!・・と思いきや!
20121005_2_2別件で「TAKEGAWA」から、エンジンを組む前にシリンダー・ヘッドの確認要請がありました。
どうもシリンダーの個体差により、シリンダー・ヘッドとのウォーター・ジャケット合わせ位置が、大きくズレるものが有るらしく、それを調べた上で、基準サイズから外れてるものは使用できないとの事でした。

20121005_1_2また少し中断です。
仕方ないので指示通り、シリンダー・ヘッドへガスケットをセットして、ウォーター・ジャケットとの距離を確認いたしました。

幸い規定以上の距離があり良品と判断できたので、引き続きエン20121005_6ジン組立の作業に掛かりました。

バラした時の逆でエンジンを組立、同様にバルブ・クリアランスを調整し直し、冷却液を注入してエンジン組立は完了いたしました。

20121005_4_220121005_7次に駆動系パーツの交換です。
駆動系には、ハイスピードプーリーキットと云うドライブ側のパーツ一式と、ドリブン側のクラッチセンタースプリングが同梱されてきて、エンジンのボアアップに対応しています。

20121005_820121005_5_3駆動系のパーツ交換も終わり、次にサブコン(FICON2インジェクションコントローラー)を装着しました。
これもエンジンのボアアップに対応した燃調コントローラーで、さすが世界の「TAKEGAWA」!至れり尽せりのキット20121005_9内容でした。

駆動系、吸気系とくれば、当然次に排気系と云う事で、マフラーも「TAKEGAWA」のオーバル・タイプへ交換です。

ところが・・・やってしまいました!

将来的にA/Fメーター(空燃比計)も装着する事を想定し20121005_10て、今回発注したマフラー(サイレントオーバルマフラー)には、「TAKEGAWA」に特注で、02センサーの装着用ボスを溶接取付して届けてもたいましたが、現時点でセンサー は付けないので、その穴を塞ぐブラインドプラグが必要でしたが、それの注文を忘れてました。

なので、またここで作業は頓挫してしまい、あと一歩のところで完成に至りませんでしたが、一先ず<NUPPYさん>には、ノーマルのマフラーで一旦納車されて頂き、後日ブラインドプラグが届き次第、再入庫して頂く事となりました。

|

« PCX170計画PART2 | トップページ | DIOエンジン焼付 »

修理(エンジン・マフラー)」カテゴリの記事

修理(カスタム・加工・特殊)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« PCX170計画PART2 | トップページ | DIOエンジン焼付 »