« DioCESTA点検整備 | トップページ | PCX170計画PART4 »

2012年10月11日 (木)

LEAD110エンジン不調

閉店間近になっても仕事が終わらず、バタバタ忙しくしてる最中に、お客様が来店されました。

そろそろ閉店だし、今日中に完成させなきゃならない仕事で一杯なので、修理関係の依頼だったらお断りしようと思いながら、お客様のご用件をお聞きしたところ、お乗りの初期型「リード110」のエンジンが、どうも不調のようで来店されたようです。

直ぐ近所にお住まいの様ですが、当店で販売した車両でもないし、やはり、ここは当店のお客様の仕事を最優先しなければなりません。

20121011_1ところがこのお客様は、当店のお得意様のご紹介で来店されたようで、そのお得意様も以前から大変当店をご贔屓頂いてる方でしたので、無下にする事も出来ず、一先ず症状と過去の整備暦などをお聞きしたところ、新車で購入してからの4年間は、GSで時々エンジン・オイルの交換をする程度で、今まで全く点検や整備をした事が無いと云う事でした。

20121011_2_2走行距離は1万8千キロ近く走ってて、今まで一度も点火プラグやエアフィルターなども交換した事が無いと云う事でしたので、これがエンジン不調の原因に間違いなさそうです。

点火プラグとエアフィルターの交換だけなら直ぐ終わるので、ここは、お得意様のご紹介でも有りますし、直ちに整備させて頂く事になりました。

20121011_3早速、点火プラグとエアフィルターを外してみると、状態はご覧の通りで、プラグの中心電極は、完全に角が落ちて丸くなり、カーボンが厚く堆積してました。

エアフィルターも埃だらけで、超真っ黒でした。
これじゃあ火が飛ばない訳ですし、エアフィルターにしても、ここまで詰まってれば、エンジンも調子が悪くなる訳です。

新品の点火プラグとエアフィルターに交換して、エンジン不調は改善されました。

|

« DioCESTA点検整備 | トップページ | PCX170計画PART4 »

修理(電装系)」カテゴリの記事

修理(燃料系)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« DioCESTA点検整備 | トップページ | PCX170計画PART4 »