« XJR400Rホイールベアリング交換 | トップページ | R1200GSエアフィルター »

2012年10月25日 (木)

ZRX1100キャブレターオーバーホール

久し振りに<TKMさん>から連絡が入ったと思ったら、どうもバイク「ZRX1100」の調子が悪いらしいです。

ここ数年は調子良く乗ってた筈ですが?ど~したのでしょう?
伺ってみると、毎年行ってる北海道ツーリングにも、今年は行けなかったそうで、また少しバイクを放置されてしまったようです。

久し振りにエンジンを掛けようとしたところ、なかなか掛からず、なんとか掛かったもののアイドリングが不安定で、走っても中間域でバタ付くそうです。

バイクの調子が悪いながらも、この度も遠く葛飾区の方からお越し頂きました。

20121025_1早速バイクを診させて頂くと、#4エンジンのエキパイの温度が、他の気筒のエキパイより低い事が確認されましたが、想定していた以上にエンジンの始動性は良く、エンストする兆候もなく、じゃっかん不安定ながらもアイドリングも打ってます。

当初は長期の放置が原因で、キャブのスロー系が詰まってるのかな?と思ってましたが、始動性も良くアイドリングも打つので、どうもスロー系では無さそうです。

20121025_2キャブのドレンからフロート・チャンバー内の残留ガスを抜いて診ましたが、水やゴミなども出てきません。

ここで一つ発見した事が・・・・・
チョーク・ケーブルの戻りが少し悪いようで、じゃっかんチョークが効いたままのようです。
もしかしたら、これが原因かな?
ケーブルの動きを改善して、チュークの作動も正常になり、一見アイドリングも少し上がって安定した感じもしましたので、実際にバイクに乗って走って診ましたが、相変わらず中間域(3千回転付近)でモタ付きます。

20121025_3ここまでに、点火プラグやプラグ・キャップなども点検し、二次エアの吸い込みも疑い、キャブ・ホルダー周りのリークテストも行いましたが、問題なさそうです。

ここまで来ると、やはり原因はキャブの詰まりが有力候補になってきました。
少なくともスロー系と云うよりはメイン系で、それも中間域の不調なのでニードルジェット付近やスロットル・バルブの動きに問題がありそうです。

20121025_4キャブレターを0H(分解清掃)する事になりました。

先ずは上からスロッル・バルブを外し点検して診ましたが、スロットルの作動を司るバキューム(負圧)・バルブの穴明きや、変形ヘタリなどは見受けられませんでした。

ただしジェット・ニードル(針)には、緑色の汚れがベッとり付着してた事から、これでメイン系の詰まりの可能性が濃厚となり、早速キャブレター下側のフロート・チャンバーを外して診ました。

20121025_620121025_5すると例のガソリンが腐った時に発生する特有の悪臭に伴い、変色したジェット類が現れました。

そしてチャンバーの底やジェット類には、ガソリンが気化して残った固形物が大量に堆積してました。

20121025_720121025_8この時点で改めてジェット類を外すまでもなく、#4キャブのメイン・ジェット通路に、緑色の固形物が詰まってる事が判明しました。

故障の原因が決定的となり、この後キャブレターの全てのインナーパーツを取外し、専用クリーナーや高圧エアーで徹底的にクリーニングし組上げました。

20121025_9車体にキャブレターを装着後、パイロットやアイドリングの調整を行いながら、バキューム計測器を使用して、4気筒それぞれの同調をとって完了いたしました。

せっかく遠くからお越し頂いてるので、日帰りで修理を済まそうと急いだのですが、ここまでの作業で4時間ほど掛かってしまいました。

<TKMさん>大変お待たせ致しました。
毎度遠くからお越し頂き、この度も有難う御座いました。

|

« XJR400Rホイールベアリング交換 | トップページ | R1200GSエアフィルター »

修理(エンジン・マフラー)」カテゴリの記事

修理(燃料系)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« XJR400Rホイールベアリング交換 | トップページ | R1200GSエアフィルター »