« グラストラッカー点検整備 | トップページ | XJR400RフロントフォークOH »

2012年8月 5日 (日)

DIOクラッチ交換

この「LIVE DIO S」にお乗りのお客様も、6年ほど前から2年に一度くらいのペースで来店頂く方で、今回も2年振りにお越し頂き、クラッチ交換の依頼を頂きました。

唐突にクラッチ交換のご用命でしたので、その理由をお尋ねしたところ、他店で最近ウエイトローラーを交換したらしく、その時にそのバイク店でクラッチシューも減ってるので、早目の交換を促されたそうです。
20120805_1何故その時一緒にクラッチシューも交換しなかったのか?
そもそも何故ウエイトローラーを交換したのかは不明ですが、一先ずお客様のご要望でしたので、ご依頼通りにクラッチシューを交換しました。

確かにクラッチシューは減ってましたが、当店としても、お客様から言われた仕事だけするのも気が済まないので、改めて駆動系の各部を点検して診たところ、ドライブベルトも最近交換してるらしく、まだ新しいものが付いてました。
ところが各部を調べているうちに、クランクに大きなガタが生じている事が判明!

これはクランク・ベアリングの損傷が原因ですが、これの交換をするには、エンジンを完全に全バラしないと出来ないので、費用も相当掛かります。
実走行距離は不明ですが、2001年式の2スト「ディオ(AF34)」ですので、かれこれ10年以上前のバイクに、そんな高額な修理費も掛けられないので、ガラガラとエンジンから異音がして少し煩いですが、このまま完全に壊れるまで乗り潰す事にして、これ以上は修理はしない事になりました。

|

« グラストラッカー点検整備 | トップページ | XJR400RフロントフォークOH »

修理(駆動系/タイヤ・チェーン)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« グラストラッカー点検整備 | トップページ | XJR400RフロントフォークOH »