« CRF450Rフルモデルチェンジ! | トップページ | DIOクラッチ交換 »

2012年8月 4日 (土)

グラストラッカー点検整備

最近、中古車で購入したと云う「GRASSTRACKER」の整備を頼まれました。
20120804_4
個人売買なのか?ネットオークションなのかの購入経路は不明ですが、何故か?買ったばかりのバイクに非常に不安を抱いているようで、一度ちゃんと診て欲しいとのご依頼でしたので、24ヶ月点検を実施する事になりました。

20120804_1_2お客様が一番気にしてたのが、前後のブレーキから発する異音でしたので、先ずはフロント・ブレーキから調べたところ、単純にパッドが酷く磨耗してました。

このパッドの磨耗が異音の主原因と思われますが、このタイプの片押し式キャリパーで、特にピストン側が酷く減って片効きしてたので、一応キャリパーも分解して、スライドピン周辺も綺麗にクリーニング後、グリスアップして新品のパッドを組付けました。

20120804_5リヤ・ブレーキに関しては、シューが減って遊び調整のアジャストナットが、限界まで一杯に締め込んでありました。
ところが・・・それでもペダルの遊びが大きいので、改めて調べて診ると、ペダルのリターンス・プリングが外れていました。

異音の原因は、スプリングが外れてペダルが戻らないために、ブレーキが効きっ放しだったからのようですが、良く診ると、そのリターンス・スプリング自体が、どうも正規の部品ではないようです。

20120804_3純正とは長さの異なる異品が装着されているようで、正規のスプリングより長過ぎて、直ぐに外れてしまう事が判明しました。

以上の事から、減ってるブレーキ・シューと共に、問題のスプリングを正規の新品部品に交換し、ブレーキ周りの整備は全て解決する事になりました。

次にタイヤを前後共に新品に交換する事になりました。
お客様は、この車両を購入する際に、タイヤは新20120804_2 品交換済みと云われたそうですが?!
装着されているタイヤは、新品どころか!あまりにも酷く劣化したタイヤなので、製造年月を見てみると、なんと!12年前のタイヤが装着されていました。
この「GRASSTRACKER」自体が2000年式なので、恐らく新車当時のタイヤが、そのまま装着されていたようです。

20120804_6タイヤ交換の序に、リヤ・ハブのカップリング・ダンパーがヘタって、大きくガタが発生していたので、タイヤ、チューブ、リムバンドと共に一緒に交換しました。

この後も各部の点検を進めて行きましたが、何故か?点火プラグとエアフィルターは新品が付いてました。
最後に、エンジン・オイルやフロントのブレーキ液などの油脂類や、球切れしてるメーター球などを交換して、全ての作業を終えました。

|

« CRF450Rフルモデルチェンジ! | トップページ | DIOクラッチ交換 »

修理(ブレーキ系)」カテゴリの記事

修理(車検・点検)」カテゴリの記事

修理(駆動系/タイヤ・チェーン)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« CRF450Rフルモデルチェンジ! | トップページ | DIOクラッチ交換 »