« DELICA CHAMONIX バッテリー交換! | トップページ | クールマックスTシャツ大特価! »

2012年7月26日 (木)

LEAD50駆動系整備

6年程前から時々来店頂く「リード50」のお客様ですが、今回は3年振りにお越し頂き、どうもエンジンが不調のようです。

この「リード50」は新車から乗ってるそうで、走行距離こそ1万キロを越えた位ですが、1993年式なので20年近く経過してるバイクです。

環八などの陸橋での登板性能が低下して来たとの訴えなのですが、壊れないと持ってこない、殆ど乗りっぱなしのバイクなので、不具合原因を疑うべき部分が、余りにも多すぎて、何処から手を付けて行けば・・・

20120726_1 点火プラグとエアフィルターは、今まで交換した事がないらしいので、ここは問答無用で交換させて頂く事として、マフラーの出口も真っ黒なカーボンで塞がる寸前って感じですが・・・・・一先ず試乗して診る事と致しました。

試乗テストの結果は、マフラーと云うよりも微妙に駆動系?って感じだったので、エンジンカバーを外して、中のプーリーなどを分解して点検して診る事と致しました。

するとウエイトローラーに段付磨耗が発生しているのと、クラッチシューが減っちゃってました。

走行距離は短くても20年の経年劣化も想定して、今回は磨耗してるウエイトローラー、クラッチシュー以外に、スライドピースやドライブベルトも含めた、駆動系消耗部品を全て交換しておく事になりました。

結果は、登板力どころかスタートから加速性能が一気に向上して、見違える程調子良くなりました。

恐らく燃費性能も向上してるんじゃないかな?

|

« DELICA CHAMONIX バッテリー交換! | トップページ | クールマックスTシャツ大特価! »

修理(駆動系/タイヤ・チェーン)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« DELICA CHAMONIX バッテリー交換! | トップページ | クールマックスTシャツ大特価! »