« HONDAダカールラリー参戦 | トップページ | SPACY100ブレーキ液交換 »

2012年7月 7日 (土)

雨の日はパンクが多発!

今日も朝から、どんより曇り空・・
ポツポツ降ったり止んだりの梅雨空です。

20120707_1そこへ突然HELP!の電話が入りました。
どうもパンクのようで、直ぐに近くのバイク店に飛び込んだそうですが、タイヤの在庫が無くて、対応出来ないと云われたそうです。

この「MAJESTY」のお客様は、去年の暮にも当店で修理をお受けした事のある方で、その時もベルト切れの緊急外来でしたが、今回もお困りのようですし、今日は客足も少なく急ぐ仕事もなかったので、急遽5キロほど先まで、バイクを引き上げに行く事になりました。

バイクを引き上げて来て、パンクしてるリヤ・タイヤを診てみると、見事トレッド面の真中に、釘のような金属が刺さってました。この位の太さの釘なら修理も可能と思われますが、
タイヤ・トレッド面のセンター部がツルツルに減っちゃってましたので、今回は、修理はせずにタイヤ交換をする事になりました。

20120707_2同じ事は続くもので、この後「TODAY」のパンク修理も入りましたが、この「TODAY」のリヤ・タイヤもトレッド面中央に釘が刺さり、同じく真中がツルツルに減ってましたので、タイヤ交換となりました。

梅雨の時期などの雨の多い時期に増えるのが、タイヤのパンクです。

タイヤのパンクは雨の日や、雨の翌日とかに多く発生してます。
それは雨水が原因のひとつとなっているからです。
雨で金属片などの異物とタイヤが濡れてる場合は、その雨水が潤滑剤の役目をして互いの摩擦係数が小さくなり、タイヤに異物が刺さったり、食い込んだりし易くなるからで、直ぐにパンクに至らなかったケースでも、次に走った時に突き抜けてパンクする事もあります。

また今回の様に、薄く磨り減ったタイヤがパンクし易いのは、雨の日に限った事ではありませんが、この雨が駄目押しになった事に違いはありません。

前輪に比べ、後輪タイヤがパンクし易いのにも理由があります。
前輪で巻き込み跳ね上がった異物が立ったところを、前輪より荷重が大きく駆動力の掛かった後輪が踏む事で、後輪は前輪よりもパンクする確率が大きくなるからです。

タイヤのパンクを防ぐためには、雨の季節にこそタイヤの点検を念入りに実施しいただき、雨の日や、雨の次の日等は、道路の路側部分は雨で流された異物などが堆積してますので、汚れた路側部分を走らないようにしたり、磨り減ったタイヤを早めに交換する事で、未然に防ぐ事もできます。

只今!タイヤ交換特価セール中です。(足回りの総合点検サービス付きです。)
スクーター用タイヤの殆どのサイズ在庫あります。
在庫の無いタイヤでも、注文翌日には入荷しますので、宜しくお願いいたします。

|

« HONDAダカールラリー参戦 | トップページ | SPACY100ブレーキ液交換 »

修理(駆動系/タイヤ・チェーン)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« HONDAダカールラリー参戦 | トップページ | SPACY100ブレーキ液交換 »