« 懐かしい2STファクトリーマシン | トップページ | GSX1300R電装修理 »

2012年6月 2日 (土)

INAZUMA400チェーン&スプロケ交換

20120602_5当店に来店頂く様になって1年と数ヶ月ほどですが、すっかり常連になってしまった、「イナズマ400」のお客様です。

この1年間でタイヤやサスペンション交換など、足回りを中心に整備して来ましたので、1999年式の「イナズマ400」とは思えないほど、良いコンデションになってきました。

20120602_1_2そして今年もバイク・シーズンを迎え、今まで後回しになっていた最後の整備項目として、ドライブ・チェーンと前後のスプロケットを交換する事になりました。

選んだチェーンは、今回も「RK EXCEL」から選び、これも当店の常連様方ご用達品になりつつある、「GV SERIES」のゴールドメッキ・フルコートフィニッシュをチョイスいたしました。

20120602_2この製品は、新型Oリング採用で、耐久性を落とさず軽量化とスリム化を実現したチェーンで、軽量で低フリクションなので、馬力ロスが低減されるためスムーズな駆動感と加速力アップが得られます。
外観も美しく、丁寧に表面研磨されたプレートは、ニッケルメッキ後、更に電着ゴールドコートしています。
ローラー、ピンにもプラスメッキを施し、錆びや腐食に非常に強く綺麗なゴールドカスタムアイテムです。

20120602_3チェーンのゴールドに合わせ、スプロケットも「X.A.M」のジュラルミン製ゴールド・ハードアルマイトを選びました。
この製品は、従来の硬質アルマイトに加え、電解析出によりアルマイトの微細孔全体に二酸化モリブデンを浸透処理し、浸み渡ったモリブデンが自主潤滑機能をもつ事で、摩擦抵抗を大幅に軽減し耐磨耗性能を向上しています。
硬度は標準アルマイトと比較して、なんと!130~150%UP!です。

今回も全て最上級のパーツで組上げましたが、性能も然る事ながら見た目も非常にカッコよくなりました。

20120602_4それから今回は、この「イナズマ400」が13年前のバイクと云う事もあり、半年前にメーター・ケーブルが切れた事もあって心配なので、作動が重くなってきた他のケーブル類も一式交換する事になりました。

交換したのはスロットル・ケーブルの引き戻しの両方と、クラッチ・ケーブルです。

これで、当初の懸案事項は全て解決されたようですので、今ジーズンも元気に走り回ってください。
毎度ありがとうございました。

|

« 懐かしい2STファクトリーマシン | トップページ | GSX1300R電装修理 »

修理(駆動系/タイヤ・チェーン)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 懐かしい2STファクトリーマシン | トップページ | GSX1300R電装修理 »