« アドレスV125タイヤ交換 | トップページ | BigScooterタイヤ交換 »

2012年4月 4日 (水)

SPACY100ドライブフェイス磨耗

20120404_2_2「スペイシー100」にお乗りのお客様からTELで、信号待などで停車してる時などに、勝手にバイクが動き出すとの訴えが有りました。

早速ご来店頂き、話の状況から駆動系のトラブルと考え、先ずはエンジン・カバーを開けて、ドライブ側プーリーを外して診ました。

20120404_3当初は、クラッチ・スプリングでも折れて、クラッチが繋がりっ放しにでも成ってるんだろうと思ってましたが、そうでは有りませんでした。

外したドライブ・フェイスを診たところ、ボス穴が磨耗して大きく広がり、ガタガタになってました。
その結果プーリーの作動が妨げられ、ウエイトローラーも異常なまで偏磨耗してました。

20120404_4このバイクだけに限りませんが、「スペイシー100」では3~4万キロ走ってる車両で、時々ですが見掛ける不具合です。

ここが3~4万キロくらいで、何故こんなに磨耗してしまうのかは不明ですが、そのバイクに乗る方の使い方にも関係してるようで、ならない方は全くなりません。
何れにしても、この部分は2万キロ毎くらいでドライブ・ベルトを交換するついでにでも、チェックしておきたい部分です。

今回は、主原因のドライブ・フェイスとウエイトロラー以外に、
ベルトやクラッチも交換して、修理は完了いたしました。

|

« アドレスV125タイヤ交換 | トップページ | BigScooterタイヤ交換 »

修理(駆動系/タイヤ・チェーン)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アドレスV125タイヤ交換 | トップページ | BigScooterタイヤ交換 »