« 2012年クロスカントリーラリー世界選手権 | トップページ | ZRX1100車検 »

2012年4月11日 (水)

LEAD100ドライブフェイス破損

加速不良の訴えで「リード100」の修理を頼まれました。
20120411_1
さすがに一時期に比べれば少なくなりましたが、まだまだ現役で走ってる「リード100」は、けっこういますネ!

1999年式「リード100」で、5万キロ走ってます。
今まで一度だけ、ドライブ・ベルトの交換暦が有るらしいです。
話の状況からして、やっぱし今回も駆動系のトラブルと考え、エンジン・カバーを開けて、駆動系部品を一つずつバラして行きました。

20120411_2_2ドライブ側プーリーを外したところで、原因は直ぐに判りました。
なんと!ドライブ・フェイス裏側の3本立ってるガイドが全て折れてました。
これだとエンジンの動力がプリーに伝わらないので、変速しません。
お客様のおっしゃる通り、アクセル開け始めの低速から加速しない訳です。

でも・・・何でこんなんなっちゃったの?
このままドリブン側も全部分解してみました。
するとトルクカムの所でドリブン・フェイスが固まっちゃってました。
20120411_4
これは古いバイクや整備の行届いてないバイクなどで、時々見かけるパターンですが、本来は充填してあるグリスが完全に飛んで劣化し、腐食と共に固着してしまったケースです。
そもそも、これじゃキックダウンもしないので、かなり前から症状が出てた筈で、登り坂や再加速時などでもモタ付いてた筈です。

ま~何れにしろ、この辺までが主原因で、結果的にドライブフェイスが破損しちゃったのでしょう!?
ウエイト・ローラーやクラッチ・シュー、ベルトの磨耗・劣化も酷かったので、ほぼ駆動系パーツの全てを交換する修理となりました。

|

« 2012年クロスカントリーラリー世界選手権 | トップページ | ZRX1100車検 »

修理(駆動系/タイヤ・チェーン)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2012年クロスカントリーラリー世界選手権 | トップページ | ZRX1100車検 »