« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月

2012年4月30日 (月)

LOVE DIRT.

ウエストポイントのオフロードビレッジへ、走りに行って来ました。
3~4ヶ月振りでした。

今回からヘルメットカメラが装着されました。
<マルちゃん2号>と同じやつです。

新品で届いてから箱も開けずに、現地で初めて実物を触りました。
取説も読まないまま、いきなりゴーグルに付けて撮影してみました。

期待を上回って大満足な感じでした!
20120430_1_2 
ご報告まで、今日のところは静止画ですが、けっこう凄い絵がとれてますヨ!
画像はBコース中級クラスでの空中戦の模様です。
抜き様にウイップ(Whip)噛まして被せられました。
(前の彼は、空中で既に右コーナーしてるんですネ!)

詳しいレポートはこちら→ 「EVENT INFORMATION

ツーリングでも迫力の動画を撮りたいと思いますので、一人でも多くの皆さんに、装着して頂ければと思います。

なお、今回の「DRIFT」や「GoPro」などのカメラは、当店でも買えますので、興味のある方は、ご注文お願いいたします。
20120430_2_3

予想だと、あと2週間くらいで入荷して来ると思うんだけど・・・
発売間近!「CRF250L」 ご予約受付中!
メーカー希望小売価格:449,400 (消費税抜本体価格:\428,000)
(別途、登録料・整備料・保険料などの諸費用が掛かります。)
20120430_3_2
一緒にオフロード初めてみませんか?
小さなお子様(3歳くらい~)~女性、初心者大歓迎です。
装備の揃え方からライディングテクニックまで、伝授いたします。

詳細情報は、こちら→「CRF250L


| | コメント (0)

2012年4月29日 (日)

モトクロッサー整備⑤

4月も最終日、GWに入りましたネ!
さすがに暑いくらいで、やっとって感じですか?
そんで皆も?バイク・シーズンに入ったのかな?
20120429_1
この業界は、未だ長いオフ・シーズンから脱出しない感じなので、当店は、明日の定休日(月曜日)以外は、GW期間中も営業いたします。
そんな感じで、当分の間は、土日祭日は休まず営業しますので、宜しくお願い致します。

20120429_2明日は、今年に入って初めての休みなので、久し振りに家族と過ごせるかも?知れません。
行ければ走りに行きたいので、一応バイクの整備をしておきました。

全員揃うか微妙ですが、とりあえず人数分の4台のモトクロッサーを整備しました。

20120429_3「CRF250X」のメンテを中心に、「KX85-Ⅱ」、「KX65」、「CRF50F」を整備しました。
毎回走り終えた時点で一応は洗車してますが、整備に入る前に改めて細かい部分まで洗い流しておきました。
でないと店の中が泥だらけになっちゃいますからネ(>_<)

20120429_4「CRF250X」は、前回の走行中にチェンジペダルが壊れました。
元々ペダルは社外製品を付けてましたが、ペダル先端可動部のスプリングが折れてしまいました。
こんな所が壊れるのは、私の長いバイク屋人生でも初めてなので、今回は信頼性から純正ペダルで交換しました。

それから何時ものようにエンジンとミッションのオイル交換とフィルターも交換して、エアークリーナーなんかも交換したりして、他のバイクも同じような何時ものお決まりメンテを行い、ひとまず走りに行ける準備は整いました。

それでは皆さん楽しいGW休暇を過ごしてください。

| | コメント (0)

2012年4月28日 (土)

おみやげ-45

相変わらず届いてます。
20120428_1
大阪、仙台、福島など、仕事の出張先からのお土産が殆どですが、最近はウケ狙いと云うよりも、賞味期限が極力長い物を買って来てくれてます。
心遣い有難う御座います。

また貯まって来てますので、皆さんお茶しに遊びに来てください。

| | コメント (0)

2012年4月27日 (金)

XJR400R車検

今年も3月~4月は、車検の集中する次期でした。
うちは小さなバイク屋なので、集中すると処理しきれませんので、今回も常連のお客様には協力して頂き、完全予約制で入出庫のコンントロールをさせて頂きましたが、今回の「X20120427_1_2JR400R」を最後に、なんとかGW前には全ての車検を終える事が出来ました。
皆様には、ご協力に感謝申し上げます。
ありがとうございました。

2006年式の「XJR400R」は、今回で3回目の車検でした。
当店で販売したバイクでは有りませんが、このお客様がバイクを新車で購入した直後からのお付き合いで、かれこれ6年のお付き合いになり、今までの車検も当店で行って来ておりますので、走行距離も2万キロ弱と少ない事もあり、特に大きな不具合も無く、無事に車検も完了いたしました。

| | コメント (0)

2012年4月26日 (木)

ZRX1200R車検

「ZRX1200R」の車検でした。
紹介で、3年ほど前よりお付き合い頂いてるお客様の車両です。

20120426_1新車から5年2回目の車検で、1回目の車検も当店で行いました。
距離は、トータル3万3千キロほど走ってますが、去年は海外への長期出張などで、バイクに乗る時間が少なく、この2年間では6千5百キロほどしか乗ってません。

そんな訳で今回の車検では、大きな消耗や不具合もなく、しいて云えばリアのブレーキパッドと点火プラグの交換くらいで、あとは普通に距離&時間で交換を要する油脂類(エンジンオイル、ブレーキ液)程度の交換で車検は無事に完了いたしました。

ありがとうございました。

| | コメント (0)

2012年4月25日 (水)

FAZEリアボックス取付

「フェイズ」にリアボックスを付けてみました。

20120425_2先ずボックスを取り付けるには、そのベースとなるリアキャリアを取付けます。
「フェイズ」の場合、キャリアの取付けは後部座席部のグラブレールのマウントを利用しますので、キャリアを付けてグラブレールが無くなるのも嫌なので、今回は、キャリアにグラブレールっぽい握りの付いてる純正のキャリアを選びました。

キャリアの取付けは、リアにウイングが付いてる「FORZA」や「PCX」などに比べれば、穴開け加工などがいらないので、かなり簡単に付ける事ができました。

20120425_1ボックスは、「GIVI」製39L容量のトップボックスを選びました。
「GIVI」は、元祖ワンタッチ脱着式のボックスなので、必要のない時は簡単にボックスを取外せますので、何時でも「フェイズ」のスリムな車体に戻せます。
39Lサイズは35Lサイズと幅が同じなので、容量が増えても車幅感覚に影響なさそうなので、このサイズにしてみました。

ベースの取付けには少し苦労しましたが、4箇所でボルト止めした後、一応念のためタイタップ&ステンレスワイヤーで、がっちり固定して取付けは完了しました。

| | コメント (0)

2012年4月24日 (火)

CRF250Lローダウンキット!

最近はバイクの発売に合わせて、アクセサリーやカスム・パーツも同時に発売されるようになりました。

発売間近の「CRF250L」も同様で、届いたカタログを見てみると、マフラーなど沢山のパーツが紹介されてます。

カタログには載ってませんが、最新情報では「ローダウンキット」と云う、シート高が空車状態で45mm下がるパーツも発売されるようです。
20120424_1_2 
「ローダウンキット」
\58,800(\56,000)

「CRF250L」はシート高が875mmで、「KLX250」と比べて15mm、「WR250R」とでは45mmも低いので、個人的には、これ以上低くする必要は無いと思うのですが、ちなみに「XR230」が805mmなので、モタードも発売されずに「XR230」も生産終了だとすれば、ラインナップ上は、こう云うキットも必要なんでしょう。
メーカーさんも良く考えたもんです。

このキットを組むとシート高は830mmになり、「SEROW」や旧「SuperSHERPA」のシート高に近づくので、小柄な女性の方や、オフロード初心者の方でも安心して乗れますネ!

私的には、「CRF250L」の低いシート高より、同時に低い最低地上高の方が気になるところで、実際はホイールトラベル的(サスペンション性能)には、どうなの?!って感じです。
なので、どちらかと云うと「ローダウンキット」じゃなくて、モトクロス・コースなどでも満足できる、本格サスペンションキットを同じ価格くらいで発売してくれると嬉しいし、高価なモトクロッサー「CRF250R」を買えない若者にも、沢山売れると思いますので、メーカーさんには考えてもらいたいです。

「CRF250L」 ご注文受付中!
メーカー希望小売価格:449,400 (消費税抜本体価格:\428,000)
(別途、登録料・整備料・保険料などの諸費用が掛かります。)

詳細情報は、こちら→「CRF250L」 

| | コメント (0)

2012年4月22日 (日)

GSX1300Rタイヤ交換

<オキちゃん>ご所有の「ハヤブサ」のタイヤを交換しました。

20120422_1<オキちゃん>の場合、大体リア2回に対してフロント1回のペースなので、今回はフロントだけの交換です。

タイヤのセンター部は、まだ多少残ってましたが、ショルダー部(特に右側)が段減りしてたので、そろそろ危ないので交換になりました。

20120422_2タイヤは、前回から使い始めた「PIRELLI」の「ANGEL ST」が、この2年で1万8千キロ持ちましたので、純正装着の「BT056R」に比べれば、かなり良い感じです。

もしかしたら、「MICHELIN」の「PILOT ROAD3」 だったら、もっと持ちが良い感じもあるので、こちらへのチャレンジも検討いたしましたが、現時点でリアも「ANGEL ST」なので、バランス的に考えて、もう一回「ANGEL ST」を履く事になりました。

| | コメント (0)

2012年4月21日 (土)

PCXブレーキホース交換

「NUPPYさん」の「PCX」も新車で購入頂いてから、そろそろ2年が経つので、ブレーキ・フルード(液)の交換時期になりました。

20120421_1だからと云う訳じゃないのですが、どうせフルードを抜くならと、いっその事ブレーキ・ホースをステンレスメッシュのタイプへ交換する事になりました。

メッシュホースは、純正ホースに比べ膨張率が低く、マスターシリンダーからの力をより効率的にキャリパーへと伝えるので、ダイレクトなブレーキタッチが可能となります。

選んだホースは耐久性と安全マージンを考えて、今回もフィッティングやバンジョーボルトもステンレス製のものをチョイスしました。

20120421_2何をヤルにも外装バラバラになってしまう「PCX」ですが、今回もフロント周りのカウルは全バラでのホース交換となりました。

「PCX」は、3ポッドキャリパーを採用して、CBSマスターシリンダーを追加することで前後連動ブレーキ系統を独立させているため、右(前)ブレーキと左(後)ブレーキ入力用ホースの2本を交換します。

そんな感じで、エア抜きにも時間が掛かりそうだったので、今回はエアコンプレッサーで真20120421_3空引きして、エアを抜きながらフルードを注入いたしました。

ついでにパッドも交換しました。
走行距離は7千キロを越したくらいなので、少し早い気もしましたが、確か<マルちゃん2号>のPCXで1万4千キロまで引っ張り、危うくローターを傷付ける手前だった事があったので、いつも何でも早めに交換する「NUPPYさん」スペックに準じて、少し早めの交換を行いました。

ありがとうございました。

| | コメント (0)

2012年4月20日 (金)

PCX150 DEBUT!!

2012モデル「PCX」登場!
20120420_1先進のデザインと街乗りに丁度良いサイズ感に加え、キビキビした走りと高い経済性で好評頂いております「PCX」が、この度、更なる耐久性・静粛性と燃費性能を高めた新125㏄エンジンの搭載と、乗り心地や使い勝手を向上させ、5月11日にマイナーチェンジで発売となります。

ニューモデル「PCX150」新発売!
また、新設計150ccエンジンを搭載し、車体サイズや高い経済性はそのままに、高速道路等も走行可能にすることで利便性と機動性を更に向上させた「PCX150」が、6月7日新登場いたします。

20120420_2エンジンは、オフセットシリンダーやローラーロッカーアーム、ロッカーアームシャフトへのシェル型ニードルベアリングの採用、 知能化された発電制御など、多岐にわたる徹底的な低フリクション化を図り、耐久性、静粛性と燃費性能を高めた新開発のスクーター用グローバルエンジン「eSP(イーエスピー)」を搭載。
エンジンマウント方法の変更により走行時の地面からの衝撃を緩和するなど、エンジンの進化と快適な乗り心地の深化を図り、更なる機動性を高次元で融合しました。

「PCX」 ご予約受付中!
PCX125:メーカー希望小売価格:\299,250
(消費税抜本体価格:\285,000)
PCX150:メーカー希望小売価格:\329,700
(消費税抜本体価格:\314,000)
(別途、登録料・整備料・保険料などの諸費用が掛かります。)

やはり、注文殺到が予想されますので、早く欲しい方は、一日でも早く注文した方が良いと思います。

ご注文宜しくお願い申し上げます。

詳細情報は、こちら→「NEW MODEL IINFORMATION」 

| | コメント (0)

2012年4月19日 (木)

SHOEIヘルメット入荷!PART2

けっきょく<キタさん>が、あの「ショウエイ」の「コンカー」をGETしました。

20120419_1と云っても、あの「旭日旗(RED/WHITE)」じゃなくて、「GREY/BLACK」の方にしました。
そりゃ~そうですよネ!「旭日旗」じゃ、そのまんまですから!?(~_~;)

それにしても<キタさん>からは毎年ヘルメットを買って頂いてる気がしますが・・・
やはり<キタさん>も、先月の「モーターサイクルショー」での「SHOEI」ブースで実物を見て来られたようで、ヤラれてしまったようです。
20120419_2
このヘルメットのデザインは、まさに<キタさん>のイメージにぴったりで、恐らく皆さんも、<キタさん>らし~いと、うなずくんじゃないでしょうか?(^o^)丿

この「XR-1100 CONQUEROR」も、1年くらい前に新発売された「SHOEI」の新世代プレミアムフルフェイスです。
詳しくは→ http://jp.shoei.com/products/ja/helmet_detail.php?id=399

そして、その<キタ営業部長>が商談してくれた<フクちゃん>からも、同じ「ショウエイ」の「ネオテック」のご注文を頂きました。

20120419_3ところが・・・この「NEOTEC」は、なんと!4/7に注文頂いた時点では発売されておらず、4/13発売予定の新製品でした!とりあえずバックオーダーに入れてもらって、待つ事4/17になって出来立てホヤホヤで、入荷してまいりました。

このタイプのシステムヘルメットは、確か「ショウエイ」が元祖で、昔は「J-ACTER」とか「SYNCROTEC」がありました。
20120419_4その後継の「MULTITEC」の更に進化したモデルが、今回<フクちゃん>から注文頂いた「NEOTEC」です。

このシリーズの最大の特徴である開閉可能なフェイスカバーに関しては、説明するまでも有りませんが、更に進化した「NEOTEC」では、「ステンレス製マイクロラチェット」など、多くの新機構が導入されています。
また今回のバージョンアップで、強い日差しを効果的に遮断できる「内蔵式サンバイザー」が新採用されました。
どうも<フクちゃん>は、この「内蔵式サンバイザー」がお気に入りのようで、眼鏡使用でもあるし、今回のシステムヘルメット「NEOTEC」に決めたようです。
詳しくは→ http://jp.shoei.com/products/ja/helmet_detail.php?id=430

みなさん!ありがとうございました。

当店では、「SHOEI」以外にも「ARAI」、「OGK」などのヘルメットも取り扱います。
店頭在庫に無いものも取寄せできますので、サイズを確かめてご注文ください。
宜しくお願いいたします。

| | コメント (0)

2012年4月18日 (水)

スペイシー100整備その2

<キタさん>が、いきなり「SPACY100」で登場したかと思ったら、後輪タイヤがパンクしてるようです。

タイヤは普通に修理できたので、ついでにエンジンオイルの交換をしました。

オイル交換しながら何時もの様にバイクの周りを軽く診てたら、フロントのブレーキパッドの残量が無くなってる事が判明!

急遽ブレーキパッドも交換となりました。
ブレーキと云えば・・・・・店のPCで、整備記録を検索してみると、この「SPACY」は、1年と10ヶ月前にブレーキ液交換となってます。
通常ブレーキ液は2年毎となってますが・・・・・ついでにブレーキ液も交換となりました。

20120418_1そしたらドライブベルトは何時頃交換したんだっけ?
前回(2008年)交換してから1万8千キロ走ってるから、あと2千キロくらい走って交換ですネ!
2回目のベルト交換時はクラッチとかの交換も必要かな?・・・・・・・・

そんな会話をしてるうちに、いっその事、今エンジンカバー外して駆動系バラして点検しちゃいましょう!
20120418_2って事で、バラして診てみると予想以上にクラッチの磨耗が進行していて、
これ見ちゃったら、このまま元に戻す訳にには行かないくらい減ってたので、ベルト、ウエイトローラー、スライドピース、クラッチ・シュー/スプリングなど、駆動系消耗パーツの殆ど全部を交換する事になりました。

元はパンク修理から始まった事ですが、結果的に重整備になってしまった「SPACY」でした。

20120418_3_4 20120418_4_3
↑ウエイトローラーは段減りしてました。    ↑トルクカム部は新品のようでした。
20120418_5_2
ここはグリス切れしてカムが固着してる事が多いのですが、前回のメンテで、ここもちゃんと分解してグリスアップしといたんで、未だ新品パーツの様に輝いてました。

今回もちゃんとスペシャルグリスを充填して、新しいオイルシール&Oリングで封入しておきました。

2004年初度登録の3万6千キロを走る「SPACY」ですが、未だ絶好調です。
まだまだ長く乗れると思いますヨ!
毎度ありがとうございました。

| | コメント (0)

2012年4月17日 (火)

《ZX-12R》カスタム!その17

<キタさん>の「ZX-12R」のカスタムも、ホイール、サスペンションなどの足回りから、ハンドル、シート、ステップなどのポジョン関係に至るまで、そろそろヤリ尽くしてしまい、徐々にヤル事が無くなってきましたが、今回のカスタム第17章に入って、エンジン関係をイジってく事になりました。

20120417_1エンジン関係は点火系のチューニングで、タイミングローターを「BEET」の「レーシングタイミングローター」へ交換してみる事になりました。
このパーツに交換すると進角が3度進むらしく、その結果、エンジン回転全域でトルクアップが見込め、特に低速トルクは体感できるほど増えるらしいので、一発交換してみる事にいたしました。

20120417_2_2交換は簡単で、右ロアカウルを外してクランクケースのセンサーカバーを外せば交換できました。
直ぐに交換が終わり、早速エンジンを掛けてみましたが、エンジンの空吹かしの段階で非常にレスポンスが良くなってる感じがし、幾分アイドリングも安定するようになった感じがしました。

あとは実際に<キタさん>にバイクで走ってもらって、どんな感じになったか聞いてみたいと思います。

| | コメント (0)

2012年4月15日 (日)

リニューアル?

うちの店が入ってるマンションが、外壁塗装などのリホームを受け、綺麗にリニューアルしました。

20120415_13月上旬~4月上旬の約1ヶ月くらいで、外壁に足場を掛けて修繕工事をしてたので、知ってる方も多いかと思いますが、かなりイイ感じに仕上がってます。

マンション・オーナー様のセンスなのか?ちょっと他には無いカッコ良い色になりました。
最初は、「Red Bull Racing 」風?と思いましたが・・・
よく見ると、レッドブルはもっと青いのですネ!
20120415_3マンションの横の大きな貸し看板に、外壁と同色の「Audi」のデカい看板が付いてるので、もしかしたらアウディのワークス・カラー風なんでしょうか?

ま~どちらでもイイのですが、すっかり綺麗になったので、少しはお客様の来店数が増えるかな?

そう云えば・・・アウディと云えば、ドカティが買収されましたネ!
どうりで、アウディがMotoGP参戦なんて変な噂が出たはずです。
どっちでもいいのですが・・・

| | コメント (0)

2012年4月14日 (土)

Ninja250Rカスタム!その8

少しずつカスタムを重ねて来た「ニンジャ250R」ですが、ここで一挙に残りの「Bikers」製カスタム・パーツを一式装着する事になりました。

「Bikers」の製品(主にアルミ削出パーツ)は、ひじょうに高品質で、日本では、「月木レーシング」が代理店のタイ国のカスタム・メーカーです。

20120414_0オーナー様は、先月の「モーターサイクルショー」に出展された、「Bikers」製品のフルコンプリート車を見て来られたようで、実車を見て刺激されたようです。

今回は、主にフロント周り中心のカスタムなので、車体を一旦浮かせる必要が有るため、前後にレーシングスタンドを掛けて安定させました。

作業は「フロントフォークアップアジャスター」の取付けから始めました。
20120414_1このパーツは昔のレーサーレプリカ車であれば、純正で装備されてたイニシャル調整用のアジャスターなんですが、最近のバイクには、ほとんど付いてないパーツなんですネ!

先ずはフロント・ホイールやフェンダーを取外し、フロントフォークをフリーな状態にします。
そしてフォークのトップボルトを外して、このボルトの代わりに、今回のイニシャルジャスターを装着いたします。

20120414_2 この状態でハンドル周りがバラバラなので、このタイミングで、「アジャストテーブルハンドルバーセット」へ交換します。
これはハンドル角度(しぼり)や長さなどが調整できる優れもので、バーエンドやトップブリッジのカバーも同梱されてきます。

更にこの序に左右のクラッチ&ブレーキ・レバーを可倒式のアルミ削出パーツへ交換し、ハンドルグリップも20120414_3 「PROGRIP」製の衝撃吸収GELを使用したカラー・グリップへ交換しました。
細かいところでは、「クラッチケーブルアジャスター」や「ステムトップボルト」、「フロントブレーキマスターシリンダーカバー」もアルミ削出パーツへ交換し、これで前周りは一先ず全て完了いたしました。

次に足回りとして、前後のアクスルシャフトを「ホイールプロテクターシャフト」へ交換しました。
これは文字通りアクスルの左右先端にプラスチック製のスライダーが付いているもので、
転倒時のホイールや周辺パーツの損傷を抑えるガードです。

20120414_4_2プロテクターは汎用で、「エクストラプロテクター」と云うパーツも有り、6mmボルトの頭に割と大きなプラスチック製スライダーが付いていて、今回はフロントフェンダーとセンターカウル付近の左右合計4箇所に装着してみました。

最後に「チェーンアジャスタースタンドフック」を装着して完了です。これはレーシングスタンド装着用らしいのですが、どちらかと云うとオーナー様的には、ルックス重視で付けてみました。

| | コメント (0)

2012年4月13日 (金)

CRF250L DEBUT!!

「CRF250L」が、やっと発売になります。
ついに本日(4/13)、正式発表になりました。
今日からホンダのウエブサイトでも製品情報がUPされてますし、今後は雑誌等でも、どんどん露出展開されて行くと思います。

20120413_1発売日は5月14日のようですが、前予約が相当入ってる感じがしますので、早く欲しい方は、一日でも早く注文した方が良いと思います。

もう1ヶ月くらいで、当店にも入荷して来ると思いますので、ご予約順の納車とさせて頂きます。

久しぶりのフルサイズの本格仕様オフローダー!
こういうオフ車は、私的にはカワサキ「KLX250」の約20年振りって感じです。

スペック(主要諸元)を眺めていると、少し車両重量が重い様な気がしましたが、これは昔の乾燥重量じゃなくって、装備重量なんですネ!
ガソリン、オイルなどが全て入ってる重さなんで、昔のオフ車と比較した場合は、マイナス15キロ位?で見なきゃダメなのかな~?

20120413_2_2しかも最近のバイクは4スト水冷エンジンで、ベースが重くなってるし、フューエルインジェクションなんで、バッテリーやECUに、排ガス対策で、二次空気装置やマフラーキャタライザー(触媒)など、昔のバイクには付いてない補機類がたくさん付いてますからネ!

うちは、実車(CRF250L)が入って来たら、即モトクロスコース(埼玉ウエストポイント)へ持ち込み、このバイクの開発&セッティングを始めて行く予定です。

開発ライダーは、家の次男が良いと思います。
長男は昔から開発が出来ないので、今現在のマシン「CRF250X」に乗ってもらい、弟の次男に「CRF250L」を乗らせ、モトクロッサーとデュアルパーパスの戦い(走り比べ)を見てみたいと思います。
20120413_3_2
その為には、まず「CRF250L」を少しでも軽量化しなければなりませんネ。
このバイクは、一般には大変嬉しいユーテリティーが満載なので、ある意味、軽量化の余地がたくさん残されてると思います。

燃料計、時計、ツイントリップまで内蔵のデジタルメーターは、ツーリングには大変嬉しい豪華装備ですが、モトクロス・コースでは要らないので撤去します。
大光量のマルチリフレクター・ヘッドライトも、物凄く嬉しいのですが撤去します。
これも荷物の積載に嬉しい、大変便利なボルト荷掛フックですが・・撤去します。
そして最も嬉しい装備の左側サイドカバー部の収納ボックスやヘルメットホルダーも撤去して、あとは王道のマフラーとハンドルなどをチタンやジュラルミン製のものへ換装すれば、車両重量は、110キロを切って来るんじゃないかと予想しています。

20120413_4あっ!それから、即やりたいのがハイシートですネ!
あのシートじゃダメですネ!足付性は相当イイ感じの様ですが、体重移動が出来ません!
即シート加工しなきゃ、少なくともモトクロス・コースでは無理ですネ!

そして、エンジン、サスペンション・・・
この手のバイクは、20年以上携わって来てますので、
市販されるのが遅ければ、バネやサスペンション・ロッドなんかも作っちゃおうかと思ってます。

これでモトクロ・スコースの2連ジャンプを飛んでる姿を・・・早く見てみたいです。
(雑誌社の方で、この感じを記事にしたい方面の方ヨロシク!)

モトクロス・コース、エンデューロ・コースに、もちろん林道でも走らせ、首都高にも攻めに行っちゃおうかな?
もしかしたらインチダウンして、モタード仕様で筑波サーキット?もアリかも・・

「CRF250L」 ご注文受付中!
メーカー希望小売価格:449,400
(消費税抜本体価格:\428,000)
(別途、登録料・整備料・保険料などの諸費用が掛かります。)

詳細情報は、こちら→「CRF250L」 

| | コメント (0)

2012年4月12日 (木)

ZRX1100車検

常連様の車検が続きます。

栃木県は宇都宮からお越し頂いた、<マコちゃん>の車検「ZXR400」から始まり、先週の<フクちゃん>「CB400SF」は、埼玉県の熊谷からの車検でした。
そして今週の車検「ZRX1100」は「TKMさん」で、やはり遠く葛飾区からお越し頂きました。

東京大田区の当店(ファンホイールズ)まで、数十キロから数百キロの道程を数時間掛けて、もう何年も通って頂いております皆様方には、本当に頭が下がる思いで感謝しております。
有難う御座いました。

「TKMさん」の車検も特に問題なく、無事に完了いたしました。
20120412_1
数年前には、一次期バイクに乗らなかった期間もありましたが、ここ数年は、北海道まで毎年ツーリングに行くまでに復活しました。

去年も北海道ツーリングの後に、チェーンやスプロケットの交換を行い、マメに整備して頂いておりますので、5万5千キロを突破した14年もののバイクですが、未だグッドコンデションを保つ「ZRX1100」です。

本日また葛飾から電車に乗ってお越し頂き、バイクを取りに来て頂きました。
1時間ほどお茶して、先程(16時頃)帰路につきました。
お気を付けてお帰りください。
ありがとうございました。

| | コメント (0)

2012年4月11日 (水)

LEAD100ドライブフェイス破損

加速不良の訴えで「リード100」の修理を頼まれました。
20120411_1
さすがに一時期に比べれば少なくなりましたが、まだまだ現役で走ってる「リード100」は、けっこういますネ!

1999年式「リード100」で、5万キロ走ってます。
今まで一度だけ、ドライブ・ベルトの交換暦が有るらしいです。
話の状況からして、やっぱし今回も駆動系のトラブルと考え、エンジン・カバーを開けて、駆動系部品を一つずつバラして行きました。

20120411_2_2ドライブ側プーリーを外したところで、原因は直ぐに判りました。
なんと!ドライブ・フェイス裏側の3本立ってるガイドが全て折れてました。
これだとエンジンの動力がプリーに伝わらないので、変速しません。
お客様のおっしゃる通り、アクセル開け始めの低速から加速しない訳です。

でも・・・何でこんなんなっちゃったの?
このままドリブン側も全部分解してみました。
するとトルクカムの所でドリブン・フェイスが固まっちゃってました。
20120411_4
これは古いバイクや整備の行届いてないバイクなどで、時々見かけるパターンですが、本来は充填してあるグリスが完全に飛んで劣化し、腐食と共に固着してしまったケースです。
そもそも、これじゃキックダウンもしないので、かなり前から症状が出てた筈で、登り坂や再加速時などでもモタ付いてた筈です。

ま~何れにしろ、この辺までが主原因で、結果的にドライブフェイスが破損しちゃったのでしょう!?
ウエイト・ローラーやクラッチ・シュー、ベルトの磨耗・劣化も酷かったので、ほぼ駆動系パーツの全てを交換する修理となりました。

| | コメント (0)

2012年4月10日 (火)

2012年クロスカントリーラリー世界選手権

第2戦「アブダビ デザート チァレンジ」

「アラビアのロレンス」以来、砂漠には憧れます。

| | コメント (0)

2012年4月 8日 (日)

アドレスLED化

20120408_1大変お待たせ致しました。
やっと<キタさん>の「アドレスV125」にLEDが付きました。

3月中半に頼まれて動き出したLED計画でしたが、出来上がるまでに3週間も掛かっちゃいました。

20120408_2テールランプに関しては、既に1年以上前にLED化されてますので、今回は、ウインカーのLED化を行いました。

ウインカーを消費電力の少ないLEDに装着した場合、誤作動が起きるので、いつものICリレーへ交換して、20120408_3「AddressV125」の場合は、ウインカーのインジケーターが1灯なので、こちらも誤作動を回避するため、ダイオードー入のハーネスキットを割り込ませましたが、全く作動(点滅)しませんでした。

20120408_4ど~しましょう?
<キタさん>の「アドV」には、武川(TAKWGAWA)のスーパーマルチLCDメーターが付いてるんですが、こいつのインジケーターもLEDバルブになってます。
どうも、これ絡みで巧く作動しないようです。

ちょうど忙しい次期に入った事もあり、考える暇も無いまま、20120408_5時間ばかりが過ぎてしまいましたが、結果的に、ウインカーに抵抗器を追加する事で、ウインカーもインジケーターも正常に作動するようになりました。

それと今回は、2月に装着したシガーソケット&USB電源を移設しました。
20120408_6今までは、ハンドルへマウントブラケットを使用して、電源とスマホ固定用ホルダーを取付けましたが、今回は、ハンドルカバーに新規で小振りのウインドシールドを装着して、その内側に電源を移設し、同時に時計も追加装着してみました。

ウインドシールドは風避けと云うよりは、電源と時計の雨避けカバーの目的で装着しましたが、見た目もスッキリしてカッコ良くなりました。

<キタさん>長らくお待たせしました。
この度も大変有難う御座いました。

| | コメント (0)

2012年4月 7日 (土)

CB400SuperFour車検

日曜日(4/1)に預かった<フクちゃん>の車検が終わりました。
早いもので、<フクちゃん>の「CB」も4年が経ちます。

20120407_12008年に走行1万5千キロの中古車(2001年式)で購入頂き、ご自身では、この4年間で4万7千キロを走破しましたので、現時点でのメーター積算距離は6万2千キロに到達するところです。

通勤でも使用してるので、この2年間でも2万5千キロほど走りました。
当店のお客様の中では走ってる方ですが、最近は自転車通勤と併用してる様で、それほど距離は伸びてないと言ってましたが、その前の2年間(2万2千キロ)より3千キロほど距離が伸びてました。

この4年間では特に大きな不具合もなく、6万2千キロを走り切りましたが、強いて云えば、最近雨天走行中にエンジン不調になった事が有ったらしいので、一時的ではあっても不安なので、今回の車検で調べて診る事にいたしました。

20120407_2車検では、点検・整備時に燃料タンクを外しますので、そのついでにエンジンを掛けた状態で、車体各部へ放水テストを試みましたが、点火プラグ周辺のリークとかも無く、全く症状は現れませでした。
若干気になる点として、エアークリーナーボックス内に少量の水の混入形跡が有りましたので、今回は一応念のため、キャブレターのドレンを排出し、燃料タンクも一度空にして、内部を綺麗に洗って水分やゴミを除去しておきました。

20120407_3他は、今まで事有る毎に消耗する部品(タイヤ、ブレーキ)などは、定期的に交換や整備を行って来てますので、今回は油脂類の交換と点火プラグにエアフィルターの交換程度で、整備は完了の筈でしたが、この「CB」も2001年式ですから、初度登録から今年で11年目ですし、走行距離も6万キロを突破しましたので、少し各部をリホームする事になりました。

20120407_4先ずは握りの部分が減ってしまったハンドル・グリップを交換しました。
グリップは社外品の衝撃吸収GELを使用したカラー・グリップへ交換し、これに合わせてバーエンドもアルミ製アルマイトの表面処理がされた、少しカッコ良いタイプに換えてみました。

次にシートレザーも張り替えました。
これはレザーが切れて穴が開いてしまい、染み込20120407_5んだ雨水がお尻を濡らすため、ビニールテープ仕様もカッコ悪いので、思い切って張り替える事にいたしました。

それと今回は重くなったクラッチケーブルと戻りの悪くなったスロットルケーブルも新品に交換しました。
最近のケーブルは耐久性が向上したのか?切れなくなりましたが、当店のお客様では、概ね5万キロもしくは10年毎には、予防的に必ず交換して頂いてます。(←マメに給油調整してる場合で、放置が長いバイクなどは目安になりません。)

そして本日また遠く熊谷からバイクを取りに来て頂きました。
事前の点検と予約で1回来店頂いてますので、3週連続でお越し頂きました。
この3往復だけでも200キロくらいは走ってるのでは?
何時も遠い所お越し頂き、感謝!感謝です。
有難う御座いました。

すかっりリフレッシュした「CB400SF」に満足した様で、夜10時頃までお店で遊んで、また埼玉県へ向けて帰路につかれますた。

PS.<キタ営業部長>に勧められ、帰りに<フクちゃん>からヘルメットご注文頂きました。
<フクちゃん>&<キタさん>ありがとうございました。

| | コメント (0)

2012年4月 6日 (金)

おみやげ-44

お店に週3~4回は来ていた<マルちゃん>が、ここ暫く1~2週間来てませんでした。

ど~せ、出張にでも行ってんだろうな?
年度末だし、忙しいのだろうな~と思ってたら、閉店間近にご来店しました。
20120406_1
昔から閉店後に夜な夜な現れる<マルちゃん>ですが、やっぱし今回も遠くへ出張でした。

今回は広島でした。
三原の「たこせんべい」や「きびだんご」をお土産で頂きました。

いつも有難う御座います。

在庫が、イイ感じで減っては増えてます。

| | コメント (0)

2012年4月 5日 (木)

BigScooterタイヤ交換

相変わらずタイヤ交換の仕事が多く、特にビック・スクーターのタイヤ交換が続きました。
20120405_1
「GRAND MAJESTY」のフロントと「FAZE」のリヤには、新発売したばかりのダンロップ「SCOOTSMART」を入れてみました。

この2台は、新車から始めてのタイヤ交換で、もともと装着されていたタイヤが「SCOOTLINE SX01」でしたが、これが廃盤で、そ20120405_2の後継モデルが「SCOOTSMART」だった事もあり、また、それぞれ片側ずつの交換と云う事もあり、今回は前後の相性も考えて、同じダンロップで交換する事になりました。

「SCOOTSMART」は、ダンロップの最高峰ブランド「ROADSMART」に採用された「ロングラテラルグルーブ」などをスクーター向けにチューニングするなどして、ウエットグリップ性能と耐摩耗性、そしてハンドリング特性を向上させたモデルです。
20120405_3
今回の交換では、「GRAND MAJESTY」のフロントが1万キロ、「FAZE」のリヤは9千5百キロで交換になりましたが、今回交換した「SCOOTSMART」が、次はどのくらい持ツのか期待したいところです。

20120405_4それから「FUSINO」のリヤ・タイヤも交換しました。
これは前後でブリジストンを装着していましたので、そのまま「MOLAS ML16」に交換しました。

今回タイヤ交換したビック・スクーターにお乗りのお客様方は、タイヤがツルツルになるまで乗らずに、ちゃんとスリップサイン(磨耗限度表示)が、出始める少し手前でタイヤ交換して頂きました。
20120405_5
ゴムで出来ているタイヤは、空気中のオゾンや紫外線の影響を受けて固く硬化して行き、
次第に亀裂などが発生し劣化が進んで行きますので、タイヤ溝が残っていても一般的に3年毎の交換が推奨されてます。
危険ですので古いタイヤは早めの交換をお願い致します。

只今!タイヤ交換特価セール中です。 (足回りの総合点検サービス付きです。)
スクーター用タイヤの殆どのサイズ在庫あります。
在庫の無いタイヤでも、注文翌日には入荷しますので、宜しくお願いいたします。

| | コメント (0)

2012年4月 4日 (水)

SPACY100ドライブフェイス磨耗

20120404_2_2「スペイシー100」にお乗りのお客様からTELで、信号待などで停車してる時などに、勝手にバイクが動き出すとの訴えが有りました。

早速ご来店頂き、話の状況から駆動系のトラブルと考え、先ずはエンジン・カバーを開けて、ドライブ側プーリーを外して診ました。

20120404_3当初は、クラッチ・スプリングでも折れて、クラッチが繋がりっ放しにでも成ってるんだろうと思ってましたが、そうでは有りませんでした。

外したドライブ・フェイスを診たところ、ボス穴が磨耗して大きく広がり、ガタガタになってました。
その結果プーリーの作動が妨げられ、ウエイトローラーも異常なまで偏磨耗してました。

20120404_4このバイクだけに限りませんが、「スペイシー100」では3~4万キロ走ってる車両で、時々ですが見掛ける不具合です。

ここが3~4万キロくらいで、何故こんなに磨耗してしまうのかは不明ですが、そのバイクに乗る方の使い方にも関係してるようで、ならない方は全くなりません。
何れにしても、この部分は2万キロ毎くらいでドライブ・ベルトを交換するついでにでも、チェックしておきたい部分です。

今回は、主原因のドライブ・フェイスとウエイトロラー以外に、
ベルトやクラッチも交換して、修理は完了いたしました。

| | コメント (0)

2012年4月 3日 (火)

アドレスV125タイヤ交換

今日は、「AddressV125」のタイヤを2台続けて交換しました。

このバイクは他の原ニスクーターと異なり、パワーが有る割にタイヤが小径な為、特に後輪タイヤの減りが早いですネ。

20120403_2タイヤを交換する時期は、人によってもまちまちで、安全の為に頻繁に換える方もいれば、ツルツルになるまで使う方もいますので、一概に何キロ位で交換するのかは言い難いですが、「アドレス」の場合は、最も耐久性が有ると思われる、純正のダンロップ「D306A/G」でも、8千キロ~1万キロ程度が平均の様です。

20120403_3ところが、この「D306A/G」は、ドライ・グリップの性能は悪く無い様ですが、暫く使ってるうちにウエット路面で非常に滑り易くなり、実際に性能を発揮してるところは、概ね8千キロくらいまでの感じらしいです。

他のタイヤでは、同じダンロップの「D306」や、ブリジストン「B01」などが有りますが、こちらのタイヤは「D306A/G」と比べてソフトタイプで、グリップ性能も良く乗心地も向上する様ですが、耐磨耗性が低く概ね6千キロ~8千キロ程度で、交換時期に来てしまいます。

20120403_1今回は、お客様から耐磨耗性も然る事ながら、ウエット性能もバランスしたタイヤが欲しいとの要望が有ったので、ミシュランの「S1」を選んでみました。

タイヤの減り方にも色々あって、使い方や乗り方、体重などでも異なり、タイヤの中央だけ減る人や、綺麗に全体的に減る人や、すぐに減ってしまう人、割と長く持つ人と夫々で、またタイヤの交換タイミングも夫々です。

最初に交換した1台目の「アドレス」は、フロント・タイヤの交換だけでしたが、前回のタイヤ交換から1万5千キロを走り、タイヤはご覧の通りツルツルでした。

20120403_4次に交換した「アドレス」は、<キタさん>のです。
距離は8千キロ程度ですので、実際には交換する程タイヤは減ってませんでした。
ヒビ割れや偏磨耗なども有りませんでしたが、新車から4年が経ち、最近時々滑る様になってきたのでタイヤ交換する事になりました。

20120403_6それと<キタさん>の「アドレス」は、エンジンのパワーがアップされ、前後サスペンションもブレーキも強化されてる為、グリップ性能や直進安定性も高く、タイヤ剛性も高い「S1」は、<キタさん>にとっても魅力的だったらしく、今回は少し早めでしたが、この「S1」を試してみる事になりました。

ありがとうございました。
どんな感じになったかインプレを聞かせてきださい。

| | コメント (1)

2012年4月 1日 (日)

CB400フォアETC取付

1997年式の「CB400FOUR」にETCを付けました。
20120401_1
このバイクは昔('70年代)の「ヨンフォア」とかのイメージで、クラシカルなデザインなので、一般的なネイキッド・タイプと異なり、一見してはETC車載器を設置する場所が見当たりませんでした。

普通はシートカウルの内側とかのスペースを利用しますが、このバイクの場合はシートカウル自体が有りません。
またシート内側にもスペースが無く、その前にシート自体がボルト止めなので、そもそも日常的にシートを脱着する事すら出来ません。

20120401_3でも一応このバイクも400CCなので、車検証や車載工具を入れる場所が絶対にある筈・・・・ふと見ると、左側サイドカバーにキーシリンダーが付いていたので、そこの鍵を回して、サイドカバーを外すと・・・有りました。
エアークリーナーボックス後部に、かなり大きな収納スペースが現れました。

よっしゃ~!ここなら余裕で車載器の設置ができそうです。
まずは配線を通す穴をドリルで一箇所開けて、一20120401_2 応念の為グロメットで防水対策を施し、車載器の脱着を可能にしてカードの取外しを容易にする為、配線に伸び縮みの余裕を与えて、収納ボックスの側壁にマジックテープで装着しました。

これなら合わせて車検証や車載工具も入れる余裕が残ってるので、バッチグー(死語)です。

アンテナとインジケーター関係は、普通にメーター周辺に取付け、思ってたほど手間も掛からず、ズムーズに装着は完了いたしました。

| | コメント (0)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »