« 東京モーターサイクルショー | トップページ | VTR1000-SPⅡ車検 »

2012年3月27日 (火)

フォルツァZ納車!

新車の「FORZA Z」を納車しました。

なんとか最短4日で納車する事が出来ました。
バイクが入荷する前日から動き出し、事前に下取車の廃車手続を行っておいて、バイクが入荷してから、自賠責保険の車両入替と新車の登録を済ませました。
登録書が出たところで、ETCのセットアップ申請を行いました。

20120327_4_2その間にバイクの納車前点検整備を行い、ETC車載機の取付けやオプションのリヤボックスも装着しておいて、そうしてるうちにETCのセットアップも完了して、無事に予定の最短日程でバイクを納車する事が出来ました。

このお客様とも古いお付き合いで、私がこの店を出す前の、まだ雇われ店長だった頃(20代)のお客様ですから、出会ってから24~25年は経つんだろうと思います。

こうして古いお客様からバイクの注文頂くと、本当に嬉しく思います。
お客様と云うより、人として繋がてる感がありますし、地道にコツコツ長くやってて本当に良かったなと思います。
これで評価して頂いたと天狗にならずに、より一層プレッシャーを感じて、今まで以上に満足いくサービスを目指し、また次の10年20年?も、力強くバイクライフをサポートさせて頂きたいと思います。

この度は本当に有難う御座いました。

20120327_2今年の「FORZA」は、現時点でモデル変更は無い様で、従がって、この度納車させて頂いた「FORZA Z」は、去年(2011年)カラーリング変更されたモデルです。

ご注文の「パールサンビームホワイト」は、ホイールのカラーをグレーメタリックに、リアサスペンションスプリングのカラーをシルバーにそれぞれ変更。
加えてシートのパイピングをシルバーにするとともに、ヘッドライトのオーナメントをクリアパーツとすることで、より精悍なイメージを高めた、現時点での最新モデルです。

20120327_3_2「FORZA(MF06)」は、スーパースポーツモデルを彷彿させる左右独立型デュアルヘッドライトの採用など現行モデルにも受け継がれる斬新なスタイリングで、2000年に初登場しました。

2004年(MF08)にはフルモデルチェンジを受け、二輪車世界初標準装備のスマートカードキー(双方向通信電子照合式キー)システムを採用したり、、250CCスクーターでは世界初となる『電子制御式ベルトコンバーター』(ホンダSマチック)変速機構を採用。
エンジンも軽量コンパクトな新設計となり、ここで初めて『電子制御燃料噴射装置』(PGM-FI)が採用されました。

20120327_1_32007年(MF10)のフルモデルチェンジでは、エンジンを従来の2バルブから新設計の4バルブエンジンへ変更。
燃焼室形状の見直しやメタルクランク軸受、密封クランクケースを採用し、ホンダ初となる一次バランサーも装備しました。
またローラーロッカーアーム、オフセットシリンダーを採用し、高出力、低振動、さらには低燃費などの環境性能の向上も実現しました。
Sマチック(オートマチック変速機構)は、7速のマニュアルシフトモードに加え、新たに二輪製品としては世界初の負荷判別機能も採用、「ホンダSマチックEvo」にバージョンアップされました。

初登場から12年を迎える「FORZA」は、モデルとしては3代目となりますが、2010年には、「ホンダSマチックEvo」にS7モードを追加し、全5モードとすることで、さらにライダーの要望に応じた走行モードの選択が可能となるなど、幾度と無く細かいマイナーチェンジやカラー変更を受けて進化し続けてます。

詳しい情報は→こちら「FORZA

|

« 東京モーターサイクルショー | トップページ | VTR1000-SPⅡ車検 »

販売(新車・中古車)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 東京モーターサイクルショー | トップページ | VTR1000-SPⅡ車検 »