« Honda Moto LINC | トップページ | テレビありがとう! »

2012年3月15日 (木)

LEAD110EXエンジン不調

当店で2010年8月に新車で販売した「リード110EX」です。
スロットル急開時のエンジンレスポンスが悪いとの訴えで、TELが有りました。

20120315_1早速お仕事帰りに来店頂いたところ、PGM-FI警告灯が点滅してました。
これはECUが異常を検出すると点灯または点滅するもので、点滅回数から異常箇所を推定できます。

マニュアルの故障診断コード一覧から調べて診ると、どうもスロットルセンサ絡みの不具合のようです。

「リード110EX」も、その前の「リード110」に関しても、当店では、相当な数を販売しておりますが、今回のような不具合は始めてです。

20120315_2お客様は、電車やバスの止まる早朝や深夜帯にお仕事される方なので、一日もバイク通勤を欠かす事は出来ません。

調べて行くうちに、やはりスロットルセンサからECUまでの線で導通不良を起こしてるようです。
どの辺で短絡しているのか判りませんが、お客様に迷惑を掛けられず一刻の猶予も無いので、一先ずメインハーネスを交換して診る事に致しました。

メインハーネスの交換が終わり、異常点滅も無くなり症状も回復したようなので、一旦お客様にバイクを納車しました。

ところが、この後すぐに症状が再発してしまいました。
これは、いったいどう云う事でしょう?
メーカーの技術指導も受けながら、次にスロットルセンサユニットを交換して診ましたが、同様に一旦は症状が回復傾向に現れても長く続かず、再発してしまいました。

そして最後の試みとしてサブハーネスを交換したところ、三回目にして、やっと症状は回復し、ようやく完治させる事が出来ました。

もちろん当店で販売した新車で、ちゃんとメーカー保証登録してあり、保証書もお持ちで保証期間内でしたので、修理代は無料でやらせて頂きました。

大変ご迷惑お掛け致しました。
またご利用ください。
ありがとうございました。

|

« Honda Moto LINC | トップページ | テレビありがとう! »

修理(エンジン・マフラー)」カテゴリの記事

修理(電装系)」カテゴリの記事

修理(リコール・保証修理)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Honda Moto LINC | トップページ | テレビありがとう! »