« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

2012年2月29日 (水)

この雪は、昨晩の1時頃からポツポツ降り始めました。
20120229_1
実は、いろいろあって昨晩はお店に朝方3時過ぎまで居ました。
チャリンコで帰宅する頃には、普通に雪になってました。

まだ積もる程では有りませんでしたが、雪で視界を塞がれ、前が見えない状況で、暗闇を自転車漕いで帰りました。

こんな事も予想して、先日<キタさん>からプレゼントして頂いた、防寒「手袋」をしてチャリンコに乗りましたが、予想以上に暖かで、ハンド20120229_2 ルを握る拳に真っ白く雪が積もってましたが、全く冷たさを感じず、楽勝で通勤する事ができました。
<キタさん>良いもの大変有難う御座いました。

天気予報を私なりに分析した感じでは、みぞれ程度の雪が降った後、朝方までには止むと踏んでましたが、今日の15時頃まで降り続きました。

さすがに、この雪ではバイクに乗る人は皆無かと思ってましたが、意外と皆さん雪でもバイク通勤されてる方が多かったのにビックリしました。

そんな感じで、雪の止んだ夕方からは、そこそこ来店客が有りました。
皆さん雪の中の通勤、大変ご苦労様でした。




| | コメント (0)

2012年2月28日 (火)

GSX1300R隼カスタム!その6

今日も、また<オキちゃん>の「ハヤブサ」カスタムを行いました。
今年に入って、これで4回目のカスタムになりますが、今年の<オキちゃん>は絶好調で、全く止まる気配がありません。

20120228_1今回のカスタムは、リヤのフェンダーレス・キットと、インナー・フェンダーの取付です。

フェンダーって文字通り泥除なので、有る意味仕方無いですが、大きく長いノーマルのリヤ・フェンダーは、せっかくカッコ良い「ハヤブサ」のテール・デザインを無しにしてますよネ!
今回は、この純正のフェンダーを取外し、FRP製のフェンダーレス・キットへ換装しました。

20120228_2_2それからノーマルのチェーン・カバーを外して、このチェーン・カバーと一体型のカーボン製インナー・フェンダーに換装しました。

今年初めに換えた1本出しマフラーと、今回のフェンダー関係のカスタムで、後ろ周りは大変スッキリして軽い感じになりました。

音も見た目も、ひじょうにスポーツ嗜好が強まった感じでカッコ良くなりました。

<オキちゃん>!毎度有難う御座いました。
また何か、お気に召すカスタム・アイテムを探しますので、これからも、ご贔屓にお願い申し上げます。

| | コメント (0)

2012年2月26日 (日)

APEステムベアリング打換

今日は<アキラちゃん>から、「APE」の整備依頼が有りました。
20120226_1このマシンは<アキラちゃん>率いるお仲間達で、[DE耐]参戦に向けて入手したレーサー・ベース車両です。
2ヵ年計画でマシンを仕上げ、練習を重ねて行くそうです。

今日はシェイクダウン前に最終的な整備として、スタンドのブラケットの取付けと、ステム・ベアリングの打換を依頼されました。
近々初走行らしいですが、楽しみですネ!
ガンバってください。応援してます。

当店は、モータースポーツにチャレンジする方を応援します。
ロードでもオフロードでも、興味の有る方は、ご相談ください。

DE耐の詳細は→http://www.twinring.jp/detai/

| | コメント (0)

2012年2月25日 (土)

PCXタイヤ交換2回目

20120118_2最近までは、サイズの特殊な「PCX125」用のタイヤは、「IRC」の「SS560」(純正)しか有りませんでしたが、 先月発売になった「PIRELLI」の「DIABLO SCOOTER」に続き、今月は「MICHELIN」からは「CITY GRIP」が、「DUNLOP」からは「TT900」も発売されました**********→DIABLO SCOOTER
20120225_1お蔭で、やっとこのバイクのタイヤも選べるようになりました。
←CITY GRIP
今回タイヤ交換となったのは、カーズの<テッちゃん>の「PCX」です。
リヤのタイヤ交換は今回で2回目ですが、フロント・タイヤも交換時期になってましたので、同時に交換しました。
20120225_2_2スクーターのフロント・タイヤは、一般的には駆動輪のリヤ・タイヤ3~4回交換で、フロント・タイヤ1回くらいのパターンが多いですが、やはり<テッちゃん>は長距離通勤で246をひたすら真っ直ぐですから、リヤ2回目で、早くもフロント・タイヤも交換になりました。*************************** →TT900

20120225_3それでも<マルちゃん2号>の「PCX」が1万キロもたないのに対して、<テッちゃん>の「PCX」は1万キロ強もちました。
やはり一度に長い距離を走る方が、タイヤは長持ちするんですね!
20120225_4
そんな事から、タイヤも4種類の中から選べましたが、今回は、性能も安定していてもちも良く、今まで履いて実績のある「IRC」の「SS560」にしました。
他のタイヤは、未だ実績やインプレが無いので、もう暫く様子見って感じです。

| | コメント (0)

2012年2月24日 (金)

GSX1300R隼メーターパネル交換

今年は寒いので遠乗りに行くには、まだまだ厳しいですネ!
20120224_1ところがうちの常連様方は、既にシーズンに向けて動きだしてるようで、このオフシーズンを利用して、精力的にマシンのカスタムや整備に日々を費やしております。

そして<オキちゃん>の「ハヤブサ」カスタムも止まりません。
今年に入ってからもマフラーを交換したり、つい先週にはミラーを 換えたばかりの「ハヤブサ」ですが、今回は、メーターパネルをカスタム(交換)してみる事になりました。

20120224_2交換するメーターパネルは、今月の頭に<キタさん>が「ZX-12R」に換装したのと同じ「ELメーターパネル」です。

「ELメーターパネル」とは、電圧を加えると発光する物質、E.L(エレクトロ・ルミネッサンス)ディスプレイをメーターに応用したもので、ノーマルのメーター上に貼り付けて、電気的に発光させるものです。
ELメーターは低電圧で高い輝度が得られ、しかも点ではなく面で光りますので、パネル全20120224_3 体がムラなく均一に発光し、明るさはノーマル比で約2~5倍になり、特に夜間の発光時は鮮やかです。

<オキちゃん>の「ハヤブサ」も純正のブラックの文字盤に対して、人気のホワイトパネルを選びました。
ベースにアウトラインを強調したスポーティなデザインで、ゼロ指針が真下から始まるフルスケール300キロ表示です。(バック・ライト2色切替機能付)

<オキちゃん>の「ハヤブサ」は、既に次のカスタムも計画中です。
また次回もご紹介させて頂きたいと思います。

ありがとうごいました。

| | コメント (0)

2012年2月23日 (木)

AdressV125カスタム!

また<キタさん>からのご依頼で、ちょこっとカスタムしてみました。

20120223_1寒くなれば寒くなる程に気合が入り、活動的になる皆様に脱帽です。

今回は、<キタさん>の複数ご所有の愛車の中から、お仕事ご用達バイクの「アドレス君」に、少し悪戯してみました。

先ずはフロントのウインカーをポジション・ランプ併用タイプへ改造しました。
改造と言ってもフロントカバーを開けて、ウインカーの配線にリレーを噛まして完了です。

20120223_2次にフロント・フォークにスタビライザーを装着しました。
フロントに剛性感がないとか、変な挙動を感じるとかじゃないのですが、一応リックス重視で遊んでみました。

この「アドレス君」も、まだまだ止まる様子が無さそうで、既に次のカスタム計画が練られてます。
その際はまたご紹介したいと思います。

<キタさん>!
ありがとうございました。

| | コメント (0)

2012年2月22日 (水)

GSX1100S刀プラグ交換

<オキちゃん>も複数バイクを所有されてますが、今日は、その中から「カタナ」の車検を行いました。

20120222_1この車両は、<オキちゃん>に2005年から整備を任され、もう何度も当店で車検や整備を行って来てますので、ひじょうに良いコンデションを保っており、今回の車検でも特に大きな問題は有りませんでした。

タイヤは2年前の車検時に交換してから5千キロしか乗ってないのでOKです。
ドライブチェーンも前回の交換から2万キロ程度でしたのでOKでした。

整備をするに当たり、やはり目視の点検が一番ですが、走行距離や時間の経過で劣化したり、点検を必要とする部分が多々ありますので、お客様に渡してある「点検記録簿」と当店PCに記録の「お客様カルテ」を睨みながら、見逃しはないか、コンデションを保たせる手法を考えます。

そんな感じで、今回もPC見ながら<オキちゃん>のカルテを見ていたら、スパークプラグが2万キロ以上交換してない事が判りました。(見逃してんじゃネーかよ!(^o^)丿)
そう云えば、エンジンンが時々パスパスしてるって言ってました。
キャブレターがレーシングキャブ(CR)に換装されてるので、この程度は、アリなのかな?って思ってましたが・・・・

20120222_2そこで<オキちゃん>と相談したところ、去年もう一台所有の「ハヤブサ」で交換した[NGKイリジウム]のプラグが、ひじょうに体感出来て良かったとの事で、今回この「カタナ」にも同じプラグを使ってみる事になりました。

NGKイリジウム]プラグは、『中心電極の細径化(0.6mm)』により電極先端部の電界が強められ、着火性向上をが図られました。細径電極は火花エネルギーの集中による発熱と燃焼ガスからの受熱により、電極温度が上昇し消耗を促進させてしまうといった課題もありましたが、中心電極用材料として耐消耗性に優れたイリジウム合金材料を使用し長寿命も併せ持ちます。

[NGKイリジウム]プラグの場合、更に[接地電極の細径化(テーパーカット)]も行い、火炎核の生成過程における電極による冷却損失の影響(消炎作用)を小さくし、電極が消耗し火花ギャップが拡大しても電界強度の変化量が少ない為、高着火性を維持でき、要求電圧の低減も可能となりました。
又、濃すぎる混合気や長時間の低速走行によって付着するカーボンを微小放電で焼き切るサーモエッジを採用する事により、高着火性能を常に高く維持します。
火炎の広がりが速く、低温時の始動性や加速時のレスポンスを向上させ、エンジン性能を最大限に引き出します。
お買い物用原チャリから2スト車、レーシングキャブ装着車にもお勧めできます。是非お試しを!

| | コメント (0)

2012年2月21日 (火)

SUPERCUB110フルモデルチェンジ!

いよいよ「スーパーカブ110」がフルモデルチェンジして登場します。

気になるスタイルは、伝統のカブコンセプトを継承しながらも、直線と曲面を融合させたデザインになり、新時代のカブを主張する存在感と力強さを表現しています。

また、旧モデルの樹脂着色の外装パーツから、ワンランク上の質感を表現する塗装外装パーツを採用し、耐腐食性も向上しています。

20120221a_1ウインカーはボディ一体型となり、ヘッドライト、テールランプと集約した「丸みのある四角」スタイリングとしています。

風や泥はねなどから乗る人を守る、レッグシールドは大型化され、リアフェンダーも後端部を伸ばし、より路面からの水や泥の飛散を抑える形状になりました。

好評のパワーと経済性を両立した110cc低フリクション高効率エンジンは、Honda独創の特許技術を投入、エンジン内部構造摩擦フリクションを低減。
世界最高レベルの燃料超微粒化と精密制御する「PGM-FI」を採用し、燃焼効率が最も良くなる理論空燃比燃焼で、出力・燃費を大幅向上。
低・中回転域を重視したトルク特性と減速比の最適化によって、荷物積載時や登坂時において、更に取り回し易くなりました。

フレームは新パイプフレームを採用。
車体剛性に優れながらも路面からの振動を受け止めるバッボーンタイプのフレームは、基本は前モデルより踏襲し、フレーム剛性の見直しや、ホイールベースの20mm延長などにより、荷物積載時や高速走行時の走行安定性を向上しています。

ここまでグレードアップしておきながら、価格は2万円以上安くなりました。
部品調達から生産まで効率化を図ることで、従来モデルに比べ価格を低く設定することができ、よりお求めやすい価格になりました。

HONDA SUPER CUB110
メーカー希望小売価格:\228,900(消費税抜本体価格:\218,000)
(別途、登録料・整備料・保険料などの諸費用が掛かります。)
3月16日発売予定
予約受付中!

当店新製品情報はこちら→「SuperCUB110

| | コメント (0)

2012年2月19日 (日)

AddressV125ベルトぐちゃぐちゃ!

ドライブ・ベルト切れが多発してます。
ベルトは材質であるゴム部品の性質上、空気中のオゾンや紫外線の影響を受けて、距離だけでなく時間の経過でも劣化が進んで行き、徐々に固く硬化して行きますが、低温になると更に硬化し弾性がなくなって行きますので、冬場はベルト切れが多発します。

先日の閉店間近に来店されたお客様も、走行中に駆動不能となり、遠くからバイク(ADDRESS V125)をトラックに載せて運んで来られましたが、状態から診るまでもなく、ドライブ・ベルト切れだと云う事が直ぐに判りました。

20120219_2実際にエンジンカバーを取外し、駆動系内部を診てみると、ベルトは切れてると云うよりも、バラバラに粉砕したて細切れになって、その後揉みくちゃになり、ご覧の通り跡形も無く綿毛の様になっていました。

ところがこのバイク、お客様のお話しでは、つい2千キロ程前に一度ベルトを交換したばかりの様です。
現時点でトータル2万3千キロほど走行している「アドレスV125」ですが、ちゃんと2万キロを越えたところで、お客様の判断のもと、予防整備としてベルトを換えてるんですネ!?
なのに何故?・・・・交換を依頼したのは某大手有名バイク部品量販店だそうですが、その時に、純正部品ではない(メーカー不明)部品をベルト以外にウエイトローラーやクラッチシューも含めた、前後のプーリー周辺のパーツ一式をセットで交換させられたそうです。

20120219_1当店で調べても、たった2千キロでベルトが切れた原因は判りませんでしたが、普通に考えれば絶対に有り得ない話ですので、恐らくは、換えた部品に欠陥が有ったか、元々が粗悪品だったのか、又は交換時に何かミスでもあったのか?今となっては謎です。

それと2万キロ程度であれば、ベルトと精々ウエイトローラーの交換程度で済む筈が、何故駆動系パーツ一式をセットで交換したのかも不明で、純正部品でない安い部品であったとしても、お客様はかなり高い料金を払っった筈です。
それで、2千キロでベルト切れは、本当に可哀想な事だと思いました。

| | コメント (0)

2012年2月18日 (土)

ZZR1100 LED化

今日は<ウミ坊主様>「ZZR1100」のランプ類を「LED」へ交換してみました。

20120218_1最近よく町で見かける超高輝度の「LED」は視認性も高く、ルックスの良さからもカスタム・アイテムとして人気です。
当店のお客様もバイクのランプ類を「LED」へ交換される方が増えてます。

また「LED」本来の特徴である超低消費電力に着目して、バッテリー上がり対策を目的として、ランプ類を「LED」へ交換される方も増えてきました。

20120218_2_2当店の常連様の多くは、リッタークラスをメインに2スト250とオフロード車や、原二スクーターなどを所有している方が多く、平均3台~4台のバイクを所有しています。
バイクを複数所有しているので、なかなか一台一台のバイクを満遍なく乗る事が出来ないのが共通の悩みです。

<ウミ坊主様>の場合も「ZZR1100」を筆頭にバイクを複数所有されていて、年間の走行距離は2~3千キロと、日頃あまり乗ってないのでバッテリー劣化も早く、2~3年毎にバッテリー交換を強いられていました。

20120218_3特に<ウミ坊主様>がメインで乗ってる1994年式「ZZR1100」は、キャブレターがレーシングキャブ(FCR)に換装してあり、しかも<ウミ坊主様>が走り出すのは、何時も決まって早朝(6時~7時)ですので、特に気温の低い冬場にチュークの無いFCRでのエンジン始動は条件が悪すぎで、常にバッテリー上がりに悩まされていました。

今回は、テール・ランプ球とウインカー球にライセンス・ランプ球を「LED」へ交換してみました。
ウインカーは今までの23Wの電球から0.3W~最大2Wの「LED」へ交換し、消費電力が下がった事でウインカーの点滅に誤作動が出ないように、これに対応させるべく、リレーを対応品に交換しました。

20120218_4交換が終わってみると、全てのランプ類が非常に明るくなってました。
LEDはバッテリー上がりの心配も減るし、球切れの心配も無くなるので、価格は高いですが、投資する価値は有ると思います。

バイクに乗る時間が無かったり、乗っても乗る距離も短く、常にバッテリー上がりに悩ませられてる方などに是非お勧めです。
ご注文お待ちしております。

| | コメント (0)

2012年2月17日 (金)

トゥディ・F ラスト1台限り!

Honda Today・F 総力決算セール!
大特価!大放出!ラスト1台限り!早い者勝ち!

今回ご紹介いたします「トゥディ」の「タイプF」は、より一層「おしゃれ」なデザインを採用し、「Fashionable」の頭文字「F」をネーミングに取り入れ、質感を高め、専用のスタイルに仕上げた上級モデルです。
20120217_1
《 Honda TODAY・F 》
カラー:パールプロキオンブラック(黒/白)
メーカー希望小売価格¥133,000(税込本体価格:¥139,650)
↓↓↓↓↓↓↓
2万2千円引き
↓↓↓↓↓↓↓
¥111,000(税込本体価格:¥116,550)
(別途、登録料・整備料・保険料などの諸費用が掛かります。)

詳しくはこちら→ 「TODAY・F」特価セール!

********************************************************************
ファンホイールズ・ウインターセール開催中!
年が明け、遂に今期最後の第四半期に突入いたしました。
3月末納車分までは、なりふり構わず売り倒しますので、今回の「Today・F」に限らず「HONDA」の新車(125cc以下までのバイク)を検討中の方は、我儘放題お申し付け下さい!
死ぬ気でガンバリます。宜しくお願いいたします。

********************************************************************

| | コメント (0)

2012年2月16日 (木)

アドレスV100カーカス露出!

久し振りに、凄いタイヤを交換しました。
20120216_1
パンク修理で来店の「AddressV100」でしたが、見事にカーカス(タイヤの骨格となるコードをゴム被覆した部分)が露出するまで磨耗してました。

この凄い状態は、お巡りさんに見られたら、即整備不良で違反切符ですよネ。
罰金も高いけど、こんな状態で走るとスリップ事故起こして、もっと高いもん付くんだと思います。

タイヤが磨り減って裏表が突き抜けて空気が抜けたので、当然パンク修理は不可能なので、新品のタイヤへ交換となりました。

20120216_2ゴムで出来ているタイヤは、空気中のオゾンや紫外線の影響を受けて固く硬化して行き、
次第に亀裂などが発生し劣化が進んで行きますので、タイヤ溝が残っていても一般的に3年毎の交換が推奨されてます。
また、ゴムは低温になると更に硬化し弾性がなくなって行き、特に路面温度の低い今時期は、タイヤは路面をグリップせずに滑るようになります。
危険ですので古いタイヤは早めの交換をお願い致します。

只今!タイヤ交換特価セール中です。 (足回りの総合点検サービス付きです。)
スクーター用タイヤの殆どのサイズ在庫あります。
在庫の無いタイヤでも、注文翌日には入荷しますので、宜しくお願いいたします。

| | コメント (0)

2012年2月15日 (水)

GSX1300R隼ミラー交換

今度は<オキちゃん>が止まらなくなってしまいました。
20120215_1
<オキちゃん>から、何かカッコいいミラーに替えてくれ!っと云われたので、既に<キタさん>「ZX-12R」や<親方様>「DAYTONA675SE」のバイクにも装着して、大好評だったミラーをお勧めしてみました。

当店の常連様方ご用達品に成りつつ有るミラーは、ひじょうに安価でいながら、クオリティーは純正ミラー以上に高く、機能的で視認性も良く、しっかりした作りで好評でした。
20120215_2
そんな訳で<オキちゃん>の「GSX1300R隼」にも、このミラーが有効なのかどうか調査する事にいたしました。
先ずは純正ミラーを取外し、取付け寸法やミラーの傾斜角などを調べたところ、問題なく装着できそうで、これなら視認性も向上する事が確認できたので、今回も、このミラーを装着する事にいたしました。

20120215_3ミラーが入荷してきたので早速装着してみると、ミラーの傾斜角が純正より下がり、後方視界が身体に掛からなくなりました。
その上、幾分ミラー面積も広くなり視界が広くなりました。
そして何より断然カッコよくなりました。

<オキちゃん>も大変ご満悦のようでした。
ありがとうございまいた。

| | コメント (0)

2012年2月14日 (火)

JOGリコール関連

2009年式「ジョグ」の無償回収修理を行いました。

20120214_1去年の暮れに行った「ビーノ」と同じ内容で、<改善対策>と<リコール>の2件が該当していました。

不具合の内容は、<改善対策>では「スロットルケーブル周りの防水構造が不適切な為、雨天時の走行等によりケーブル内部に水が浸入することがあるらしく、その為、外気温が氷点下の環境ではケーブル内部に滞留した水が凍20120214_2結し、最悪の場合は走行中にアクセルグリップが戻らなくなり、エンジンの回転が下がらなくなる恐れがある。」と云うもので、<リコール>でも同様に「前ブレーキケーブル周りの防水構造が不適切な為、雨 天時の走 行等によりケーブル内部に水が浸入することがあらしく、その為、外気温が氷点下の環境ではケーブル下部のダストブーツ内に滞留した水が凍結し、最悪の場合はブレーキ操作ができなくなる恐れがある。」と云うものです。
20120214_3
改善内容は、スロットルケーブルの方が「スイッチケース下部のケーブルを固定するステイに補強板を追加する共に、ケーブルの防水ブーツの両端にクリップを追加し、更にケースの締付けボルトを車両前方側に隙間を生じない締付け順に変更して、最後にスロットルケーブル内の水分を除去するため、ケーブル内のエアブローを行う」と云うものです。
ブレーキケーブルの方は「前ブレーキケーブル下部のダストブーツを対策品に交換する共に、カバーレバーの取付け状況を点検して外れているものは修正する」と云うものでした。

詳しくはヤマハ発動機リコール関連情報→http://www.yamaha-motor.co.jp/recall/

| | コメント (0)

2012年2月13日 (月)

Whitney Houston

先日(2/11)にお亡くなりになりました、ホイットニー・ヒューストンさんのご冥福をお祈りいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月12日 (日)

おみやげ-41

愛車ハヤブサのマフラーが変わって、ジっとしている<オキちゃん>の筈もなく、この寒い中、お決まりの千葉ショートツーリングに出かけて来られたようです。
20120212_1_2 
そんでもって今回もお土産たくさん頂きました。
「ラー油きくらげ」は、家の末娘が大好きなので、また行った時にお願いいたします。
今回は、色々どっさり買って来てくれたので、目の前の常連さん達にも行き渡りました。
みんな喜んでました。ありがとうございます。

| | コメント (0)

2012年2月11日 (土)

FORZAバッテリー交換

2001年式「FORZA S(MF06)」にお乗りのお客様からの依頼で、ご自宅までバイクを引き取りに行ってきました。

朝の出勤時、バイクのエンジンをかけようとしたところ、始動できなかったそうです。

20120211_1その時の状況から察すると、単純にバッテリー上がりのようですが・・・

このお客様とは、もう7年越しのお付き合いとなりますが、当店で行った過去の整備記録をPCで調べたところ、2006年に一度バッテリーを交換している事が判りました。

バッテリーの寿命は使用環境により大きく異なりますが、当店のお客様の場合は、年間1万キロくらい走っている方で、平均4~5年程度です。(中には10年近く持つ方もいますが、バイクに乗らない方やメンテナンスしない方では、1年未満で寿命になる場合もあります。)

このお客様の場合も、前回のバッテリー交換から5年以上経過しているので、やはり寿命がきてしまったようです。

20120211_3早速、バッテリーを新品へ交換いたしました。
交換したバッテリーは、オートバイ・メーカー純正指定の「GS YUASA」で、「MADE IN JAPAN」です。
当店で使用しているバッテリーは全て、日本のバッテリー・メーカー「GS YUASA」又は「FB古川電池」を使用しています。
最近よく目にする外国製バッテリーに比べたら値段は少し高いですが、結果的にお客様の利益と安全を考えた場合に、寿命が長く保証も1年(2万キロ)付いてて安心なので、当店では、こちらをお勧めしています。

20120211_2当店では、バッテリー交換後に改めて発電&充電状態をテスターで計測しながら点検します。
バッテリー上がりの原因が、他の電装部品に原因している場合もありますので、当店でバッテリー交換されたお客様には、サービスで必ず実施している点検です。

この点検の結果、レギュレターが壊れている事が判明しました。

《レギュレート/レクチファイヤ》
この部品は、エンジンの回転が上昇するにつれて増加するジェネレータ(発電機)からの交流出力を適正な電圧に制御すると共に直流に整流する機能を持ち、半導体で構成され、作動時に発熱するので放熱性を良くする為、冷却フィンの付いたアルミケースの中に基盤を樹脂で封入している部品です。

ということで、このままだと、せっかくの新品バッテリーも、すぐにダメになってしまうので、レギュレターも新品に交換して、今回の修理は全て完了いたしました。

さすがに今年の冬は寒いので、バッテリーの性能・能力が低下してるのでしょう。
この寒さに押されて、寿命の尽きるバッテリーが多発しているようで、今年はバッテリー交換の仕事が大忙しでした。

そこで、当店は在庫のバッテリーに限り、期間限定で大放出セールを実施いたします。
今月(2月)末までの期間、在庫限り20%OFFでご奉仕!
更に交換作業工賃及び廃バッテリー処分料サービス!いたします。
この機会に、バッテリーを新しくして寒い冬を乗り越えてください。

| | コメント (0)

2012年2月10日 (金)

GYRO UP12ヶ月点検

「GYRO UP」の点検、整備を行いました。

20120210_1 この車両は、当店で2008年に新車で販売したもので、距離がそろそろ1万キロに到達するので、今回はスパークプラグとエアフィルターの交換を行いました。

このバイクは何をやるにも、まずリヤデッキを外さなければなりませんが、外してしまえば、逆に仕事がし易い構造になってます。

20120210_2次にミッションオイルとフロントタイヤも交換しました。
フロントタイヤは選択の余地が無く、OEM装着のダンロップK234しか選べませんでした。

タイヤ交換の為フロントホイールを外したら、スピードメーターギヤのレシーバーが損耗して、片方の爪が無くなりかけていたので、急遽スピードメーターギヤも交換する事になりました。

20120210_3そして最後に駆動系の消耗部品を一式全て交換する事になりました。
距離だけで云えばまだ少し早い気もしますが、そろそろ新車から4年が経ちますし、普段かなり重い荷物を積んで走ってらっしゃるようで、今回はお客様の意向で、ドライブベルト、ウエイトローラー、スライドピース、クラッチウエイト、クラッチスプリングなどの消耗部品一式を全て交換する事になりました。

点検、整備とは、壊れてから行う修理とは異なり、壊れないように事前に行う予防整備の事ですが、このお客様のように欠かさず行って頂ければ、バイクは長持ちします。

皆さんも愛車の点検、整備をお忘れなく!

| | コメント (0)

2012年2月 9日 (木)

BONNEVILLE点検整備

今日は<長老様>「BONNEVILLE SE」の6ヶ月点検を行いました。

つい先日も別のバイク「R1-Z」の12ヶ月点検を行ったばかりですが、バイクをたくさん持ってても、持ってるだけじゃなくて、ちゃんと全てのバイクを整備して、この寒い冬でも週1は必ず乗ってる<長老様>には、本当に頭が下がります。
20120209_1
長老語録に、また名言が一つ加わりました。
毎日お店に遊びに来る<長老様>と、今日も、いつものように世間話をしてた時のお言葉です。

『マジメって、人生にとってはマジメじゃないよネ!』

この言葉、有り難く頂きました。
皆様の中にも共感できた方は、いらっしゃるのでは・・・・?

数日前も<長老様>は、こんな話をしていました。
免許とりたての10代の頃(今から40年くらい前の事)、初めてのクルマにトヨタの「S800」(スポーツカー)を選んだところ、父親に反対され、クラーの付いた「ブルバード」(実用車)にしろと云われたそうです。(よくある、ありがちなパターンですネ!)
「ブルバード」は歳とってからでも乗れるけど、こんなクルマ(S800)は、今(若い時)しか乗れない!っと、その頃少年だった<長老様>は、父親の意見を突っぱねて、「S800」を買ったそうです。

そう云えば、昔は<長老様>が言うように、この『今しかできない』に大きなウエイトが置かれてた気がします。
これは「今、思った事」や「今、考えた事」より、将来的に長い目で考えて、実用的で合理的な判断は、ひじょうに賢いと思うが、その時代、その頃の自分は、今しか存在しないのですよ!と言う、<長老様>の若い方へ向けてのメッセージのように思いました。

多少無理してでも今やりたい事にチェレンジする!
マジメなアリより、キリギリスの方が、ある意味マジメかも?
60年以上生きてきた<長老様>が言ってんだから間違いないでしょう!(^o^)丿

| | コメント (1)

2012年2月 8日 (水)

《ZX-12R》カスタム!その16

<キタさん>からの仕事が続きます。
20120208_1
この12Rを納車して早くも1年半が経ちますが、相変わらず<キタさん>のカスタムは止まらないようです。

去年の暮れにリヤ・サスをオーリンズに換えたばかりですが、今回、これで通算16回目(今年1発目)となる、カスタムを施しました。
20120208_2_2
行ったカスタムは、メーターパネルの交換です。
純正のブラックの文字盤に対して、ホワイト・パネルのものへ交換してみました。
スピード表示はフルスケールの320キロ表示になりました。
20120208_3
文字盤の色が変わっただけでなく、バック・ライトの照射が絶妙にカッコよく、ボタン操作でライトの色も選択できる優れものです。

<キタさん>!
またカッコよくなりましたネ!
ありがとうございました。


そんな、止まらない<キタさん>へ!

| | コメント (1)

2012年2月 7日 (火)

アドレスV125電源取付

<キタさん>から、「ADDRESS V125G」に電源の取付け依頼がありました。
20120207_1_2仕事で忙しく駆け回る<キタさん>にとって、この「アドレス」は寒い冬でも大活躍のようです。

元々このタイプの「アドレス」は、シート下トランク内にDC12Vのアクセサリーソケットが標準装備されてますが、仕事柄<キタさん>は、電話やカーナビを多用する為、シート下電源では使い勝手が悪いらしく、この度、ハンドル付近へシガーソケット&USB電源を新設する事になりました。

20120207_2今回は電源アダプターだけでなく、スマホやカーナビ固定用ホルダーも同時装着するため、一箇所にまとめて装着出来るようにハンドルバーマウントブラケットを使用する事になりました。
左側ミラーのネジを利用して、延長アダプターを追加してバーマウントを固定しました。
これで電源アダプターもスマホ固定ホルダーも見易い位置に綺麗に装着できました。

今回の、このバーブラケットは、かなりの優れものに思いました。
ハンドルバーがカウルに隠れてるスクーターなどのバイクでも、このバーブラケットを使えば、メーターやETC、カメラなども容易に装着出来るように思いました。
今まで装着不可能に思ってたバイクでも、付けたかったアクセサリーパーツが付くかも知れまんヨ!?

| | コメント (0)

2012年2月 5日 (日)

KX80チェーン&スプロケ交換

<マルちゃん>も年明けから忙しかったらしく、走りに行けないどころか、マシンを触る暇も無いようでした。
そんな事から今回当店で「KX80」の整備を任される事になりました。

20120205_1遡る事、去年の大晦日のレース中に発覚した、フロント・ホイールのガタは、損傷しているベアリング類一式の交換となりました。
ついでに他の部分も点検してみると、ステムが若干重い感じがしましたが、ここの部分は2年ほど前にベアリングを打ち換えてますし、極端に酷く重い訳でもなかったので、今回は調整だけに留める事にいたしました。

20120205_2チェーンとスプロケットはダメでした。
調整しても損耗が酷く外れそうなので、今回はチェーンもスプロケットも新品に交換する事になりました。
今回もチェーンは「RK EXCEL」の中から、ゴールド・プレート最強最上級グレードのレーシング・チェーンを選びました。
このチェーンはシール・チェーンでありながら、ひじょうに低フリクションで、しかもノン・シールと同じ幅の最軽量シール・チェーンです。

20120205_3スプロケットに関しては、リア側の純正は廃盤でした。
この頃の「KX80」の丁(歯)数は、ちょっと特殊なようで、リプレイス(社外品)に関しても廃盤が多く、なかなか選べなかったのですが、1年ほど前に家の<シュンちゃん>の「KX85」に装着したのと同じ、「ISA」で設定があったので、今回はこれを使う事にいたしました。(確か「ネモっちゃん」の「KLX」にも使ってもらってたと思います。)

20120205_4このスプロケは、最高強度のアルミ合金A7075-T6(超々ジュラルミン)材に外周の歯をはじめ、取付穴、肉抜穴を同時に1/1000mmの超精密精度で、切削加工(同芯加工)後、アルマイト処理の20倍の強度のダイアノ処理で表面加工してます。
原理的にセンター穴の偏心ゼロで、強度、剛生、耐磨耗性に優れ、泥の排出用グルーブ加工も施されてますので、皆さんにもお勧めです。

最後にミッション・オイルを交換しました。
どのくらいオイル交換してなかったのでしょうか?
けっこう水分含んでたようで、抜いたオイルの所々に乳化した白い筋が混ざってました。

これで一先ずOKって感じですが、チェーンガイドの磨耗は凄いので、早めの交換をお願いします。

ありがとうございました。

| | コメント (0)

2012年2月 4日 (土)

R1-Zオイルポンプ交換

今日は<長老様>「R1-Z」の12ヶ月点検&整備を行いました。

1年前の24ヶ月点検の時にも、時間や距離で必要となる定期交換部品や油脂類は換えてますので、今回の点検で交換時期になるのは、ミッションオイルくらいでした。
20120204_1
このバイクは2005年に当店で販売したバイクで、初期型1990年式の中古車でしたが、この7年の間でもエンジンや足回り等のフル・オーバーホールを実施され、その後も定期的に欠かさず点検を実施するという念の入れようで、古いバイクですが、素晴らしいコンデションを維持しているバイクです。

20120204_2今回の点検の結果も、特に大きな不具合は発見されませんでしたが、フロント・タイヤが若干ヤバイ感じになってました。
リヤ・タイヤは数年前に交換してますが、フロントに関しては、なんと7年間一度も交換してなかったんです。
溝はスリップサインが出始めた位でしたが、硬化も始まってる様ですし、フロント・タイヤ(舵輪)特有の段減り(偏摩耗) とヒビ割れも始まってましたので、そろそろ危ないので、今回はフロント・タイヤも交換する事にしました。
換えたタイヤは今まで装着していたのと同じ「TT900GP」を選びました。
このタイヤは、レース・テクノロジーをフィードバックした、GPコンパウンドが採用されたバイアス最高峰のタイヤで、軽い「R1-Z」には非常に相性が良いらしく、今回も同じタイヤを交換しました。

20120204_3それから今回は、オイルポンプを交換しました。
エンジン右下からオイルが垂れてるので、オイルの伝わって来てる先を調べて行くと、オイルポンプ周辺からの漏れのようでした。
早速オイルポンプを外して脱脂洗浄して調べてみると、単純にガスケットの劣化でポンプ取付け面などから漏れている訳ではなく、オイルポンプ本体から漏れてる事が判り、今回のオイルポンプ・アッセンブリの交換となりました。
オイルでタイヤが滑ったり、エアが混入してエンジンが焼付く可能性も有りましたので、これで安心ですネ!

これからも大事に乗ってください。
ありがとうございました。

| | コメント (0)

2012年2月 3日 (金)

BATTLAX HYPERSPORT S20

早くも「BRIDGESTON」の新製品「BATTLAX HYPERSPORT S20」が入荷しました。
20120203_1
詳しくは→http://www.bridgestone.co.jp/personal/mc/products/battlax/s20.html

| | コメント (0)

2012年2月 2日 (木)

GSX1300R隼マフラー交換

<オキちゃん>大変お待たせ致しました。
やっと本日、念願だった「ハヤブサ」のマフラーが付きました。
20120202_1_2
このマフラー交換は、<オキちゃん>が2007年に新車で「ハヤブサ」を購入頂いた頃からの構想で、3年目の最初の車検も終わり、そろそろ次の車検が来る前にと、去年の暮れくらいから具体的な計画が始まりました。

<オキちゃん>が掲げるマフラーの条件は、純正の2本出しサイレンサーに対して、集合1本出しで、黒い(カーボン)サイレンサーを希望との事でした。
しかもサイレンサーの断面形状は、真円より楕円を希望で三角形は不可でした。

20120202_2早速それに合致して、車検に対応するマフラーを探す事になりました。
一見、簡単にも思えるこの条件も、探し始めると意外と苦戦しました。
まず「ハヤブサ」のマフラーは、2本出しが一般的の様で、そもそもが1本出しの設定が少ない様です。
それに付け加え、既に2007年「ハヤブサ」対応マフラーは、どのメーカーも廃盤になってる事が多く、2008年式以降の「ハヤブサ」対応マフラーばかりで、一次は探すのを断念しそうにもなりましたが、今回も何とか努力した甲斐があり、<オキちゃん>希望のマフラーを探し出す事が出来ました。

20120202_4最終的に決まったマフラーは、「SP忠男」の「SUPER COMBAT」です。
このマフラーの「PURESPORT」と云うモデルをチョイスしましたが、実は当初、このマフラーも既に廃盤となっていて、生産・販売が終了になっていました。

今回も売ってないマフラーを、どうやって入手したかと云えば、たまたま「SP忠男」に、20年くらい前からお世話になってる方が居て、この度も、その方に無理を言って、全国の問屋などに残ってる可能性の有る流通在庫品を、ローラー作戦で探し出して頂きました。

20120202_3_2この業界でも長くやってると、たまには良い事もあるんだなと思いました。
持つべきものは友と云うか、人脈は大切ですネ!

その「SP忠男」の知り合いが、わざわざ昨晩マフラーを届けに来てくれました。
早速<オキちゃん>に連絡して、本日のマフラー交換となりました。

<オキちゃん>が選んだ「Type One Tail FW」は、エキパイの#1~#4、#2~#3を連結し、4-2-1で流れる様に連結した集合管は、まさに芸術品で溶接部も綺麗に処理され、これだけでクオリティーの高さを伺い知る事が出来ました。
カーボン製のサイレンサーに至っては、手に取って重さを感じる事が難しいくらいに軽かったです。

待ち切れずに<オキちゃん>は11時半頃には来店。
ポン付けで、取付けに加工などの特殊作業は伴わなかったものの、交換に約3~4時間ほど掛かりました。

飛び込みのお客様などが有り、途中に何度か作業が中断しましたが、夕方5時頃、やっとマフラー交換は完了致しました。
早速<オキちゃん>エンジン始動!
排気音を聞いて、大変嬉しそうにしていました。
そして、日が沈み掛けた国道1号線を「一発走って来る!」っと言い残し、また旅立って行きました。

いつも<オキちゃん>有難う御座います。
また宜しくお願いします!(^o^)丿

| | コメント (0)

2012年2月 1日 (水)

CRF250L動画!

もう既に、バイク雑誌などでも試乗インプレッションまで出始めました。
オフロードバイク暦の長い、バイクを熟知されてるベテランのお客様方にとっては、実車を見るまでも無く、この「CRF250L」のポテンシャルの高さは容易に判断出来る様で、もう既に沢山の予約を頂いております。

昨日までに注文予約を頂いた皆さん、大変有難う御座いました。

東京モーターショー2011の出展モデル「CRF250L(市販予定車)」の二輪ステージ映像です。 → http://www.honda.co.jp/movie/201202/crf250l/

暫く、こちらでお楽しみください。
20120201_1

| | コメント (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »