« タイヤに異物! | トップページ | おみやげ-39 »

2012年1月22日 (日)

ZZR1100プラグかぶり

ノーマル・キャブレターなら、このバイクでプラグがかぶる事など皆無なんですが、<ウミ坊主様>の「ZZR1100」はキャブレターがレーシングキャブ(FCR)に換装してあります。
20120122_1
しかも<ウミ坊主様>が走り出すのは、何時も決まって早朝(6時~7時)ですので、この真冬は氷点下です。
日頃あまり乗ってないのでバッテリーも上がり気味の中、チュークの無いFCRキャブを、加速ポンプを代用してのエンジン始動は、条件が悪すぎるのでしょう。

一先ずスパーク・プラグを新品に交換して、一旦は問題は解決したようでしたが、直ぐに症状が再発してしまいました。

調べると前回と同様に#3プラグが燃えてないようで、片肺状態に陥ってるようです。
この感じ・・・以前にも似たような・・・・
そう云えば、このバイク去年の真冬にもプラグがかぶってプラグを掃除した記憶が・・
パソコンで過去の整備内容を調べてみると、やはり1年前にも#3プラグがかぶってました。
20120122_2_2
これは単にFCRの特性や始動条件の悪さだけじゃなさそうです。
改めて一から順を追って調べて行くうちに、どうも#3キャブのフロートバルブの閉じが悪いようで、お漏らししてる感じです。
これでオーバーフロー気味で油面が高くてプラグがかぶってるのでしょう。

そこで今回は、久しく行ってないキャブレターのOH(分解・清掃)を兼ねて、フロートバルブ&バルブシートにOリングを一式交換と、念のためキャブレターマニホールド&そこのOリングも一式交換する事にしました。

結果的に症状は回復いたしましたが、FCRの特性や、弱いバッテリーでの氷点下のエンジン始動は、何れにしろエンジンを掛ける条件としては良くないので、<ウミ坊主様>も、今後の課題として頂き、考慮して頂ければと思います。

|

« タイヤに異物! | トップページ | おみやげ-39 »

修理(電装系)」カテゴリの記事

修理(燃料系)」カテゴリの記事

修理(外車・逆輸入車)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« タイヤに異物! | トップページ | おみやげ-39 »