« GSX-R1000チェーン&スプロケ交換 | トップページ | VINOリコール関連3回目 »

2011年12月27日 (火)

MAJESTYドライブベルト切れ

2004年式の「マジェスティ」ですが、ベルト切れと云うより、メチャクチャに粉砕してました。
20111227_1
やはり走行中に駆動不能となり、お客様自身がトラックで車両を引上げ、当店に持ち込まれました。

走行距離は3万キロを越してますが、エンジンオイルの交換以外は、今まで何もメンテナンスしてなかったそうです。

20111227_2破断したベルトが駆動系周辺パーツに絡み付き、ドライブフェイスのフィンを破損していました。

プーリーに噛み込んだベルトの繊維や、粉々になったベルトのカスを取り除き、新品のドライブベルトと同時に磨耗し20111227_3てたウエイトローラーやスライドピースも交換しました。
破損ドライブフェイスも交換して、一先ず駆動系は完了しました。

この辺を開けた序にエアフィルター関係を診たら、やはり診るまでも無く真っ黒に汚れてたので、これらフィルター関係も新品に交換しました。

20111227_4何気にリヤブレーキを診たら、パッドの摩擦材が全く無くなってたので、急遽ブレーキパッドも交換する事になりました。
パッドは交換時期を通り越し完全に使い切って、摩擦材の乗ってる台座の地金でブレーキを掛けてた状態でした。

最後にエンジンオイルを交換しようとするとオイルが全然入ってませんでした。
ベルト切れで当店に来なかったら、エンジン焼付寸前だった感じでした。

ドライブ・ベルト切れが多発してます。
ベルトは材質であるゴム部品の性質上、空気中のオゾンや紫外線の影響を受けて、距離だけでなく時間の経過でも劣化が進んで行き、徐々に固く硬化して行きますが、低温になると更に硬化し弾性がなくなって行きますので、冬場はベルト切れが多発します。

本格的な寒波の到来前に、危険ですので長くドライブベルトを交換してない方は、早めの交換をお勧めいたします。(ベルトは2万キロもしくは4年毎で交換です。)

|

« GSX-R1000チェーン&スプロケ交換 | トップページ | VINOリコール関連3回目 »

修理(駆動系/タイヤ・チェーン)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« GSX-R1000チェーン&スプロケ交換 | トップページ | VINOリコール関連3回目 »