« レース前整備② | トップページ | GSX-R1000チェーン&スプロケ交換 »

2011年12月24日 (土)

CHOINORIチェーン&スプロケ交換

20111224_1_3数日前に「チョイノリ」のお客様が、チェーン調整で来店しました。

早速バイクをお預りして、チェーンを診たところ、チェーンの引き代はまだ幾分残ってる様ですが、チェーンがタルンタルンに垂れ下がってる状態でした。

20111224_2一先ずチェーンに給油し調整を試みましたが、弛み最小位置からの振れ幅(遊び量)が、
やはり使用範囲を大幅に越えてるのと、スプロケットの磨耗も著しい事から、改めて本日再来店いただき、チェーンとスプロケットを対で交換する事になりました。

スプロケットは、こうやって新旧重ね合わせてみると結構減ってる事が良く判りますネ。
20111224_3
チェーンが伸びていても、スプロケットは一見あまり減っているように見えません。
ところがスプロケットは、磨耗を抑える歯底の表面硬化層が0.5~0.9mm程度と薄い為、ぱっと見た目には減っているように見えませんが、既に寿命が来てるんですネ!
このままチェーンだけを新品に交換しても、スプロケットの歯底は加速度的に磨耗が進行していき、チェーンとスプロケットの噛み合わせが悪くなります。

その結果、せっかくの新品チェーンの寿命を短くするだけでなく、緩んだり、外れたり、切れたりする事があり大変危険な状態になりますので、当店では基本的にチェーンの交換時は必ずスプロケットも同時交換をお勧めしてます。

割と見逃しがちなチェーン&スプロケですが、メンテもお忘れなく!

|

« レース前整備② | トップページ | GSX-R1000チェーン&スプロケ交換 »

修理(駆動系/タイヤ・チェーン)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« レース前整備② | トップページ | GSX-R1000チェーン&スプロケ交換 »