« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月

2011年12月31日 (土)

2011年忘れエンデューロ

1年を締め括る恒例の大イベント「年忘れエンデューロ・レース」へ今年も参加して来ました。

このイベントも今年で19回目になるそうですが、他のバイク・イベント同様に年々参加数が少なくなってるような気がしました。

20111231_1昔から乗ってるライダーの高齢化に伴い、若者がバイクに乗らなくなってきた現状が、ここにも現れてる気がしました。

当店での参加数は、オープンした年(2004年)の3チーム11名が最高で、翌年の2005年には2チーム7名まで減少しましたが、それ以降は皆様方ご協力の元、なんとか平均3チーム9名の参加人数を維持してまいりました。

一進一退の横這傾向で、今年は3年振りに3チーム体制は崩れましたが、今年も20代の若手1名が新メンバーに加わったり、また去年に引き続き古参メンバーを遠く福島より呼び寄せたりして、なんとか去年より1名減の8名2チーム体制を維持する事ができました。

ずっと長く参加し続けて頂いてる、根幹をなすメンバーに変わりは無いものの、新旧世代交代が進み、少しずつではありますが、若手が育ち、新メンバーが増えつつあるようなので、もっと多くの皆様にバイクの原点であり、基本でもあるオフロードの楽しさと深さを知って頂くためにも、来年はクローズドコース(モトクロッサー)に拘らず、デュアルパーパスでの林道ツーリングなども積極的に企画して行きたいと思いますので、ぜひ皆様も、これを切欠にオフロードを始めていただければと願っております。

参加者8名、サポーター3名の合計11名は、今年も無事に怪我、トラブル無く、一日(4時間耐久)レースを楽しんできました。
大変お疲れ様でした、来年もヨロシク!

詳しいレポートはこちら→ 「EVENT INFORMATION

| | コメント (0)

2011年12月29日 (木)

2011忘年会

ファンホイールズ最終戦は、今年も「お好み焼《きろん八》」を会場に行われました。
20111229_1フルグリッド28に対して、2011年シリーズを勝ち抜いた27名が決勝へ進出しましたが、残念な事に、仕事絡みのトラブルで2名(監督&マルJr)の棄権があり、1名(マル2号)が、同じく仕事絡みのトラブルで1時間遅れのピットスタートを余儀無くされ、最終的には24名でスターティンスタートが切られました。

20111229_2今年は結果的に何時もより数名少ないエントリーになりましたが、一挙に新旧世代交代が進み、若手選手が新しく4名も加わりました。
またベテラン組みも健在で、遠く葛飾からは数年振りにエントリーの<TKMさん>や、一番遠くは宇都宮から今年も<マコちゃん>がエントリーしてくれました。
ヒート1(一次会)は、参加者25名全員が無事に完走する事が出来ました。
楽しんで頂けましたでしょうか?

20111229_3こうして毎年(長い方で20年以上)バイク屋さんの忘年会に参加して頂いてる皆様ですから、ここに集まった皆様は、無類のバイク好きに違い有りません。
そんなバイクの大好きな皆様に支えられ、お陰を持ちまして、なんとか当店も今年で8年目を迎える事が出来ました。

来年は本年以上に皆様にはご愛顧頂けます様努力して参りますので、これからも、より一層のご贔屓を賜りますよう、心よりお願い申し上げます。

ありがとうございました。

詳しいレポートはこちら→ 「EVENT INFORMATION

年末年始の営業案内
12月30日  休業
12月31日 レースの為休業
  1月 1日 休業
  1月 2日 休業
  1月 3日 休業
  1月 4日 通常通り営業

| | コメント (0)

2011年12月28日 (水)

VINOリコール関連3回目

新車から3年と半年ほど経つビーノですが、過去に燃料ポンプの不具合で、2回<サービ20111228_1 スキャンペーン>に該当していて部品交換をしましたが、今回も<改善対策>と<リコール>が2件該当していて、お客様には三度ご足労頂く事になりました。

今回リコール関連の対象となった「VINO DX」の不具合は、<改善20111228_2 対策>では「スロットルケーブル周りの防水構造が不適切な為、雨天時の走行等によりケーブル内部に水が浸入することがあるらしく、その為、外気温が氷点下の環境ではケーブル内部に滞留した水が凍結し、最悪の場合は走行中にアクセルグリップが戻らなくなり、エンジンの回転が下がらなくなる恐れがある。」と云うもので、<リコール>でも同様に「前ブレーキケーブル周りの防水構造が不適切な為、雨天時の走20111228_3 行等によりケーブル内部に水が浸入することがあらしく、その為、外気温が氷点下の環境ではケーブル下部のダストブーツ内に滞留した水が凍結し、最悪の場合はブレーキ操作ができなくなる恐れがある。」と云うものです。

改善内容は、スロットルケーブルの方が「スイッチケース下部のケーブルを固定するステイに補強板を追加する共に、20111228_4ケーブルの防水ブーツの両端にクリップを追加し、更にケースの締付けボルトを車両前方側に隙間を生じない締付け順に変更して、最後にスロットルケーブル内の水分を除去するため、ケーブル内のエアブローを行う」と云うものです。
ブレーキケーブルの方は「前ブレーキケーブル下部のダストブーツを対策品に交換する共に、カバーレバーの取付け状況を点検して外れているものは修正する」と云うものでした。

詳しくはヤマハ発動機リコール関連情報→http://www.yamaha-motor.co.jp/recall/

| | コメント (0)

2011年12月27日 (火)

MAJESTYドライブベルト切れ

2004年式の「マジェスティ」ですが、ベルト切れと云うより、メチャクチャに粉砕してました。
20111227_1
やはり走行中に駆動不能となり、お客様自身がトラックで車両を引上げ、当店に持ち込まれました。

走行距離は3万キロを越してますが、エンジンオイルの交換以外は、今まで何もメンテナンスしてなかったそうです。

20111227_2破断したベルトが駆動系周辺パーツに絡み付き、ドライブフェイスのフィンを破損していました。

プーリーに噛み込んだベルトの繊維や、粉々になったベルトのカスを取り除き、新品のドライブベルトと同時に磨耗し20111227_3てたウエイトローラーやスライドピースも交換しました。
破損ドライブフェイスも交換して、一先ず駆動系は完了しました。

この辺を開けた序にエアフィルター関係を診たら、やはり診るまでも無く真っ黒に汚れてたので、これらフィルター関係も新品に交換しました。

20111227_4何気にリヤブレーキを診たら、パッドの摩擦材が全く無くなってたので、急遽ブレーキパッドも交換する事になりました。
パッドは交換時期を通り越し完全に使い切って、摩擦材の乗ってる台座の地金でブレーキを掛けてた状態でした。

最後にエンジンオイルを交換しようとするとオイルが全然入ってませんでした。
ベルト切れで当店に来なかったら、エンジン焼付寸前だった感じでした。

ドライブ・ベルト切れが多発してます。
ベルトは材質であるゴム部品の性質上、空気中のオゾンや紫外線の影響を受けて、距離だけでなく時間の経過でも劣化が進んで行き、徐々に固く硬化して行きますが、低温になると更に硬化し弾性がなくなって行きますので、冬場はベルト切れが多発します。

本格的な寒波の到来前に、危険ですので長くドライブベルトを交換してない方は、早めの交換をお勧めいたします。(ベルトは2万キロもしくは4年毎で交換です。)

| | コメント (0)

2011年12月25日 (日)

GSX-R1000チェーン&スプロケ交換

24日~25日とクリスマス期間は、チェーン交換が続きました。
20111225_3昨日の「チョイノリ」に続いて、今日は<マルちゃん2号>の「GSX-R1000」のチェーンを交換しました。

毎年1万キロペースで走ってる<マルちゃん2号>も、今年は少し走りのペースが落ちましたが、それでも新車から4年5ヶ月で4万2千キロを走破しました。

これまでも点検・整備に余念がない<マルちゃん2号>ですが、4万キロを越え一度もチェーンを交換してない事から、チェーン&スプロケット交換の相談がありました。

そんな訳で、改めてチェーンの状態を点検してみると、さすがマメに調整・給油を行って来ただけあり、チェーンは引き代も残ってますし、遊び量もまだ使用範囲内に納まってます。

あと1万キロもしくは来年の車検の時くらい迄は騙せそうな感じもありましたが、高速走行を主体に使用する大排気量バイクですので、今回は、何かあっては怖いですから安全マージンをとって、思い切ってドライブ・チェーンと前後のスプロケットも交換する事になりました。

20111225_1選んだチェーンは何時もの「RK EXCEL」から選び、「GV SERIES」のゴールドメッキ・フルコートフィニッシュをチョイスいたしました。
この製品は、スーパースポーツマシンを完全ロックオンして開発されたチェーンで、新型Oリング採用で耐久性を落とさず軽量化とスリム化を実現したチェーンです。
軽量で低フリクションなチェーンなので、馬力ロスを低減し俊敏で極めてスムーズな駆動感、加速力アップを実現しています。
この為、車両のポテンシャルをフルに生かし、エンジンパワーをロス無く後輪に伝えます。
外観も美しく、丁寧に表面研磨したプレートは、ニッケルメッキ後、更に電着ゴールドコートしています。
ローラー、ピンにもプラスメッキを施し、錆びや腐食に非常に強く綺麗なゴールドカスタムアイテムです。

チェーンのゴールドに合わせ、スプロケも「X.A.M」のジュラルミン製ゴールド・ハードアルマイトを選びました。
20111225_2_3この製品は、従来の硬質アルマイトに加え、電解析出によりアルマイトの微細孔全体に二酸化モリブデンを浸透処理し、浸み渡ったモリブデンが自主潤滑機能をもつ事で、摩擦抵抗を大幅に軽減し耐磨耗性能を向上しています。
硬度は標準アルマイトと比較して、なんと!130~150%UP!です。

今回も全て最上級のパーツで組上げましたが、性能も然る事ながら見た目も非常にカッコよくなりました。
本当は今回のチェーン&スプロケット交換も<マルちゃん2号>のカッコよくしたい!がメインだった気もしますが・・・(^o^)丿
1年間がんばった自分自身への良いクリスマスプレゼントになったのではないでしょうか・・・

ありがとうございました。

| | コメント (0)

2011年12月24日 (土)

CHOINORIチェーン&スプロケ交換

20111224_1_3数日前に「チョイノリ」のお客様が、チェーン調整で来店しました。

早速バイクをお預りして、チェーンを診たところ、チェーンの引き代はまだ幾分残ってる様ですが、チェーンがタルンタルンに垂れ下がってる状態でした。

20111224_2一先ずチェーンに給油し調整を試みましたが、弛み最小位置からの振れ幅(遊び量)が、
やはり使用範囲を大幅に越えてるのと、スプロケットの磨耗も著しい事から、改めて本日再来店いただき、チェーンとスプロケットを対で交換する事になりました。

スプロケットは、こうやって新旧重ね合わせてみると結構減ってる事が良く判りますネ。
20111224_3
チェーンが伸びていても、スプロケットは一見あまり減っているように見えません。
ところがスプロケットは、磨耗を抑える歯底の表面硬化層が0.5~0.9mm程度と薄い為、ぱっと見た目には減っているように見えませんが、既に寿命が来てるんですネ!
このままチェーンだけを新品に交換しても、スプロケットの歯底は加速度的に磨耗が進行していき、チェーンとスプロケットの噛み合わせが悪くなります。

その結果、せっかくの新品チェーンの寿命を短くするだけでなく、緩んだり、外れたり、切れたりする事があり大変危険な状態になりますので、当店では基本的にチェーンの交換時は必ずスプロケットも同時交換をお勧めしてます。

割と見逃しがちなチェーン&スプロケですが、メンテもお忘れなく!

| | コメント (0)

2011年12月23日 (金)

レース前整備②

今年は2月に「ウエストポイントカップ」の第1戦に参加しただけで、実質FRC(ファンホイールスレーシング)の活動はお休みでした。
20111223_1
練習走行にも殆ど行かない有様でしたが、終わり良ければ全て良しと云う事で、今年最後の大晦日に行われる「年忘れED」には、なんとかレギュラーメンバーは全員揃いそうです。

練習不足で怪我などしないように、皆さん楽しんで走って頂けたらと思います。

20111223_2そんな訳で、うちのワークスマシン2台の整備を行いました。
何時ものお決まり整備をしながら、各部を点検しましたが、さすがに今年は乗ってないので、特に大きな不具合部分は有りませんでした。

20111223_3ブレーキ・キャリパーを分解して清掃&給油してる時に、スライド・ピンを覆うブーツが劣化して切れてましたので、この辺のゴム・パーツを一式交換したくらいで、その他は通常整備で完了しました。

それでは31日は、宜しくお願いいたします。

| | コメント (0)

2011年12月22日 (木)

TODAYドライブベルト切れ

ドライブ・ベルト切れが多発してます。

20111222_1今日は、走行中に駆動不能に陥り不動となった、「トゥディ」でした。
昨晩お客様自身がトラックで車両を引上げ、当店に持ち込まれました。

早速エンジンカバーを取外し駆動系内部を診てみると、やはりベルト切れでした。
2008年式の「TODAY」で、メーター読みの走行距離は千キロくらですが、千キロくらいでベルトが切れる筈も無いし、積算計が4桁(千の位)までしか表示しなかった頃の「トゥディ」なので、恐らく実走行は3万キロは突破してるのでしょう。

20111222_2聞くと、今までオイル交換以外は、全くノーメンテだそうですので、序に一通り点検させて貰いました。

駆動系は、切れたベルト以外にクラッチ・シューも減ってました。
リヤ・タイヤもツルツルでしたので、これらも一緒に交換しました。

点火プラグの減りも酷く、エアークリーナーも真っ黒でした。
これまでの状態から考えると、間違いなく2万キロ以上は走ってる車両のようです。
それにしても3万キロノーメンテで走れちゃう「トゥディ」も凄いです・・が?

20111222_3最後にエンジンオイルを交換しようとするとオイルが全然入ってませんでした(~_~;)
どうりでエンジン音が煩い気がしました。(エンジン焼付寸全でした・・・)
新しいオイルを入れるとエンジン音も静かになり、プラグやエアフィルターも交換してるんで、エンジンもスムーズに吹き上がるようになりました。

ベルトは材質であるゴム部品の性質上、空気中のオゾンや紫外線の影響を受けて、距離だけでなく時間の経過でも劣化が進んで行き、徐々に固く硬化して行きますが、低温になると更に硬化し弾性がなくなって行きますので、冬場はベルト切れが多発します。

本格的な寒波の到来前に、危険ですので長くドライブベルトを交換してない方は、早めの交換をお勧めいたします。(ベルトは2万キロもしくは4年毎で交換です。)

| | コメント (0)

2011年12月21日 (水)

コンサートみやげ!

<キタさん>から<永ちゃん>コンサートのお土産が届きました。

今年の「EIKICHI YAZAWA CONCERT TOUR 2011」は、タイトルが《STILL ROCKIN'》(~走り抜けて・・・~)だったそうで・・・

その開催地である「日本武道館」を、<キタさん>率いる中間達で走り抜けて来たようです。
20111221_1 










来年も全開バリバリ!ヨロシク!

| | コメント (0)

2011年12月20日 (火)

ESTRELLAフロントフォークOH

「ESTRELLA-RS」のフロントフォークをオーバーホール致しました。

20111220_1このお客様は、最近他県から引越しされて来た方で、当店には先月の初め頃、エンジンオイルの交換で初めて来店いただきました。

当店では仮にエンジンオイルの交換程度のご依頼でも、普段から時間の許す限りは、各部をサービスで点検して差し上げてます。
その時に判ったのですが、何時もの様に足回りを中心に点検してたところ、フロントフォークからオイル漏れしている事が判りました。

メーター読みでは走行距離は6千キロほどですが、年式が2002年式で、少なくとも新車から9年は経ってる車両ですので、オイルシールなどのゴム製部品が劣化してても可笑しくない時間は経っております。
オイル漏れの量も多く、このままオイルがブレーキやタイヤに付着した場合、当然滑りますので大変危険な状態です。

20111220_2そんな訳でお客様も心配され、この度再来店いただき修理する事になりました。
インナーチューブにも小石跳ねなのか?錆なのか?キズが点在しておりました。
これもオイル漏れの原因の一つですが、インナーチューブまで交換となると、修理代はかなり高額となる為、今回はオイルシールと付随する消耗パーツの交換に留め、インナーチューブは磨いて、キズを極力落として組上げる事といたしました。

やはり抜いたオイルも相当古い感じで、恐らくこの9年間は一度も交換してない感じで、かなりの量の水も混入していました。

オイルシールやスライドメタルも新品に打ち換えて、新品のオイルを注入して作業は終わりました。

| | コメント (0)

2011年12月18日 (日)

スペイシー100タイヤ交換

今日は<シゲちゃん>からのご依頼で、「SPACY100」の前後タイヤを交換しました。
20111218_1
この車両は当店で2008年に新車で販売したものですが、走行距離は3千キロを越したくらいで、ほとんど乗ってません。

なのでタイヤの減りも少なく、まだまだ溝も残っていましたが、新車から3年以上が経過して、最近タイヤが滑り易くなってきた事から、今回はタイヤの経年劣化を心配しての交換となりました。

20111218_2それと新車時から純正装着されてた中国製タイヤ(CHENG-SHIN)にも不安を感じてたようですが、タイヤは材質であるゴム部品の性質上、空気中のオゾンや紫外線の影響を受けて、距離だけでなく時間の経過でも劣化が進んで行き、徐々に固く硬化して行きます。
そして柔軟性が無くなり、亀裂が発生したり、内部からも劣化が進みますので、タイヤの基本性能以上に、今回の場合も3年を経たタイヤの劣化(硬化)により、路面のグリップ性能が低下したのだと思われます。

20111218_3また、ゴムは低温になると更に硬化し弾性がなくなって行き、特に路面温度の低くなるこれからの時期は、タイヤは路面をグリップせずに滑るようになります。
本格的な寒波の到来前に、危険ですので古いタイヤは早めの交換をお願いします。
(タイヤ溝が残っていても通常は3年毎の交換をお願いしています。)

只今!タイヤ交換特価セール中です。(足回りの総合点検サービス付きです。)
スクーター用タイヤの殆どのサイズ在庫あります。
在庫の無いタイヤでも、注文翌日には入荷しますので、宜しくお願いいたします。

| | コメント (0)

2011年12月17日 (土)

SPACY125タイヤ交換

スペイシー125のフロント・タイヤを交換しました。
20111217_2最初にお客様からタイヤ銘柄を「BRIDGESTONE」?で指定されましたが・・・
無いんですね!このタイヤ・サイズ(90/100-10)はちょっと特殊で、「IRC」か「DUNLOP」しか設定がありません。
なもんで当店では通常在庫してませんので、今回はお客様了解の元「DUNLOP」で取寄せになりました。

そして交換ですが、外した古いタイヤは「スリップ・サイン」(磨耗限度表示)もとっくに無くなりツルツル!でした。
20111217_1しかもゴムの柔軟性は全く無くなり、硬化してプラスチックの様に固くなってました。
製造年月日を見ると、2007年の4月くらいですか?4年と8ヶ月ほど経ってるタイヤです。
これじゃあタイヤもカチカチになる訳で、特に冬の路面温度が低くなるこれからの時期は、タイヤはもっと固くなりますので、路面をグリップせずに滑るようになり、大変危険な状態でした! (タイヤは基本3年毎の交換をお願いします)

■交通事故総合分析センターはこのほど、「交通事故データからみた自動車の点検整備に関する調査分析報告書」をまとめました。
2009年の二輪車による事故の整備不良要因別でみた場合、タイヤ不良が60.9%と断トツに多かったそうです。


整備不良による交通事故も怖いですが、年末年始は交通量の増加等にともなって、交通事故の多発が予想されます。
①《ヘルメットを正しく着用する》②《無理なすり抜けはしない》③《カーブではスピードを落とす》など、ライダー自身の安全運転が基本です。
また四輪車の死角に入りやすい二輪車は、四輪ドライバーの目には二輪車がどのように映っているのかを意識して運転することも大事です。
①《自転車と同じように簡単に停止できるものと思われがち》②《実際よりも遠くに見えたり走行速度を遅く感じられたりする》③《車体が小さいため特に夜間は四輪車から見落とされやすい》

年末年始は忘年会や新年会等でお酒を飲む機会が増えることから、「ちょっと、そこまで」の飲酒運転は絶対ないようにしましょう。
二輪車の飲酒運転事故の場合、スクータータイプによる事故が多いようです。
飲酒運転は犯罪行為です。たとえ短い距離でも「絶対にするな、させるな、飲酒運転!」
通勤、通学(最寄り駅までも含む)で二輪車を利用している方は特に注意してください。

安全運転の意識を高め、みんなで「交通事故のない年末年始」を迎えるように取組みましょう

| | コメント (0)

2011年12月16日 (金)

シグナスX消耗部品交換

この2007年式「CYGNUS-X」のお客様は、近所にお住まいの方で、今回で2回目の来店になります。

今まで定期交換を必要とする部品を一度も交換してないと云う事で、走行距離も1万3千キロを超して、そろそろ心配になり来店いただきました。

20111216_1今回は、油脂類含む消耗部品などを中心に一通り交換する事になりました。
先ずは油脂類として、エンジン・オイルにミッション・オイルも交換しました。
次にスパーク・プラグとエアー・クリーナーのエレメントを交換しました。エレメントは、もう少し早めの交換が良かった感じで、かなり真っ黒で、埃が隙間にギッシリ堆積してました。

20111216_2最後にフロント・タイヤを交換しました。
リヤ・タイヤは、このお客様が当店に始めて来店した2月に交換済みです。
駆動輪のリヤに対して、なかなか減り難い前側のタイヤは、磨耗よりも経年劣化が怖いですネ!
今回交換したフロント・タイヤもスリップ・サイン(磨耗限度表示)も出始めてましたが、どちらかと云うと経年劣化を心配して交換する事になりました。

古くなり固くなったタイヤは、特に路面温度の低くい冬場は滑り易いですからね!
特にフロントが滑ると立て直しが難しく、即転倒に繋がりますので、皆様もご注意して下さい。

| | コメント (0)

2011年12月15日 (木)

MAJESTY125ベルト交換

当店で2006年に新車で販売した「マジェスティ125」の整備をしました。

20111215_1今回も過去の整備暦と走行距離から計算して、必要とする定期交換部品を交換しました。

先ずは、毎回千5百キロ前後で交換してるエンジン・オイルと、今回で2回目になるミッション・オイルを交換しました。
次に、2年前に交換してから、これも今回で2回目になるブレーキ・フルードとスパーク・プラグも交換しました。

20111215_2そして最後にドライブ・ベルトを交換しました。
これは今回始めての交換になりますが、新車から5年が経過し、距離も2万3千キロを突破して切れてからでは遅いので、切れる前の予防整備として交換しました。

ゴムで出来ているベルトは、オゾンや紫外線の影響を受けて固く硬化して行き、そして柔軟性が無くなり亀裂が発生したりして、最後には必ず切れてしまいますので、当店のお客様方は、皆さん4年毎もしくは2万キロでの定期交換をしています。

こんな感じで当店では常にお客様のバイクの保守に努めてますので、当店でバイクを購入されたお客様でベルト切れする方は滅多にいませんが、気温が下がるこれからの時期は、古いベルトは更に硬化し弾性がなくなって行き、ベルト切れの多発する時期になります。心当たりの方は、早めの交換をお願いします。

| | コメント (1)

2011年12月14日 (水)

XJR400ブレーキパッド交換

20111214_1もう3年越しでお付き合い頂いてる「XJR400」にお乗りのお客様です。

1993年式のバイクですが、クラッチ・ケーブルが重いっ!
と云う事で、ケーブル交換をしましたが・・・

リヤのブレーキパッドの残量が・・・!
20111214_2久し振りに見る、摩擦材が全く無くなり台座の地金まで削れた状態になっちゃってました!

暫くの間、この鉄板でブレーキ掛けてた様で、残念な事に、ディスクローター(板)も痛んじゃってました

次回からは、もう少し早めの交換をお願いします。
皆も気お付けてネ!

| | コメント (0)

2011年12月13日 (火)

車検納め?

今日は<ナベちゃん>の「ZZR1100」の車検でした。
これで先月から続いてた車検予約分も終わり、一先ず今年も車検納めのようです。
今回も入出庫調整のご協力を頂き、皆さん有難う御座いました。

20111213_1今年7回目の車検だった<ナベちゃん>の1997年式ZZRも、他の常連様と同様に、普段からマメに整備されてますので、新車から14年が経って距離も5万キロを突破しておりますが、未だグッドコンデションを保ってます。

今回の車検でも特に不具合はなく、何時もの油脂類(エンジンオイル&ブレーキフルード)の交換程度で、整備も終わり、無事に車検も完了いたしました。

今年も残り半月ほどですが、車検の切れる方は、まだ間に合います。
年内可能な限り対応致しますので、ご相談ください。

| | コメント (0)

2011年12月11日 (日)

イナズマ400足回り全面改修

最近ツーリングにも何度か参加いただく様になった「INAZUMA400」です。

20111211_2_4このバイクは、お客様が半年ほど前に他店で中古車で購入してきた車両で、その時点で既に足回りの殆どの部位が酷く劣化・損耗していました。

一先ず購入直後に当店で診させて頂いた時には、ヒビ割れの酷かった前後のタイヤだけは交換しましたが、リヤ・サスからはオイルがジャジャ漏れ状態で、ステムは完全にベアリングが逝っちゃってる状態でした。

20111211_1_2本来ならば、この状態でツーリングに誘うのも何だったのですが、この客様は初心者の方で、ツーリングも後方をゆっくり追いてくる感じでしたので、あえてツーリングで走ってもらい、この状態でバイクが振ら付いたり、曲がり難かったりするのを体感する事で、啓発して頂ければ良いかなと思ってました。

20111211_3あれから3~4ヶ月が経ち、ご本人様もやっと決心したらしく、残りの不具合個所全てを整備する事になりました。

先ずはオイル漏れしてたリヤ・サスからです。
リヤ・サスは既に抜け切ってオイルも出なくなり、ヘタって尻下がりになってました。
20111211_4これは純正ノーマル・サスに交換するのと然程変わらない金額で、リプレイスの「OHLINS」が入れられるので、こちらの「SHOCK ABSORBER」に交換する事と致しました。
いきなりのバージョンアップですが、この方が将来的にリペアも出来て、性能も段違いに上ですしネ!
「OHLINS」に交換してビックリ!どんだけヘタってたんでしょう?一気に車高が上がりました!

次にステム・ベアリングの打ち換えです。
20111211_5作業前に改めて確認したところ以前より更に酷い状態で、ステムがスムーズに動かず、数ヶ所でハマり込んだ様に引っかかり、止まってしまいます。
ハンドルと連動して動くステム・シャフト(回転軸)は、メイン・フレームのヘッド・パイプ内に挿通され、ヘッド・パイプ上下2箇所に圧入されたベアリングで支持されてますが、このベアリングは一定の期間を経過すると、グリス切れ(潤滑不良)などにより磨耗や腐食を起こし、今回の様な不具合として現れます。

20111211_8ステムを外してビックリ!ベアリングは全く油っ気が無くなり、真っ赤々に腐食してました。
これなら納得!久し振りに見る酷い状態です。

この後、ステムとフレームに圧入された古いベアリングを抜き取り、古いベアリングが抜けたところで、新しいベアリングにグリスを念入りに封入後、フレームとステムに圧入し直しステムを組上げました。

次にフロント・フォークに着手しました。
20111211_6_2フォークに関しては辛うじてオイル漏れは出てませんでしたが、今回はリヤ・サスも新しくなり、ステムを外す序でも有りますので、オイルだけは交換しておく事に致しました。
早速フォーク・オイルを抜いてみると・・・・臭っ!(>_<)
臭いもキツいですが、所々乳化して濁ったオイルがドロリと出て来ました。
やっぱしやっといて良かったようです。
新しいオイルを注入後、エア抜きをしてオイル・レベルを調整して終わりです。
組み付けの際に、心配だったインナーチューブの腐食を磨いて組上げました。
せっかくオイル交換したのに、この錆でオイルシールを痛めてオイル漏れは悲しいですからネ!

20111211_7今回のお客様は初心者さんと云う事もあり、当店に指摘されるまで、不具合に対しての自覚症状は有りませんでしたが、永く同じバイクに乗っている方などは、徐々に蝕まれていった症状に、なかなか気が付かなかったり、中古車でバイクをお乗りの方などは、「これが正常」と思い込んで乗っている方も多く、今回の様に当店で点検を行った際に発見されるお客様も多く見受けられます。

何れにしろ、中古車でバイクを購入した場合、特に現状車での購入の場合は、一度はバイク屋さんで、ちゃんと一通り点検して貰った方が良いですネ!

今回のような他店購入のバイクや個人売買、ネットオークションなどで購入したバイクでも当店は大歓迎ですので、心配な方は一度ご相談ください。

| | コメント (0)

2011年12月10日 (土)

《ZX-12R》カスタム!その15

20111210_1_2 <キタさん>「ZX-12R」のリヤ・サスを交換しました。

フロント・スプリングについては、9月に行ったフォークのフルOHの時に、既に「OHLINS」の「FRONT FORK SPRING」に換装されてます。

20111210_2今回は、リヤ・サスについても、<キタさん>の今まで乗ってきた全てのバイクと同様、走行距離も1万キロを突破したので、恒例行事的メンテナンス&モデファイを施す事になりました。

メンテナンスは、ノーマル・サスのOHも出来ましたが、今回この「ZX-12R」は、もちろんフロント同様に「OHLINS」の「SHOCK ABSORBER」に換装しました。
ついでにリンク周りも分解してベアリングにグリスを封入して組上げました。
これで足回りは完璧ですネ!

20111210_3「OHLINS」は、伸び縮みの両側減衰力調整はもちろん、外部アジャスターでプリロード調整できたり、車高調整機能も付いてるフルアジャスタブルなので、ノーマルと比べセッティングの自由度も上がります。
また低フリクションな「OHLINS」は、ストロークをフルに使いノーマルとは比べようのない仕事量をこなします。
不安を感じさせる挙動を押さえ込む反面、路面状況も手に取るように判るようになります。

当店のお客様からは最も多くオーダー頂いてるリプレイス・サスペンションです。
他にもCBR1000RR、YZF-R1、GSX-R1000、ZX-10R用などラインナップも豊富ですので、まだこの良さを知らない方は、是非一度お試しください。
ご注文お待ち申し上げます。

| | コメント (0)

2011年12月 9日 (金)

防寒!グリップヒーター&ハンドルカバーなど大特価!

ここ数日で、めっきり寒くなり、朝晩のバイク通勤が、辛い時期になってきました。

そこで当店では、今年も定番の防寒装備を幾つか特価設定しましたので、ご案内いたします。

20111209_1毎年恒例の防寒ウインターグローブに関しましては、既にご案内の通り「リード工業 hinsulate WINTER GLOVE」を引き続き超特価販売中です。
「薄くて暖かい」「機能的で暖かい」住友SMテクノロジー<シンサレート>高機能中綿素材採用のグローブで、メーカー希望小売価格¥2,100を、なんと4割引の¥1,260の爆安ご奉仕中です!
サイズフリーで色はブラックのみです。残り僅かの早い者勝ちとなりますので、欲しい方はお早めに!

20111209_2そして今年も冬の最強防寒アイテム「グリップ・ヒーター」を生活応援価格にて大放出!
特価は「DAYTONA」製の汎用タイプを各種取り揃えております(在庫限り)
LEAD110、SPACY100、DIO、TODAYなど取付け可!
グリップ・ヒーター+専用接着剤+取付工賃=通常価格:¥14,385(税込)を取付特価プライス:¥11,970(税込)で、ご奉仕!
この製品は、殆どの機種に対応する汎用タイプで、一番ツライ指先の冷たさを、電気的にグリップを暖める事により暖和する定番のポカポカ商品。
他の機種やご希望により、各タイプ取寄せから取り付けまで可能です。
今まで多くのバイクに取付実績あります。ご希望の方は一度ご相談ください。

20111209_3次にご紹介は、これも冬の定番商品「ほかほかハンドル・カバー」のご紹介です。
この商品は、日本の有名メーカーで開発した防寒用ハンドルカバーで、通勤・通学・業務用などバイクに乗る方の必需品!
大きな透明窓とワイドな操作スペースで機能性もバツグンです!
汎用で、原付スクーターから大型スポーツ車まで対応します。
これも生活応援プライスの4割引¥1,890でご奉仕!数量限定!残り僅か!お早めに!

20111209_4最後にご紹介が、「ウインドシールド(風防)」です。
前方からの走行風を避けるウインドシールド(風防)は、防寒は勿論の事、雨の日など通年通して使えるアイテムです。
疲れを和らげ、顔や服が汚れ難くなりますヨ!
写真は「スーパーカブ110」用ですが、これも機種により各タイプ取寄せから取り付けまで出来ますので、ご希望の方は是非一度ご相談ください。バイク生活が変りますよ!
こちらは、在庫品に限り取付費用サービス中です!

| | コメント (0)

2011年12月 8日 (木)

ELIMINATORオイル漏れ!

今年の5月頃から頻繁に修理で来店頂く様になったお客様から、今度はエンジン下からのオイル漏れの訴えがありました。

1994年式の「ELIMINATOR250LX」ですが、6月にもエンジン下からの冷却液漏れで、ウオーターポンプを交換したばかりです。

バイクの下側中央左寄りからのオイルと云う事で、当初は古いバイクでも有りますし、ドライブ・シャフトやチェンジ・シャフトのシールの劣化も疑いましたが、改めて状況を詳しくお聞きして診ると、どうもお客様自身でエンジン・オイルの交換をした直後から、このオイル漏れが発生している様です。

これは若しかしてオイルの入れ過ぎ?
20111208_1お客様は正確に規定量入れてるので、オイルの入れ過ぎは無いとおっしゃいますが・・・・
早速バイクをお預りして診てみると、やはりオイルを入れ過ぎちゃってる様です。
それも通常より1リッター以上も多く入ってる感じです。
これじゃあエンジン内圧が上がった時に行き場を失ったオイルが噴出す訳です。
今回はブローバイ・パイプを伝わって、エアークリーナーボックスに吹き上げてる様で、ボックス内はオイル塗れになって、そこからのベント・チューブから下へオイルが漏れてた様です。

20111208_2これは、お客様ご自身でエンジン・オイルを交換する方の、かなりの確立で陥るケースです。
オイルが噴出す程、ここまでオイル量を間違う方は少ないですが、オイル量が多く入り過ぎてる方は相当多くいます。
オイル量が多いと、今回の様にオイル漏れするだけで無く、エンジン自体を壊してしまう事も有りますので、自身の無い方はバイク屋さんでやって貰いましょう。!

オイル量を正規の量に調整した後、ボックス内を洗浄して、オイルを吸ったエアー・フィルターは、その前に既に劣化してボロボロだったので交換しました。

| | コメント (0)

2011年12月 7日 (水)

SR400車検

今日は「SR400」の車検でした。

20111207_1_2このバイクは2005年に当店で新車で販売した車両で、今回で3回目の車検となりますが、走行距離は7千キロ弱しか走っておりません。

新車から6年経がちますが、学生の時に買ったバイクも社会人になって忙しくなり、徐々にバイクに乗れなくなって、なんと今回は、前回の車検の時からは200キロくらいしか走ってませんでした。

20111207_2従がって、バイク的には今回も特に消耗している部分はありませんでしたが、タイヤに関しては交換する事にいたしました。
当然7千キロくらいじゃタイヤの溝は残ってましたが、最近タイヤが滑り易くなって来た事と、新車から6年以上が経過してるタイヤなので、タイヤの経年劣化を心配して交換する事になりました。

純正装着の「METZELER」は特に持ちが良いのか?殆ど減ってる感じはなく99分山残ってましたが、やはり6年の月日は長かったのか、タイヤ表面を指で押すとカチカチに固まり、プラスチックの様に固く硬化してました。
これじゃ滑る訳ですネ・・・・

20111207_3今回選んだタイヤはIRCの「GS-19」です。
このタイヤはSRの様なクラシカルなバイクにもマッチする、トラデショナルなタイヤデザインが魅力ですが、見た目も然る事ながら、ウエット性やタイヤ剛性も高く、変化に富むツーリングなどでも安定してそうなのと、お値段も手頃だったので、これに決めました。

後は2年間行ってこなかったエンジンオイルとオイルフィルターを交換して、ブレーキ液も交換して、無事に3回目の車検は完了いたしました。

| | コメント (0)

2011年12月 6日 (火)

ZZR1100ホイールベアリング交換

今日は<ウミ坊主様>の車検でした。
20111206_2_2
この「ZZR1100」もトータル4万6千キロほど走っておりますが、今回も2年前の車検から6千キロくらいしか乗ってなかったので、特に大きな消耗個所も無く、順調に作業も進んで行くと思いきや、フロント・ホイールのベアリングが逝っちゃってました。

20111206_4_2同じ仕事は続くもので、先日の「ZRX1200R」に続き、連続してカワサキ車のホイール・ベアリングの交換作業を行う事になりました。
・・・っと云っても<ウミ坊主様>のホイールはカワサキ純正のものではなく、前後共に「DYMAG」のマグホイールが入ってますので、今回は、これに適合するラバーシールタイプのベアリングに打ち換えました。

20111206_5_3それから今回の車検では、エンジン左下にチェンジ・インジケータのラベルを貼り付けました。
これは<ウミ坊主様>のZZRがスプロケット・カバーも社外品のアルミ削り出しパーツへ交換している為で、元々純正のスプロケット・カバーには、チェンジ・インジケータが刻印されていますが、社外品には刻印が無い為、このままでは車検が通らないので、その対策として貼り付けたものです。(このラベルは某H社の純正部品です。)

20111206_3_2それと2年に1回<ウミ坊主様>が車検毎に必ず行ってる、フロント・フォークのオイル交換も同時に行いました。
使用したオイルは何時もの「SPECTRO」です。
このオイルは、スティクションを抑え摩擦抵抗を最小限にする添加剤や、泡立防止剤、減摩剤、電気的に金属表面に保護膜を形成する腐食防止剤等がバランス良く配合された最高級オイルで、シールの膨潤、収縮、硬化も抑え、オイルもれを防ぎ寿命も伸ばしてくれる優れものです。
フォークの作動も滑らかになり、衝撃吸収、路面追従性も大幅に向上するので、当店の常連様方からは、大変評判の良いオイルです。

今回は、このくらいの作業で無事に車検も合格いたしました。
最後にエンジンオイルやブレーキフルードなどの油脂類を交換して、全ての作業は完了しました。

| | コメント (0)

2011年12月 4日 (日)

ZRX1200Rホイールベアリング交換

今日は、2007年式「ZRX1200R」のホイール・ベアリングを交換しました。

20111204_1このお客様とは車検やタイヤ交換などで、ここ2~3年ほどお付き合い頂いておりますが、暫く来店しないなと思ってたら、4ヶ月も海外出張に行ってたらしく、日本に帰ってきたら季節は冬で、バッテリーが上がっちゃって、エンジンが掛からなくなってたそうです。

早速バイクを当店まで引き上げて来て、新品バッテリーに交換して、エンジンは無事に掛かるようになりましたが、少し長めに放置しちゃったので、軽くバイク全体を点検してみたところ、後輪のホイール・ベアリングが逝っちゃってました。

20111204_2スタンドを掛けてリヤを浮かせ、ホイールを前後左右に動かすと、カクカク大きくガタが出ちゃってました。
お客様にもホイールを手で触って確認いただきました。

このままでは大変危険な状態ですので、改めてベアリングなどの部品が入荷した本日、ホイール・ベアリングの打ち換え作業を行いました。

3万2千キロほど走るZRXですが、大事になる前に早期発見されて良かったです。
これでお客様も安心されたようで、大変喜んで帰られました。

| | コメント (0)

2011年12月 3日 (土)

GSV-Rデモ走行

『第42回東京モーターショー2011』も始まりましたが開催地「東京ビッグサイト」の直ぐ横の「MEGA WEB」では、今日から『第3回MEGA WEBフェスタwithココロハコブプロジェクト』が開催されました。

20111203_1そのイベントで、スズキのモトGPマシン「GSV-R」がデモ走行するそうです。
既に皆さんもご存知かと思いますが、スズキは残念ながら来年からのモトGP参戦を一時中止しました。
2年後の2014年には復活するらしいのですが、暫くの間はスズキのモトGPマシンも見れなくなりますので、ぜひ「お台場」まで、モーターショーを見に行く序にでも行ってみてください。

日 時:2011年12月3日(土)・4日(日)
会 場:MEGA WEB(東京都江東区青海1-3-12)
入場料:無料
★スズキモトGPマシン「GSV-R」デモ走行
12月4日(日)11:30~/13:50~の2回を予定 ※雨天中止

| | コメント (0)

2011年12月 2日 (金)

SPACYカスタム

20111202_1もう数年前の事になりますが、2008年までホンダで販売してた「スペイシー100」ですが、当店では、その「スペイシー100」のカスタムコンプリート車(バーハン仕様)を、販売終了の2008年末までに合計20台ほどですが、受注販売してた事がありました。

20111202_2その最後のカスタムコンプリート車を購入頂いたお客様が久し振りに来店したと思ったら、なんと部品(ウインカー)を盗難されたそうで、フロント側ウインカーを左右根刮ぎ持ってかれてました。

同じ部品(ウインカー)を調達して元通りにする事も出来ましたが、また盗まれるのも嫌なのと、もう少し安価でカッコイイ違った方法をご希望だったので、今回は、貼付けタイプのウインカーをフロントカウル側面に取り付ける事にしました。

20111202_3貼付けタイプと云っても、ただ両面テープで貼り付けて終わりじゃなく、カウルの裏側から2箇所でボルト止めしますので、これなら盗まれ辛くカコ良く安上がりです。

ウインカーの取付け位置が決まったら、フロントカウルを外してボルト穴を開けて、ウインカーの位置まで配線を通して作業は完了いたしました。

現行モデルの「リード110」や「ディオ110」、「PCX125」などもカスタム致しますので、ご希望の方は、お気軽にご相談ください。

| | コメント (0)

2011年12月 1日 (木)

ディオ110爆安!大特価!

なんと!原付二種 (50cc超~125cc以下)が原付スクーター並みの価格で買える!?
ホンダ「Dio110」 が!本体3万円引き!
白色1台限りとなりました。急げ!早い者勝ち!!
20111201_1
今年の7月新発売したばかりの、Honda「Dio110」を \160,000(税込本体\168,000)で大ご奉仕! (別途、登録料・整備料・保険料などの諸費用が掛かります。)

1a_2 2a_2 3a
原付原付二種なら、法定速度は60キロになり、二段階右折も不要、二人乗りが出来るなどのメリットが増えます。AT(オートマ)小型限定含む普通二輪免許~大型二免許で乗れます。
4a_2 5a 

AT小型限定普通二輪免許
普通自動車免許を所有してる方は、二輪特有の交通法規や安全運転のマナーについて1時間だけ学科教習を受ければOK!
MT(マニュアル)車と違いクラッチ操作が不要なため、技能教習時間も少なく設定されています。

********************************************************************
ファンホイールズ・ボーナスセール開催中!
セール期間も残り僅か、12月末で終了いたします。
今期第3四半期突入と云う事で、特に「HONDA」の新車(125cc以下までのバイク)は大特価販売中です。
先着25名様に限り、新車(ホンダ以外も可)をご購入頂いたお客様には、「ホンダ二輪カレンダー」プレゼント中!
********************************************************************

| | コメント (0)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »