« BALIUSフォークオイル&ステムベアリング交換 | トップページ | PCX125ドライブベルト交換 »

2011年11月15日 (火)

FUSIONタイヤ交換

フュージョンにお乗りのお客様からエンジン・オイルの交換依頼がありました。

当店で2005年に新車で販売した「FUSION SE」のお客様ですが、このお客様も6ヶ月毎(平均1500キロ毎)には必ず来店頂き、欠かさずエンジン・オイルの交換を実施して頂いております。

20111115_1オイル交換を行いながら、そ~云えば前回5月の来店の時に、リヤ・タイヤがそろそろ交換時期だった気がしたので何気に診てみると、今回は少し長く走り過ぎた様で、タイヤのトレッド面からカーカス(タイヤの骨格となるコードをゴム被覆した部分)が露出してました。

半年前の5月の時点でスリップ・サイン(磨耗限度表示)が出かけていたので、早めのタイヤ交換を促したつもりでしたが、今回の来店で当店に指摘されるまでは、タイヤがここまで磨耗しているとは気が付かなかった様です。

20111115_2特に後輪タイヤが見え難いビックスクーターでは、タイヤの減り具合を見落としがちです。
ただでさえ大きなテールボックスで後輪が覆われたフュージョンは見え難い上、このフュージョンはローダウンしていて、更にタイヤが見難かったんだと思います。

炎天下の夏場なら、カーカスが露出するまで薄く磨耗したタイヤは、裏表が一気に突き抜け破裂(バースト)してしまいます。
バーストするとバイクのコントロールが出来ずに大事故を招いたり、車体の一部が破壊される事も有り、大変危険です。
冬場の路面温度の低くなるこれからの時期は、タイヤは路面をグリップせずに滑るようになり、これも大変危険です。

タイヤの状態は、日常点検や定期点検でチェックできますので、みなさんも、是非実施して頂きたいと思います。

只今!タイヤ交換特価セール中です。(足回りの総合点検サービス付きです。)
スクーター用タイヤの殆どのサイズ在庫あります。
在庫の無いタイヤでも、注文翌日には入荷しますので、宜しくお願いいたします。

|

« BALIUSフォークオイル&ステムベアリング交換 | トップページ | PCX125ドライブベルト交換 »

修理(駆動系/タイヤ・チェーン)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« BALIUSフォークオイル&ステムベアリング交換 | トップページ | PCX125ドライブベルト交換 »