« ELIMINATORブレーキ固着 | トップページ | FORZAタイヤ交換 »

2011年11月 1日 (火)

マジェスティ定期交換部品交換

今日は2003年式「MAJESTY」の整備を行いました。

このお客様とも6年越しのお付き合いで、ずっとバイクのメンテをお任せ頂いておりますが、継続して定期的にメンテを行って頂いてたので、今までバイクの不具合は全く有りませんでした。

20111101_1今回も特に不具合などの修理ではなく、走行距離が2万キロを越して、そろそろドライブベルトの交換時期になった事と、タイヤも特に磨耗していた訳でもなく、まだまだ溝も残っていましたが、前回の交換から3年以上が経過したので、経年劣化を考慮しての交換依頼でした。

駆動系に関しては、クラッチ系の消耗が無かったので、今回はドライブベルトとウエイトローラーにスライドピースの交換に留め、ドライブフェイス部は分解したついでに洗浄して新しいグリスを封入し、Oリング類も新品に交換して組み立てました。
20111101_2ドライブベルトは、やはり劣化してヒビ割れが発生してました。

タイヤに関しては、これも劣化してヒビ割れが発生してました。
ヒビ割れしてると云う事は、タイヤが硬くなってる証拠です。

ゴム製品のタイヤやベルトは、材質であるゴム部品の性質上、空気中のオゾンや紫外線の影響を受けて、距離だけでなく時間の経過でも劣化が進んで行き、徐々に固く硬化して行き、次第に亀裂などが発生して行きます。
20111101_3ベルトは最後には必ず切れるか破損してしまい、走行不能となります。
また、ゴムは低温になると更に硬化し弾性がなくなって行き、特に路面温度の低くなるこれからの時期は、タイヤは路面をグリップせずに滑るようになります。
ベルトは2万キロもしくは4年毎で、タイヤ溝が残っていても一般的に3年毎の交換が推奨されてます。
本格的な寒波の到来前に、危険ですので古いタイヤやベルトは、早めの交換をお勧めいたします。

只今!タイヤ交換特価セール中です。 (足回りの総合点検サービス付きです。)
スクーター用タイヤの殆どのサイズ在庫あります。
在庫の無いタイヤでも、注文翌日には入荷しますので、宜しくお願いいたします。

|

« ELIMINATORブレーキ固着 | トップページ | FORZAタイヤ交換 »

修理(駆動系/タイヤ・チェーン)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ELIMINATORブレーキ固着 | トップページ | FORZAタイヤ交換 »