« 防寒!グローブ&フェイスマスク大特価! | トップページ | アドレスV100カギ穴いたずら! »

2011年10月19日 (水)

ベルト交換

ドライブ・ベルト交換の仕事が続いてます。

1件目の「ADDRESS-V125」は、当店の常連様のご紹介で、今年の2月頃からお付き合い頂いてるお客様ですが、そろそろ走行距離が2万キロに到達することから、切れる前の予防整備として、ドライブ・ベルトの交換依頼がありました。
20111019_1クラッチ等の損耗は無かったので、ドライブ・ベルト以外では、若干磨耗が進行してるウエイトローラーにスライドピースだけ交換して、駆動系はリフレッシュ致しました。

一般的にゴムで出来ているベルトは、オゾンや紫外線の影響を受けて固く硬化して行きます。
そして柔軟性が無くなり亀裂が発生したりて、最後には必ず切れてしまいますので、ベルトは4年毎もしくは2万キロでの交換をお願いしています。

このお客様もそうですが、当店のお客様は皆さん定期的な点検や交換を実施して頂いているので、ベルト切れなどでは皆無で、全く有り得ない事なのですが・・・

2件目は、先日の閉店間近の事で、また!バイクが動かないようで、お客さんがバイクを押して来ました。
20111019_2「CYGNUS125」にお乗りの、当店には始めて来店のお客様でした。
どうも前の晩の事のようで、仕事帰りに当店前の国道1号線を走行中に故障したそうです。
当店は既に閉店後だったらしく、その日は仕方なく、近くにバイクを置いてバスを乗り継ぎ帰宅されたそうです。

エンジンは正常に回ってるようですが、後輪が駆動しなくなったそうです。
2006年式シグナスで、走行距離は4万キロ以上走ってますが、全くのノーメンテだそうです。
20111019_3これは疑いの余地もなく、早速エンジンカバーを外して診たところ、やはり予想通りドライブ・ベルトが切れてました。

ベルトは消耗品で、ゴム部品の性質上、距離だけでなく時間の経過でも劣化が進み、最後には必ず切れるか破損してしまい、走行不能となります。
今回の2件目のお客様の様に、出先でベルトが切れて走行不能の立ち往生は、大変困ると思います。
ロードサービス呼んでも、それなりに高い料金が掛かります。
また、切れたベルトがプーリーに巻き付きロックして、
急ブレーキが掛かり転倒などの事故に繋がる事もあり大変危険です。

スクーターにお乗りの方は、切れる前の予防整備として、必ず定期的(2万キロ前後又は4年毎)なベルトの交換をお勧めいたします。
心当たりの方!早めに交換してください。!

|

« 防寒!グローブ&フェイスマスク大特価! | トップページ | アドレスV100カギ穴いたずら! »

修理(駆動系/タイヤ・チェーン)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 防寒!グローブ&フェイスマスク大特価! | トップページ | アドレスV100カギ穴いたずら! »