« LEAD110・EXリコール | トップページ | ELIMINATORブレーキ固着 »

2011年10月29日 (土)

リチウムフェライトバッテリー

今日は<γのアキラちゃん>から頼まれてた「LifeP04バッテリー」を付けてみました。

やはり先日の<長老様>同様のお悩みで、バイクを複数台数所有してるので、なかなか一台一台のバイクを乗る事ができません。

当店の常連様の中には、リッタークラスをメインに2スト250とオフロード車や、原二スクーターなどを所有してる方が多く、平均3台~4台のバイクを所有しています。

<γのアキラちゃん>の場合も「VTR1000SP2」筆頭に複数所有されていて、やはり、その中でも1996年式「RGV250γ」は2ストで、しかもセルフ・スターター付です。
更に最終型はキック無しのセルフ・スターターのみなので、バッテリー上がりには少々悩まされていました。

20111029_1そこで今回は、自己放電率が極めて少なく、メンテナンス無しで1年放置しても使用可能だと云うリチウム鉄角柱型セル(化学式LiFePO4)を使用しているバッテリーに交換してみる事に致しました。 (従来の鉛バッテリーと比較して自己放電率が約1/7以下という優れた能力を持っています。)

20111029_2<γのアキラちゃん>的には寿命より、このバッテリーのもう一つの特徴であるハイパワーな始動性と、極めつけは、超小型で超軽量 (従来の鉛バッテリーと比較して平均約1/5の重量しかない) と云う、軽さを見込んでのチャレンジでした。

ちなみに重さを測ったら、「RGV250γ」の従来タイプの鉛バッテリーが約2.1キロに対し、  「LifeP04バッテリー」は、なんと585グラム!!驚きの約1.5キロもの差がありました。
20111029_3この驚異の軽さには<γのアキラちゃん>もニンマリ(^O^)癒されたようでした。
ここまで軽量化されるのであれば、2ストレーサーレプリカ以外にも、オフロード車なんかにも有効だと思います。
早速、私も家の「CRF250X」のバッテリーも、これに換える事に決めました。

20111029_4バッテリーの取付けは、バッテリー液の注入や初期充電の必要もなく、そのまま普通に交換できました。
バッテリーが小さくなった分は、専用のフォームパッドが付属してるので、それでバッテリーとバッテリーのケースの間を埋めて固定して終わりです。

「LifeP04(リフェ)バッテリー」!気になった方は、ご相談ください。

|

« LEAD110・EXリコール | トップページ | ELIMINATORブレーキ固着 »

修理(電装系)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« LEAD110・EXリコール | トップページ | ELIMINATORブレーキ固着 »