« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

2011年10月30日 (日)

ELIMINATORブレーキ固着

20111030_1「エリミネーター250LX」にお乗りのお客様から連絡があり、ご自身でブレーキ・パッドを交換しようとしたところ、キャリパー・ピストンが押し込めずに困ってるとの事でした。

早速ご来店頂きブレーキ・キャリパーを外して診てみると、ピストンが物凄く汚れて錆々でした。
その状態で無理矢理キャリパーにピストンを押し込もうとした結果、シリンダー内でピストンがくっちゃった様です。

20111030_2割と新しいバイクならともかく、1994年式の「ELIMINATOR250LX」で、距離も3万キロほど走行しています。
過去の整備暦は判りませんが、17年も前のバイクですので、こう云うバイクに乗ってる方が、ご自身でブレーキ・パッドを交換しようとした場合に、かなりの確立で陥るケースでもあります。

ピストンを押し込む前に泥や錆を取り除き、適切な工具でピストンを垂直に押し込めば、この様な事には成らなかったとも思われますが、何れにしろ今回の場合はピストンの錆が酷く、シールも硬化して捲れて噛んじゃってましたので、最初からどうにも成らない状態だったんでしょう。

20111030_4もう一つの要因は、そもそもパッドの摩擦剤が完全に無くなり、それどころか見事に鉄の台座まで削れて長く使用していた為に、ディスク板表面もガタガタになってました。
この状態でピストンが出るところまで飛び出してる状態だった事も、ピストンの錆や汚れ、シールの捲くれの原因になってたと思います。

20111030_3結局今回は、キャリパーとマスター両方のピストンやシール類含むゴム製部品の交換と、やはりゴム製部品のブレーキ・ホースも交換する事になりました。

それからブレーキ・ディスクの損傷も酷かったので、どうしようか考えながら、ディスク表面のキザキザ程度を指で触ってたところ、何故かホイールが左右にカクカク動きます。
改めてジャッキでバイクのフロントを浮かせて調べて診ると、ホイール・ベアリングも逝っちゃってる事が判明いたしました。

20111030_6_2最終的に荒れたディスク板に新しいパッドを装着しても、その荒れた面でパッドを削るので、パッド(摩擦剤)の消耗は早くなりますし、騒音も出ますし効きも悪くなります。
折角ここまで整備するならと、今回はこのディスク・ローター(板)とホイール・ベアリングも交換して、不具合の出ている全ての部位を交換する事にいたしました。

20111030_5_2部品が入荷してきた本日、早速作業に掛かりましたが、予想していた通り、ピストンが固着していて簡単に抜き取る事が出来ませんでした。
恐らくドライバーか何かで無理に押し込んだのか、ピストンも少し斜めに入っちゃてる感じです。
一旦ピストンを綺麗にクリーニングした後、少しピストンを押してみて何とか真っ直ぐに出来たので、後は高圧エアをキャリパーに送り込み、固まってたピストンも無事に抜き取る事ができ、ホイール含むブレーキ周りの整備は完了いたしました。

| | コメント (0)

2011年10月29日 (土)

リチウムフェライトバッテリー

今日は<γのアキラちゃん>から頼まれてた「LifeP04バッテリー」を付けてみました。

やはり先日の<長老様>同様のお悩みで、バイクを複数台数所有してるので、なかなか一台一台のバイクを乗る事ができません。

当店の常連様の中には、リッタークラスをメインに2スト250とオフロード車や、原二スクーターなどを所有してる方が多く、平均3台~4台のバイクを所有しています。

<γのアキラちゃん>の場合も「VTR1000SP2」筆頭に複数所有されていて、やはり、その中でも1996年式「RGV250γ」は2ストで、しかもセルフ・スターター付です。
更に最終型はキック無しのセルフ・スターターのみなので、バッテリー上がりには少々悩まされていました。

20111029_1そこで今回は、自己放電率が極めて少なく、メンテナンス無しで1年放置しても使用可能だと云うリチウム鉄角柱型セル(化学式LiFePO4)を使用しているバッテリーに交換してみる事に致しました。 (従来の鉛バッテリーと比較して自己放電率が約1/7以下という優れた能力を持っています。)

20111029_2<γのアキラちゃん>的には寿命より、このバッテリーのもう一つの特徴であるハイパワーな始動性と、極めつけは、超小型で超軽量 (従来の鉛バッテリーと比較して平均約1/5の重量しかない) と云う、軽さを見込んでのチャレンジでした。

ちなみに重さを測ったら、「RGV250γ」の従来タイプの鉛バッテリーが約2.1キロに対し、  「LifeP04バッテリー」は、なんと585グラム!!驚きの約1.5キロもの差がありました。
20111029_3この驚異の軽さには<γのアキラちゃん>もニンマリ(^O^)癒されたようでした。
ここまで軽量化されるのであれば、2ストレーサーレプリカ以外にも、オフロード車なんかにも有効だと思います。
早速、私も家の「CRF250X」のバッテリーも、これに換える事に決めました。

20111029_4バッテリーの取付けは、バッテリー液の注入や初期充電の必要もなく、そのまま普通に交換できました。
バッテリーが小さくなった分は、専用のフォームパッドが付属してるので、それでバッテリーとバッテリーのケースの間を埋めて固定して終わりです。

「LifeP04(リフェ)バッテリー」!気になった方は、ご相談ください。

| | コメント (0)

2011年10月28日 (金)

LEAD110・EXリコール

昨日(平成23年10月27日)、「LEAD110・EX」のリコールの届出がありました。

<リコール>とは、バイクが道路運送車両の保安基準に適合しなくなる恐れがある状態で、その原因がメーカーの設計または製作の過程にある場合、国土交通省に届け出て、そのバイクを無料で修理するものです。

20111028_5今回<リコール>の対象となった「LEAD110・EX」の不具合は、「制動装置において、前輪ブレーキレバーのピボット部にグリースを塗布する設備の始業時管理が不適切だったため、当該ピボット部へのグリース塗布が不十分となり、使用過程で当該ピボット部ボルトが腐食し、前輪ブレーキレバーの動きが渋くなるものがあり、そのため、そのままの状態で使用すると、レバーを放してもブレーキが効いたままの状態となり、最悪の場合、低車速等の状況で前輪が回転しなくなり、転倒する恐れがある」と云うものです。

20111028_1対象車は「平成22年1月25日~平成23年8月27日」の期間に製造された、車台番号「JF19-1200010~JF19-1218368」の車両で、改善内容は、「ブレーキレバーのピボット部ボルトを対策品に交換するとともに、当該ボルトとピボット部全周にグリースを塗布して締付ける」と云うものです。

当店にも昨日の時点でリコールの通知がありました。
調べた結果、当店のお客様にも多数の該当があったので、急いで対策部品の発注をしておいたら、なんと本日の朝には部品が入荷してきました。
20111028_2リコール開始日は本日(平成23年10月28日)からでしたので、早速お店の在庫の「LEAD110・EX」から部品交換を始めました。

お店の在庫は全て新車の「LEAD110・EX」なので、ハンドルカバーを外し、ピボット・ボルトを抜いて診ましたが、当然ボルトの腐食などは全くありませんでした。
それどころか、ちゃんとグリースも塗布され、グリースの量は少ない感じでしたが、見た目には特に問題などなさそうに思いました。

20111028_3ただ対策品のボルトが従来の黒色(亜鉛)から銀色(クロムメッキ)にバージョンアップしてたので、これなら仮にグリースが今後切れても、当分はサビからは守られ、今以上に作動がスムーズになりそうな感じを受けました。

夕方になってリコール第一号のお客様が来店しました。
たまたま12ヶ月点検での来店でしたが、今回のリコールに該当してたので早速ピボット・ボルトの交換を行いました。
丁度1年前に当店で新車で納めた「LEAD110・EX」で、距離は7千キロ弱走ってます。
20111028_4抜いたボルトを診てみると、やはりグリース切れして、腐食して磨耗も進行してました。

リコールだなんて大袈裟だなぁ!っと思ってましたが、潤滑不良の磨耗なのか?7千キロくらいの使用で、けっこう削れてたので、これは早急にウチのお客さんを呼んで、修理させて貰わないといけないナと思いました。

今回のリコールに該当のお客様には、大変ご迷惑をお掛け致しますが、早めに修理をして頂けますよう、ご協力お願い申し上げます。

| | コメント (0)

2011年10月27日 (木)

超低消費電力LEDへの交換がお勧め!

今日は<長老様>ご所有の「R1-Z」のランプ類を「LED」へ交換してみました。

20111027_1最近よく町で見かける超高輝度の「LED」は、視認性も高く安全性も向上してるように思います。
また、ここ数年は「LED」のルックスの良さからもカスタム・アイテムとして人気のようで、当店のお客様もバイクのランプ類を「LED」へ交換される方が増えてきてます。

更には、「LED」最大の特徴である超低消費電力に着目して、「LED」の有用性を生かし、バッテリー上がり対策の目的で、ランプ類を「LED」へ交換される方も増えてきました。

20111027_2バイクに乗る時間が無かったり、乗っても乗る距離も短く、常にバッテリー上がりに悩ませられてるお客様などからの注文が多く、今回の<長老様>のように、バイクを複数所有しているために、やはり一台一台乗っても距離を稼げない方からも、多く依頼される様になりました。

特に<長老様>の「R1-Z」は2ストで、元々バッテリー容量も少なく、その上、ETCやグリップヒーターも装着していて、ヘッドライトも常時点灯して乗ってるため、バッテリーの持ちも悪く、常に2~3年毎のバッテリー交換を余儀なくされていました。

20111027_3今回は、テール・ランプとウインカーを「LED」へ交換してみました。
ウインカーは今までの10Wの電球から0.7Wの「LED」へ交換し、消費電力が下がった事でウインカーの点滅に誤作動が出ないように、これに対応させるべく、リレーとハーネスを対応品に交換しました。
テール・ランプはナンバー照明機能付で、ノーマル21Wから2W以下の「LED」へ交換しました。
ついでに今回は、ヘッドライト・バルブも60/55Wを45/45Wへ落としました。

20111027_4交換が終わってみると、既にバッテリーが弱っててエンジンを掛けないと点滅しなかったウインカーが、キーを入れただけで軽く点滅し、しかも非常に明るくなってました。
テール・ランプも同様で、ナンバープレートに至ってはホワイトLEDでくっきり照らし出されました。
ヘッドライトに関しては少し暗くなると思ってましたが、それほど違和感はありません。
そももそ普段から夜間走行はしないため、デイライト機能が得られればOKです。
トータルでバッテリー上がりの心配が減ったので、これで少しは安心できるようになりました。

日没も早くなり、寒くなってきました。
気温の下がる冬場は、バッテリー上がりの多発する時期でもあります。
これからの時期、暗い夜道を明るく照らし、消費電力の少ないLEDランプは有効です。

気になる方は是非お勧めです。
ご注文お待ちしております。

| | コメント (0)

2011年10月26日 (水)

Hondaライディングウエア大特価セール!

今日は寒かった!昨日との温度差は10度もあったとか・・・
木枯らし1号も吹いた訳で、明日は今日より寒いらしい・・・

それでも皆さんバイク乗ってるよネ!
<長老様>なんか、昨日も今日も、そして明日も乗るらしい!

皆様から注文頂いてた防寒装備類も続々入荷で、ウインターグローブに続き、本日はライディングウエアも入ってきたので、注文頂いてた高津区の<ニンジャ社長様>に連絡入れたら、やっぱし夕方Ninja250に乗って吹っ飛んできました。

選んで頂いたウエアは、肩、肘、脊髄プロテクターが標準装備され、運動性に優れた立体裁断など、ライディングウエアとしての基本性能を有しながら、仕事現場へ出向いたり、ちっとした外出など、多目的に使えるものをチョイスしました。
↓↓↓↓↓↓
Honda CLASSICSライディングN-2Bブルゾン TN-N32
20111026_1様々なシーンで対応できるカジュアルイメージのライディングブルゾン。

●フライトジャケットとして代表的なN-2Bをイメージさせるデザインをライディングウエアとして表現。
●ステッチラインにはシンセティックレザーを使用し高級感と耐久性を表現。
●耐久性に優れたリップストップ素材を採用。
●背中に高輝度リフレクティブパイピングを施し、夜間の被視認性を向上。
●運動性に優れた3Dカッティング採用。
●EVAソフトプロテクターを肩・肘・背中に標準装備。肘は外部脱着式。
●ジップ(前中心)には最先端技術のグリップ性能を持つMicroTeeth(国際特許技術)成型を採用。
●状況に応じてスタイルを変更できる着脱式フード、ファーを採用。
●袖口にリブを装着し寒気を防ぎます。
20111026_2
COLOR:オフホワイト、ブラック、カモフラージュ
SIZE:S・M・L・LL・3L・4L

MATERIALS:素材・表地:ナイロン100%(リップストップ)・合皮部分:ポリウレタン100%・中綿:ポリエステル100%・裏地:ナイロン100%

S・M・L・LL ¥23,100(消費税抜本体価格 ¥22,000) →特価\20,790(\198,00)
3L・4L ¥24,150(消費税抜本体価格 ¥23,000)
→特価\21,735(\20,700)

大特価!30%0FFは!
↓↓↓↓↓↓
Hondaスーパーモバイルウォームジャケット ES-L3B
20111026_3携帯性を重視しながら軽いライディングも可能な3Dカッティングの“ちょっと外出”用防寒ジャケット。

●手軽に使える“ちょっと外出”用携帯防寒インナージャケット。気温の変化に対応できる防寒インナーとしてご使用いただけます。
●生地はしなやかで携帯性を確保する極細繊維のリップストップナイロンを採用。表面に超撥水テフロン加工を施しました。
●タンクバッグ内の容積を占有せずに収納可能な圧縮機能付き収納袋で持ち運べます。
●圧縮機能付き収納袋付き。
●3Dカッティングを採用し、ライディング時の運動性を確保しました。
●ジップ(前中心)には高いグリップ性能を持つ最先端技術のMicroTeeth(国際特許技術)成型された引き手を装備。


COLOR/SIZE:パープル/M・L・LL・3L・4L
      レッド/M・L・LL・3L
      プラチナ/M・L・LL・3L・4L

MATERIALS:素材・表地:ナイロン100%(リップストップ)・中綿:ポリエステル100%・裏地:ポリエステル100%

M・L・LL: ¥10,290(消費税抜本体価格 ¥9,800) →特価\7,203(\6,860)
3L・4L:¥11,340(消費税抜本体価格 ¥10,800)
→特価\7,938(\7,560)

上記以外の「ホンダ・ライディング・ギヤ」についても、特価になるものがあります。
サイズを確認の上、ご注文お願い申し上げます。

Honda秋冬ライディングギア大特価セール!(10%~30%OFF)
■在庫は御座いませんので、全て取寄せとなります。
■数量限定で、メーカー在庫限りの商品です。
※既に完売したものも有ります。注文前に在庫確認をお願いします。
■セール期間:10月1日~11月30日まで

| | コメント (0)

2011年10月25日 (火)

Hondaウインターグローブ大特価セール!

当店恒例の冬ツーリングも近づき、真冬でも元気に走りに行く皆様から、これに間に合わせるべく、防寒装備類のご注文を沢山頂きました。
今年も皆様ありがとうございます。

只今、Honda秋冬ライディングギアの特価販売中ですが、ひとまずウインターグローブから入荷しましたので、ここにご紹介させて頂きます。

20111025_5ウインターグローブは、防寒はもちろん!《透湿(蒸れない)・防水(濡れない)・防風・保温(暖かい)・防御(プロテクター装備)》の全ての機能がパッケーシされた、安心安全な高機能グローブが人気で、<レンタ店長>からは、透湿防水の「HIPORA」内蔵で、プロテクターにカーボンスライダー装備の暖かグローブをご注文頂きました。
↓↓↓↓↓↓
Honda プロテクトウインターグローブショート EJ-N6E
20111025_1冬のライディングに必要な機能を盛り込んだ、ショート丈のウインターグローブ。

●透湿防水グローブインサート「HIPORA」を内蔵したウインターグローブ。
●使い勝手のよいショート丈。
●拳の内側に目立ちにくいインナー式のナックルガードを装備し安全性を高めています。
●掌には万一の転倒時に滑らせることで衝撃を逃がすカーボンスライダーを装備。
●人差し指と中指の先に滑り止めの シリコンプリントを配置し操作性を高めています。
●指先にロゴ入りのリフレクターを装備し夜間の被視認性を高めています。

20111025_2COLOR:ブラック、レッド、ダークグレー
SIZE:S・M・L・LL・3L・4L

MATERIALS:素材・表地:ナイロン、ゴートスキン、クラリーノ・裏地:ポリエステル・中綿:ポリエステル・透湿防水グローブインサート:HIPORA

\7,665(消費税抜本体価格¥7,300) →特価\6,132(\5,840)

<ヤス坊>、<オキちゃん>、そして私も買った3人お揃いのグローブは、これも透湿防水機能を内蔵で、プロテクターにカーボンナックル装備の暖か「シンセレート」グローブです。
↓↓↓↓↓↓
Honda×RSタイチ ヒートジェネレーターアームドウインターグローブ TP-N6G
20111025_3プロテクション・操作性を重視した、防水レザーウインターグローブ。

●モーターサイクルウエアブランド、「RSタイチ」とのコラボレーションモデル!
●優れた防水・透湿性を誇るドライマスターグローブインサートを採用。
●内装には吸湿発熱素材「ヒートジェネレーター」を採用。
●高い保温性を誇る3Mシンセレート中綿。
●操作性を考慮した内部構造と各部ストレッチパネル

●3Dカッティング。
●ナビゲーションなどを操作しやすいナビタッチを人差し指に装備。
●レーシンググローブにも採用されているプロテクション性に優れたオリジナル形状のカーボンナックル。
●掌には大型の補強パッチと プロテクションパッド。
●レバーの滑りを軽減する人差し指のシリコンプリント。

20111025_4
COLOR:ホワイト、レッド、シルバー、ブラック
SIZE:S・M・L・LL・3L

MATERIALS:素材・表地:ゴートスキン、牛革、ナイロン、合成皮革、ネオプレン・内装:ポリエステル(ヒートジェネレーター)・防水ライナー:ドライマスターグローブインサート・中綿:3Mシンサレート

¥10,290(消費税抜本体価格 ¥9,800) →特価\8,232(\7,840) 

大特価!30%0FFは!
↓↓↓↓↓↓
HondaゴアテックスWヒートウインググローブ TG-L6J
20111025_6好評のゴアテックスナイロングローブの定番。
甲側にウイングマークを大胆にデザイン。

●防水性と透湿性に優れたゴアテックスフィルムインサート。
●ミニカイロを甲側・掌側共に挿入できるWヒートシステム。
●掌にスポーツ用人工皮革「アマーラ」を採用し、耐久性向上。

●料金所等で着脱を容易にするリーシュコードを装備。
●指先・掌にクラリーノノンスリップを採用。
●引き手にもクラリーノノンスリップを採用、装着性向上。
●手首からの風雨を防ぐ、ワンタッチ式ストームガードを装備。
●夜間走行での被視認性が向上するリフレクティブパイピングを甲側と指に追加装備。
●オペロンニットを掌親指部に採用、ウインカー操作性向上。
●両手にウォッチホルダーを装備。
●雨天走行での視界を確保するシールドワイパーを装備。
●甲側・指にネオプレンを採用し、グリップ時の負担を軽減。

20111025_7COLOR/SIZE:レッド/S・L・LL・3L 
      ブルー/S・M・L・LL・3L

MATERIALS:素材・甲側:ナイロン、合成皮革、ネオプレン・掌側:人工皮革、スリップストップ、ナイロン・裏地:ポリエステル・インナー:ゴアテックスフィルムインサート

S・M・L・LL:¥10,290(消費税抜本体価格 ¥9,800) →特価\7,203(\6,860) 
3L:¥10,815(消費税抜本体価格 ¥10,300)
→特価\7,571(\7,210)

上記以外の「ホンダ・ライディング・ギヤ」についても、特価になるものがあります。
サイズを確認の上、ご注文お願い申し上げます。

■Honda秋冬ライディングギア大特価セール!(10%~30%OFF)
■在庫は御座いませんので、全て取寄せとなります。
■数量限定で、メーカー在庫限りの商品です。
※既に完売したものも有ります。注文前に在庫確認をお願いします。
■セール期間:10月1日~11月30日まで

| | コメント (0)

2011年10月23日 (日)

250TRキャブレターOH

長期放置でエンジンが掛からなくなったと云うバイクの修理依頼がありました。

問合せの段階では、約1年半の放置でセルフスタートが出来ないと云う事でした。
状況からバッテリーの交換と、場合によってはキャブレターのOH(分解・清掃)も必要な事を説明して、バイクをお預りする事になりました。

お預りしたバイクは2005年式の「250TR」でした。
距離は、たったの4千キロほどしか走ってないようでしたが、そうとうに長い年月を雨ザラシだったようで、バイク本体は汚れと錆がもの凄い状態でした。

このバイクは、来店頂いたお客様のじゃないようで、いまいち詳しい情報が不足してますが、放置前まではエンジンは掛かってたようなので、まずはバッテリーから診てく事にしました。
するとボルト類が外され、以前に誰かがバッテリー周辺を触った形跡があります。
もう少し調べると、ヒューズが飛んでました。(もしかしたら←この時にターミナルでもショートさせた?のかも・・・)
バッテリーに関しては、見た事の無い外国製が付いてましたが、充電できそうです。
なぜヒューズが飛んだかは不明ですが、これでセルフスタートでエンジン始動ができる状態になりました。

20111024_1次に一応キャブレター内の古い燃料を抜いて、エンジン始動を試みましたが、やはり掛かりそうで掛からず、掛かったかと思ってもアイドリングを打ちません。
結局キャブレターは分解・清掃する事になりました。
(キャブの前に・・・通常は行いませんが、今回はあまりにも汚れが凄いので、まずは洗車から行いました。)

20111024_2分解したキャブレター内は、いつもの!あの異臭がもの凄い状態で、フロートチャンバーの底やジェット類は予想通り、汚れでベットリでした。
細かい部品も全て分解・洗浄した後、キャブレターを組付け、無事にアイドリングも打つようになりました。

エンジンは掛かるようになりましたが・・・それ以前にドライブ・チェーンやフロント・フォークの腐食が酷く、タイヤも固く硬化していて、安全・快適に乗るにはもう少し念入りな整備をしたかったのですが、今回は、お客様のご依頼通り、エンジン始動までの作業に留めました。

でも、やっぱしフロント・フォークだけは、このまま乗ればオイル漏れは必至だったので、見てみぬふりはできず、サービスでフォークの錆だけ少し落としてあげて、今回の作業を終えました。

| | コメント (0)

2011年10月22日 (土)

おみやげ-37

20111023_1いつも全国各地を飛び回ってる<マルちゃん>ですが、今回ばかりは仕事じゃなく、社員旅行だったそうです。

長野方面からのお土産で、「手長えびせんべい」や「わさびあられ」を頂きました。

今年は社員旅行に行けたんですネ!
確か?去年は仕事で行けなかったんじゃ・・

| | コメント (0)

2011年10月21日 (金)

PCX125キー紛失!

ほんとうに同じ事って続きますよネ!

昨日に続き、今日は「PCX125」のキーセットを交換しました。

今回は、キーそのものを無くしてしまったと云う事ですが、昨日の古いアドVと違い、このクラス最上級モデルのPCXは、最新の凝ったユーティリテーを備えてますので、何をするにも複雑で、ただでさえ手間が掛かります。
その上、今回はハンドルロックしたまま(>_<)!で、しかもイモビアラーム付きです。
ど~しましょう!?(~_~;)

20111021_1昨日の晩お客様のお宅へ出向き、お客様立会いの元、先ずはイモビアラーム(防犯警報装置)の解除から行いました。
何時もの様に画像を交えて、細かく作業工程を説明したいところですが、さすがに今回は、防犯上控えさせて頂きます。
真っ暗な駐車場でライトで照らしながら、極力振動を与えないよう気を付けて、外装を外して行きますが・・・!!ピーピー!鳴ってしまいました。
20111021_22度ほど暗闇を突き刺すようなアラームが鳴ってしまいましたが、何とか泥棒と間違えられずに、アラームを解除する事が出来ました。

次にバイク(PCX)を車に乗せますが、ハンドルロックされたままなので、バイクは真っ直ぐ動きません。
プロはプロでも泥棒のプロじゃないので、さすがにバイク屋さんでも、この場でハンドルロックまで解除できません。
結局二人掛りでバイクを人力で持ち上げ、車に積み込みました。
20111021_3125CCのバイクで割と軽かったのが幸いしました。

そして本日、昨晩引き取ってきたPCXを車から降ろし、早速キーシリンダーの交換作業を開始しました。

昨日のブログでも書きましたが、キー(鍵)の交換は、他の部品の交換と異なり少し複雑です。
しかも今回はキーそのものが無いため、これを解除するマニュアル(方法)自体が有りません。
マニュアルの手順で、外側からネジを一本ずつ外して行けば、簡単にキー(鍵)が外せるのであれば、鍵(キー)の意味がありませんからネ!

20111021_4PCXは発売されて1年少ししか経ってないバイクのため、当店ではキーの外し方は、全く経験がありませんでした。
先ずは、キーシリンダーの付いてるインナーパネルを外したいのですが、なんとキーが無いと、このパネルを外す事が出来ない構造になってます。
ここからも防犯上と云う事で、解説や画像は割愛させて頂きますが、僅かな隙間から色んな道具を駆使して、何とか解除する事が出来ました。
苦労しましたが3時間ほど奮闘した結果、無事にキーシリンダーの交換は完了致しました。

20111021_5最後にリヤボックスのキーシリンダーの交換です。
実は無くしたキーは、リヤボックスのキーを含む両スペアキーも無くしてました。
一つのキーホルダーに4本付けてたようです。

こちらのキーシリンダーは、構造的に壊すしかありません。
ドリルで何だかんだで、1時間ほど奮闘した結果、こちらも無事にキーシリンダーの交換は完了致しました。

皆さん!カギ無くすと大変ですヨ!
スペアキーは大事に保管しておきましょ~!

| | コメント (0)

2011年10月20日 (木)

アドレスV100カギ穴いたずら!

キーシリンダーの鍵穴が壊されました。
悪戯と云うより盗難未遂だったんでしょうネ!

20111020_1_2ドライバーの様な物を突っ込まれた様で、その先端の金属片が折れ込んで、シリンダーの中に残ってました。

1996年式の「ADDRESS V100」ですが、未だにアドVは盗難され易いモデルの様です。
20111020_3_2元々お客様が中古車で入手した時から、本来は付いてるハンドルロックが付いて無い車両だった様で、これが今回狙われた理由なのかは別として、そのお蔭で一先ず車体を押せる状態だったので、お客様は、うち(ファンホイールズ)の横を流れる多摩川の向こう側の方でしたが、多摩川大橋を自力で押して当店までバイクを持って来る事が出来ました。

20111020_2_3こうなると当然キーシリンダーごとの交換になりますが、壊されたイグニッションスイッチのメインキーだけを交換すると、そこだけのキーが新しくなるので、シートの開閉キーは今までのキーで行う事になります。
20111020_4そうすると新旧2つのキーを持つ事になり不便なので、今回は全てのキーをセットで交換する事になりました。

キー(鍵)の交換は、他の部品の交換と異なり少し複雑ですが、アドVの場合は割と簡単で、特にシート側に関しては、キーを無くした訳では無かったので、シートを通常通りに開けてシリンダーを交換出来たので、1時間くらいの作業時間で終わりました。

20111020_5_2今回注文したキーセットの中には、元々無かったハンドルロックが同梱されてたので、これで今後はハンドルロックも出来るようになりました。

けっこうゴツくて目立つハンドルロックなので、今後は、これをちゃんと装着する様にして頂ければ、かなりの盗難抑止になると思いますので、ヨロシクお願い致します。

| | コメント (0)

2011年10月19日 (水)

ベルト交換

ドライブ・ベルト交換の仕事が続いてます。

1件目の「ADDRESS-V125」は、当店の常連様のご紹介で、今年の2月頃からお付き合い頂いてるお客様ですが、そろそろ走行距離が2万キロに到達することから、切れる前の予防整備として、ドライブ・ベルトの交換依頼がありました。
20111019_1クラッチ等の損耗は無かったので、ドライブ・ベルト以外では、若干磨耗が進行してるウエイトローラーにスライドピースだけ交換して、駆動系はリフレッシュ致しました。

一般的にゴムで出来ているベルトは、オゾンや紫外線の影響を受けて固く硬化して行きます。
そして柔軟性が無くなり亀裂が発生したりて、最後には必ず切れてしまいますので、ベルトは4年毎もしくは2万キロでの交換をお願いしています。

このお客様もそうですが、当店のお客様は皆さん定期的な点検や交換を実施して頂いているので、ベルト切れなどでは皆無で、全く有り得ない事なのですが・・・

2件目は、先日の閉店間近の事で、また!バイクが動かないようで、お客さんがバイクを押して来ました。
20111019_2「CYGNUS125」にお乗りの、当店には始めて来店のお客様でした。
どうも前の晩の事のようで、仕事帰りに当店前の国道1号線を走行中に故障したそうです。
当店は既に閉店後だったらしく、その日は仕方なく、近くにバイクを置いてバスを乗り継ぎ帰宅されたそうです。

エンジンは正常に回ってるようですが、後輪が駆動しなくなったそうです。
2006年式シグナスで、走行距離は4万キロ以上走ってますが、全くのノーメンテだそうです。
20111019_3これは疑いの余地もなく、早速エンジンカバーを外して診たところ、やはり予想通りドライブ・ベルトが切れてました。

ベルトは消耗品で、ゴム部品の性質上、距離だけでなく時間の経過でも劣化が進み、最後には必ず切れるか破損してしまい、走行不能となります。
今回の2件目のお客様の様に、出先でベルトが切れて走行不能の立ち往生は、大変困ると思います。
ロードサービス呼んでも、それなりに高い料金が掛かります。
また、切れたベルトがプーリーに巻き付きロックして、
急ブレーキが掛かり転倒などの事故に繋がる事もあり大変危険です。

スクーターにお乗りの方は、切れる前の予防整備として、必ず定期的(2万キロ前後又は4年毎)なベルトの交換をお勧めいたします。
心当たりの方!早めに交換してください。!

| | コメント (0)

2011年10月18日 (火)

防寒!グローブ&フェイスマスク大特価!

つい2日前に東京は29.7度まで気温が上がり、凄く暑かったので油断してました。
こんなに一気に寒くなるとは・・・
特に、ここ数日の朝晩は、風の冷たさに冬を感じるようになりました。

そんな訳で、毎日バイク通勤される元気な皆様に、今年も定番の防寒装備が入荷して来ましたので、ご紹介いたします。

20111018_3先ずは、毎年恒例の防寒ウインターグローブです。
今回も去年大好評だった「リード工業 Thinsulate WINTER GLOVE」です。

「薄くて暖かい」「機能的で暖かい」住友SMテクノロジー<シンサレート>高機能中綿素材採用のグローブで、なんと¥1,260の生活応援プライスで大特価ご奉仕致します!

サイズフリーで色はブラックのみです。
数量限定の早い者勝ちとなりますので、欲しい方はお早めに!

次にご紹介が、これもバイク通勤や冬のツーリングには欠かせない、バイク乗りの必須アイテム、「防寒フリースフェイスマスク」です。
20111018_1_2
この商品の使用方法は自由自在で、ヘッドキャップ部を後方に外せばネックウォーマーとしても使用でき、ヘッドキャップ部はストレッチ性に優れるため、装着感や運動の妨げにもなりません。

20111018_2また、優れた保温力で厳冬期のライディングに快適性をもたらす「HEATECH FLEECE」は、ポリエステルを起毛させた素材で、繊維密度が高く、デッドエアを有効に蓄える事が可能で、保温性に優れるため汗をかいても素早く発散し、ソフトな肌触りをキープします。

これも大特価¥1,280の生活応援プライスにてご奉仕致します!
サイズフリーで色はグレイとネイビーのみ数量限定の早い者勝ちとなりますので、まだお持ちで無い方は、お早めに!です。

他にもハンドルカバー、グリップヒーター、ウインドスクリーン(風防)など在庫してます。
当店の年末ツーリングも近づいて来ました。
冬でもツーリングに行く皆さん!毎日バイク通勤される元気な皆さん!
ご注文お待ち申し上げます。

| | コメント (0)

2011年10月16日 (日)

最新DVDをご紹介!

秋の夜長はDVDでバイク三昧は如何でしょう?
2011レースDVDをご紹介!

①世界最古のロードレースマン島TTロードレース2011《公式DVD260分》
20111017_1_2世界中のレースファンを魅了する、世界最高峰の公道レース!2011年マン島TT公式DVD。
全カテゴリーのレースダイジェストはもちろん、TTウィークに行われたイベントを収録!
2011年、2度目のTT挑戦を果たした唯一の日本人ライダー、松下ヨシナリ参戦の記録も紹介。
更には、2011主要ライダープロフィールをまとめた冊子をDVD封入!
●DVD2枚組(Disc1-本編210分/Disc2-特典映像50分)
\3,990

②2011MotoGP+Moto2 《公式DVD85分》
2輪ロードレース世界最高峰MotoGP全18戦をラウンド毎レース終了約3週間後に発売。
実況は、みし奈昌俊、解説に中野真矢を迎え、さらにパワーアップ!
MotoGPクラスのノーカットレ-ス映像に加え、予選ダイジェストも。
さらにMoto2クラス、125ccクラスのハイライトや世界各国のパドックガール、青山博一インタビューほか、豊富な特典映像も収録。
●DVD/約65分/特典映像20分 ※ラウンドにより変動
\2,300

寒くなる秋・冬でも、家の中でバイク三昧してください。
そしてイメージトレーニングに励んでください。
ご注文お待ち申し上げます。

| | コメント (0)

2011年10月15日 (土)

KTM MotoGP参戦!

KTMが来年(2012)スタートのMoto3クラスでグランプリ復帰だそうです。

まだエンジンはベンチテスト段階らしいですが、
車体は独自フレームを開発したらしい。

写真ではトラス構造の鉄製らしいですが・・・

他のメーカーは、ど~したのかナ!?
20111015_1

| | コメント (0)

2011年10月14日 (金)

BALIUS復活!

また<キタさん>からのご依頼で、バイクを一台こさえてみました。

20111016_1今回<キタさん>から当店「ファンホイールズ」に与えられミッションは、1995年式「バリオス」の再生です。

メーター読みでは、走行距離1万5千キロ弱の車両ですが、ご察しの通り、履歴不明の16年前のバイクです。
やはり今回の作戦も一筋縄では行きませんでした。

エンジンに関しては、若干の吹けの悪さはあるものの、始動性も良くアイドリングも打つので、先ずはスパーク・プラグやエアークリーナーを交換し、一応キャブのガスも抜いてみて、これくらいで改善するだろうと、軽く考えてました、が・・・ダメでした。
6千回転付近でモタツキ、1万2千回転付近で頭打ちしてしまいます。

20111016_2そこでマフラーも社外のものへ交換されてたので、セッティング状態の確認も含め、一応キャブレターをOHしてみる事に致しました。
ところがキャブを分解しましたが、著しい汚れや損傷も見当たりません。
タンク内からは若干の水分は出てきましたが、それほどの汚れも無く錆なども有りませんでした。
コックも外して調べましたが、ストレーナーもちゃんと付いてて問題ないようです。

エンジン・コンプレッションもほぼ正常値にあるし、症状から察するところ、どうも全域で薄い感じがしますので、二次エアの吸い込みを疑いテストしてみると、エアークリーナー・ボックスの上下の合わせ面と、同じくエアークリーナー・ボックスとキャブとの間からエアを吸い込んでるようです。

20111016_3調べると、パッキンになってるOリングが潰れて硬化しています。
早速Oリングを新品に交換してみると、二次エアの吸い込みは解消されて、エンジンも正常に回るようになりました。

その他、各部の点検を行いながら、油脂類の交換をしました。
エンジン・オイル&フィルターの交換に始まり、前後のブレーキ液も交換して、今回は点検の結果ラジエターの液量が極端に少なくなってたので、気持ち悪いので、一応ここも交換する事になりました。

20111016_4ラジエター液を交換してる間に、何時ものラジエター・キャップを点検したところ、開弁圧力が基準値で保持出来ない事が判り、このキャップも新品に交換する事になりました。
これで、ラジエター液が極端に少なくなってた理由も判り、二つ目の問題もクリアです。

更に点検を進めて行くと、フロント・ブレーキのパッド残量が無い事が判りましたが、ここは慎重にブレーキ・キャリパーも外して調べて診ると、やはり予想通り、キャリパー・ピストンは錆々で、シールも噛んじゃってる感じでしたので、今回は、キャリパーもOHがてらピストンやシールを交換してパッドを組付け、これで、三つ目の問題もクリアです。

20111018_4その他、細かい不具合点と云えば、ヘッドライトが減光してるのと、ハイビームのインジケーターランプが薄っすら付きっ放しでした。
これは、単に配線の組間違いと判明し、正規に組付け完了。
ブレーキ・ランプが付かないのは、ブレーキ・スイッチ・ブラケットが曲がってるのが原因で、ここも修正して完了。
更にホーンも鳴りませんでしたが、ここはスイッチ裏側のヘタリが原因で、裏側を一工夫して加工を施し、ちゃんと鳴るようになりました。
それからハンドルロックが出来ないので調べたら、イグニッションスイッチの固定ボルトが一本脱落してる事が判り、ここも正規のボルトで固定し直し完了致しました。

後は、曲がってるブレーキレバーや、削れて動きの悪くなってるスロットルグリップの交換など、本日含めて3回の通院を経て、ようやく全ての治療が完了し、蘇った「BALIUS」でした。

| | コメント (0)

2011年10月13日 (木)

JOGプラグ交換

バイクが動かなくなったようで、お客さんがバイクを押して来ました。
そうとう遠くからのようで、当店までやっと辿り着いたようで、汗だくでした。

状況は、走ってたら急にストール(失速)したらしく、最初のうちはエンストまでには至らず、調子悪いながらも騙し騙し走れたそうです。

そんな事を数回繰り返してるうちに、最終的にはエンジンが止まってしまい、その後エンジンの再始動は出来なくなったそうです。

2003年式のジョグにお乗りのお客様で、当店には始めての来店です。
従がって当店に過去の整備暦の判るカルテも無いし、お客様自身も整備記録簿を携行していませんでした。

仕方なく、口頭で過去の整備暦などをお聞きすると、3万キロ以上走行するバイクですが、今まで大した点検や整備は行ってないらしく、定期交換を必要とするエアークリーナーやスパークプラグなども、今まで交換した記憶が無いようです。

20111014_1と云う事で、お客様の話しや症状から考えて、先ずは、真っ先にプラグを外して診たら、予想は的中どころか凄い状態で、やはり原因はスパーク・プラグのようです。

プラグの電極には石化したデポジット(堆積物)が天こ盛りで、よくこれで今までエンジンが掛かっていたな~?と思うほどで、本来は開いている筈の火花ギャップ(プラグ発火部の点火火花が発生する隙間)は、堆積物で完全に埋まって、加熱された電極は溶解してました。
これじゃあ火が飛ぶ訳がありません。

これはエンジンに適さないオイルや粗悪なオイル、劣化したオイルを使用した場合や、エアークリーナーなどの詰まりによる混合気の不適当が原因で発生し易くなりますが、そもそもプラグの発火部には燃えカス(カーボン)が付着していきます。

特に2スト・エンジンの場合は未燃焼オイルが加熱されデポジットとして、少しずつ蓄積していきますので、最低半年毎の点検と清掃が必要です。
またプラグはプラグ・メーカーでは3,000~5,000km毎の交換を推奨しています。
450円~くらいの安い部品ですのでマメに交換して頂ければ良いのですが・・・
20111014_2
プラグが汚れる原因のカーボンは、先程のエアークリーナーの詰まりなどで、空気とガソリンの混合気が濃い(ガソリンの比率が多い混合気の不適当)状態でも不完全燃焼によっても発生します。
エアークリーナーの点検や清掃も半年毎をお勧めします。


↑↑↑↑これが新品の正常なプラグです。

また某GSやカーショップなどで安価なノーブランド・オイルを使用している方に、同様のプラグの不良や、マフラーの詰まり、場合によってはエンジンの焼付きなどの症状が多く見受けられます。
エンジン・オイルも極力信頼できるバイク屋さんで補給するとことをお勧めします。

当店では、殆どの車種に対応するプラグを常時在庫してます。
エンジン・オイルに関しても、燃え易くカーボン堆積の少ないオイルをご用意してます。
安くて高品質なオイルを入った分まで計り売りしてます。
是非ご利用ください。

| | コメント (0)

2011年10月12日 (水)

CREA SCOOPY サービスキャンペーン

当店には始めてのお客様ですが、2005年式の「CREA SCOOPY」に乗ってるようで、最20111011_1近走行中に音が煩くなったとの訴えが有りました。

6年前に新車で購入したらしいのですが、距離はたったの2千キロしか走ってません。

早速バイクを預りエンジンを掛けて診ると、アイドリング状態でも少し走り出す感じがします。
20111011_2確かに異音は出ていて、やはり駆動系からの音のようですが、この位の距離で消耗したり破損したりするのかなア?・・・・っと思いながら、エンジンカバーを外して中を覗いて診ると、クラッチ・ウエイトが破損していました。



これは?もしかして何か出てるんじゃないかと調べてみると・・
やっぱり出てました。
車体番号から不具合改善のサービスキャンペーン対象車でした。

20111011_3<サービスキャンペーン>は、<リコール>や<改善対策>などの、どちらにも該当しない場合のもので、商品性や品質の改善のためにメーカーが行う修理・改修です。

今回対象となった「CREA SCOOPY」の場合、『ベルト式無段変速機の遠心クラッチウェイトに、材質不良による強度不足のものがあり、そのまま使用を続けるとクラッチウェイトが折損して異音が発生するとともに、クラッチがすべって最高速度が低くなるおそれがある。
また、エンジン回転数が低い場合でも、折れたクラッチウェイトがクラッチアウターと接触するため、微速で前進(時速1~2km/h)するおそれがある。』
と云うものでした。

20111011_4壊れ方も症状もドンピシャだったので、改善部品のクラッチプレートとクラッチウェイト一式を交換して、無事に修理は完了いたしました。
今回も、もちろんお金は掛からず無料でした。

お客様には大変喜んで頂きましたが、平成19年4月に出ているサービスキャンペーンなのに、今までバイクを買った販売店やメーカーからも、葉書ひとつ案内が無かったと云うのには驚きました。

何でなんでしょう・・・・

| | コメント (0)

2011年10月11日 (火)

JOGタイヤ交換

2004年式の「ジョグ」にお乗りのお客様から、パンク修理の依頼がありました。

ハ~イ!今直ぐやりま~す!っとバイクの所に行き、パンクしてる方のリヤ・タイヤを見てみると・・・・ 

こっこれは!スっ凄い!
ツルツルでトレッド面の溝は全く無くなり、サイド・ウォールにはヒビ割れと云うより、裂けてました。
20111012_1
これは使い過ぎっ! と云うより、放置プレーのし過ぎ?  !
当然パンク修理は不可能なため、新品のタイヤへ交換となりました。

タイヤが裂けちゃうなんて、ひじょうに珍しいケースですが、こんな感じのタイヤは1年に1回くらい見ます。

走行距離1万3千キロの「JOG」ですが、タイヤの製造年月日を見ると、製造後7年程経過している事から、恐らく新車の時から一度も交換してないのでしょう。

20111012_2タイヤの7年は、とっくに寿命ですが、ここまで酷いヒビ割れが発生したのは、長い期間タイヤの空気圧が低い状態で走り続けた事が原因のようで、殆どタイヤのエア・チェックなどのメンテはしてなかったそうです。

ゴムで出来ているタイヤは、空気中のオゾンや紫外線の影響を受けて固く硬化して行き、次第に亀裂などが発生し劣化が進んで行きますので、タイヤ溝が残っていても一般的に3年毎の交換が推奨されてます。
また、ゴムは低温になると更に硬化し弾性がなくなって行き、特に路面温度の低くなるこれからの時期は、タイヤは路面をグリップせずに滑るようになります。
本格的な寒波の到来前に、危険ですので古いタイヤは早めの交換をお願い致します。

只今!タイヤ交換特価セール中です。 (足回りの総合点検サービス付きです。)
スクーター用タイヤの殆どのサイズ在庫あります。
在庫の無いタイヤでも、注文翌日には入荷しますので、宜しくお願いいたします。

| | コメント (0)

2011年10月10日 (月)

オフロード走行会4

今日は、恒例の体育の日オフロード走行会でした、が・・・
家と、もう一家族だけで、いつものメンバーは集まりませんでした。

そんな訳で今回は、オフロード初参加の<コマっちゃん>ファミリーと、大人子供合わせて総勢7名で、何時もの「ウエストポイント」へ行って来ました。

前の晩の帰り道、小雨が降ってました。
明日には影響は無いだろうと思ってました・・・が、
結局、現地「ウエストポイント」のオフロード・コースはマディーコンデションでした。

20111010_5<コマっちゃん>親子は事前にバイク&装備をレンタル申込みしてました。
<コマっちゃん>は「CRF100F」、4歳の<いっ太くん>は「QR50」を借りました。

家のファミリーは長男以外の3人が来ましたが、三男(中1)の<シュンちゃん>は、また部活で足を骨折してるので、今日もバイクに乗らずに一日アシスタント&<いっ太>君のサポートでした。

初心者コースに関しては、雨の影響は殆ど無かったので、午前中<コマっちゃん>ファミリーと、家の末娘(小3)<アイアイ>は、ここで暫く練習する事になりました。

<アイアイ>は、「CRF50F」で暫くウオーミングアップした後、今日初めて「KX65」に乗ってみました。

20111010_2生まれて始めてのクラッチ操作に挑みましたが、右手でアクセルを開けながら、少しずつ左の指をクラッチから放して行き、見事一発でクラッチ・ミート出来ちゃいました。

先ずは駐車場裏の広い所を楕円状に周回しました。
最初は、ローギヤだけで数週して、次にセカンドで数週した後、直線で3速に入れてコーナー手前で2速に落とす練習を連続して行いました。

ここまで30分程度練習した後、コースに入れて走らせました。
時々きついコーナーで失速した時にエンストして転びます。
止まりそうになったらクラッチを握るとかのイメージが無いからです。

そこでまた駐車場へ戻り、クラッチの断続だけで小刻みに走る止まるの練習を積み、半クラのイメージを掴んでもらった後、再びコースへ戻りました。
コーナー手前でクラッチを握り、立ち上がりで半クラ使いながらアクセル開ける練習をした結果、転ばすに安定してコースを周回できる様になりました。

20111010_6Aコースで朝から走ってる次男(高2)の<リョウくん>情報で、あちらも乾いて、ほぼドライ・コンデションになったようなので、午後は皆でAコースへ向かいました。

「CRF250」で走る<リョウくん>のクラス(上級&中級)は台数が少なく走り易かったようですが、相変わらず初心者クラスは台数が多く、大きいバイクが沢山走ってたので、今回も<アイアイ>(CRF50F)は、お兄ちゃんの<リョウくん>と一緒に走って貰いました。

20111010_3初心者コースで慣れてきた<コマっちゃん>も「CRF100F」で、Aコース・デビューいたしました。
最初は恐る恐る1週だけと云って、コース・インした<コマっちゃん>でしたが、結局は連続して20分間走り切っちゃいました。

<コマっちゃん>ファミリーは、<いっ太>君もチャレンジ精神旺盛で、一度も怖がらずにバイクに慣れて行きました。
親子でオフロードにハマったようで、楽しい一日を過ごせたようです。

また機会があったら、ぜひ参加してください。
お疲れ様でした。

詳しいレポートはこちら→ 「EVENT INFORMATION

| | コメント (0)

2011年10月 9日 (日)

おみやげ-36

先週のモトGPから一週間。

今週はF1でした。

20111008_1昨日、今日と行われた予選&決勝を、お店で皆さんと一緒にTV観戦しました。

さすがに、鈴鹿まで観に行ってる仲間はいませんでしたので、F1土産は届きませんでしたが、もうじきパパの<ナベちゃん>からの黒部渓谷土産や、鯛焼きの差し入れなど、この週末も沢山のお土産や差し入れを頂きました。

今回も皆さん!ほんとに有難う御座いました。

| | コメント (0)

2011年10月 8日 (土)

ZX-14R

10月10日発売?

コンセプト(方向性)は、「R」なんでしょうか・・・

| | コメント (0)

2011年10月 7日 (金)

ZEPHYR1100車検

このお客様とも2年越しのお付き合いになります。

20111007_1元々この1992年式のゼファー110は、中古車で購入されたそうで、年式の古さもあり、この2年間はオイル漏れなどの不具合が多発しましたが、その都度、当店で整備させて頂き、やっと安定して乗れるようになってきました。

今回の車検でも特に不具合は発見されず、スムーズに検査を受けれる予定でした、が・・・・・

検査前に一度バイクを持って来て頂き、事前に車体周りを診た結果、バイクには問題は有りませんでしたが、納税証明書と車検証が有りません!
どうも家で捨てられてしまったようです。
仕方ないので、車検の日までに書類は再発行の段取りになりました。

車検時には、車検証、自賠責保険証明書、納税証明書の書類3点が必ず必要になります。

特に納税証明書は無くしてしまう方が多いので、納税後は捨てずに保管するようにして下さい。

皆さんも車検の時は必要になりますので、上記3点の書類は必ず持参して頂けますようお願い致します。

| | コメント (0)

2011年10月 6日 (木)

2011RV125i入荷!

このメーカー(SYM)のバイクも、最近はリピーターが増えてきました。
今年3月に納めた「RV200i」のお客様もそうでしたが、今回納車の「RV125i」のお客様も、SYMの「RV125EFI」からのお乗換えでした。

20111006_1やはり国内モデルには無い、ユニークな車格と装備を求めるお客様に、ニーズが有るようです。

「RV125i」は軽二輪に近い大振りな車体サイズで、原付二種登録できるバイクとして、当店でも人気の高いバイクです。

原付二種(125)で有りながら、高速道路に乗れない以外は、ほぼ250(軽二輪)と同等の居住性や収納スペースを備え、タイヤ・サイズやブレーキ、サスペンションなどもワンクラス上の装備が魅力です。

20111006_2_2この「RV125i」も今年マイナーチェンジして登場しました。
「RV200i」同様に、シートにバックレストが付き、前後に3段階の調節可能なアジャスタブルシートが採用されました。

20111006_3このバイクのもうひとつの特徴でもあり、人気の理由となっているのが、このクラスでは珍しいフラットなフロアーステップボードを採用していることで、乗降もスムーズで足元に荷物も積めて更に利便性を上げています。

20111006_4メインキーを押すとキャップが自動開蓋するワンプッシュ・ガソリン給油口をハンドル左下に設置。
ガソリンスタンドでシートに座ったまま、手を汚すことなく給油が可能です。

20111006_5シート内部にはスイッチをオンにすると点火がカットされ、盗難やイタズラを抑止する盗難抑止点火カットスイッチが採用されています。

またハンドル左側のスイッチを押すだけでシートを開けられる、ワンタッチシートオープナーなど、他メーカーにはないSYM独自のユニークな装備も魅力です。

フューエル・インジェクション搭載のエンジンには、耐久性抜群のセラミックコートシリンダーを採用。
原付二種(125)とは思えないパワフルな走りも魅力です。

20111006_6この他、55w/55wのデュアルハロゲンヘッドライトや大型のウインドスクリーンに40L容量のシート下収納スペースなど充実の豪華装備でお値段据え置きの「¥330,750」(税込本体価格)は、売れている最大の理由かもしれません。



只今「RV125i」リヤボックス・プレゼントキャンペーン中!
10月30日まで→
詳しくはこちら

| | コメント (0)

2011年10月 5日 (水)

Ninja250Rカスタム!その5

先週の「Ninja250R」の続きを行いました。

パーツが入荷して来ましたが、朝からマジ雨状態でした。
さすがに今日は来ないだろうと思ってましたが・・・

なんと!この大降りの中を予定時刻通り来店頂きました。

今回は、カスタム序に6ヶ月点検も行いました。
まだ新車で納車してから5ヶ月しか経っておりませんが、そろそろ走行距離も1万キロに到達する事から、点検も一緒にする事になりました。

今回のカスタムは機能性と云うより、ルックス重視の内容で、純正のアルミ鋳物パーツを社外のアルミ削出パーツへ交換しました。

交換したパーツは、フロント・スプロケットカバーやオイル・フィラーキャップ、リア・フットレストにスタンド・フックスプールの全4点です。
20111005_120111005_2
既に換装済みのバック・ステップやピポット・キャップと同じメーカーの中から選び、外装の白やエンジン周りの黒、そしてワンポイントの赤のデザインにコーディネートした感じで、色はジルバー&ブラック・アルマイトの物をチョイスしました。
20111005_320111005_4
これらパーツは海外生産の物のようですが、作り込みや仕上がりも良く、デザイン性もひじょうに高く、装着後はオーナー様もひじょうに満足されていました。

点検の方は、5ヶ月と云えども距離1万キロなので、各部を注意深く診させて頂きました。
ブレーキ・パッドやタイヤなどは、まだまだ大丈夫な感じです。
スパーク・プラグに関しては微妙でしたが、恐らくこのオーナー様は、この先半年も経たずに2万キロ越えは必至でしたので、少し早い感じでしたが、プラグは交換させて頂きました。
20111005_5_3次の12ヶ月点検の時までは持ちそうに無いですからネ・・・・
エアークリーナーは想像以上に汚れてました。
エレメントは湿式のスポンジでしたので、今回は洗浄して再使用致しました。
その他ドライブ・チェーンの給油&調整や各部の増締&グリスアップを行い、全ての作業は完了い致しました。

夕方日が暮れかけた頃、雨は相変わらず強く降ってます。
お客様はレインウエアーに着替えて、また雨の中を帰られました。

本日は、こんな土砂降りの中を来店頂き、誠に有難う御座いました。
また、ヨロシク!お願いします。

| | コメント (0)

2011年10月 4日 (火)

配線工事!

20111004_2今年の始め、店のデッドスペースの有効利用に、<マルちゃん>からスチール棚を頂きましたが、そこに、もう一台のPCなどの電気機器を設置したので、そのまま電源ケーブルが何本も地面を這いつくばってました。
トイレに行く時など、よく足を引っ掛けた人も居るんじゃないかな?

20111004_1見兼ねた<マルちゃん>が、やっぱし今回もお仕事してくれました。
この位の配線処理ならお手の物、電気屋?<マルちゃん>なら、普段は空港などの電気設備を触ってますので、仕事柄楽勝のようです。

20111004_3おもむろに乗ってきた車から工具や部品を出してきて、切った張ったの数十分で、壁や天井を通して綺麗に配線してくれました。

後は、これも<監督>から頂いたランケーブルを通して終わりです。

助かりました!いつも皆さん有難う御座います。

| | コメント (0)

2011年10月 2日 (日)

MotoGPみやげ!

今日は、MotoGP第15戦「日本グランプリ」でした。

今年は、現地(ツインリンクもてぎ)入りが二組ありました。
皆さん今回もチケットの注文有難う御座いました。

バイク・ツーリング組<キタさん一家>の3名も無事に「ツインリンクもてぎ」まで辿り着き、世界最高峰レースの観戦に、最後はフィナーレパレードにも参加できたようで、楽しい一日が過ごせたのではないでしょうか。

そして「ツインリンクもてぎ」土産ありがとうございました。
20111002_1 
こちらお店(ファンホイールズ)の方にも、15時放送開始のテレビ観戦に、何時もの仲間が集まり、大変盛り上がりました。

次は自分達の走る番ですネ!
ハングオン!しに行きましょう!!

| | コメント (0)

2011年10月 1日 (土)

FORZA12ヶ月点検

2001年式の「FORZA T」にお乗りのお客様から、12ヶ月点検のご依頼がありました。
20111001_1このお客様とも、このフォルツァの前の「GPX250R」からのお付き合いなので、もう何年越しの付き合いなのかも忘れてしまいましたが、相当に古いお客様です。

今回は、前回の6ヶ月点検の時に予定していた、前後のブレーキ・パッドの交換と、暫く行ってなかった冷却液の交換に、何時ものエンジン・オイルの交換も依頼されました。

20111001_2先ずは、エンジン・オイルの交換から始め、オイルを抜いてる間にブレーキ・パッドの交換を行いました。
フロントのパッド残量はギリでしたが、キャリパーのピストン周りの汚れが凄かったので、今回は、ちょっと何時も以上に念入りに洗浄&磨き込んで組み付けました。
スライド・ピンもグリス切れしてたので、ブーツを外して清掃後グリス・アップしておきました。
リヤのパッド残量もギリ、セーフって感じでしたが、もう少し早めの交換が良かったのかな?って感じでした。
20111001_3リヤは、マフラーを外してキャリパーを取外し、フロント側同様に清掃して組み付けました。

そうこうしてるうちに、エンジン・オイルも抜き終わったので、新しいオイルを注入してオイル交換も終わり、次に冷却液の交換を行いました。

冷却液を抜いてる間に、ラジエター・キャップの点検を行いました。
何時ものテスターでの点検結果、ラジエター・キャップがダメでした。
開弁圧力を基準値で保持出来ない事が判明し、今回は、このラジエター・キャップも新品に交換する事に致しました。
20111001_4
冷却液が抜けたところで、ラジエター内部やウォータージャケット(水路)内も十分に洗浄した後、新しいLLCを補充して冷却液の交換も完了致しました。

駆動系もエンジン・カバーを外して、各部を点検致しました。
クラッチは想定していた以上に減りは少なく、まだ残量も残ってましたが、ベルトに関しては、そろそろって感じでしたので、次回半年後の6ヶ月点検の時には交換する予定になりました。

むかし乗ってた「GPX250R」も確か5万キロ以上は乗ってたと思いますので、
この「FORZA T」は、10万キロは目指したいですネ!

これからも当店でメンテナンス・サポートさせて頂きますので、ヨロシクお願い致します。

| | コメント (0)

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »