« 2011《Dio Cesta》入荷! | トップページ | GSX1300R隼ブレーキキャリパOH »

2011年9月28日 (水)

TODAYプリズムイエロー納車!

今年は後半位から黄色のバイクが良く売れてます。
少しは景気が回復して来たのでしょうか?
バブリーなイエローの注文が多くなって来ました。

20110928_1今日納車した「TODAY」は、今年の新色「プリズムイエロー」です。
トゥディの黄色は、2008年の「オリオンイエロー」以来3年振りで、「オリオンイエロー」の薄い「レモンイエロー」っぽさに対して、少しだけ濃い「山吹色」って感じです。

強い太陽光の下では、一見は普通の黄色と思わせておきながら、日陰や見る角度では、濃い目の少し橙(だいだい)がかった山吹色にも見えます。
20110928_4今回のカラーリングも相当考え抜かれた色使いで、黄色と云えども重みのある大人の落ち着きを感じさせます。

この一連のひじょうに厚みがあり高級感漂う仕上がりには、ホンダが変なコストダウンを行わず、スクーター全モデルに吹き付け塗装を行っているからで、安っぽいプラッスチック樹脂成型着色じゃ無いからです。
同価格帯のスクーターで、例え数万円安かったとしても、この充実装備と高級感は、価格以上のお買い得感があると思います。

20110928_22008年にフルモデルチェンジした「トゥディ」は、燃料供給方式にPGM-FI(電子制御燃料噴射装置)の採用や、排ガスを浄化するキャタライザー内臓マフラーを採用し、とても地球環境にクリーンで、しかもリッター73km(30km/h定地走行テスト値)もの低燃費性能で登場しました。

毎年細かいバージョンアップを受けながら進化し続ける「トゥディ」ですが、今年のモデルは、次世代PGM-FI(プログラムドフェーエルインジェクション)の搭載や、新形状カムシャフトを採用の新型式<AF-70E>エンジンを搭載し、3年振りの大幅な改良が加えられました。

燃料フューエルポンプも新設計され、電子制御ユニット(ECU)のセッティングも変更。
これにより中低速のトルクやエンジンタフネス性の向上を実現しています。

寒い朝などの始動を容易にするとともに、バッテリーが完全に放電した場合でも、なんとキックによって始動ができる、ホンダだけの先進の独自システムや、キック始動時に軽い力20110928_3 で踏める3軸機構や、使い勝手を高めた前踏み式のキックペダルは、もちろん今回の11年モデルにも継承されています。

また、左のレバーを握るだけで前輪にも適度な制動力を配分するホンダ独自の「コンビブレーキ(前・後輪連動ブレーキ)」は、11年モデルからは、新法規対応で前後連動ブレーキ系統を独立装備。
更に安定した制動力を得ることを可能にしました。

20110218_3最後に今年のモデルからは、ハンドル・グリップを握り易い新デザインに変更し、転倒時のスロットル誤作動を防止するグリップ・エンドを新規採用しました。

まだまだ書ききれない充実装備と、ここまでの大幅なバージョンアップがされても、なんとお値段は据え置き!

《 Honda TODAY 》
メーカー希望小売価格\128,000(税込本体価格:\134,400)

その「TODAY」も大特価販売中!
詳しくはこちら
↓↓
「TODAY」特価セール!

|

« 2011《Dio Cesta》入荷! | トップページ | GSX1300R隼ブレーキキャリパOH »

販売(新車・中古車)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2011《Dio Cesta》入荷! | トップページ | GSX1300R隼ブレーキキャリパOH »