« XJR400Rキャブセッティング! | トップページ | ハスクバーナ電動バイク! »

2011年9月16日 (金)

SPACY100ベルト粉砕!

閉店も間近の20時過ぎ、走行中に突然駆動不能になったと云う訴えで、「SPACY100」にお乗りのお客様が駆け込んで来ました。

当店前の国道1号線(第二京浜)沿いには、20時を過ぎて営業しているバイク店は殆どありません。

辿り着いた時、お客様は息を切らして汗だくでした。
相当に長い距離をバイクを押して当店に辿り着いた様です。

お客様自身にも自覚があり、走行中のバイク左側後部から異音が発生した直後に走行不能に陥ったそうで、やはりドライブ・ベルト切れを疑っての来店でした。

20110916_12003年式のスペイシー100ですが、走行距離は3万5千キロほど走っております。
1万キロくらい走行してた中古車でこのバイクを購入して以来、ご自身では2万5千キロほどを走行しておりますが、このバイクを乗り始めてから今日まで、全くメンテナンスを行った事がなく、乗りっ放しだったそうです。

疑う余地も無くなり、早速エンジン・カバーを外し駆動系内部を診てみました。
ベルトは切れてるどことかバラバラに粉砕してました。
20110916_3ドリブン側プーリーに巻きつき食っちゃって大変な事になってました。

プーリーに巻きついたベルトの残骸を二人掛りで取り除きました。
一人がプーリーを広げている間に、もう一人が食ったベルトを抜き取り、エンジン・ケース内に残ったベルトの残骸を掃除して、新しいベルトを組み付けました。

そうです。当店では、もはや3世代前(8年前)となった、古いバイク(スペイシー)の部品(ベルト)も、何故か?ちゃんと在庫してたんですネ!
お客様は救急外来にも関わらず、入院せずにその場で修理も終わり、お帰りになりました。

20110916_2ベルトは消耗品で、ゴム部品の性質上、距離だけでなく時間の経過でも劣化が進み、最後には必ず切れるか破損してしまい、走行不能となります。
出先でベルトが切れて走行不能の立ち往生は、大変困ると思います。
ロードサービス呼んでも、それなりに高い料金が掛かります。
また、切れたベルトがプーリーに巻き付きロックして、急ブレーキが掛かり転倒などの事故に繋がる事もあり大変危険です。

こんな事が無いように、当店では日頃から整備の必要性をご説明しています。
当店で車両販売させて頂いたお客様なら、納車の時には勿論、その車両に乗っている距離や時間から、事前にDMや来店の時などに、次にそろそろ交換を必要とする消耗部品などをお知らせしています。
それ以前に、うちのお客様では定期的な点検を実施して頂いているので、今回のような、ベルト切れなどでの修理は皆無で、全く有り得ない事ですが・・・

スクーターにお乗りの方は、切れる前の予防整備として、必ず定期的(2万キロ前後又は4年毎)なベルトの交換をお勧めいたします。
心当たりの方!早めに交換してください。!

|

« XJR400Rキャブセッティング! | トップページ | ハスクバーナ電動バイク! »

修理(駆動系/タイヤ・チェーン)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« XJR400Rキャブセッティング! | トップページ | ハスクバーナ電動バイク! »