« ディオ点検・整備 | トップページ | おみやげ-33 »

2011年8月12日 (金)

スーパーカブ110カスタム!

経済性&利便性の高さから原二がブームですが、その中でもオートマ・スクーターを差し置いて、当店ではギヤ付マニュアル車の「SUPER CUB110」が、何故か好セールスを続けています。

20110724_1_2その「SUPER CUB110」をお買い求め頂く、当店のお客様のほぼ100%の方が、何らかのオプション・パーツの装着や、カスタムを施しているのも特徴的で、ここからも、このバイクの魅力を垣間見る事ができるように思います。

先々月に納車したカブ110「コルチナホワイト」のお客様も、新車からカスタムのご依頼を頂き、その後も少しずつカスタムを重ねて来ました。
そして今回のマフラー換装が終わったところで、ひとまず完成のようですので、ここで一度ご紹介しておきます。

20110724_2まず、このカブ110を見て最初に目を引くのが、おしゃれなツートンカラーのダブル・シートです。
当然これで2人乗りが可能になりますし、見た目もゴツいキャリヤーが無くなり、働くカブからストリート・スポーツ風に、イメージがガラりと変わりカッコよくなりました。

20110724_7他の方では、荷物を積みたい時にキャリヤーを必要とする場合に、後部シートが脱着可能なピリオン・シートを装着してる方もいます。

20110724_4ホワイトの車体を引き立ててる定番のリヤ・サスは、赤色(レッド)のものを選びました。
アクセントになって、これもカブのイメージ・アップに必要不可欠なパーツです。

20110724_8リヤ・サスは、車体色や好みに合わせて、他にイエローやクロームもあります。

20110724_5チェンジ・ペダルは、シーソー式ながらツマ先でのシフト・アップも可能な、スポーツ・チェンジペダルへ交換しました。


20110724_3_2次に拘ったのがマフラーです。
性能だけ考えれば、カチ上げ風のアップ・タイプのマフラーも有りましたが、この手のマフラーだと、サイレンサーがタンデム・ステップに近いラインを通る為、足がサイレンサーに接触してしまう危険性もあります。
そこで、せっかくダブルシートにしたので2人乗りした時の事も考慮して、ノーマル・マフラーとほぼ同じラインを通るサイレンサーで、政府認証「JMCA認定品」マフラーでありながら、音質はもちろんの事、性能向上も得られるマフラーを探し、今回は「ナナカンパニー」のマフラーをチョイスしてみました。
20110724_9キャタライザー(触媒)を内臓していながら、ひじょうに歯切れの良いサウンドを奏でてくれて、オールステンレス製ポリッシュ仕上げのマフラーは、しっかりした作りで綺麗な仕上がりでした。

マフラーは、同じダウンタイプでは、写真の「モリワキ」製も人気です。
他にも数種類ラインナップされてますので、価格帯や好みで選べます。

20110724_6最後にハンドル・グリップにも拘り、今回は耐震GEL材質を使った、アウターラバーがソフトで、インナーラバーがハードな二重構造を持つグリップを選びました。
このグリップは、適度な硬さと柔らかさを兼ね備え、手の疲労を軽減しハードブレーキングを行うレースやスポーツ走行にも適しているため、原付~リッタークラスのスーパースポーツ車まで、オールラウンドに使用可能なグリップで、当店でも人気の商品です。

20110724_1020110724_11他のお客様では、ヘッドライト周りのアクセントとして、写真のウインドシールドを装着したり、クリアーレンズのウインカーへ交換したりと、カスタム・パーツが豊富なのもカブの特徴で、ホビー感覚で長く楽しめるのもカブ110の魅力です。
20110724_12実用では、写真の超大型56Lラゲージボックスなども装着可能で、仕事でも趣味にも多目的で使えるバイクです。

当店はカブ・シリーズに関しても20年以上の実績があり、カスタムに関しても自信があります。
只今!カブ・シリーズ大特価販売中!
カスタム自分流!お好みのカスタム承ります。
詳しくは→こちら「SUPER CUB110

|

« ディオ点検・整備 | トップページ | おみやげ-33 »

修理(エンジン・マフラー)」カテゴリの記事

修理(カスタム・加工・特殊)」カテゴリの記事

修理(ハンドル・シート・ステップ)」カテゴリの記事

修理(足回系/サスペンション)」カテゴリの記事

販売(新車・中古車)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ディオ点検・整備 | トップページ | おみやげ-33 »