« RS250フォークOH | トップページ | ディオ点検・整備 »

2011年8月10日 (水)

PCX125バルブクリアランス調整

<NUPPYさん>から「PCX125」の整備を頼まれました。

今回は、走行距離も5千キロに到達した事から、エアー・クリナー・エレメントの交換と、バルブ・クリアランスの調整を行う事となりました。

ちょっと早い気もしましたが、レーサー(競技車両)ばかりを乗り継いできた<NUPPYさん>にとっては、通勤で使用の実用車(PCX)も、レーサー・スペックで整備されるんですネ!
乗り方もレーサー・スペック?ですし・・・

20110810_1先ずは、エアー・クリナーから、ここはフタを外せば簡単に脱着できます。
エレメントを外してビックリ!予想外に汚れてました。
葉っぱも入ってましたし、新品と比べると、どんだけ汚れてるか判ります。
これも燃費が落ちてきた原因のひとつ?・・・・
交換するには少し早い気もしましたが、交換して大正解でした。
ここは工賃込みでも2千円ちょっとで交換できる部分ですので、どんどん交換しちゃった方が良いですネ!

20110810_2次にバルブ・クリアランスの調整ですが、このPCXは、何をやるにも、ご覧の通り外装バラバラです。
エンジンに到達するまでが、長いんです。

20110810_3やっとシリンダー・ヘッドにまで到達できましたが、作業前に、エンジン・コンプレッション(圧縮圧力)や、現時点でのクリアランスを事前に測定してみました。

コンプレッションは基準値内に納まっておりましたが、ここも予想外にクリアランスが少し基準を逸れて、給排気とも広がってる事が判りました。
1万キロくらいで行えばOKと思っておりましたが、ここも今回点検しておいて本当に大正解でした。

20110810_4この後エンジン・オイルを交換して、いつも2回に1回のペースで行っているオイル・クリーナーの清掃も行い、全ての作業は完了致しました。
ここまでの作業時間はトータルで3時間程度でした。

ちなみに<NUPPYさん>の場合は、オイル交換もマメに行い、初回5百キロで交換した後は、千キロ毎に交換してきました。
ミッション・オイルは初回千キロの時点で交換済みです。

この調子で行けば、今回のPCXも、その前に12年間乗っていたスペイシー125のように、ノートラブルで長く乗れると思います。
当店もサポートさせて頂きたいと思いますので、これからもヨロシク!

|

« RS250フォークOH | トップページ | ディオ点検・整備 »

修理(エンジン・マフラー)」カテゴリの記事

修理(燃料系)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« RS250フォークOH | トップページ | ディオ点検・整備 »