« PCX125バルブクリアランス調整 | トップページ | スーパーカブ110カスタム! »

2011年8月11日 (木)

ディオ点検・整備

当店で2007年に中古車で販売したDIO(AF62)の24ヶ月点検を行いました。

この車両は、2004年式の1万キロほど走ってる中古車でしたが、キッチリ整備して納車したので、これまでもノートラブルでトータル2万キロを走行しました。

前回の12ヶ月点検の時には、スパークプラグやエアークリーナーを交換しました。
今回の点検・整備では、今までの整備暦や距離・時間から想定して、駆動系を中心に整備する事になりました。

中古車で納車した当時、タイヤは新品に交換して納車しましたが、あれから4年が経過してますので、特にタイヤが磨耗していた訳でもなく、まだ溝も残っていましたが、タイヤの経年劣化を心配して交換する事をお勧めしました。

20110811_1ドライブ・ベルトに関しても、新車からの7年間一度も交換した記録が無い上、交換推奨時期の2万キロにも到達する事から、これも交換する事をお勧めしました。

一般的にゴムで出来ているタイヤやベルトは、オゾンや紫外線の影響を受けて固く硬化して行きます。
そして柔軟性が無くなり亀裂が発生したりて、ベルトは切れたり、タイヤは滑るようになります。
ベルトは4年毎もしくは2万キロで、タイヤは溝が残っていても通常は3年毎の交換をお願いしています。

20110811_2タイヤに関しましては、普通に問題なく交換作業は終わりました。
次にベルトを交換する為、エンシンカバーを外し、念の為に前後のプーリーも外して点検したところ、ウエイトローラーとクラッチが酷く磨耗している事が判り、急遽ここも交換する事になりました。

ウエイトローラーは想定内ですが、クラッチが2万キロ程度でここまで磨り減るのは稀です。
このお客様の様に、市街地や商店街などを自転車代わりに使用している主婦の方などで、ゴーストップを繰り返しクラッチを多用する走りをする方は、クラッチの磨耗が早いように思われます。

この他エンジンオイルの交換なども行い、本日の整備は全て完了いたしました。

中古で買ったバイクでも、ちゃんとメンテしてれば、まだまだ長く乗れると思いますので、大事に乗ってあげてください。
本日は有難う御座いました。

|

« PCX125バルブクリアランス調整 | トップページ | スーパーカブ110カスタム! »

修理(車検・点検)」カテゴリの記事

修理(駆動系/タイヤ・チェーン)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« PCX125バルブクリアランス調整 | トップページ | スーパーカブ110カスタム! »