« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

2011年8月31日 (水)

RS250キャブOH

先日のブログでも取り上げたRS250の整備の続きです。

20110831_1ネットオークションで購入したこのバイクは、当初より色々なトラブルを抱えてましたが、今回はその頃より問題になっていたエンジン不調を改善すべく、キャブレターのOH(オーバーホール)を行う事になりました。

お客様の訴え症状としては、エンジン片方の排圧が低く片肺気味だと云う事です。

早速キャブを分解しようと診てみると、キャブ側のスターター・ケーブルの納まる部分のナット(プラスチック製)が、キャブのボイディー側に折れ込んでる事が判明しました。
これじゃ~エアでも何でも吸っちゃいます・・・
20110831_2
早速壊れてる部品の調達ですが、このバイクはアプリリア(外車)の旧車で、しかも絶版車なので、前回の修理でもパーツの調達に時間が掛かりました。
やはり今回も、この位の部品でバイクを長期にお預りしたくありませんでした。

RS250ってガンマだよネ!
って事で、確かエンジンがVJ2何とかと一緒だったと思ったので、スズキの純正部品で、同じキャブの部品を探し出しました。

キャブは順調にOH(分解清掃)も終わり、調整して片肺状態も回復しました。

心配したクランク・シールの抜けは無さそうな感じでした。

| | コメント (0)

2011年8月30日 (火)

CBR1000RRエアークリーナー交換

20110830_1<NUPPYさん>彼女から、エアークリーナーのエレメント交換を頼まれました。

1万6千キロほど走ってる2007年式「CBR1000RR」ですが、去年の車検の時も含め、この辺のメンテは行ってなかったらしいので、ツーリングも近づいて来ましたし、軽くメンテしておく事になりました。

20110830_2CBRのエアークリーナ・エレメントは円筒形のものが二つ付いてます。
写真の上(赤い方)が新品のエレメントで、下が今まで付いてたエレメントです。
汚れて色が変わってるのが判りますが、内側には黒い埃が大量に堆積してました。

20110830_3更に中を覗くと、片方のエレメントの中には昆虫(蛾?)がお亡くなりになってました。
この虫を見て(キャー!怖い!)みたいな女の子っぽい仕草を見せてくれましたが、新しいエレメントに交換して、これで更にパワーアップしちゃうと思いますので、みなさん!負けないように気張って走ってくださいネ!

20110830_4最後にスイングアームの所に付く、スタンドフックを取付けました。
レーシーで、ちょっとカッコイイパーツですが、これは半ば当店のお願い的リクエストで、レーシングスタンドを立てる時に、うちの小柄な<カズちゃん>が楽なので付けて貰いました。
千五百円くらいで付いちゃいますので、当店でメンテをご用命のお客様は、装着して頂けますと助かりますので、ぜひとも宜しくお願い致します。

それではツーリング楽しみにしてます。
有難う御座いました。

| | コメント (0)

2011年8月29日 (月)

ウエストポイントへ行って来ました。⑩

子供が大きくなるに連れて、家族全員が揃う機会も少なくなりましたが、今年も夏休み最後の月曜日(定休日)は、家族全員でモトクロスコースへ行って来ました。

20110829_3_2今日は普段行ってないモトクロスビレッジへ行く予定でしたが、午前中に別の用事があって時間的に遅くなってしまい、今回もいつものオフロードビレッジの方へ行きました。

現地オフロードビレッジは予想以上に空いてました。
風はすっかり秋でしたが、相変わらず日差しは強く夏でした。
それでも気温は30度を下回り、割と過ごし易い一日でした。

バイクを一台積んでくのを忘れました。
三男坊のKX85(スモールホール)です。
20110829_2仕方ないので、三男坊は次男のKX85-Ⅱ(ラージホイール)に交代で乗り、次男と長男でCRF250を交代で乗ることになりました。
何れにしろ三男坊も今年から中学生なので、本当ならラージホイールに乗り換える時期です。
上のお兄ちゃん達は、既にこの時期にはラージに乗ってましたし・・・

早速、三男坊がKX85-Ⅱに跨ってみると、両足とも地面に付きました。
いつの間にか背が高くなってたんですネ!
家は、ずっとこんな感じで、子供の成長をモトクロスコースで確認してる気がします。

一日中Aコースで走りましたが、家のファミリー以外は誰も走ってなく、ほぼ貸切状態でした。
20110829_1兄弟4人でバイクを取り替えっこしながら走りました。
50(PW/CRF)は2台持ってったので、末娘はPW50とCRF50を交互に乗ってました。
Aコースにも大分慣れてきたようでした。

最後にトランポを停めてる初心者コースで、長男と次男でレースを始めました。
使ったバイクは長男がCRF50、次男がPW50でした。
我が子が10年ぶるりくらいに乗る50CCでの競争に、小さかった頃の昔の面影はありませんでした。
サーカスの熊みたいな2人を見て、時間が経つのも早いもんだナぁ~っと思いました。

詳しいレポートはこちら→ 「EVENT INFORMATION

| | コメント (0)

2011年8月28日 (日)

R1200GS-ETC取付

「R1200GS」っと云っても、何時もの「監督」の白い「ADVENTURE」ではありません。
20110828_1今回のは別の赤い「R1200GS」で、今回が当店に始めてのお客様でした。

ETCの取付けと、ウインドシールドの交換依頼でした。

超忙しい時期で、狭い店内は他の修理預り車で溢れ返ってました。
これ以上大柄なバイクを長期にお預りする事が出来なかったので、なんとか最短で作業を終える方法を考えてると・・・

20091126_4丁度良いタイミングで「監督」が「ADVENTURE」に乗って来店しました。
「監督」の「R1200GS」には以前当店でETCを付けた事が有るので、忘れ掛けてたETC車載器の設置場所や電源などを、事前に改めて確認する事が出来ました。
←「監督 R1200GS ADVENTURE」
今回も先にセットアップ申請を先に済ませておき、セットアップが出来上がった頃合で、
準備万端整った所でお客様に来店頂きました。

20110828_2お客様から頂いた時間は3時間ほどで、17時までには完成するお約束でした。
段取り通りに運び、ETC取付けはスムーズに完了いたしました。
ここまでは時間的に余裕でしたが、最後のウインドシールドの交換で、予想外に時間が掛かり、残念ながら約束の時間に間に合わせる事が出来ませんでした。

結局この日はバイクをお預りする事になり、納車は翌日になってしまいました。

それでもお客様にご協力頂き、次の日のお昼頃にはバイクを引き取りにきて頂きました。

綱渡りな毎日が続きます。

| | コメント (0)

2011年8月27日 (土)

ZRX1100タイヤ交換

20110827_3今日は朝から「被害者の改」さんのバイク「ZRX1100」のタイヤ交換をしました。

フロントは3月の車検の時に交換したので、今回はリヤタイヤを交換しました。

今まで履いてた「パイロットロード2」は、真中は8分山なのにサイドはツルツルでした。
ここまで持ったのか?持たせたのか?は別として、以前履いてた「D221」の時の千キロ多い9千キロほど持ちました。(フロントは何故か?7千キロしか持ちませんでした・・・)

20110827_1普通に乗ってれば1万5千キロ以上は持つタイヤなんですが・・・
やはりライディングスクールで走り回っているのが、磨耗を早めているようです。
しかも左右非対称に減ってて、右側が特に減ってサイドが溶けてました!

逆に真中だけ減ってタイヤ交換される方が多い中で、ここまでサイドが溶けるほど走り込んでいただくと、バイクを乗りこなしてる感じで、バイク屋としては嬉しいですけどネ!

20110827_2今回も、タイヤはフロントと同じ《 PILOT ROAD3 》を選びました。持ちも然ることながら、ウエット性なども向上している事から、期待の持てるタイヤなのですが、「被害者の改」さんの場合は、どんなタイヤを履いても同じのような気がしてきました。

複雑骨折もジジイになって治りが悪いようですが、痛い腕をかばいながら、バイクに乗って帰られました。

今度のツーリングは宜しくお願い致します。

| | コメント (0)

2011年8月26日 (金)

CYGNUS燃料ポンプ交換2回目

先日別件で「CYGNUS125X-FI」にお乗りのお客様が来店された際に、もしかしたら?メーカーより<サービスキャンペーン>の案内が届いてませんか?っと聞いてみると、やっぱし届いてたようです。

20110826_12年前の2009年にも、同様の不具合内容でサービスキャンペーンがあり、この車両に関しては、既にその時点で燃料ポンプを良品へ交換してありますが、去年の12月にも再び同様の不具合内容で、サービスキャンペーンが出ていたのです。

ちなみに<サービスキャンペーン>とは、リコールや改善対策に該当しない商品性向上や品質改善を行なう場合に、自動車製作者が国土交通省に通知をして対策を実施する制度です。

20110826_2今回の不具合内容詳細は、「燃料ポンプにおいて、樹脂製インペラ(燃料を圧送する羽根車)の成形条件が不適切なため、燃料温度が高い状態で継続使用されるとインペラが変形し、燃料ポンプ内で干渉することがある。
そのため、燃料吐出量が低下して加速不良や始動不良となり、最悪の場合、走行中にエンストするおそれがある。」と云うものです。

改善内容は、前回同様「燃料ポンプを良品と交換」ですが、ご覧の通り外装はバラバラになってしまいました。
1時間ちょっとの時間が掛かりましたが、今回も無事に作業は完了いたしました。

| | コメント (0)

2011年8月25日 (木)

VRXロードスター車検

当店は今年も夏休みなしで営業していましたが、今年は輪番操業などで8月6日頃から8月18日頃までは、どこのメーカーさんも皆お休みでした。

お蔭で部品の入荷が止まってしまい、故障などのお預り車両の修理が全くできませんでした。

20110825_18月21日。一気に頼んでた部品が入荷し、世間も完全に休み明けしたようで、どっとお客様が来店いたしました。

そんな、超!忙しくて、てんてこまいしている最中、「VRX ROADSTER」ご所有と云うお客様よりTELが入りました。
このお客様も車検が切れるのを忘れてたようで、なんと車検は明後日には切れてしまうと云う事でした。

長らくお待ちい頂いていた当店のお客様や、予約を頂いていたお客様を優先しなければなりませんが、どんな過密スケジュールでも、何とかするのが「ファンホイールズ」です。
事は緊急を要するので、当店には始めてのお客様でしたが、今回も快諾させて頂き車検をお受けする事に致しました。

20110825_2ところが、このVRX・・・
1996年式15年前のバイクですが、今まで殆どメンテナンスして来なかったと云う事で、点検してみるとリヤのブレーキパッドは残量が無く、致命傷はステムベアリングが逝っちゃってました。

これでスンナリ車検を通す事ができなくなり、改めて交換部品の注文をして、車検の予約も取り直す事になりました。

そして本日。予定を1日オーバーしてしまいましたが、ベアリングの打ち換えなどの整備も完了し、無事に車検も通り、お客様に納車する事ができました。

お預りしてから2泊3日で納車する事ができましたが、既に次のお客様の予約が入ってたので、そんな事情で、小さな店でバイクをお預りする事が出来ず、無理言ってバイクを取りに来て頂きました。

ご協力に感謝申し上げます。
お近くにお住まいのようなので、これからも宜しくお願い致します。
ありがとうございました。

| | コメント (0)

2011年8月24日 (水)

FORZAサービスキャンペーン②

去年の夏も交通事故が多かった様に記憶しておりますが、今年の8月も立て続けに4件の事故修理依頼がありました。

軽く後ろから追突されたり、左折巻き込みなどの事故が殆どで、幸いにも重大事故に繋がったケースは有りませんでしたが、今年も暑かったし、あの猛暑で皆さんの集中が切れてたのかも知れませんネ!
まだまだ残暑続きそうですので、安全運転には十分気を付けて頂きます様お願い致します。

そんな中の1台に、バイクを駐車中にフロント周りを軽く接触されたと云うお客様から、「フォルツァZ(MF10)」の外装交換の修理依頼がありました。

アッパーカウルとヘッドライトのパーツ2点の交換程度で、大した作業内容では有りませんでしたが、その部品を注文する為、メーカーと繋がってるPC画面より車体番号を入力したところ、今回も、この車両が<サービスキャンペーン>対象車であることが判明しました。

20110824_1_2<サービスキャンペーン>は、<リコール>や<改善対策>などの、どちらにも該当しない場合のもので、商品性や品質の改善のためにメーカーが行う修理・改修です。

今回対象となった「FORZA Z」の場合、エンジン制御コンピュータ(PGM-FIユニット)の燃料噴射量制御プログラムが不適切なため、エンジンがアイドリング状態での後輪駆動用遠心クラッチが切れた低車速から加速しようとすると、スロットルを開けた瞬間の燃料噴射量が不足してエンジン回転が不安定になり、エンジンが停止する恐れがあると云うものでした。

事故修理も直ぐに終わり、引き続き対策品のECU(PGM-FIユニット)を交換して、システムの初期化を行い、無事に全ての作業は完了いたしました。
もちろん!この対策品交換の料金は無料です。

こんな感じで、初めて当店に来店されたお客様の中には、別件修理で<リコール>や<改善対策>、<サービスキャンペーン>に該当している事が判るケースも良くあります。
当店では、他店でバイクを購入したお客様でも、この様な保証修理に対応しますので、お気軽にご相談ください。

今後とも宜しくお願い致します。
有難う御座いました。

| | コメント (0)

2011年8月23日 (火)

ZRX400車検

先日のブログでもご紹介させて頂きました、「SUPER CUB110」にカスタムを施されているお客様の、もう一台のバイク「ZRX400」の車検を行いました。

今年の6月に車両(カブ110)を購入頂いて以来、足繁くお店に通って頂いているので会話も弾み、何気に(原二に乗ってるって事は、中免持ってるよネ!?)の話から、実は「ZRX400」を所有しているって云うので、それじゃ~今度一緒に走りに行こ~!っと云う事になりました。

20110823_1ところが中古で2年程前に購入したこのバイク(ZRX)、2年で2千キロしか乗ってないらしく全く整備もしてないので、いきなり走りに行くのは不安だと云う事から、一度当店で見せて頂く事になりました。

早速バイク(ZRX)を持って来て頂き見てみると、見る以前に1週間後には車検が切れる事が判明しました。
思いの外「SUPER CUB110」が快適な様で、このバイク(カブ110)を買ってからは、更にZRXに乗る機会が少なくなり、ご本人も車検満了日を忘れていた様です。

っと云う事で、先ずは車検を取る事になり、切れてるスロットルケーブルの交換程度で無事に完了致しました。

後はバイクに乗りに行くだけとなりました!
そんな訳で、このお客様も当店ツーリング倶楽部のお仲間入りです。
今度のツーリングにも参加ですので、皆さん!宜しくお願い致します。

| | コメント (0)

2011年8月21日 (日)

GSX-R1000フォークオイル交換

今日は朝から小雨がパラついてたので、来店予定の<丸ちゃん2号>にTELして、濡れちゃうから無理しなくて良いよっ!て云ったんですが、このくらいの天気なら来れる!って事になり、愛車の「GSX-R1000」に乗って、予定通り来店して頂きました。

そんな感じで今回は暫くやってなかった、フロント・フォークのオイル交換です。

20110821_2このバイクのフォークは、一般的なカートリッジ内臓タイプの倒立フォークですが、少々分解するのに手間取りました。

先ずはフロント・ホイールを外して、車体からフォークを取外しました。
次にオイルを抜く為にフォークのトップ・ボルトを緩め、アウターチューブから外します。

ここでアウターチューブを下へ引き下げる事が出来るようになり、出てきたガイドに特殊工具のフォーク・コンプレッサーを組み付けました。

ここまでの作業は順調に進みましたが、スプリングを外すのに一旦スプリングを下へ縮ませようと、フォーク・コンプレッサーを両手で押しましたが、一人の力では、全然下に下がる気配がありません。

噂としてバネが固いとは聞いてましたが、ここまで固いとは想像を越してました。

20110821_1_2そこで先程から横で見ていた、このバイクのオーナー様で力持ちの<丸ちゃん2号>と、普段はキーボードしか叩いてない、ちょっと頼りなさげな<ヤス坊さん>の2人掛かりで押してもらい、<カズちゃん>はセンターで、ロッドが一緒に下がらないように逆に上に引っ張っててもらいながら、せ~のっ!でスプリングを押し縮めました。
私はスプリングが下がったところで、ナットの下にストッパーを噛ます係りと、掛け声担当で参加しました。(せ~のっ!もっと力いれて~!←いつもの事ですが・・・)
何とか大人4人掛かりで無事にスプリングも外せ、オイルも抜く事ができました。

20110821_3抜いたオイルは元の色が無くなり灰色に汚れ、やはり水分を含んでいました。
古いオイルを抜いた後、<丸ちゃん2号>の「GSX-R1000」にも「SPECTRO」のフォーク・オイルを入れました。
このオイルの特徴は、スティクションを抑え摩擦抵抗を最小限にする添加剤、泡立防止剤、減摩剤、電気的に金属表面に保護膜を形成する腐食防止剤等がたっぷりバランス良く配合、処方された最高級オイルで、シールの膨潤、収縮、硬化を抑え、オイルもれを防ぎ寿命を伸ばします。
フォークの作動が大変滑らかになり、衝撃吸収性、路面追従性が大幅に向上しますので、きっと<丸ちゃん2号>も操作性の違いを体感できるはずです!(^o^)丿

最後に念入りにエア抜きした後、注射器で規定のオイル・レベルに合わせて、作業は完了致しました。

帰りも小雨が降り始めましたが、本日は雨の中を往復して頂き、大変有難う御座いました。
また宜しくお願い致します。

| | コメント (0)

2011年8月20日 (土)

EN125-2Aチェーン交換

8月の第二週(世間が盆休みに入る頃)だったと思います。
朝、店に出勤してみると、店頭に見慣れないバイクが置いてありました。

20110818_1置手紙には、走行中にドライブ・チェーンが外れて走行不能になったと・・・
状態を診ると、チェーンは真っ赤々に錆々で完全に伸びきってしまい、外れたチェーンは地面にダラリと垂れ下がっていました。
前後のスプロケットも著しく磨耗している為、これも対で交換になりそうです。

見慣れないバイクは「EN125-2A」と云う、中国の大長江集団がスズキのライセンス提供のもと、SUZUKIブランドで生産している原付ニのMT車です。

20110818_2_2この後、お客様からのTELがあり、不具合状況の説明と作業日程を説明させて頂きました。
この車両は、日本の本家SUZUKIが正規販売している車両ではなく、中国製の並行輸入車であり、しかも問屋も輸入業者も夏休みに入る為、部品入荷に少し時間が掛かる旨、ご連絡させて頂きました。

そして、なんと!注文してから11日目の本日(8/20)、やっと部品が入荷して来て作業をする事ができました。

行った作業は1時間くらいで終わる作業でしたが、完成してバイクを納めるまで2週間も掛かってしまいました。

大変お待たせ致しました。
お近くにお住まいのようなので、これからも宜しくお願い致します。
ありがとうございました。

| | コメント (0)

2011年8月19日 (金)

レイニー・ウエイ

今日も病院でした。
大雨予報も出てたし、夏休みも無く働いてたので、今日は臨時休業しちゃおうかと思ってましたが、思いの外病院が早く終わったので、やっぱし店開けちゃいました。

検査結果は循環器系に関しては完璧でした。
まだ何度か行かなきゃならないようですが、これが終わったら、今度は消化器系でも調べてもらおうかと思ってます。
ま~病院は趣味ですから・・・
最近、私にとって床屋と病院が唯一、気の休める場所って感じで、レジャー感覚で楽しんでます。

病院の帰りに豪雨にみまわれました。
こんだけスゲー雨は、何年ぶり?って感じでした。

こんな土砂降りの今日(8月19日)は語呂合わせで「バイクの日」です。
1989年に総務省交通対策本部が制定したらしく、 バイクの安全を考え、バイクによる交通事故の増加を防ぐための日だそうです。

その前に、こんだけ降るとバイク乗る人いないけどネ~!
そんなもんで今日は暇だぞ~って思ってたら、予定通りに雨の中をバイク持って来て頂いたお客様が数名いました。
律儀に来店の約束を守って頂き、感謝申し上げます。
雨の中、大変有難う御座いました。

| | コメント (0)

2011年8月18日 (木)

Dioエアークリーナー交換

今日は、当店に初めて来店されたお客様で、エンジン不調のディオ(AF34)を預かりました。

始動性やアイドリング状態には問題なさそうですが、走り出すためアクセルを開けようとすると、モコモコ云って加速せずスピードに乗らないらしいです。

半年ほど前にも同様の症状があり、その時は他店で診て貰ったそうですが、マフラーの詰まりと云う事で、マフラーを新品に交換したそうです。
またその時には総合的な点検も実施し、スパークプラグやエアークリーナーもOKとの事でした。

そうすると何が原因なのでしょうか?
キャブレターでも詰まってるのでしょうか?

ところが、キャブレターを調べても不具合は無さそうです。
点火系?CDIかな?・・・・

20110820_1原因が判らないまま、一応基本的な整備状態を確認しておくため、OKの筈のエアークリーナーを点検して診ると、エアークリーナーのエレメントがボロボロに腐ってました。

既に半分くらいの面積が粉々に粉砕して無くなってました。
その欠片の一部がキャブレターの口を塞いでいたようです。

原因は至って単純で、一般的な整備不良と云う事が明らかになり、新品のエレメントに交換して修理は完了いたしました。
20110820_2それにしても半年前に点検した時には、エアークリーナーは診なかったのでしょうか?・・・

今回は、修理受付の際の問診段階で、もう少し詳しい過去の整備暦や点検記録簿などがあれば、ここまで修理に手間取らなかったのですが、単純な修理の割に時間が掛かってしまいました。

病院に行った時にも、過去の病歴や服用している薬などを聞かれると思います。
バイク屋では、そんなうるさく聞きませんが、出来るだけ過去の整備暦や、症状などを正確に詳しく教えて頂けると、修理も早く安くあげる事が出来ますので、ご協力宜しくお願いいたします。(あれば整備記録の記載されてる点検記録簿の持参もお願いします。)

| | コメント (0)

2011年8月17日 (水)

2012年型シェイクダウン!

15日にブルノ・サーキットで実施されたオフィシャルテストで、ホンダとヤマハが2012年型プロトタイプマシンのテストを行ったそうです。

20110817_1ダニ・ペドロサは、5月のヘレス・サーキットの時には怪我でお休みだったので、1000cc(RC213V)マシンは今回が初走行。
エンジンは990ccマシンの時と似てるらしく、重量と挙動に関しては、少し軽くなってるらしい。

20110817_2ホルヘ・ロレンソも1000ccマシンは初テストだったらしく、ひじょうにポテンシャルの高いマシンに仕上がってるそうです。

来年のMotoGPが楽しみです。

| | コメント (0)

2011年8月16日 (火)

GSX1300R隼ツーリング前点検

今日も大森の社長<オキちゃん>がハヤブサで登場しました。
ちなみに今日は<オキちゃん>の誕生日でした。
このハヤブサも4年前の今日、誕生日に合わせて納車したんでしたっけネ!
おめでとうございます。早いもので、あれから4年も経つんですね!
そんな<オキちゃん>は、今年も青森に行く予定のようで、毎年恒例になってる青森前点検を行いました。

先ずは普通にエンジン・オイルの交換と、オイル・フィルターの交換から始めました。
オイルは何時も入れているフルシンセ(10W-40SL/MA)を入れました。
ラーメン屋と云えばスープが命!?バイク屋と云えばオイルが命??っと云われる様に!
(あまり云われてませんが・・・・)
20110816_2当店が開店当時より使用している自慢の純国産(日本製)オイルが、この「三和化成工業株式会社」製造の「VERITY」です。
他のバイク屋では、なかなか使ってないオイルで、当店の最も拘ってるものの一つで、特徴でもあるのがこのオイルです。

このオイルは高級エステル+PAOをベースとした、最上級グレードの耐熱エステル系化学合成油です。
特長としては、①特に優れた耐熱性「夏場の渋滞などで油温が高くなる時でも安定した走行が出来、劣化生成物が発生しにくい。」②優れたせん断安定性「エンジンの高回転で発生し易いオイルの粘度低下を防止。」③優れた極圧性「急発進などの過酷な衝撃過重にも耐えエンジン内を保護。」④二輪車対応(4サイクル)「MF剤(摩擦調整剤)を厳選し二輪車独自の湿式クラッチでも滑りません。」⑤レースでの使用可能「二輪、四輪のレースにも使用出来、耐久レースでは実績もあり。」・・・・こんな感じで、当店の荒くれ者達を支えている、信頼の出来る頼もしいオイルです。

20110816_1次に、これも恒例のEFIスロットルボディのクリーニングを行いました。
今回は、4月のプラグ交換の時にもやってるので、そんなに汚れてませんでしたが、青森までの長旅になるので、一応やっておきました。

そして最後に、これもスロットルボディのクリーニングと同様に、EFI装着車に欠かせない燃料添加剤「フューエルワン」を入れておきました。
今回の青森も2千キロ以上は走る予定ですので、燃料補給の度に連続した添加剤の注入が可能となる為、毎年この機会に注入しています。

20110529_1この添加剤「FUEL1+ANTIRUST」は、「清浄・防錆・水抜」の3大効能のある燃料添加剤で、ガソリンタンクに入れるだけで、タンク内やキャブレターなどの燃料中の水を除去します。
またタンク内壁、キャブレター、FIなどの金属部品を錆から守り、さらに燃料系統に溜まった汚れを除去します。
特にタンク内やキャブレター、FI、エンジン燃焼室、給排気バルブなどに付着するカーボンやワニス、ガム質を取除く効果に優れているので、原付スクーターから大型バイクまで、デリケートなEFI装着車には欠かせない、日頃から定期使用して頂きたいケミカルです。

以上で<オキちゃん>ハヤブサの整備は終わりました。
青森までの道中お気を付けて、いってらっしゃいませ!

| | コメント (0)

2011年8月14日 (日)

NSF250R実戦投入!

去年から国内(MFJ)ロードレースの「GP125」クラスの名称を「J-GP3」に変更して、2ストと4ストの混走になりましたが、これも今年が最後になり、2ストレーサーは姿を消す事になります。ちょっと寂しいですネ・・・

20110814_1これも少し古い情報ですが、先月(7/3)行われた「全日本ロードレース選手権シリーズ第3戦(もてぎ)」では、早くもホンダの4スト・ニューマシン「NSF250R」が2台が実戦へ投入され、#10「仲城英幸」選手が3位となり、「NSF250R」デビュー戦を表彰台で飾りました。

実戦デビュー戦ムービーはこちら

他のメーカーは、プロトタイプも出してないようですが、どうなるんでしょう?

来年の「Moto3」が楽しみです。

こんなホンダのレーサレプリカ!「CBR250R」も絶賛発売中!
詳しくはこちら→

| | コメント (0)

2011年8月13日 (土)

おみやげ-33

世間は盆休みド真ん中って感じですが、当店は今年も休まず営業しています。

この時期に営業していると、遠くへ引っ越してしまったりで、普段お会いする機会の少なくなった、古いお客様が尋ねて来ます。

20110813_1今日は朝から久し振りに、東京北区から<軍曹>が登場してくれました。
夕方には、大阪から<西の親方>が登場しました。
お土産有難う御座います。

今年は電力対策による輪番操業などで、当店のお客様方も夏休みが不規則なようです。
相変わらず仕事してる人もいれば、既に休暇の終わった人もいるようです。
早くも夏休みを終えた<NUPPYさん>からは、岡山土産を頂きました。
いつも有難う御座います。

| | コメント (0)

2011年8月12日 (金)

スーパーカブ110カスタム!

経済性&利便性の高さから原二がブームですが、その中でもオートマ・スクーターを差し置いて、当店ではギヤ付マニュアル車の「SUPER CUB110」が、何故か好セールスを続けています。

20110724_1_2その「SUPER CUB110」をお買い求め頂く、当店のお客様のほぼ100%の方が、何らかのオプション・パーツの装着や、カスタムを施しているのも特徴的で、ここからも、このバイクの魅力を垣間見る事ができるように思います。

先々月に納車したカブ110「コルチナホワイト」のお客様も、新車からカスタムのご依頼を頂き、その後も少しずつカスタムを重ねて来ました。
そして今回のマフラー換装が終わったところで、ひとまず完成のようですので、ここで一度ご紹介しておきます。

20110724_2まず、このカブ110を見て最初に目を引くのが、おしゃれなツートンカラーのダブル・シートです。
当然これで2人乗りが可能になりますし、見た目もゴツいキャリヤーが無くなり、働くカブからストリート・スポーツ風に、イメージがガラりと変わりカッコよくなりました。

20110724_7他の方では、荷物を積みたい時にキャリヤーを必要とする場合に、後部シートが脱着可能なピリオン・シートを装着してる方もいます。

20110724_4ホワイトの車体を引き立ててる定番のリヤ・サスは、赤色(レッド)のものを選びました。
アクセントになって、これもカブのイメージ・アップに必要不可欠なパーツです。

20110724_8リヤ・サスは、車体色や好みに合わせて、他にイエローやクロームもあります。

20110724_5チェンジ・ペダルは、シーソー式ながらツマ先でのシフト・アップも可能な、スポーツ・チェンジペダルへ交換しました。


20110724_3_2次に拘ったのがマフラーです。
性能だけ考えれば、カチ上げ風のアップ・タイプのマフラーも有りましたが、この手のマフラーだと、サイレンサーがタンデム・ステップに近いラインを通る為、足がサイレンサーに接触してしまう危険性もあります。
そこで、せっかくダブルシートにしたので2人乗りした時の事も考慮して、ノーマル・マフラーとほぼ同じラインを通るサイレンサーで、政府認証「JMCA認定品」マフラーでありながら、音質はもちろんの事、性能向上も得られるマフラーを探し、今回は「ナナカンパニー」のマフラーをチョイスしてみました。
20110724_9キャタライザー(触媒)を内臓していながら、ひじょうに歯切れの良いサウンドを奏でてくれて、オールステンレス製ポリッシュ仕上げのマフラーは、しっかりした作りで綺麗な仕上がりでした。

マフラーは、同じダウンタイプでは、写真の「モリワキ」製も人気です。
他にも数種類ラインナップされてますので、価格帯や好みで選べます。

20110724_6最後にハンドル・グリップにも拘り、今回は耐震GEL材質を使った、アウターラバーがソフトで、インナーラバーがハードな二重構造を持つグリップを選びました。
このグリップは、適度な硬さと柔らかさを兼ね備え、手の疲労を軽減しハードブレーキングを行うレースやスポーツ走行にも適しているため、原付~リッタークラスのスーパースポーツ車まで、オールラウンドに使用可能なグリップで、当店でも人気の商品です。

20110724_1020110724_11他のお客様では、ヘッドライト周りのアクセントとして、写真のウインドシールドを装着したり、クリアーレンズのウインカーへ交換したりと、カスタム・パーツが豊富なのもカブの特徴で、ホビー感覚で長く楽しめるのもカブ110の魅力です。
20110724_12実用では、写真の超大型56Lラゲージボックスなども装着可能で、仕事でも趣味にも多目的で使えるバイクです。

当店はカブ・シリーズに関しても20年以上の実績があり、カスタムに関しても自信があります。
只今!カブ・シリーズ大特価販売中!
カスタム自分流!お好みのカスタム承ります。
詳しくは→こちら「SUPER CUB110

| | コメント (0)

2011年8月11日 (木)

ディオ点検・整備

当店で2007年に中古車で販売したDIO(AF62)の24ヶ月点検を行いました。

この車両は、2004年式の1万キロほど走ってる中古車でしたが、キッチリ整備して納車したので、これまでもノートラブルでトータル2万キロを走行しました。

前回の12ヶ月点検の時には、スパークプラグやエアークリーナーを交換しました。
今回の点検・整備では、今までの整備暦や距離・時間から想定して、駆動系を中心に整備する事になりました。

中古車で納車した当時、タイヤは新品に交換して納車しましたが、あれから4年が経過してますので、特にタイヤが磨耗していた訳でもなく、まだ溝も残っていましたが、タイヤの経年劣化を心配して交換する事をお勧めしました。

20110811_1ドライブ・ベルトに関しても、新車からの7年間一度も交換した記録が無い上、交換推奨時期の2万キロにも到達する事から、これも交換する事をお勧めしました。

一般的にゴムで出来ているタイヤやベルトは、オゾンや紫外線の影響を受けて固く硬化して行きます。
そして柔軟性が無くなり亀裂が発生したりて、ベルトは切れたり、タイヤは滑るようになります。
ベルトは4年毎もしくは2万キロで、タイヤは溝が残っていても通常は3年毎の交換をお願いしています。

20110811_2タイヤに関しましては、普通に問題なく交換作業は終わりました。
次にベルトを交換する為、エンシンカバーを外し、念の為に前後のプーリーも外して点検したところ、ウエイトローラーとクラッチが酷く磨耗している事が判り、急遽ここも交換する事になりました。

ウエイトローラーは想定内ですが、クラッチが2万キロ程度でここまで磨り減るのは稀です。
このお客様の様に、市街地や商店街などを自転車代わりに使用している主婦の方などで、ゴーストップを繰り返しクラッチを多用する走りをする方は、クラッチの磨耗が早いように思われます。

この他エンジンオイルの交換なども行い、本日の整備は全て完了いたしました。

中古で買ったバイクでも、ちゃんとメンテしてれば、まだまだ長く乗れると思いますので、大事に乗ってあげてください。
本日は有難う御座いました。

| | コメント (0)

2011年8月10日 (水)

PCX125バルブクリアランス調整

<NUPPYさん>から「PCX125」の整備を頼まれました。

今回は、走行距離も5千キロに到達した事から、エアー・クリナー・エレメントの交換と、バルブ・クリアランスの調整を行う事となりました。

ちょっと早い気もしましたが、レーサー(競技車両)ばかりを乗り継いできた<NUPPYさん>にとっては、通勤で使用の実用車(PCX)も、レーサー・スペックで整備されるんですネ!
乗り方もレーサー・スペック?ですし・・・

20110810_1先ずは、エアー・クリナーから、ここはフタを外せば簡単に脱着できます。
エレメントを外してビックリ!予想外に汚れてました。
葉っぱも入ってましたし、新品と比べると、どんだけ汚れてるか判ります。
これも燃費が落ちてきた原因のひとつ?・・・・
交換するには少し早い気もしましたが、交換して大正解でした。
ここは工賃込みでも2千円ちょっとで交換できる部分ですので、どんどん交換しちゃった方が良いですネ!

20110810_2次にバルブ・クリアランスの調整ですが、このPCXは、何をやるにも、ご覧の通り外装バラバラです。
エンジンに到達するまでが、長いんです。

20110810_3やっとシリンダー・ヘッドにまで到達できましたが、作業前に、エンジン・コンプレッション(圧縮圧力)や、現時点でのクリアランスを事前に測定してみました。

コンプレッションは基準値内に納まっておりましたが、ここも予想外にクリアランスが少し基準を逸れて、給排気とも広がってる事が判りました。
1万キロくらいで行えばOKと思っておりましたが、ここも今回点検しておいて本当に大正解でした。

20110810_4この後エンジン・オイルを交換して、いつも2回に1回のペースで行っているオイル・クリーナーの清掃も行い、全ての作業は完了致しました。
ここまでの作業時間はトータルで3時間程度でした。

ちなみに<NUPPYさん>の場合は、オイル交換もマメに行い、初回5百キロで交換した後は、千キロ毎に交換してきました。
ミッション・オイルは初回千キロの時点で交換済みです。

この調子で行けば、今回のPCXも、その前に12年間乗っていたスペイシー125のように、ノートラブルで長く乗れると思います。
当店もサポートさせて頂きたいと思いますので、これからもヨロシク!

| | コメント (0)

2011年8月 9日 (火)

RS250フォークOH

20110809_1今回もダメでした。!
いつもネットオークションでバイクを買って来るお客様から、今度は、「APRILIA」の「RS250」の修理依頼がありました。

これで4台目くらいでしょうか?
大分目利きも上達しきた様で、今回はちゃんと質問もして、フォークのオイル漏れも全く無い筈で、落札したそうです。

今回こそ、まともなバイクを落札して来ると思いましたが、やっぱりヤラれた様です。

20110809_2フロント・フォークのインナーチューブは、表面が磨かれていて、一見は綺麗に見えますが、下から上まで点錆と傷だらけの状態でした。
車両を引き上げて来て暫くすると、早くもオイルがジャジャ漏れになったそうです。
最もアリがちなパターンです。

このアプリリアのRS250は、純正でマルゾッキの倒立フォークが装着されてます。
本来ならば当然インナーチューブの交換になりますが、高価な部品で予算が無いそうなので、今回の修理も、極力インナーチューブの錆や傷を除去して、オイルシールの交換だけに留める事にしました。

この様な修理の仕方では、遅かれ早かれオイル漏れが再発する事は間違い無いのですが、お客様の要望であれば仕方ありません。

外車で、しかも絶版車なので部品代も高く、納期も掛かりましたが、なんとか無事にOH(オーバーホール)も完了して、今のところオイル漏れも治ってる感じになりました。

エンジンの不調に関しては、一旦キャブを診てみないと判りませんが、例のクランク・シールが逝ってる可能性もありますので、今回も、どっかの時点で見極めが必要になると思います。

| | コメント (0)

2011年8月 7日 (日)

FZS1000車検

バイク屋さんにとっての7月~8月は、1年の中でも超繁忙期のため、盆休み前の8月中旬くらいまでは、既に予約で一杯です。

そんな折り、「FZS1000 FAZER」にお乗りのお客様より、車検のご依頼がありました。
なんと車検が残り僅か数日後に切れてしまうと云う事です。

そう云う事情じゃしょうがありません。
どんな過密スケジュールでも、何とかするのが「ファンホイールズ」です。
当店には始めてのお客様でしたが、事は緊急を要するので、快諾させて頂き車検をお受けする事に致しました。

20110807_1お預りした2003年式の「FZS1000 FAZER」は、走行距離も2万キロほどでしたので、点検の結果も特に大きな不具合はなく、年式の割には非常に綺麗で、整備も行き届いてる感じでした。

強いて云えば、ラジエター・キャップが加圧テストの結果NGだったくらいで、一般に定期交換を必要とする油脂類(前後のブレーキ液や冷却液)を交換して、基本整備は完了致しました。

20110807_2後はお客様のリクエストとして、フロント・フォークのダスト・シールの劣化(ひび割れ)が酷いので、これの交換序にフォークのオーバー・ホールを行う事となりました。
部品が入荷して、早速フォークを分解したところ、メタルなどの磨耗は少なかったですが、ゴム製インナーパーツ(オイルシール類)は、やはり8年の経年劣化により、硬化してシール性を失い掛けていました。
抜いたオイルも色が無くなり、灰色に汚れていました。
いつもの様に新しいオイルを規定量注入し、念入りにエア抜きした後、注射器で規定のオイル・レベルに合わせて、作業は完了致しました。
その他、約5千キロほど交換してないスパーク・プラグを交換させて頂き、全ての整備は完了致しました。

納車の日には、少し忙しくてお話も出来ませんでしたが、この度は、数あるバイク店の中から当店を選んで頂き、遠方よりご来店頂き、誠に有難う御座いました。

当店ではツーリングなどのイベントも行ってますので、宜しければ、お気軽に参加ください。

これからも宜しくお願いし致します。
有難う御座いました。

| | コメント (1)

2011年8月 6日 (土)

LEAD110リミッター解除

リード110にインジェクションコントローラーを付けてみました。

20110806_1そもそもこの「LEAD110EX」は全くのノーマルで、マフラーを換装している訳でも無く、いわゆる燃調目的でサブコンを付けた訳ではありません。

今回選んだコントローラーを装着する事で、エンジン回転リミッターが解除できる事を知り、単純にリミッターを解除して、少しでも最高速度を上げたいと云う理由で装着してみました。

それに将来的にマフラーやドライブ系をチューニングした際にも役立ちますしね!

20110806_2取付けは、フロントカバーを取外し、ECUから出ている配線を一度切断して、コントローラーの配線をギボシ端子で接続して割り込ませます。
簡単に書きましたが、新規に配線とコネクターを作らなければなりませんので、約2時間ほどの時間を要しました。

今回選んだFIコントローラーは、上記のリミッター解除機能を搭載し、DIPスイッチにより、3チャンネルの燃料噴射マップの切替が可能です。
予め設定された3チャンネル中2チャンネルは、ノーマルから予め指定されたパーツの組み合わせに対して、最適な燃料噴射マップをプレインストールしています。
残りの1チャンネルは、その他パーツの組み合わせにも対応させるため、燃料噴射マップを任意に設定出来るユーザー設定チャンネルになっています。

ホンダ車では、「LEAD110」対応以外に、「PCX125」、「ZOOMER」、「APE50」用もあり、価格は12,390円(税込工賃別)と、大変リーズナブル!

ご注文お待ちしております。!

| | コメント (0)

2011年8月 5日 (金)

マイ自転車ペダル交換

たぶん数年前からだったような・・・
20110804_2私が毎日通勤で使ってる19年物の「RIDGE RUNNER」ですが、漕ぐ度に左側のペダルからカチャリカチャリと音がして、その度に少しペダルの位置が動いて(ズレて)るような感じがしていました。(ベアリングが逝ってガタが出てました。)
ずっと気になってはいましたが、乗るのに支障がないので、一先ずバックレてましたが・・・

元々この純正ペダルは足底のホールド性が低く、少し不満があったんです。
更に19年の月日が拍車を掛け、ペダルの表面が磨耗してグリップしなくなりました。
雨の日なんかは、ダッシュしようとするとすっぽ抜けたりしてたので、何かもっと良いペダルに変えようと思ってた矢先、たまたま取引先の問屋の商品紹介で安くて良さそうなペダルがあったので、今回交換する事にしちゃいました。

20110804_1ペダルが入荷して、早速交換しようと思ったら、予感はしてましたが、やはり右側のペダルが固着して緩みませんでした。
左はスンナリ緩んだのですが右は全く緩まず、しょうがないので今回も油を注したりバーナーで暖めたりして、後は力業でなんとか緩めました。

もしかして、ペダルのベアリングが逝っちゃうのって、左に多いんじゃない?
自転車を降りる時に、右利きなら普通は左のペダルに体重を掛けながら降りるでしょ!
あれの繰り返しでやられちゃうんだと思う、たぶんそうだと思う・・・
自転車屋さんならデーターあると思うんだけど、きっとそうに違いない!でも19年は長く乗り過ぎだよネ!

20110804_3ペダルの交換も無事に終わり、早速試乗してみました。
ぶっちゃけ(たぶん)中国製の笑っちゃうくらい安いペダルでしたが、アルミ製のペダルはボールベアリング内臓で、ひじょうに軽くスムーズに動き、問題のグリップ力に関しても、ホールドピンが付いてて、ひじょうに優れたホールド性を発揮しました。
自転車のパワーが上がったような感じで、前にグイグイ出るようになりました。
ペダルひとつで、こんなに変わるとは・・・少し感動でした。
リフレクターも付いてて嬉しい安心設計でした。

20110804_4今回はヘッドライトも交換しました。
これは<キタさん>の「トニーノ・ランボルギーニ」に装着したのと同じ、「SANDEN」のホワイトLEDをチョイスしました。

このヘッドライトも安い割に優れもので、シルバーならお店に1個在庫中です。
欲しい方1995円ですので、ヨロシク!

| | コメント (1)

2011年8月 4日 (木)

おみやげ-32

先々月の健康診断の結果、いろいろダメ出しされました。
その再検査のため、昨日と今日と連続して精密検査にいってきました。

いつもの<ウミ坊主様>の病院ですが、超最新鋭の機器が揃ってるので、病院オタクの私としては、この機会に徹底的にあらゆる検査をしていただきました。

結果が出るのは、再来週のようですが、大事には至らなそうなので一安心です。

20110805_1<ウミ坊主様>検査中は点滴射すのが痛いとか言って、大人気なくブチ切れたりして、スンマセンでした。
いろいろお世話になり、有難う御座いました。

そして、<マルちゃん>!長野のお仕事先から、お土産いただきました。
8月も全く休めそうになさそうですネ!
時間とれそうだったら、遊び(ウエストポイント)に行きましょう!
キャンプは何時?

| | コメント (0)

2011年8月 3日 (水)

ジャイロキャノピー納車!

ここ数年は企業様からのバイクの注文も増えてきてるように思います。

20110803_1 その中でも、相変わらず「スーパーカブ」の需要は多いのですが、最近は、今回納車させて頂いたお客様のように、「ジャイロキャノピー」を乗用車の変わりに、業務用で使用する企業様も増えてきました。

景気低迷も続き、駐車スペースも確保が難しくなってきた今、「ジャイロキャノピー」なら軽四輪商用車と同じ駐車スペースに約4台分が駐車可能で、燃費も良く税金も保険も安いので、四輪から乗り換える企業様が増えて来ているんだと思います。

20110803_22008年にモデルチェンジして登場した「ジャイロキャノピー」は、従来モデルの2スト・エンジンから一新して、ローラーロッカーアーム採用の低フリクション水冷4サイクル4バルブ・エンジンを搭載しました。
合わせてPGM-FI(電子制御による燃料噴射装置)の採用により、燃料を効率よく燃やし、エンジン・パフォーマンスを効率よく引き出しています。
この事により、有害な排出ガスを抑え環境に貢献するとともに、無駄な燃料消費を抑えて優れたコストパフォーマンスを発揮します。
燃費は、なんと!54.5km/L(30km/h定地走行テスト値)

エンジン以外には、タイヤがチューブレスになり、ホイールはアルミホイールが標準装備となりました。
また、ドライブ・ベルトやリア・タイヤのタフネス性を向上し、更には錆難い構造のケーブルなどが採用され、優れた耐久性を発揮するようになりました。
軽快なフットワークと共に低燃費に貢献し、毎日の仕事に使う上で大切な要素となるメンテナンスコストの削減にも貢献してます。

20110803_3 今回のお客様は金融関係の方で、お仕事柄重要物積載にも対応できるように、リヤのデッキ(キャリヤ)部分に、セーフティーロック付の専用のトランク(内寸:500×480×610)を装備しました。

オーダー頂いてから約2ヶ月ほどお待ち頂きましたが、トランクの装着も終わり、本日無事に納車する事ができました。

大変お待たせ致しました。
これからは、少しでも快適に安全に長くお仕事で活用頂けます様、アフターサービスに力を注いでいきますので、宜しくお願いいたします。
ありがとうございました。

詳しい情報は、こちら→「GYRO CANOPY 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 2日 (火)

「鈴鹿8耐・優勝記念」HONDAジャケット&ヘルメット特価セール!

特に当店は8耐とは関係ないのですが、先日(7月31日)行われました、「"コカ・コーラ ゼロ"鈴鹿8時間耐久ロードレース第34回大会」→(http://www.suzukacircuit.jp/8tai/)にて、
一応ホンダが勝ったらしく、特価条件が出たのでご案内します。

■在庫は御座いませんので、全て取寄せとなります。
■数量限定で、メーカー在庫限りの商品です。
※既に完売したものも有ります。注文前に在庫確認をお願いします。
■お申込み期間:8月2日(火)~8月10日(水)14時まで

「Honda ユニバーサルジャケット」
20110802_1●ライダーの性別や年齢層を問わず幅広く着用していただけるオールマイティーなデザインのライダースジャケットです。
●太番手オックス生地を採用。マットで耐久性に優れ、表面には超撥水加工を施しました。
●世界最先端の3Dカッティングを採用しライディング時の運動性を向上させます。
●圧倒的な胸部保護性能を持つボディプロテクターに加え、最新型セパレートタイプもオプション装着可能。
●肩、肘、背中はCE規格をクリアーした成型ソフトプロテクターを、腰には長時間走行による腰痛、疲労を軽減する内蔵式パッドを標準装備。

¥19,950(消費税抜本体価格¥19,000)→特価40%OFF:\11,970(\11,400)

「Honda スーパーモバイルジャケット」
20110802_2●目的地での活動時にド派手なジャケットではお店等に入りづらい、そんな悩みを解消するために生まれた“ちょっと外出”用ジャケット。
●生地はしなやかな携帯性を確保しながら、引き裂き強度にも優れた極細繊維のリップストップナイロン。
●使わない時、付属の圧縮機能付収納袋に入れれば、タンクバッグ内にもコンパクトに収納可能(500mlペットボトルサイズ)。
●立体裁断技術を採用しているのでライディング時の運動性能を確保。
●超撥水テフロン加工。

¥7,980(消費税抜本体価格 ¥7,600)S・M・L・LL→特価30%OFF:\5,586(5,320)
¥8,400(消費税抜本体価格 ¥8,000)3L・4L→特価30%OFF:\5,880(\5,600)

「Honda Z-6」
20110802_3_2
カラー:ホワイト、レッド
¥\52,500(消費税抜本体価格¥50,000)→特価22%OFF:\40,950(\39,000)

「Honda JS-3」
20110802_4

カラー:レッド
¥\51,450(消費税抜本体価格¥49,000)→特価25%OFF:\38,588(\36,750)

「Honda JS-4」
20110802_5_2 

カラー:ブラック、シルバー
\33,600(消費税抜本体価格¥32,000)→特価25%OFF:\25,200(\24,000)

上記製品の詳細は「ホンダ・アクセサリー」で、ご確認ください。

| | コメント (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »