« FUSIONローダウン | トップページ | PCXシートロックケーブル交換 »

2011年6月 1日 (水)

LEAD100レギュレター交換

半年ほど放置してしまいエンジンの掛からなくなったリード100をお預りしました。

20110601_1お預りして調べると、バッテリーは完全にダメなようですが、キックでは容易にエンジンが掛かる為、キャブレターの詰まりなどは無さそうなので、今回はバッテリーの交換だけで済みそうでしたが、やはり充電電圧を測ってみるとレギュレターもダメでした。

《レギュレート/レクチファイヤ》
この部品は、エンジンの回転が上昇するにつれて増加するジェネレータ(発電機)からの交流出力を適正な電圧に制御すると共に直流に整流する機能を持ち、半導体で構成され、
作動時に発熱するので放熱性を良くする為、冷却フィンの付いたアルミケースの中に基盤を樹脂で封入している部品です。

今回もバッテリーとレギュレターの両方を新品に交換して、修理は完了致しました。

|

« FUSIONローダウン | トップページ | PCXシートロックケーブル交換 »

修理(電装系)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« FUSIONローダウン | トップページ | PCXシートロックケーブル交換 »