« メッシュ・ライディングシューズご紹介 | トップページ | FUSIONステムベアリング交換 »

2011年6月 7日 (火)

ELIMINATORウオータポンプ交換

20110607_11994年式の「ELIMINATOR250LX」にお乗りのお客様が来店され、エンジンの下から緑色の液体が漏れるとの訴えがありました。

早速バイクをお預りして、一旦エンジンの下廻りを脱脂洗浄した後に、暫くエンジンを掛け放しにしておくと、ウオータ・ポンプ本体からオイル混じりの冷却液が漏れて来る事が判明いたしました。

20110607_2パーツリストを見てみると、メカニカル・シールなどの単品販売が無く、ウオータ・ポンプごとのアッセンブル交換しか出来なかったので、今回は、このウオータ・ポンプをASSYで交換する事になりました。

20110607_3ついでにドライブ・チェーンの遊びが限界を越してたので、チェーンの交換も同時に行いました。
前後のスプロケットも磨耗が酷く、同時の交換が望ましいのですが、予算的に難しかったので、今回は前側のスプロケットだけを交換しました。

20110607_4このバイクの場合は、マフラーやサブ・フレームまで外さなと、ウオータ・ポンプを交換する事が出来ず、またエンジン(前側)・スプロケットを交換するにも似たような作業を伴うため、エンジン・スプロケットだけは今回の作業と同時に行いました。

|

« メッシュ・ライディングシューズご紹介 | トップページ | FUSIONステムベアリング交換 »

修理(エンジン・マフラー)」カテゴリの記事

修理(駆動系/タイヤ・チェーン)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« メッシュ・ライディングシューズご紹介 | トップページ | FUSIONステムベアリング交換 »