« Ninja250Rカスタム! | トップページ | レイングッズご紹介 »

2011年5月28日 (土)

DR-Z400Sジェネレーター交換

20110528_1突如バッテリーが上がってしまい、ご自身でバッテリーを新品に交換したらしいのですが、バッテリーは8ヶ月前の車検の時に交換したばかりだったので、お客様もこの点に疑問を持たれたようで、当店に点検の依頼があり、調べて診る事になりました。

20110528_3
調べるとAC(交流)では標準の75Vに届かず、最大でも50V程度にしか上がらない事が判りました。
バイクには交流発電機(ジェネレーター)が付いていて、エンジンの動力により自分で発電して、バッテリーに蓄電しています。
そのジェネレーターが壊れてしまい、発電量が足りてないようです。

20110528_2ところが発電電圧も低いようですが、充電電圧も標準の値を示しません。
バイクはDC(直流)の12Vですので、一旦交流発電した後にレギュレターと云う電装部品で、その電流を直流に変換して電圧を制御していますが、更に調べると標準の13.5~15Vに届かず、最大でも12V程度にしか上がらない事が判りました。

20110528_4これでジェネレーターに加えてレギュレターも故障している事が判り、これら電装部品を新品に交換する事になりました。

走行距離も5万キロを突破しましたので、今まで大きなトラブルなしに走ってきましたが、そろそろこの辺の故障は仕方ないのかな?

20110528_5それから前後のタイヤも交換しました。
今回も今までと同じBSの「BW201/202」を履きました。
このタイヤの持ちの良さは皆さんもご存知かと思いますが、既に2万キロ近く履いて、やっとスリップサインが見え始めたところです。
タイヤ溝的には、ガンバレばもう少し履ける感じもしますが、時間的には3年以上履いてるタイヤで、固く硬化しはじめてますので、これからの梅雨の時期はスリップが怖いので、新しく交換する事にいたしました。

この他オイル交換なども同時に行い、今回の全ての修理と整備は無事に完了いたしました。

|

« Ninja250Rカスタム! | トップページ | レイングッズご紹介 »

オフロード(モトクロス・モタード)」カテゴリの記事

修理(電装系)」カテゴリの記事

修理(駆動系/タイヤ・チェーン)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Ninja250Rカスタム! | トップページ | レイングッズご紹介 »