« ZOOMERタイヤ交換 | トップページ | '11第一回ファンホイールズ・ツーリング »

2011年5月21日 (土)

ZZR400バッテリー交換!

非常に珍しく懐かしいバイクが入庫して来ました。
20110521_1_2なんとZZRの400Kです。
「ZX400N」ですら生産終了となって久しいのに、このZZRは初期型の「ZX400K」ですから、もう20年以上も前のバイクです。
まだ生き残ってたんですネ!

エンジン始動不能の訴えでお預りした車両ですが、単純にバッテリーが弱くてエンジンが掛からなかった様です。

バッテリーが弱ければ、勢い良くエンジンがクランキングしませんので、当然エンジンは掛かり難くなりますが、それでも尚セルフスタートを連続して行った為、更にバッテリー上がりに拍車を掛けたようで、既にお預りした時点でバッテリーは瀕死の状態になっていました。

またエンジンをクランキングすれば自然と燃料を吸い込みますので、そのままエンジンに燃焼しなかった生ガスが溜まっていきます。
結果スパークプラグはびしょびしょに濡れて、全く火が飛ばない状態となり、悪循環に陥ってしまった様です。

20110521_2スパークプラグとバッテリーの交換を行い、無事に修理は完成いたしました。

換えたバッテリーも懐かしい、今では殆ど見なくなった「開放型」のバッテリーでした。
最近主流の密閉型MF(メンテナンスフリー)バッテリーと異なり、定期的な精製水の補充や比重の管理が必要です。
メンテナンスを怠るとバッテリーの寿命を早めますので、同様の「開放型」バッテリーを使っている方は、最低半年毎の点検をお勧めいたします。

|

« ZOOMERタイヤ交換 | トップページ | '11第一回ファンホイールズ・ツーリング »

修理(エンジン・マフラー)」カテゴリの記事

修理(電装系)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ZOOMERタイヤ交換 | トップページ | '11第一回ファンホイールズ・ツーリング »