« スーパーカブ90タイヤ交換 | トップページ | 2011RV200i入荷! »

2011年3月26日 (土)

MAJESTY整備

2006年式「MAJESTY250」の整備を行いました。

20110326_1先日行った12ヶ月点検の結果、ステアリング・ステムのベアリングの損傷と、前後のブレーキ・パッド及びディスクの著しい磨耗が確認されました。

20110326_2ステアリング・ステムは完全に作動不良を起こし、ジャッキ・アップして前輪を浮かせた状態でハンドルを左右に切ると、明らかにベアリング軸受部の段付磨耗と判るガタが生じていて、ハンドルがスムーズに動きませんでした。
これでは安全に走行できないばかりか、大変危険ですのでベアリングの打ち換えを行う事となりました。

20110326_3_2またブレーキに関しましては前後共にディスク表面が酷くエグれて、波打つようにキザキザになっていました。
これでは新しいパッドを装着しても、面接触しないため制動力は低下し、異音、引き摺りの原因にもなります。
新しいパッドもこのキザキザでは直ぐに減ってしまいますので、ここも今回新しい部品に交換する事となりました。

20110326_4事前に発注しておいた部品が入荷してきたため、今日は改めてステアリング及びブレーキを中心に不具合個所の部品交換作業を行いました。
その後フロント・タイヤの交換やエアークリーナーやミッションオイルの交換なども行い、本日のマジェスティの整備は全て完了いたしました。

3万キロほど走行するマジェスティでしたので、ある程度の損耗は仕方ないかと思われますが、ブレーキなどはもう少し早めにパッド交換を行っていれば、ここまでの損耗は防げたかもしれません。

いずれにしろマメな点検・整備はランニングコストを抑えますので、みなさんも定期的なバイクの点検を行うようにしましょう。

|

« スーパーカブ90タイヤ交換 | トップページ | 2011RV200i入荷! »

修理(ステアリング系)」カテゴリの記事

修理(ブレーキ系)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« スーパーカブ90タイヤ交換 | トップページ | 2011RV200i入荷! »