« ZRX1100フロントフォークオーバーホール | トップページ | 義援金ありがとうございました。 »

2011年3月30日 (水)

ビーノ始動不能!

熊谷ナンバーの2008年式XC50D「VINO」にお乗りになるお客様が来店しました。
当店前の国道1号線を利用し、横浜方面から遠く埼玉方面へ向かう途中だったらしく、走行中急にエンストした後、一斉エンジンが掛からなくなってしまい、暫くバイクを押して当店に辿り着いたそうです。

点検&診断の結果、燃料が行ってない事が判り、直ぐに燃料ポンプ不良のサービスキャンペーン対象車である事が判明いたしました。

サービスキャンペーンとは、リコールや改善対策に該当しないけれど、商品性向上や品質改善を行なう場合に、バイクメーカーが国土交通省に通知をして対策を実施する制度です。

20110330_1今回の場合は、「燃料ポンプの樹脂製インペラ(燃料を圧送する羽根車)の成形条件が不適切で、燃料温度が高い状態で継続使用するとインペラが変形し、燃料ポンプ内で干渉することがあり、そのため燃料吐出量が低下して加速不良や始動不良となり、最悪の場合は走行中にエンストするおそれがある。」と云うもので、燃料ポンプを良品と交換して対策するものです。

ついでに調べるとメインスタンドも対策品と交換するサービスキャンペーンに該当している事がわかり、今回は燃料ポンプとメインスタンドの両方を新品の対策部品と交換しました。
お客様には、飛び込みで初めて来店したバイク店で無料で修理して貰った!っと大変喜んで頂きました。

20110330_2メインスタンドに関しては、スタンドに設けられた水抜き用の孔の形状が不適切で、孔部付近の強度が不足しているものがあり、メインスタンドを立てる際に、スタンドが変形するおそれがあるそうです。

修理が終わり整備記録を行うため、いつものように整備手帳の提示を求めたところ、このバイクは2年前に中古車で購入していて、その時点で整備手帳は貰ってないと云う事でした。
2年前だったら中古車でも保証が残っていたに違いないので、保証登録されている筈ですが・・・?
2009年に届出の「サービスキャンペーン」が未だ行われず、バイクを買った販売店やメーカーからも、この2年間「サービスキャンペーン」の案内は無かったそうです。

今回のように、バイクを購入の際に保証登録されておらず、「リコール」や「サービスキャンペーン」などの案内が届いていないケースが多く見受けられます。
保証登録されていないと、危険な状態でバイクに乗り続ける事になりますので、バイクを購入される際は、この点(アフターサビス面)も考慮して購入する事をお勧めいたします。
また、現在お乗りのバイクで不具合が出ている場合、リコール対象の可能性も御座いますので、心配な方は、お気軽にご相談ください。

|

« ZRX1100フロントフォークオーバーホール | トップページ | 義援金ありがとうございました。 »

修理(リコール・保証修理)」カテゴリの記事

修理(燃料系)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ZRX1100フロントフォークオーバーホール | トップページ | 義援金ありがとうございました。 »